« 勧修寺で300mmレンズの一脚撮影練習後湖北で夕日撮影 | トップページ | 野鳥撮影 勧修寺、京都御苑 »

2008年9月15日 (月)

京都府立植物園のキビタキ

 カワセミの写真が多く掲載されている写真アルバムを見るとキビタキの写真が掲載されていた。一瞬御苑かと思ったが(今年の春に撮影した)同じ日付けのカワセミの写真もあり植物園と思い朝から出かけた。場所はカワセミの居る池横の梅園と思っていたが、駐車場でカワセミ狙いの人に会い確認すると予想通り梅園とのことで直行する。

開門と同時に入ったため梅園には人がおらず、キビタキも見つからなかったが、しばらくすると鳥が木を渡っていくのが目に入り静かに近づくとキビタキの姿が目に入った。

08091401

サンニッパに1.4倍のテレコン装着で一脚を使用して撮影する。カメラはD300、植物園他これまで400mmズームの手持ち撮影を行っていた近場の野鳥撮影では、これからこのシステムがメインになるであろう。

08091402

追いかけるためか鳥は落ち着かず次々に場所を移動する。しかし、人を怖がったり嫌がったりしているようにも思えない。直ぐ近くを移動するだけでたまに近過ぎてフォーカス出来ない場所にくることもありビックリする。冬にルリビタキを追いかけているのとまったく同じである。

08091403

曇り空で薄暗く、シャッタースピードを早くすることが出来ずで失敗。

08091404_2

人に追われながらも途中で餌の昆虫を捕まえる余裕も見せていたが、人慣れしている訳ありの鳥かもしれない。

08091405

追いかけると鳥が落ち着かないと言う人がいたが落ち着かないのは事実、しかし本当に人が近づくのが嫌なら山の鳥のように飛び去って人には近づかないであろう。逃げながらも一定の距離を置いてではあるが近寄ってくる。

08091406

かなりの枚数を撮影したところで木の上の枝の中に入り動かなくなった。餌を食べ満腹したのかも知れない。こちらも撮影に飽きたのでカワセミ撮影に切り替える。カワセミが撮影できたのは一度だけ、昼になったので帰ることに。

08091407

温室前の池に外国産の睡蓮が咲いていた。

08091408

多少痛んできているようであったがまだまだ見れる状態。

08091409

トンボが花に止まっていた。

08091410

植物園を出た後、近くの賀茂川にカイツブリの親子がいると聞いたので様子を見に行くが見つけられず自宅に戻った。

移動:車  天気:曇り  D300:RAW288枚

|

« 勧修寺で300mmレンズの一脚撮影練習後湖北で夕日撮影 | トップページ | 野鳥撮影 勧修寺、京都御苑 »

野鳥」カテゴリの記事