« アカショウビン 思いっきり× | トップページ | アカショウビン熱39度6分 »

2008年7月12日 (土)

伊吹山 24~70mmF2.8レンズ試し撮り

ここしばらく500mmF4レンズ使用でカワセミ、ヤマセミ撮影に集中していた。このレンズ、山本山のオオワシ撮影で、328+2倍テレコン、デジスコ使用で失敗し取り寄せを頼んだのであるが2ヶ月かかり入った時にはオオワシは北に帰っていた。カワセミ、ヤマセミで腕を磨いていたが7月5日に満足できる撮影が出来た。近距離撮影と水からジャンプするところ、後は餌を咥えての水からのジャンプであるが、あせらず気長に今年の8月に撮影するつもりである。

先日、24~70mmF2.8のレンズの取り寄せを頼み6日(日)に入ってきた。今日早速に試し撮りに伊吹山に行った。ここ一年、鳥の撮影が圧倒的に増えたが、もともとは風景撮影がメインで野鳥撮影は被写体が無くなる冬場に行っていた。

朝7時20分頃に自宅を出発、8時半過ぎに伊吹山ドライブウエイのゲートをくぐった。山の状況を聞くとガスが流れ風も多少出ているとのことで晴れとはいえ梅雨明け間じかのはっきりしない天気。途中で山を撮影するがこの時は一瞬ガスが切れた。ガスは断続的に流れていた。

08071201

山頂駐車場に到着しいつもどおり西側遊歩道から上るが人は既に多かった。一年ぶりの伊吹山であるが夏のシーズンの人気は高い。

08071202

花は盛期の前で数は少ない。

08071203

ウドが咲いていたが数はまだまだ少ない。

08071204

アザミは綺麗に咲き数も多かった。昆虫が止まっていたが風が多少あり花が揺れるので撮影しずらかった。

08071205

こちらは花アブ、体中に花粉がついていた。

08071206_2

花の名前は忘れたが、この時期この花も多かった。

08071207 

ニッコウキスゲが咲いていた。数は少なかったがその分鮮やかな黄色が緑の草の中に目立つ。

08071208

山頂のお花畑ではガスが流れたり薄くなったり、この山の朝の特徴。

08071209 

小さな蝶(蛾?)が居た。羽をすぼめると枯れた葉のようであるが羽を広げると綺麗な模様をしていた。

08071210

東斜面に向かうと多少花の数は増えるが、この山の上にお花畑が一面に広がるのはまだまだこれから。

08071211

名前は知らないがバッタを見かける。

08071212

その後は大した花もなく東遊歩道を駐車場に向かった。

11時半頃に駐車場を後にする。イヌワシ狙いの数人のカメラマンを横目にドライブウエイを下る。草津の烏丸半島の蓮を撮影に行く予定であったが昼を過ぎて到着しても蓮の開きは悪いのではないかと思い自宅に引き返した。

望遠レズを一本リュックに入れ再び家を出る。試し撮り不十分で平安神宮に行き神苑に入るがここの睡蓮も閉じているのが多く多少期待はずれ。

08071215

人もこの時間帯少なく早足で巡り動物園に向かう。狙いはアカショウビン、数年前に保護されたうちの一羽が自然に戻れずいると聞いていた。途中で人力車を撮影する。

08071216

動物園は入園料500円、初めて入ったが思っていたより小さかった。アカショウビンの居る場所を聞き一目散、暑くてゆっくり動物を見て周る気にはならなかった。初めて見るアカショウビン、想像していたようなど派手の色ではなく赤っぽいカワセミに似た鳥であった。大きさはかなり大きい。

08071217

インクラ前の噴水を撮影し引き上げる。とにかく暑くて汗が滴り落ちた。

08071218_2

24~70mmレンズの結果は、ようわからん。使いこなすのに多少時間が必要。

移動:車、地下鉄  天気:晴れ時々曇り  D2X:RAW209枚

|

« アカショウビン 思いっきり× | トップページ | アカショウビン熱39度6分 »

山歩き」カテゴリの記事