« 08年紅葉撮影スタート 立山室堂 | トップページ | 大津祭 »

2008年10月11日 (土)

勧修寺のカワセミ D3高感度撮影

 今日から三連休、土日で白馬、戸隠方面へ紅葉撮影に行く計画を立てていたが週半ばに風邪でダウンして二日間会社を休んだ。昨日の時点で直りきらず、また土曜日の天気が曇り空で信州行きは諦めた。昨日の夜中、咳き込みだして目が覚め咳が止まらず難儀する。朝も少し咳き込んでいたが熱は無く(体が浮いたような状態ではなかった)雨が上がったので撮影に出かけた。薬屋で咳止めを買い飲む。咳止めを飲むのはこれまでの長い人生で初めてあるが驚いたことに咳はピタッと止まった。風邪薬なんぞは効くことはないが効果を一点に絞った薬は大したものである。

朝、10時半頃に勧修寺に到着した。今日の目的はD3の高感度領域のでのカワセミ撮影、どんよりした曇り空の勧修寺がピッタリの場所である。カメラの設定はISOオートで下限800、上限3200、シャッタースピードは1/400に設定した。到着し20分間ぐらいは姿を見ずで池の周りを捜して歩いていると最初に陣取った場所の前にカワセミが止まっていた。鳴かずに飛んできたためか気がつかなかった。

08101101

ISO感度は最初の薄暗い間はほとんど3200、モニターを確認するたび「なんじゃこれは?」と思うほどD300で400~800ぐらいで写すのと差がない。トリミングを多少大きくする必要があるがシャッタースピードが早いためブレは少ない。

08101102

薄暗い場所に居るカワセミを思い存分撮影する。

08101103

カワセミは今日も二羽おり、縄張り争いか二羽現れると追いかけあいを行いどっかへ飛んでいく。しかし、外にはあまり出なかったようで、いなくなって池周辺を捜している足元近くから飛び立ちビックリすることもあった。

08101104

とはいえ出ずっぱりではなく、撮影できる回数は相変わらず少なかった。少し前まで無念が黒ずんで汚かったカワセミと思うが胸毛が生え揃ってきており徐々に綺麗な色になってきている。

08101105

今日はカワセミ撮影は一人(帰る間際に顔見知りの人が来たが)、観光客も20人も来なかったので、カメラを担いで撮影条件のいい場所を探して移動する。リミット6mの設定でフォーカス出来ない距離まで近づくこと数度、それでも直ぐには飛び立たず十分撮影できた。ただ、魚を咥え比較的明るい場所に止まった時にリミットをセットしていたためフォーカスせずで撮影できなかったのが残念であった。

08101106

しかし止まり物は十分満足できるだけ撮影できた。

08101107

これも暗がりのなかでの近距離撮影

08101108

これは少し明るくなってからの余裕の撮影

08101109

逆光でかなり暗かったがRAWで撮影していたのでソフトで補正する。

08101110

止まり物はこれまでにも十分すぎるぐらい撮影している。肝心の飛び物であるが、最近では時々のカワセミ撮影でうまくシャッターが切れず(飛び物の綺麗な写真を撮るには日頃、常に撮影し感を鈍らせないことが重要 いい訳かな?)、また、この時期でも薮蚊が多く喰われて撮影に集中できずで今回も×であった。2、3毎見れる程度のものが撮れていた。飛び物は山科川が良い、しかしバックが汚い場合が多い。

08101111

昼を過ぎると日が差してきた。ピクチャーコントロールはD2モードⅢにしていたので、今日の写真は色調も気に入ったものになっていた。

08101112

日陰のかなり暗い場所、D3様様。

08101113

カワセミ撮影でここまで撮れるとD300は不要、D2Xなみの色調も出るとD2Xも不要、D300を処分することは無いが他のカメラどうするか、買取は二束三文、D3のサブにD700・・・?

08101114

「いらんことは考えやんとこ、使用頻度も含めてD3を使いこなそ」と思いながら秋がずいぶんと深まった勧修寺を後にした。

08101115

勧修寺近くの山科川に数人のカメラマンがいた。飛び物狙いならここかと車を止めようかと思ったが、今日の目的は十分達したので家に車を走らせた。

移動:車  天気:曇り後晴れ  D3:RAW240枚

|

« 08年紅葉撮影スタート 立山室堂 | トップページ | 大津祭 »

野鳥」カテゴリの記事