« カワセミ撮影 鷹現る | トップページ | 08年の初撮影 天ヶ瀬ダムから山科川へ »

2007年12月31日 (月)

07年最後の撮影 琵琶湖後山科川・旧安祥寺川で野鳥撮影

 07年12月31日、今年の最終日はここ数日とは違い朝から天気は良かった。湖北に行きたかったが天気予報では雪であきらめ、今年の冬初めてのコハクチョウ撮影に草津へ行く。9時頃到着したが波が高く昨年飛来していた場所には観察小屋もなくコハクチョウも居なかった。コハクチョウは横の水路の少し引っ込んだ場所に退避していた。親子連れがパンくずを撒きユリカモメを集めていたので撮影する。

ユリカモメはスマートな体型で華麗に猛スピードで舞うが、腹の出っ張ったのが苦しいのか口を開けながら飛んでいた。

07123102

鳶もかなりの数が集まりユリカモメに負けじと餌を取っていたが、こちらは体が大きくスピードもユリカモメに負けないぐらい速く迫力があった。

07123101_2

10分もすると体が凍えてきたので最後にコハクチョウ、カモ類の集団を撮影して家に引きあげる。

07123103_2

一旦家に戻ってから山科川に出かけた。狙いはカワセミより鷹で最近人が集まっている場所が狙いであった。しかし、カワセミが気になり川に着くとカワセミを探す。オスとメスの2羽がいたが木の枝が邪魔になり撮影出来なかったので諦め南に向かう。

旧安祥寺川の出合いに到着するまでに他のカワセミも見かけたが遠かったので撮影せず。鷹は後回しにして出合いから一旦旧安祥寺川を上ることにした。モズのメスが川岸にいたので撮影したが獰猛な鳥にしては可愛い顔をしている。

07123104

いつもの場所に到着するといつもの人がおり、前にはカワセミがいた。ダイビングしそうでしないので川を下る。

07123105

山科川に戻る手前の川岸の草むらにメスが隠れていた。

07123106

再び山科川に戻り下流に向かうが、名神高速を過ぎた所にコサギが集団でいた。今まで見たことが無い群れで、鷹がコサギを襲ったという聞いていたが避難していたのかも知れない。

07123107

コサギの集団の中でカワセミがダイビングし魚を取っていた。

07123108

しばらく歩くと数人のカメラマンが川に向かってカメラを向けていたが丁度鷹が出たと聞いた場所あたりで期待するが狙いはカワセミであった。一人のカメラマンに鷹の話を聞いてみたが「反対側の山にいるらしいが川では見たことがない」とのことであったが、鷹の羽が落ちていたと言う人も居たのでこの場所と確信するが諦めて自分のカワセミ撮影ポイントに引き返す。

途中で3度カワセミを見かけるが場所が離れており明らかに違う個体。

07123109

07123110

久しぶりにヒヨドリを撮影する。

07123111_3

同じ木にムクドリがいたので、これまた撮影する。

07123112

自分の撮影テリトリーに入ると早速カワセミが姿を見せたが、これまた直ぐに飛び立ったが反対方向であったので追わず。

07123113

ジョウビタキのオスが姿を見せる。こちらも撮影対象の鳥である。

07123114

スズメもじっとしていたので撮影する。

07123115

最初にカワセミを探した場所に戻りしばらく川面を見ていると上流から飛んでくる鳥の姿を見かける。鷹であったので後を追いかけるが姿を見失ったので疲れたこともあり撮影終了。自宅に向かう途中、カワセミが姿を現したので最後の撮影を行う。それにしてもカワセミの姿をよく見かけた歩きで10羽近く見たと思うが絶好調の最終日であった。

07123116 

移動:車後徒歩  天気:晴れ時々曇り  D300:149枚・RAW

|

« カワセミ撮影 鷹現る | トップページ | 08年の初撮影 天ヶ瀬ダムから山科川へ »

野鳥」カテゴリの記事