« 天ヶ瀬、山科川 | トップページ | デジスコでオオワシ撮影 »

2008年1月14日 (月)

湖北・山本山のオオワシ撮影再チャレンジ

 湖北山本山でのオオワシ撮影に再び出かけた。先日の撮影結果に満足できなかったからである。デジスコも持って行こうと思っていたが、滋賀北部の天気予報は曇り後晴れ京都は朝から曇り空で荷物を少なくするため一眼レフのみにする。名神京都東インター手前の電光掲示板に名神・雪注意の表示がされていたので雪景色が撮れるかもしれないと思い湖西周りで行くことにした。

湖西道路に入ってしばらく走ると量は少なかったが雪が舞ってきた。しかし、湖西道路を抜け白髭神社あたりに来ると空は明るくなり今津手前では晴れ、東の空は快晴であった。

08011401

いささか期待はずれであったがオオワシ撮影には絶好の条件、10時半頃に山本山麓に着くが既に多くの車が止まっていた。滋賀は勿論のことで大阪、奈良、岐阜ナンバーもあり前回(1月6日)来たときよりも明らかに台数が増えていた。

08011402

オオワシは直ぐに見つかったがかなり高い木にとまり条件は前回より悪かった。カメラをセットして写真を数枚撮る。シャッタースピードを1/1000以上にするためISO640にしたが、これが失敗であった。D300、ISO800ぐらいまではノイズはまったく問題ないであろうと思っていたが、大トリミングするとノイズだらけ、加工に苦労する。

08011403

オオワシは直ぐに飛び立ち琵琶湖の方に飛んでいった。10分遅ければ撮影出来ないところであった。

当然カメラで追いかけるが、300mmに2倍テレコン、デジカメ1.5倍で900mm、まともに撮れる距離ではなかった。

08011404

飛んでいった方向を見ていると琵琶湖の上で数羽の鳥とともに旋回し引き返してきた。争っていたのかもしれないが、内一羽はオオワシにも劣らない大きさ、オジロワシ(塩津に来ているそうでる)であったかも知れない。

08011405_2

帰ってくると木の陰に隠れ頭しか見えなかったので一旦場所を移動する。近くの駅の道で昼食をたべ西湖にいってみた。珍しい水鳥が居るかと思ったがヒシクイ、ミコアイサ、他は琵琶湖のどこでも見られるマガモにオナガガモ・・・・で撮影せずに山本山に引き返す。

オオワシは更に奥に隠れ木の枝が邪魔になってまともに見えなかった。山の上を数羽の鳥が旋回していた。カメラ越しに見るとノスリらしき鳥がいた。山の上でホバーのように留まったり、旋回の繰り返し。とても撮れるような距離ではなかったシャッターを切ってみた。

08011406

08011407_2

寒かったので2時過ぎに山本山を後にした。オオワシ撮影にはまりそうである。次回はデジスコで挑戦、ダメなら・・・・?

移動:車  天気:快晴(現地)  D300:111枚RAW、TZ3:13枚

|

« 天ヶ瀬、山科川 | トップページ | デジスコでオオワシ撮影 »

野鳥」カテゴリの記事