« 勧修寺でカワセミ撮影、夜は宇治灯り絵巻に行く | トップページ | カワセミ 勧修寺・山科川・旧安祥寺川 »

2008年10月19日 (日)

滋賀から京都北部周遊ドライブ

 久しぶりに山の中をドライブしたくなった。山の中といっても未舗装の林道ではなく舗装した山坂道で、この時期見事にススキが咲く曽爾高原、大峰山を横切る行者還林道、永源寺奥の鈴鹿山中、京都北部の広河原から美山が頭に浮かぶが、近場の京都北部を選び8時半に自宅を出発した。先日、新聞で今津の”そばの花”が満開の記事を見ていたので、最初に今津に行き朽木から美山に向うことにした。今津は川北ハウスのある場所でかって知ったる遊び場所、そば畑のある場所も凡その検討はついていた。

10時頃に到着したがそば畑は思っていたより狭く花の開花状況は丁度ピークであった。

08101901_2

赤色の花と白色の花が混在していたが、色によって味が違うのか・・・?

08101902_2

箱館スキー場入口の下に冬から早春にかけてしか営業しないというそば屋さんがあるが、その店の畑なのか・・・?

08101903_2

赤色と白色の花が並んで咲いていたので撮影する。

08101904_2

花の匂いが漂っていたように思うが、昔懐かしい肥の匂いのほうが強かった。新聞に掲載された割には人が少なく撮影はしやすかった。

08101905_2

そばの花の撮影後、直ぐに美山に向わず近くの酒波寺に行く。樹齢数百年のエドヒガン桜が有名な場所であるが、今日は人もおらずひっそりとしおていた桜のシーズンでも人は少ないお寺で当然かもしれない。

08101906_2

真言宗智山派の寺で奈良時代に行基によって開かれた湖北の古刹である。桜撮影にはこれまで二度来ている。階段を上り境内に入ると心地良い風が吹いていた。

08101907_2

酒波寺の後、国道303から367経由で県道に入り美山に向った。綺麗な清流があり撮影するが、ここでもイワナが釣れるようで釣では過去に一度来た事があるがさっぱりであったことを覚えている。フライ、ルアー専用の釣り場もある。

08101908_2

ススキが至るところで咲いていた。山の中に入るとこの時期ススキが目立つ、かってススキを駆逐するのではないかと思ったセイタカアワダチソウは山の中ではススキの中にひっそりと咲いているが、完全に日本に自生するようになっているようである。

08101909_2

山坂道での車の運転を楽しみ、1時頃に美山知井の茅葺の里に到着、駐車場には多くの車が止まっていた。集落前のそば畑は花を落ちて実がついていたが、そばの実の量は少なく一株から取れるそば粉の量はかなり少ないように思える。

08101910_2

村内の家の庭には、秋の実が実り、花が綺麗に咲いていた。

08101911_2

ダリアの花

08101912_2

コスモス、のどかな茅葺の家に花は似合う。

08101913_2

一時間弱で散策を終え、最後にそばの実を撮影して2時過ぎに山里を後にした。

08101914_2

注)知井の里の写真は後日写真アルバムにする。

移動:車  天気:晴れ  D300:187枚

|

« 勧修寺でカワセミ撮影、夜は宇治灯り絵巻に行く | トップページ | カワセミ 勧修寺・山科川・旧安祥寺川 »

ドライブ」カテゴリの記事