« 渓流釣り 2008白峰村白山まつりの日 | トップページ | 蓮・睡蓮撮影 烏丸半島水生植物園 »

2008年7月21日 (月)

蓮撮影 法金剛院  24~70mmfF2.8レンズ試し撮りⅡ

 土、日の渓流釣りで疲れていたが昨日の夜寝たのが早かったこともあり4時半頃目が覚める。一度目が覚めると再び寝ることが出来ない性分、PCで昨日の写真を見てHPのトップを変更する。しかし写真撮影の本能も目覚め7時過ぎにカメラを持って家を出る。カメラはD2Xに24~70mmF2.8レンズを装着、行先は法金剛院、蓮撮影でレンズの試し撮りである。このレンズ購入してから伊吹山に試し撮りに行ったが不十分のまま、2回目の試し撮りである。28~70mmF2.8とデジカメで使用でオートで使用出来ないフラッシュを下取りに出し12万円で購入したナノコーティングとやらのレンズ、性能はいかほどに?

この時期、法金剛院は7時に開門である。三脚を使用したかったが持ち込み禁止で手持ち撮影、RAWで撮影する。8時頃に入るが既に多くの人がいた。

08072101_2

白い蓮の花、蓮根畑ではピンクが多いが名所の蓮は白色もよく見かける。

08072102

普通に見かける蓮の花、綺麗な花で我々のようなアマチュアカメラマンの夏の絶好のターゲットである。

08072103

建物を背景に撮影する。

08072104

F2.8のレンズはなかなか良い。その分値段も高いが、価値が出ているかどうかが問題。

08072105

光を利用しての撮影、しかしまだまだシロウト。生涯シロウトであろう。

08072106

それでも自今満足できる写真が撮れれば良しとしよう。

08072107

まさにシロウト写真館である。

08072108

40分ぐらいで撮影を終え勧修寺に行くが、こちらの蓮は八重でまだまだ、8月はじめあたりが良いのかも知れない。

ところで法金剛院からJR花園駅に向かう途中の信号で、勧修寺でたまに出会うカメラマンに会う。 余呉でアカショウビンが撮れたとのことで写真を5~6枚見せてもらうがまぎれもなく天然もののアカショウビン、クチバシが綺麗(釣り仲間のyamamoto氏が嘴を見れば判ると言っていた)。大阪のカメラマンと一緒に行ったのことで、この大阪の人物のアルバムを家に帰ってみるとやはりアカショウビンの写真が掲載されていた。夜中2時頃に京都を出発したとの事であったが菅山寺のアカショウビン熱が再び高くなってきた。もっか37度8分ぐらい。夏休みまで1週間、その頃に38度5分ぐらいにはなっていると思う。

7月の終わりにもう一度行くか? 行って見られなかったら帰りの上り道はしんどいが。

移動:地下鉄、JR  天気:晴れ  D2X:78枚

|

« 渓流釣り 2008白峰村白山まつりの日 | トップページ | 蓮・睡蓮撮影 烏丸半島水生植物園 »

」カテゴリの記事