« 宝ヶ池から御苑へ アオバト初撮影 | トップページ | 08年ラスト撮影 山科川のカワセミ ホバー »

2008年12月29日 (月)

山本山 オオワシ

 湖北の山本山にオオワシ撮影に行く。D3かD300か迷ったが、オオワシが見れなかったらミコアイサ撮影のつもりでD300にしたが間違いであったような?

9時半頃に湖北に到着、いつも通り水鳥センター駐車場に車を止め山本山まで歩くが、D300+500mm+αを担ぎ、首にD90+400mmズーム、三脚を右手に持っての歩きかなりキツイ。天気は晴れ雲が広がっていたがまずまずの条件。

今日は比較的撮影しやすい場所に止まっていたが、今年の1月に確か初めて来たときに止まっていた場所である。カメラを構えた場所の斜め前に勧修寺、山科川でよく会うカメラマンが居て挨拶するが、いつも手持ち撮影の人もここでは三脚を使用していた。

08122901

初めてオオワシが鳴くのは聞く。かなり甲高い”キャッ、キャッ”というような麓まではっきり聞こえる大きな声で、最初は猿が居るのかと思った。

08122902

かなり待ちくたびれた頃に、ようやく餌さ獲りに出かける。

08122903

5分ぐらいで魚を捕まえ帰ってきたが撮影角度の事もあり飛行写真では確認できず。

08122904

かなり低い場所に止まったが茂みに隠れ、慌てて場所を移動する。これまででは一番近い場所、はっきり撮られることが出来たが、空を背景の飛びもの撮影時に露出補正を+0.3にしたが、そのあと夢中になり変えるの忘れていたため明るすぎる写真ばかり、RAWで撮影しているため後でPCソフトで修整する。最近は一眼デジでは野鳥も風景もすべてRAWで撮影している。

08122905

周囲を注意深く見回す。

08122906

邪魔者がいないことを確認しながら無心に魚を食べる。

08122907

嘴に咥えたところまで撮影できたのは始めて。

081229001

魚を強い力で引き裂く。魚を飲み込むカワセミなど他の鳥と違い見ていて面白い。

08122908

やがて様子を見てカラスが集まる。

08122909

羽を広げて追い払う。

08122910

鳶も木の上に現れ威嚇するが、鳶は知らぬ顔。

08122911

再び、カラスが現れ三つ巴となるがカラスはオオワシと鳶の共通の邪魔者のようである。

08122912

餌を食べ尽くした後向きを変えたり首を動かしたりはするが再び動かなくなった。移動した場所には天ヶ瀬でよく会うカメラマンや何処かで見かけた人が何人か居た。D3Xに600mmのレンズを付けた人が居たが、天ヶ瀬のヤマセミ撮影で隣になりアカショウビンの管山寺の事を色々教えてくれた彦根(やったと思う?)の人のように思えた。

08122913

いつもの糞ポーズ、直ぐに飛ぶかと期待するがなかなか飛ばない。今日は三回ぐらい糞をしよったが、今日に限らずいつもこちらにお尻を向ける。カメラに向ってのサービスのつもりか?

08122914

再び、飛び立つが話をしていて瞬間を逃す。餌は取れず直ぐに帰ってきた。

08122915

撮影したいのは正面に飛び出す瞬間でいつも山と琵琶湖の最短距離に場所を決めているが、左に飛び出すことが多く場所を変えた方が良いかも知れない。この場所の方が横からの飛びものを撮るチャンスは多い。

081229002_3

4時過ぎに引き上げた。駐車場に到着した頃には夕日撮影の時間になっていたのでD90と400mmズームレンズで撮影して5時前に家路に着いた。

08122916

次回は年明けの3日か4日頃に行きたいが天気次第。VRはON、絞りは2段ほど絞って撮影する。これまではシャッタースピード優先ほとんど開放としていたが、D3でISO感度を上げる。

移動:車  天気:曇り後快晴  D300:521枚、D90:90枚

|

« 宝ヶ池から御苑へ アオバト初撮影 | トップページ | 08年ラスト撮影 山科川のカワセミ ホバー »

野鳥」カテゴリの記事