« カワセミ撮影 | トップページ | 07年最後の撮影 琵琶湖後山科川・旧安祥寺川で野鳥撮影 »

2007年12月30日 (日)

カワセミ撮影 鷹現る

 正月休みに入って2日間、天気が良くなかった。今日も天気予報では今年一番の寒気が入り込み雪時々曇り、天気が良ければ湖北へ行きたかったのであるが仕方なく朝からPCの写真の整理をしていた。しかし、10時半頃になると雲は移動し青空が広がってきた。当然、カワセミ撮影に出かける。三脚を持って行こうかとも思ったがいつ天気が崩れるか判らないので手持ち撮影にする。

10分ほどで山科川に到着、先日カワセミが大サービスを演じてくれた場所に行くが姿が見えずで必ずいる場所に行く。カワセミは居たが木の茂みの中でまともな写真が撮れずで下流に向かうとカワセミがいた。リュックからカメラを出している間に別のカワセミが飛んできておっぱらてしまった。仕方なくさらに下流に向かうと止まっているところを見た事が無い場所に止まっていた。

07123001

写真を2枚撮り飛び立つところを待っていると自転車が近づき目を取られた瞬間に何処かへ飛んで行ってしまった。再びカワセミを探し同じ道を行ったり来たり、ようやく見つけたが今度は数度餌取りを見せてくれるがタイミングが悪く撮れない。もたもたしている間に再び飛び立ったので後を追う。このカワセミはオスでサービスが悪い。前回、何度も水に飛び込んでくれたのはメスの方であった。

07123002

川中のコンクリートの上で、アオサギが大きな魚を食べようと奮闘しているところを見かける。かなり大きな魚で咥えるのに苦労している。

07123003

魚が昇天し動かなくなったところを一気に咥えたが30cm以上あるような大きなナマズであった。

07123004

岸の上から見ていたが私が邪魔であったのか魚を咥え岸辺の木の下にもぐりこんだ。どうするのか見ていると(木の枝が邪魔で写真が撮れず)、頭から丸呑みし始めたので少し驚いた。かなり大きな魚であったが鳥の胃袋の大きさには驚く。当然、このアオサギはしばらく動かず。

07123005

ジョウビタキのメスを見かけたので撮影する。

07123006

再びカワセミを探しウロウロ歩き見つけるが、今度はまったく動かない。

07123007

カワセミは餌取りをせずに再び飛び立ったので、帰ろうとしてレンズからフードを外していると手から滑り落ち転がる。川の土手から落としてなるものかと軽く(?)踏むとベキッという音がしてフードにヒビが入りおまけに取り付けたときのロック用の爪のような物が割れたのか取り付けたときにロック出来ないようになっていた。ガクッとしてカメラをリュックに入れようとした時である、水面スレスレを茶色い鳥が飛んできた。最初、カルガモかと思ったが飛び方が違うので撮影する。

07123008

30mほど離れた石の上に止まったので見に行くと何と鷹であった。最近、山科川で鷹が出ると聞いていたが、私が行かないもっと下流の方である。先日、旧安祥寺川で水面近くを飛ぶのを見たが同じ鷹かも知れない。

07123009

鷹の種類は判らない(知らない)。オオタカかハイタカか・・・・。とにかく追いかける。50mほど飛んでは一旦止まりまた飛ぶの繰り返しで最後は空に舞い上がっていった。餌を取るところを撮影できるかもと期待したが一度草むらに集まっていたスズメの集団に向かっていったのみ。カルガモの集団も居たが見向きもしなかった。しかし、鷹、チョウサギが姿を見つけると一目散に逃げていった。

07123010

一度、大山の近くでハヤブサらしき鳥をピンボケで撮影したことがあるが、初めて鷹をまともに撮影することが出来、一時半頃に上機嫌で帰宅した。

移動:徒歩  天気:曇り時々晴れ  D2X:171枚RAW(D300に電池パックを取り付けているため間違えて持って行く)

|

« カワセミ撮影 | トップページ | 07年最後の撮影 琵琶湖後山科川・旧安祥寺川で野鳥撮影 »

野鳥」カテゴリの記事