« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月27日 (日)

大台ケ原

 8月最期の休日、大台ケ原に行く。朝3時自宅を出て7時前に山上駐車場に到着。途中のドライブウエイ濃い霧で視界20mかなり緊張して運転する。駐車場周辺は霧も出ていたがかなり薄かった。空を見ると青空も見えたので遊歩道散策開始。日出ヶ岳頂上あたりで霧が濃くなる。あとはずっと濃いままで幻想的な風景であったが写真撮影にはならなかった。頭上では雷が鳴っており強い雨がいつ降りだしてもおかしくない状況、しおから吊橋へは行かず正木ヶ原を過ぎて少し行ったところの脇道で駐車場に向かった。駐車場到着後近くの苔庭を散策、駐車場に帰った頃には土砂降りの雨が降り出した。帰りに奈良の円成寺と般若寺により2時半頃帰宅した。

移動:車   天気:霧後雨(下界は晴)  D200:193枚

|

2006年8月26日 (土)

植物園

8月終盤、植物園に花と昆虫撮影に出かける。本当の目的は、1週間たまりにたまった水分抜き。1時前に到着、炎天下の1時間半の散歩かなり汗をかき水分(大半はビール)は抜けたが、帰宅してシャワーを浴びて直ぐビール。何をしていることか?

移動:車  天気:晴れ  D200:165枚

|

2006年8月15日 (火)

立山

盆休みの14、15日に立山に行く。初日の14日、夜中の2時半に自宅を出発、7時前にケーブルカー乗り場の立山駅に着く。雄山(3003m)から立山最高峰の大汝山(3015m)に行くつもりであったが、ガス発生と体調不良(風邪気味)で雄山登頂で諦め下る。富山の滑川で一泊。二日目の15日、再び立山に向かい、弥陀ヶ原から室堂まで約3時間かけて歩き、その後室堂展望台まで登る。二日目の天気は朝から引き上げるまで立山は快晴であった。山の下に厚い雲(雲海)が漂っていた。

移動:車 天気:初日は晴後うす曇、二日目は快晴  D200:510枚、COOLPIX5900:23枚

|

2006年8月13日 (日)

伊吹山からの御来光撮影

伊吹山の御来光撮影に行く。昨日、京都では落雷を伴う夕立があり、雨雲の通り過ぎた後の山からの見晴らしは良いであろうと期待して夜中の2時半頃に出発する。空には月が顔を覗かせていた。途中の名神高速、少しガスっており不安がよぎる、4時頃ドライブウエイのゲートに着くが係員さんの話で、「途中霧が濃い場所があるが山の上は快晴です」と聞き、期待に再び胸が膨らむ。山頂駐車場到着後中央遊歩道を一気にかけ上がり、4時50分頃に御来光の撮影ポイントに到着(二度目である)。山の周囲は完全に雲に覆われているが上を見ると快晴。5時20分頃に雲の端から真赤に染まった太陽が上りだした。薄い雲が手前にあるようである。全体の姿を見せる前に、薄い雲通り抜けた上からオレンジ色に輝きだし幻想的な光景であった。ものの数分で完全に輝きだした。花を撮影しながら東遊歩道で下り、朝の8時40分頃自宅に帰る。

移動:車  天気:山上は快晴、道中は曇り  D2X:177枚

|

2006年8月 4日 (金)

8月3日、4日 信州周遊

夏休みの8月3日、4日に信州に撮影旅行に行く。
3日の午前中は、八ヶ岳の南にある富士見高原ゆりの里へ。500万厘のゆりの香りに酔いしれ、昼からはビーナスラインの車山湿原へ。炎天下の3時間少々の山歩きで脱水症状寸前になる。
8月4日は朝3時半乗鞍高原観光センター初の御来光バスに乗り、乗鞍岳から御来光を拝んだ後乗鞍頂上を目指す。6時40分頃には頂上に立っていた。12時10分のバスで下山したが、これまでで最高の天気に恵まれた。ビーナスラインの花(ニッコーキスゲ)、乗鞍岳の花(コマクサ)はともに少し遅かった。
移動:車  天気:晴  D200:635枚、D100:73枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

白峰渓流釣り(7/31、8/1)

梅雨の大雨も終わり夏本番の訪れ、一泊で釣りに行く。
大雨の後の渓流、大物が流されてそこらじゅうに居るのではとの期待もむなしく、いつもと変わらぬ(悪い時の)釣行となった。
天気は曇りがちであったが、さすがわ山の中、京都とは違ってて二日とも心地よい気温であった。
移動:車  天気:曇り時々晴れ  D100:215枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »