« オオワシ 湖北山本山 | トップページ | ぶらり山科川でカワセミ撮影 »

2008年12月13日 (土)

オオワシの飛行ショー 湖北

 今日も朝からオオワシ撮影に湖北へ行く。完全にこの冬はオオワシ撮影にはまったが、到着したのは10時前、今日はカメラマンが一段と多くなっていた。

先週のD300がもう一つであったので今日はD3を使用する。DXとFXサイズ焦点距離1.5倍か価格の差か、どちらに軍配が上がるのか興味があった。最初に2倍のテレコンを着け試し撮りをするが暗かったので結局1.7倍のテレコンを着け焦点距離は850mm。

08121301

適当に試し撮りを行った後は、かなり奥に頭だけが見えていたオオワシを撮影する。

08121302

かなりの間動かなかったが、餌を取りに琵琶湖へ真正面に向って飛び出す。目を話した瞬間であったので撮影出来なかった。10分ぐらいで帰ってくるであろうと思っていたら餌を取らずに直ぐに帰ってきた。

08121303

別の場所に移動したが、上半身しか見えず。しかし、この場所からは直ぐに移動した。

08121304

先週、ブラックバスを食べていた赤松に止まる。カラスも寄ってこなかったので、ここでも長時間動かなかった。

08121305

山の中段(麓から見ているので中段に見えるが実際下の方)あたりにノスリが止まる。

08121306

10分ぐらいで飛び出す。ノスリが止まり木から飛び出す瞬間を撮影するのは始めてである。

08121307

オオワシを見ていせいか、遠いこともあり小さく感じる。

08121308_2

綺麗な飛行姿

08121309

トビと違い尾が外に丸みを帯びている。

08121310

真下から写す。比較的低空のため綺麗に撮れた。これまでは遥か上空の写真ばかり。

08121311

快晴で撮影条件も良かったが、D3の写りはD300に比べ良い。これからもD3と500mm+1.7倍テレコンをする。

08121312

オオワシはまたもや長時間動かなかったが、ごそごそ動くとお尻を持ち上げ糞をしよった。

08121313

飛び立つかと思ったが、この後しばらく動かず。

08121314

イライラしながら飛び立つを待つがオオワシは冷静ですまし顔。

08121315

根気よくファインダーを見つめていたが、太陽が雲に隠れたのでISOの上限を3200(シャッター速度1/1000のISOオートにしていた)にしようとした瞬間、オオワシは飛び立った。またもや飛び出す瞬間を撮れず。

オオワシは一旦北に向かい姿をを消すがまもなく帰ってきた。

08121316

ここから、近場での飛行ショーが始まる。

08121317

右に行ったり左に行ったりで上を旋回する。

08121318

西から南には雲が張り出してきて撮影しづらくなる。

08121319

北は晴れで綺麗な飛行姿が取れる。5分ぐらいでショーは終わりねぐらに帰ったのを見とどけ機材をリュックにします。

08121320

10時前から4時前まで待ち時間が長かったが最後に報われた。また、今日は近くに岐阜から来たという人が居て、暇な時間に滋賀から岐阜の県境あたりの猛禽類が出没する場所を聞いた。 以前に釣り、紅葉撮影で走った場所近くで嬉しい情報を得ることができ非常に楽しい一日であった。明日も行きたいところであるが用事で大阪に行かなければならないのが残念。

移動:車  天気:快晴後最後は曇り  D3:432枚、P80:14枚

|

« オオワシ 湖北山本山 | トップページ | ぶらり山科川でカワセミ撮影 »

野鳥」カテゴリの記事