« 大阪城の梅撮影後宇治・志津川上流へハヤブサを見に行く | トップページ | 京都府立植物園 山野草の撮影 »

2008年3月15日 (土)

京都梅の名所巡り(祇園白川、梅宮大社、城南宮、勧修寺、隋心院)

 大阪池田に変える予定であったが変更になり京都の梅の名所を巡る。朝の7時半に自宅を出発したが天気はどんよりした曇り空、最初に行ったのは祇園白川、少し遅かったようである。

08031501

続いて梅宮大社に行が、ここも二三日来るのが遅かったように思う。

08031502

神苑はまだまだ見ごろであった。

08031503

今日の本命である城南宮に向かう。初めて訪れる場所でどんな所かまったく未知数であったが期待は裏切られなかった。

08031504

梅園の枝垂れ梅は予想以上に凄かった。梅とは思えないような花の数、昨日の雨で花びらが散ったのか下にはぎっしりと花びらが敷き詰められていた。

08031505

狭い場所で人の入れ替わりが多いためかそれほど撮影に苦労はしなかったが、とにかく花の数には驚いた。

満足し12時前には城南宮を出て勧修寺に向かう。ここ三週間ほど毎週訪れたが今日はどうか?

12時を過ぎると天気は晴れ(快晴)、梅は見頃を迎えていた。毎週、状況を確認するため出向いた甲斐があった。

08031506

勧修寺の後、隋心院に行くがまだ少し早いのはわかっていた。三分咲きといったところであろうか、ここの梅は遅い。来週中頃から週末が見頃であろう。

08031507

2時前に随心院を引き上げた。もう一度行く。

移動:地下鉄、市バス、近鉄  天気:曇り後晴れ D300:401枚

|

« 大阪城の梅撮影後宇治・志津川上流へハヤブサを見に行く | トップページ | 京都府立植物園 山野草の撮影 »

」カテゴリの記事