« 8月3日、4日 信州周遊 | トップページ | 立山 »

2006年8月13日 (日)

伊吹山からの御来光撮影

伊吹山の御来光撮影に行く。昨日、京都では落雷を伴う夕立があり、雨雲の通り過ぎた後の山からの見晴らしは良いであろうと期待して夜中の2時半頃に出発する。空には月が顔を覗かせていた。途中の名神高速、少しガスっており不安がよぎる、4時頃ドライブウエイのゲートに着くが係員さんの話で、「途中霧が濃い場所があるが山の上は快晴です」と聞き、期待に再び胸が膨らむ。山頂駐車場到着後中央遊歩道を一気にかけ上がり、4時50分頃に御来光の撮影ポイントに到着(二度目である)。山の周囲は完全に雲に覆われているが上を見ると快晴。5時20分頃に雲の端から真赤に染まった太陽が上りだした。薄い雲が手前にあるようである。全体の姿を見せる前に、薄い雲通り抜けた上からオレンジ色に輝きだし幻想的な光景であった。ものの数分で完全に輝きだした。花を撮影しながら東遊歩道で下り、朝の8時40分頃自宅に帰る。

移動:車  天気:山上は快晴、道中は曇り  D2X:177枚

|

« 8月3日、4日 信州周遊 | トップページ | 立山 »

野鳥」カテゴリの記事