« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月31日 (土)

京都の桜撮影

 京都新聞電子版の桜情報を見ると京都で満開となっていたのは地蔵禅院のみ。行ったことが無い場所で朝から行くことにした。桜トンネルで有名な玉川堤の近く小高い丘の上にあり小さなお寺であったが朝八時過ぎに30人近い人が居た。細い坂道の上に小さな駐車場(広場)があったが既に満車状態、車の長さ+1m程度の所で10回ほど切り返しを行い車を方向転換させ駐車場所を確保。それほどのスケールでは無かったが風情のある枝垂桜が3本あった。一度家に帰り、歩きで大石神社、岩屋寺、勧修寺、醍醐寺を巡る。勧修寺以外はほぼ満開といっていい状態であった。特に、醍醐寺の霊宝館に始めて行ったが(京都新聞電子版に見事な枝垂桜が満開とでていた)、スケールの大きい枝垂桜に圧倒される。京都一、日本でも有数の枝垂桜であろう。これまで醍醐寺の枝垂桜といえば三宝院と五重塔前しか知らなかったが、身近にあった見事の桜の名木に驚く。醍醐寺の後京都御苑に行ったがこちらはピークを過ぎていた。

移動:車、後歩き、地下鉄  天気:晴れ後曇り  D2X:437枚

|

2007年3月29日 (木)

祇園白河の桜 再び

昨日、祇園白河で桜を撮るが、早朝の写真空が曇り空で白くて桜の色がもう一つ、今日リマッチで再び祇園白河に行く。今日はまずまずの天気で満足出来る写真が撮れた。夜、再び寄ったが昨日と同じ写真を撮ってもつまらないのでRAWで撮る。パソコン画面で見てもさすがわ綺麗であるがデータの整理が大変、重くてなかなか動かない。ちなみにPCはPentiumM 1.6G、メモリ1G、これでも遅い。

移動:歩き  天気:朝 晴れ、夜 曇り?  D200:181枚

|

2007年3月28日 (水)

桜撮影開始

例年通りスタートは通勤途中の祇園白川。早朝と夜に行くが、早朝撮影は曇り空で空が白く桜の色がもう一つ冴えず。夜桜は最高であったが人出も多かった。丸山公園にも行くがこちらは咲き始め。満開は来週初め頃か?

移動:徒歩 天気:曇り後晴れ  D200:173枚

|

2007年3月25日 (日)

野鳥撮影 京都御苑

 朝起きると外は雨、一日家に居ようと思い朝からPCの写真データの整理をしていたが雨は朝の内に上がる。こうなると写真撮影に出かけたくなり昼頃に自宅を出た。カメラはD200に80~400mmの望遠ズーム1本、これが間違いであった。京都御苑の水場に行くが居たのはいつも野鳥の餌付けをやっている人とたまにに見かける人の二人。鳥がやってくる雰囲気が無かったので近衛池に行くと枝垂桜が七分咲き、標準ズームレンズを持ってこなかったことを後悔する。しかたなく望遠で撮影するが遠くに離れて撮影すると必ず人が入る。家に帰るのも面倒くさいのでそのまま撮影する。その後桃園に行くが満開、ここでも望遠レンズで撮影するのに苦労する。その後水場に戻るがラッキーなことに近くでトラツグミが現れ始めて撮影することが出来た。伝説の鳥、鵺であるがかなりの枚数を撮影する。水場で鳥を待っていると近づいてきた大きな人が”鳥撮影ですか”と声をかけてきた。話しをしていて”鳥撮影をやっているのですか”と聞くと”アメリカンフットボールの写真を撮っています”と言っていたが色々な写真を撮っている人がいると改めて思う。私より少し年上、大柄で昔の横綱・輪島に似ていた。

移動:車  天気:曇り後時々晴れ  D200:331枚

|

2007年3月21日 (水)

野鳥撮影 植物園・山科川

 朝から快晴、信州か北陸の山撮影に行きたかったが給料前で諦めて近場で野鳥撮影を行なう。御苑でデジスコ撮影か植物園でウロウロと手持ち撮影か迷うが御苑は最近期待はずれが多いので植物園にいった。珍しい鳥には会えなかったが今まで以上に色々な鳥の撮影が出来た。コゲラが一生懸命巣穴を掘っていた。9時から2時間少々いたがその間掘りっ放し、来週は巣穴の窓から顔を覗かすところを撮影出切るかもしれない。植物園の後、家に帰ったがその足で山科川に出かける。カワセミを探して歩くが見つからず諦め他の鳥を撮影する。ツグミ、イカルなど山科川では見かけない鳥を見かけた。旧安祥寺川まで足を伸ばしたが、ここでは久しぶりにカワセミを見た。数枚撮影したがすぐに飛び去りその後姿を見ることは無かった。

移動:車、徒歩  天気:快晴  D200:257枚、D2X:153枚

|

2007年3月17日 (土)

白川郷から五箇山へ

 雪景色を撮影に白川郷から五箇山の相倉を巡る。数日前よりインターネットで白川村のライブカメラで雪の状態をチェックしていた。10時半頃に白川村に着いたが天気は晴れ雪が眩しかった。雪の反射が明るく画面が暗くなるであろうと予想し露出をプラス補正したが間違いであった。雪の部分がすべて飛んでいた。幸いにも露出補正0の写真も撮っていたのでソフトで修正して仕上げる。白川村には3時間程度いたが時間があったので少し北の相倉合掌集落にもよった。こちらは人が少なくひっそりしていた。雪国の早春の風景を楽しみ6時前に帰宅した。

移動:車  天気:晴れ後曇り時々雪  D2X:287枚

|

2007年3月15日 (木)

東山花灯路

 三年連続、会社の帰りにブラッと(早足で)あるいた。ことしのメッセージは「東山、ほのかに照らす 夢見月」 残念ながら月は見れなかったが初めて歩いた3年前に比べ人は多くなったように思う。ISO1600で撮影、高感度ノイズ除去設定を強にしたつもりが暗くてよく見えず弱に設定し間違っていた。どの程度効果があるのかよく判らないが、暗い場所での写真はノイズだらけ、しかしVRレンズをつけていたため写真はノイズを我慢すれば見れる状態であった。

移動:四条河原町より歩く  天気:曇り  D200:241枚

|

2007年3月11日 (日)

隋心院/植物園/宝ヶ池 梅撮影後少しだけ野鳥撮影

 朝から琵琶湖へ水鳥撮影に出かけるが風が強く寒くて1枚も写真を撮らずに帰る。その足で車を置いて梅撮影に隋心院に出かけた。京都新聞の梅情報では満開となっていたが2~3日遅かったかという状況。それでも場所を探せば満足写真が撮れた。隋心院のあと植物園に行った。こちらの梅も隋心院同様であった。梅撮影後野鳥撮影を行なうがあまり鳥に会えず。時間があったので今期最期(?)のオシドリ撮影と思い近くの宝ヶ池にいった。オシドリは松の木のしたから出ず、その内雪が降り出した(植物園でも一度降ったが直ぐにあがる)。帰ろうと思ったときに水面の直ぐ上を飛ぶカワセミが視界に入り追いかける。カワセミが隠れたあたりに行くと再び飛立つ。あきらめたときにジョウビタキの声が聞こえる。寒さで動きが鈍いのか、かなり接近して撮影出来た。

移動:地下鉄  天気:晴れ時々くもり一時雪  D2X:362枚

|

2007年3月 4日 (日)

京都御苑、隋心院 梅撮影

 土曜日が出勤日であったため1日だけの休日であったが天気が良かったので梅撮影に出かける。標準ズーム以外にマクロと望遠ズームを携帯した。初めに植物園に行くが駐車場入口で駐車待ちの車が多かったのであきらめ御苑に行った。梅の木は少なかったが満開状態、梅撮影の後レンズを望遠ズームに換え野鳥撮影を行なう。運よくアオゲラが目の前に飛んで来たので追いかける。一旦自宅に戻り車を置いて隋心院に向かった。京都新聞電子版の梅情報では咲き始めとなっていたが、満開の木もあり蕾も多く三分咲きといったところ。今年は、ここもかなり開花が早く一週間後に満開になりそう。”はねず踊り”の頃(3月25日との看板があった)には散っているかもしれない。いつものように山科川を北上し自宅に向かったが、珍しくカワセミオヤジは見当たらずカワセミも見かけなかった。

移動:車、地下鉄、徒歩  天気:快晴(暑かった)  D200:148枚

|

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »