« 山科川、旧安祥寺川 | トップページ | 08年紅葉撮影スタート 立山室堂 »

2008年9月28日 (日)

奈良の古刹 初秋の花撮影後山科川でカワセミ探し

 今日は立山の天狗平から室堂へ今年初の紅葉撮影に日帰りで行く予定であった。ところが昨日の朝に左足首に少し痛みを感じ、夜になっても状態が変わらなかったので立山行きはあきらめ夜遅くまでTVでK-1を見ていた。今日の朝も多少痛みは感じたが大したことが無かったので撮影に出かける。奈良でコスモス撮影か初秋の白川村かと悩んだが、大事を取り近場の奈良に決め朝の7時半に自宅を出発した。行先は斑鳩の法起寺とコスモス寺の般若寺。

9時頃に法起寺に到着するが愕然とする。コスモスの開花状況は少し先のようであったが、それより一面コスモスが植えられていた休耕田が激減し稲が実っていた。「ありゃ~」と思うも仕方が無いのでコスモスが咲いている場所を選び撮影する。

08092801

コスモスの種類は豊富で花そのものは綺麗であった。

08092802

よく見ると花の色は複雑、色が混ざっている。

08092803

08092804

白色で花びらが多いのもあった。

08092805

マクロレンズは持ってきておらず、しかも手持ち、15分で撮影は終わる。花だけを写しても仕方ないので移動することに。車を止めた空き地(駐車場か?)に戻ると、傍らに彼岸花が咲いていた。このまま般若寺に行っても時間が余りすぎるので佛隆寺へ行くことにした。

08092806

佛隆寺は千年桜で有名な山中の古刹、何度か桜撮影では行ったことがある。秋の写真集で彼岸花が掲載されているのを思い出した。法隆寺ICから名阪に入り針ICで下りる。後は南に走るが1時間もかからない。

彼岸花は予想以上に多く咲いていた。

08092807

特に巨大な千年桜から本堂までの石段沿いに多く植えられていた。

08092808

千年桜と根元周辺の彼岸花、天気は曇りであったが晴れていたらもっと綺麗であったろうと思い、23日の明日香村の後に来なかったのを後悔した。

08092809_2

寺までの石段沿い。

08092810

石段途中の土手の上、ここに最も多く彼岸花が密集していた。

08092811

終盤であったがまだまだ見れる状態で撮影を堪能した。明日香村の稲淵の棚田より絵になる、来年は真っ先に来よう思いながら般若寺に向った。

般若寺も何度か訪れており、コスモスはまだ少し早いのは分かっていた。予想通り桜で言うなら三分先程度であった。

08092812

人が多かったので場所を選びながら撮影する。

08092813

コスモスの道、満開になれば見事である。次の休みあたり見頃と思うが来れるかどうか? 信州の山の紅葉が見頃を迎える時期である。

08092814

一旦、表に出て楼門を入れて庭園を撮影する。

08092815

2時前に家に帰った。

山科川へカワセミ撮影に出かけた。昨日、旧安祥寺川からの帰り道でカワセミを見たと教えてくれた人がおり、多少気になっていたからである。川に着くなりカワセミが土手より上へ舞い上がるのが見えた。川原まで下りれる場所へ行き確認すると、カワセミはコンクリート土手の中段に止まっていた。

08092816

川横の歩道から見えない場所、川掃除で止まる木が無くなったため止まっているようで、これから冬場にかけ背の高い草が生えることは無く、今年の冬は山科川のマイカワセミ撮影ポイントでの撮影は諦めなければならないのかもしれない。

08092817

他にも撮影場所があるので心配することは無いが少しガッカリした。

ピンク色の彼岸花を見つける。ごくたまに見かける。

08092818

最後にコスモスを撮影し帰宅した。

08092819

来週は、FXフォーマットのカメラが手に入る予定、何処で初撮影するか少し心が騒ぐ。順当なら立山か信州での山の紅葉であるが、状況によっては勧修寺でカワセミ撮影、それとも・・・・。

移動:車  天気:曇り  D2X:202枚、D200:80枚

|

« 山科川、旧安祥寺川 | トップページ | 08年紅葉撮影スタート 立山室堂 »

」カテゴリの記事