« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

故郷池田

 今日、所用で池田に帰った。天気が良ければ帰りに五月山公園から箕面へ山の上を走り野鳥撮影も多少行うつもりであったが生憎の今にも雨が振りそうな空模様で五月山公園の散策1時間にとどめる。写真を撮るつもりで動物園に行くが残念ながら休園日で結局何も撮影せず。

有料駐車場に車を止め用事が済んだ後戻ってきてリモコンを押しコトンと鍵が開いた音がしたので(気がした)、ドアーを開け車からリュックを取り出そうとするとリュックが無い、よく見るとまったく別のよく似た車種の車であった。考え事をしていたので間違えたのであるが、ガードマンが居たので「この車ドアの鍵がかかってませんわ、キースイッチを押すとロックが外れたように思ったのですが・・・・」と言うと、「ロックしてみてください」と言うのでロックのスイッチを押したがドアはロックされず。笑いながら「ほっときましょか」で終わる。しかし、リモコンを押した時にコトンという音が聞こえたのであるが・・・?

写真は07年4月の撮影。

Ikeda

大文字、池田には大文字が二つありますが、こちらは私が生まれた町内会が披露していた大の方です。この背後のドライブウエイを少し箕面側に進んだところにある展望台(子供の頃、日の丸展望台と呼んでいた)近くにアオゲラ、アカゲラが現れるそうで一度撮影に行ってみようと思っています。

Ikeda2

猪名川、右手遥かの山は六甲山の端。

Ikeda3

「故郷は遠きにありて想うもの・・・・」、車で1時間少々で来れると感慨も少ないが、何故か中学校(渋谷中学)近くに行くとか郷愁を感じる。人生で一番楽しかった時代かも知れない。生まれ育った(22才まで住んでいた)家は取り壊されて今はもう無い。7年間の京都南区生活を経て山科に住んで27年になるが、今だ池田に行くと帰って来たという気になる。松ヶ崎での4年間の学生生活(自宅からの2時間の通学)を含め京都在住40年近く、今だ大阪人(北摂人かな)。

移動:車  天気:曇り後雨  撮影無し

|

2009年1月25日 (日)

植物園、御苑でD300+400mmズームの手持ち撮影確認

 車の修理が終わり朝に引き取りに行った。今日は淡路島の黒岩水仙郷へ行きたかったが、車の引取りが10時を過ぎ淡路島は諦めた。車はバンパー周辺、フォグランプ、ナンバープレート等前面取替え、ボンネットの塗装他諸々で前面は新車同様、30万円ぐらいかかるとのことであったが、車両保険に入っていたためもちろん持ち出し無し。おまけに入っている3年契約の保険、3年間無事故なら数万円キャッシュバックされるタイプのものであるが、無事故の期限が満期の2ヶ月前とのことで2月更新のため全額が帰ってくると聞いて万々歳。キャッシュバックの費用でタムロン180mmのマクロレンズの購入を考えていたが、噂の高感度DXのD400購入資金の一部に残しておく。ただし、次回の保険金は少しグレードアップしたこともあり600円/月の費用増、ともあれハッピーエンド(? 事故を起こしながら不謹慎か)で事故処置は終了した。万が一のため保険はケチらない方が良い(?)。

09012501

てなわけで今日は遠出は諦め植物園に行った。今日の狙いはD300+80~400mmズーム手持ち撮影のチェック。昨日の箕面の撮影でD90のフォーカスに多少難点を感じたからでD300ではどうなのかチェックしたかった。難点とは明るいところではまったく不満は内が、ターゲットが暗い場合になかなかフォーカスしてくれずもたつきを感じたことである。カメラの問題かレンズの問題化確認したかった。ついでにルリビタキ撮影、アオゲラが現れてくれば申し分なし。

植物園で最初に現れたのはジョウビタキ♂、明るい場所でまったく問題なし。

09012502

続いてルリビタキ♂、本日のメインの被写体が直ぐに出現。

09012503

ルリビタキ♂はかなりの枚数を撮影したが、何処かに行ったので日本庭園に行くと福寿草が咲いていた。先日より花の数は増えていた。

09012504

今日は前回に続き望遠レンズで撮影したが、次回はマクロレンズを持ってくる。

09012505

福寿草以外にも黄色の花が咲いていた。ロウバイと思っていたがそうでも無いような?

09012506

近くにヒヨドリが舞い降りたので近づきアップで撮影。手持ち撮影、すばやく鳥に近づけるのが良い。

09012507

アオゲラを捜して歩いているとジョウビタキメスが目の前に現れた。

09012508

最近アオゲラが現れるという場所近くの巣穴、白峰に多いトチノキであったと思う。

09012509

梅林近くでルリビタキメスが現れる。かなり暗い場所であったが一発でフォーカスした。やはりD300の方がフォーカスの素早さに関しては明らかに優れている。

09012510

エナガが現れた。高倍率のコンデジを持った老人がニコニコ笑いながら、「動きが早くてなかなか取れませんわ」と言う。私にも経験があり「動きが早いですから」と答えたが「フォーカスの早い一眼レフでないと無理」とは言えなかった。カリカリしながら野鳥を撮影するより、ゆったりと野鳥を見ながら撮影できてラッキーと思っていた頃が懐かしい。

09012511

アオゲラは現れたようであるが見ることが出来ずで園内をブラブラ歩く。カワラヒラが居た。

09012512

北門近くの噴水、ローカルな虹が出来ていた。

09012513

椿園にイカルの群れがいたが、かなりの数であった。

09012514

暗がり撮影のカメラチェックを終え、アオゲラを諦めてルリビタキ♂の撮影に集中する。この鳥も餌付けされたのか、かなり近くまで近寄っても逃げなかった。

09012515

あまり綺麗なルリビタキとは思わなかったが、日のあたり具合では綺麗に見える。

09012516

正面から見ると綺麗。

09012517

ルリビタキ撮影に飽き御苑に行った。最近不調なのか、それとも撮影を終え移動した人が多いのか知らないが水場のカメラマンは少なかった。

09012518

しばらく待っていたが現れるのはシジュウガラにヤマガラ、水場周辺をウロウロしているとシロハラが現れた。

09012519

水場に戻ると御所ではおなじみのビンズイが現れる。

09012520

ルリビタキ♀が登場し、メジロ、シメ、ウグイスを見かけた。

09012521

コゲラが飛んできて近くの木に止まったので撮影する。

09012523

3時頃寒くなってきたので引き上げた。それにしても最近珍しく昼を過ぎても寒く、クソ暑い真夏が恋しい一日でもあった。

09012524

移動:車  天気:晴れ時々曇り  D300:314枚、TZ3:4枚

|

2009年1月24日 (土)

箕面でコマドリ撮影後大阪城を歩く

 箕面へコマドリ撮影に行く。コマドリは数年前に上高地で始めて見た鳥で3mぐらいの距離に現れ良い声で鳴いていたが、近過ぎて見つけられず木の上に移動してから逆光で撮影したためまともに撮影できずで是非もう一度撮影したいと思っていた。たまたま人のブログから箕面に現れることがわかり行くことにしたが、車の修理がまだ完了せずで地下鉄、JR、阪急と乗り継ぎ阪急箕面駅から歩いて撮影地に向う。歩きとなると当然、D90に80~400mmズームの手持ち撮影。

9時半頃に阪急箕面駅に到着、40年ぐらい前にはよく来た場所であるが京都に住んでから阪急で来た2年前の紅葉撮影以来二度目、車では数回来ており昨年も滝、ビジターセンター、勝尾寺に来ている。

09012401

滝までの道は川沿いの道を歩く。川沿いの景観以外にも昆虫館、瀧安寺、唐人戻岩・・・・など見所があるが野口英世像があった。なんでこんなところにと思いながら歩いたが家に戻ってからネットで調べたら箕面に来たことがあったとのことでまったく知らなかった。

09012404

覆い茂る木、葉が落ちているので見晴らしが良く、何か珍しい鳥がいないか注意深く見るが姿を見つけることが出来ず、鳴き声に姿を現すのはヒヨドリばかり。

09012405

斜面に鹿が居た。箕面は猿で有名、野生の鹿は初めて見た(箕面では)。

09012406

TZ3で撮影しながらゆっくり歩いて一時間、茶店(うどん屋かな)に到着。ブログに書かれていた場所はここかと思ったが人は居らず、20mほど上にもう一軒うどん屋があり数人のカメラマンが居た。かなり道幅は狭い。

09012407

コマドリは現れていないようなので滝まで先に行くことにした。

茶店裏の川。

09012408

箕面の大滝、紅葉時は絶景。

09012409

滝の撮影を終えた後、茶店に引き返しカメラマンの中に入る。居た人にコマドリの出る場所を聞き横に立つ。しばらく喋っていたがどこかで見たことがあるような、後で気がついたが御苑の水場で一緒になり話をした人のようであった。

コマドリは茶店の前に出てくるとのことで、「ホンマかいな?」と驚く。道幅人が立っていると普通車が通るのに苦労するような狭い道、出てくる場所の反対側にカメラマンが立っている。こんな状況で出てくるのかと半信半疑で1時間ほどまっていたが出てきた。一瞬のことでカメラを向ける前に人が歩き直ぐに隠れた。通行人は多くなかなか途切れなかったが、しばらくして斜面の金網の陰に再び姿を現した。

09012410

滝までの通行人が多く、なかなか下に下りてこない。待つこと20分、通行人が途切れた合間に出てきた。念願のコマドリを撮影した瞬間であった。

09012411

暗い、ISO自動MAX1600、シャッタースピード下限を1/400にしていたがかなり低速になっていた。D90はD300に比べISO1600でもノイズが少ないが暗い場所ではピントが合い難いようである。600mmの手持ち撮影、VR付きでシャッタースピード1/100ぐらいまでは実績があるがブレがでる。ノイズかブレか、どちらを取るか悩むところである。三脚を使えば問題ないが機動性が悪くなる。

09012412

数分の撮影であったが満足してその場を離れ、ビジターセンターへ向った。滝の上の駐車場の先にビジターセンターまで1.5kmの表示板があり雪が舞いだしたこともあり行くのは止めた。大阪城に行先を変更して駅に戻った。

環状線の大阪城駅から大阪城に向うが天気は晴れから曇りへ。

09012413

大阪城、梅撮影でここ数年2月に必ず来ている。

09012414

周回道路では大阪女子国際マラソン撮影のリハーサルが行われていた。マラソンランナーについて車を走らせ中継、大変な作業と思うと思うがごくろうさん。

09012415

早、梅が咲いていると思い近づくと桜であった。

09012416

10月桜の表札がかけてあったが咲き初めではなく終盤?

09012417

こちら梅林の梅、大半の木は蕾固しであるが、数本咲き始めの木があった。

09012418

甘い花の匂いが漂っていたが、今年の開花、満開は早いのかも知れない。

09012419

大阪城の外堀沿いに左回りに歩く。

09012420

大手門から天守閣に向う。

09012421

豊国神社の豊臣秀吉像。

09012422

天守閣横の池から撮影、ここにも三脚使用のカワセミ狙いのカメラマンがいた。外堀にも三脚を構えたカメラマンが居たが何をまっていたのか多少気になる。

09012423

大阪城散策で撮影した鳥。まずはジョウビタキ♀

09012424   

シロハラ、よく見かけた。

09012425

ツグミ、この鳥も数多く見かけた。

09012426

ヒヨドリ、何処にでも居る鳥である。

09012427

ハシビロガモ、外堀に群れでいたが、群れの数はそれほど多くなかった。

09012428

ホシハジロ、姿を見かけると勢いよく近づいてきた。餌を与える人が居るようである。

09012429

ユリカモメの飛びもの、ユリカモメ撮影は今シーズン初めて。

09012430

最後に金属のかたまりの飛びものを撮影して3時半頃に帰路についた。

09012431

今回のコマドリ撮影、撮影場所までの時間3時間少々に待ち時間1時間以上、撮影時間はたった数分であったが大満足でブログの主に大感謝。

移動:地下鉄、JR、阪急、歩き、京阪 天気:晴れ後曇り D90:235枚、TZ3:103枚

|

2009年1月18日 (日)

嵐山から嵯峨野散策

 今日は天気予報では朝の内曇りで昼からは雨、半日の撮影ということで嵐山に出かけた。車は修理中で車での遠出は出来ない、天気が良ければ箕面へ行きたかった。昨年の秋に出身地池田の五月山と野鳥でインターネット検索を行うと、あるブログが出てきた。見ていると五月山でのアオゲラ撮影の記録が出ていたので、お気に入りに登録し最近もよく見ている。箕面あたりの情報が多く、昨日見ると箕面の滝近くにコマドリが出たと書かれており、コマドリは上高地で撮影に失敗した鳥、一番撮影したい鳥であった。箕面も一つ手前の駅の高校に通っていたこともあり、状況は変わっているとはいえ土地勘はある。車があれば滝の上に駐車場があるのですっ飛んでいったが、阪急で行くとなだらかな坂道を4kmほど歩かなければならない。帰りに雨が降り出すとたまったものではないので今日は諦めた。友人の川北氏のHPを見ると、山本氏の野鳥写真のページにアオゲラの写真が載っていたので、嵐山の亀山公園に決めた。以前に一度、コゲラのものではないドラミングを聞いた場所が目的地。

地下鉄とJRを乗り継ぎ嵯峨嵐山駅下車歩いて数分、9時前に天龍寺前に到着した。ここが今日の出発点、カメラを取り出し亀山公園に向う。

09011801

この時期の嵐山、京都随一の景勝地とはいえ歩いている人は少ない。

09011802

亀山公園上り口横の茶店の赤い傘、この破れ具合で歴史(単に古いだけかな)を感じる。

09011803

公園内、野鳥の声が聴けるかと思ったら静かであった。

09011804

ここでも梅が咲き始めていた。

09011805

数年前の記憶を頼りに目的地に行くとデジスコを構えた若者がいたので、アオゲラを見かけなかったか聞くと、「ドラミングは聞きますが姿は見かけたことありません」とのことで、辺りを散策する。ここでまずい事に、お尻がムズムズ、ウ・・がしたくなった。トイレがあったので入ろうとしたがトイレットペーパーが無い、リュックにいつも数mを巻いて入れているのであるが、超望遠レンズ用のリュックに入れ替えたようで無し。引き返すが川横のトイレにはトイレットペーパーがあり無事に用を足す。

すっきりしたところで再び亀山公園を歩くとアオジが現れた。この鳥は地面をウロチョロし近づいても逃げない時があるので今日も踏みそうになった。

09011806

続いてメジロの集団が現れるが通り過ぎれば静かなもの、イカルを一羽見かけたのと後はアオジばかり。聞き耳を立てるがドラミングは聞こえずで展望台に向う。

09011807

展望台から渓谷を見下ろす。秋なら見事な景色であるが今は殺風景。トロッコ列車が通らないか待っていた。デジスコの若者が来たのでトロッコ列車が通る時間を尋ねたが、「この時期は運転してませんよ」との返事、横の看板に書かれていた。

09011808

再び、下りるとジョウビタキが現れた。

09011809

ツグミも現れたので木の影に隠れながら近づき、一瞬のチャンスにシャッターを押す。今日もD90に400mmズームの手持ち撮影。

09011810

アオゲラを待ちながら捜すか諦めて先へ進むか考えたが、天気はしばらく持ちそうなので先に進むことにした。行き先は広沢池、狙いはクイナ。

大河内山荘入口近くの竹林の道。

09011811

トロッコ列車の駅の横を通り常寂光寺方面に歩く。途中の小倉池(以前から池は知っていたが、名前を知ったのは最近)では、カワセミ撮影のカメラマンが居たが、勧修寺でよく見かけた人がいたので挨拶する。

常寂光寺、工事でもしているのか?

09011812

柿落舎近くでヒヨドリが直ぐ前の民家の木に止まったので撮影する。

09011813

清涼寺(嵯峨釈迦堂)に到着、境内を散策するがベンチに白人がリュックを枕に寝ていた。我々、黄色人と体の構造が違うのか、この寒い時期に外のベンチで寝れることを不思議に思う。

09011814

梅の木にスズメが止まっていた。

09011815

大覚寺に到着、大沢池を一周する。反対側から出れたのであるが今は柵が設けられ通用口には鍵がかけられていたのである。

09011816

親子連れがカモに餌を与えたいたのでカモの飛びもの撮影。

09011817

カワウが舞い降りてきたのでこれも撮影する。

09011818

広沢池横の田園地帯、いつ来てものどかであるが春先が一番良い。

09011819

広沢池のいつもの場所にカワセミが居た。

09011820

かなり近くまで来るようであるが、このカワセミ色が少し汚い。この時期にしては珍しいように思う。

09011821

この時期の広沢池は水が抜かれており、大部分は底が現れている。直ぐに見かけたのはケリ、アオサギ、コサギ。

09011822

クイナは居た。以前は道横の小さな流れの中で見かけたが、池が干上がっているためかかなり遠くにいたので、まともに撮影できなかった。写真は大トリミング。

09011823

空き地にモズ♀が現れる。

09011824

最後にコサギを撮影に、水の残っている場所に行く。魚を飲み込む瞬間、僅かな遅れで捕食の瞬間を撮れなかった。

09011825

コサギが飛んできたが、水に映る姿が綺麗で何枚も撮る。

09011826

最後のショット。空が暗くなりかけてきたので12時過ぎにタクシーを止め地下鉄の駅に向った。

09011827

今日は、これといった写真は撮れなかったが、色々撮影できて楽しい半日だった。

池田の五月山のアオゲラの場所は、先日植物園で久しぶりに出会った大阪のカメラマンに聞いた。中学時代にクラブの冬の鍛錬(山上り)で学校から細い登山道を走った終着点で、 十数年前には車で行ったこともあるが久しぶり行ってみたくなった。箕面のベニマシコの現れる場所も、昨年ビジターセンターへ行った時に職員さんから冬にベニマシコが現れると聞いていた場所。来週の休みは湖北か箕面から五月山か天気次第。

移動:地下鉄、JR、歩き、タクシー 天気:曇り  D90:238枚、TZ3:47枚

|

2009年1月17日 (土)

御苑、植物園で野鳥撮影

 今日は出勤日であったが夕方4時頃より2時間ほど自宅待機とちょっとした外出の所用があり有休を取った。午後の半日休暇でよかったのであるが、特に重要な仕事もなかったので全休にした。夜は会社での母校OB会の新年会があったがブーイングを覚悟で欠席。

予報では天気がよかったので朝から昼まで山本山に行きたかったが、車を修理に出しているため近場の御苑、植物園を散策することに。御苑」には地下鉄丸太町駅から歩きで最初にアオバトが現れる場所に行ったが、ここでしょうも無い諍いを起こし、後で多少反省。アオバトが止まる木の下に入った。そこは誰が歩いても文句が出ない公共の場所であるが、誰かが勝手にドングリを撒いて餌付けしている場所でもある。アオバトの餌まきの話は聞いていたが、気にせず木の下に立ったのである(少し離れたところに何を撮っているのか判らなかった老カメラマンが一人いたが)。そのカメラマンに近づいた別の人物が「撮影しているので木の下に入るな、アオバトが下りてこない」とか何とか大声でぬかしよった。近づいてきて普通に喋ってきたなら私もその場を離れたが、遠くで大柄な言葉遣いでわめきよったので頭の血管が切れそうになる。無視して木を見上げアオバトを捜しているとまたもやわめきよったので、その人物に近づきカメラを突き上げ「見たらわかるやろ、撮影しているのはお前らだけと違う、俺も撮影しとるんや」と言うと、「俺は撮影していない、鳥見だけや・・・」とか何じゃかんじゃで、ああ言うたらこう言うのつまらぬ言い争いが始まる。それほど偏屈な野郎では無く、後でアオバトのことを色々喋ってくれたが、それにしても態度の悪い輩で最後に「すまんかった」と一言いよった。どう見ても年下、10歳ぐらい年上の人に言われれば笑って「こっちもすんまへんでした」とぐらい言うが、一瞬”頭を張り飛ばしたろか!”と思ったのは言うまでもない。もちろん、そんなことをする年ではないが。

気を取り直して鳥を探す。最初に木のてっぺんに居たアトリを見つける。集団で移動していた。

09011701

歩きながらキョロキョロ捜すが目ぼしい鳥は見つからずで水場に到着、アオジが居た。

09011702

傍らにビンズイが首をかく。

09011703

しばらく居たがやってくる鳥もおらずで近衛池に向う。途中、カラスが置かれていた自転車の籠の中を探るのを見かける。直ぐに別の自転車が通りかかりカラスは逃げた。

09011704

近衛池にはカワセミが居た。たまに見かけるデジスコ撮影の若者がいたので話をする。

09011705

その後、烏丸通り方面に向かうが、途中茂みの中で鳥が動き撮影、メジロと思っていたが帰ってから見るとウグイスであった。

09011706

エナガが集団で飛んできたが動きが早く撮影しにくい。近くに寄ってくれるがシャッターを押すタイミングが難しい。

09011707

食堂でうどんを食べた後今出川駅から再び地下鉄に乗り北山駅で下り植物園に行く。

北門から入り梅林に向う途中、白い可憐な花が咲いていた。看板を見るとスノードロップと書かれていたが、正に雪のように白い花が下を向いていた。

09011708

日本庭園に行くと何と福寿草が咲いていた。もう少し後と思っていたのであるが。望遠ズームでは撮影しにくい、山野草の撮影はマクロにかぎる。

09011709

座禅草と書かれた看板の側、今津、白峰、信州で何度も撮影しているがこれが座禅草かなと首をかしげる?

09011710

梅林に行くと白梅の花の数は増えていた。真冬であるが季節は確実に春に近づいている。

09011711

梅林横の池にカワセミが居たが、今日はカワセミ狙いのカメラマンは少なかった。

09011712

梅林でモズを見かける。かなりの近距離撮影に成功。

09011713

神社近くでルリビタキ♀を見かける。

09011714

アオゲラを待っているカメラマンが多く居た場所に行きしばらく様子を見ていた。ジョウビタキ♀が現れる。

09011715

エナガも現れたが寒さのためかまん丸に膨れている。

09011716

久しぶりにヤマガラを撮影する。盛んに木の穴に隠した(他の鳥が隠したのかも知れない)実を啄んでいた。

09011717

シロハラが現れる。

09011718

アオゲラが現れそうになかったので、再び散策、川北氏と山本氏に偶然出会う。

昼食で園内のレストランに向かうが、途中でジョウビタキ♂を見かける。

09011719

続いてウグイスが茂みから登場。

09011720 

これまでで一番近い距離でウグイスの撮影に成功。これが今日の一番の成果であった。

09011721

昼食後再び三人で園内を散策、2時半頃に一足先に帰路についた。

移動:地下鉄  天気:晴れ  D90:205枚

|

2009年1月12日 (月)

長谷寺の寒牡丹 行く途中雪道で二度目のスリップ事故(オカマ)

 朝から長谷寺に寒牡丹の撮影に出かける。このところ昨日の彦根城を除き野鳥撮影が続いていたので気分転換をはかりたかったのであるが、この数日の寒波で衣に雪を被った寒牡丹が撮影できるかもとの期待もあった。天理から名阪国道に入り途中から周囲は雪景色で期待に胸が膨らむが、針インターで下り国道369号を南下するにつれ不安に変わる。通行量が多い国道165号に出て西に走るのであるが、行くまでに急坂を上り、下る必要がある。進むにつれ道は白く凍ったような状況、数年前の途中でのスリップによるオカマを思い出し一速で慎重に走るが、峠の下り道で数年前のオカマを再現してしまった。スリップで横向けになった車が一台、その後ろ(私から見たら前)に車が止まっていた。一速で慎重に走っていたのであるが急に滑り出す、ハンドルを少し切るが方向は変わらない、こうなると人間反射的にブレーキを踏む、完全に滑ってスピードが増して衝突。ならばブレーキを踏まず少しでも遅いスピードでぶつかった方がお互いの車のダメージは少なかったのかも知れない。SUVの4輪駆動車何ぼのもんじゃえ、前回のオカマも本格RVおまけにタイヤはATであった。人身事故にならなかったのが不幸中の幸い、神に感謝か初詣のお賽銭が足らなかったのか・・・。警察を呼んで現場検証、その間トラックがスリップを起こしパトカーの前の側面に接触、そのまま逃走(おそらく止まれなかったのであると思うが)、おまわりさんの「コラ~止まらんかえ、何しとんじゃ!」の怒号にビビル。私もガラがあまりよくないが、あの迫力は今の私には無い。事故処理後、用心のためタイヤチェーンを装着してその場を脱出した。運転歴26年で初めてのタイヤチェーンを装着したが峠を上がる前に装着しておけば良かったと後悔したのは言うまでもない。追突した場所は歩いても滑りそうになるほど凍結していた。その場所は路肩が広く、ほんの1.5mほど中央よりを走ればスリップせずにすんだと思える状況であった。

1時間遅れで長谷寺に到着、駐車場に止めてじっくりと車を見るが、見かけは大したことが無いように思えるが修理は相当な金額を請求されると思う。もちろん保険、車両保険にも入っている。

09011201_2 

長谷寺は薄っすら雪化粧程度、1時間のロスは大きかったかも知れない。

09011202

長谷寺での寒牡丹の撮影は、確か三度目と思うがこれまでで一番花は綺麗であったように思う。これまでは、いつも終盤に来ていた。

09011203

多少、枯れ始め散りかけている花もあったが見頃。

09011204

白の牡丹が綺麗。

09011205

春の牡丹満開時のような艶やかさは無いが雪も残っており風情はあった。しかし、もう少し雪が欲しかった。今年、雪の機会があればもう一度来る。

09011206

定番の撮影

09011207

五重搭の綺麗であったが、青空であればもっと映えていたであろう。

09011208

徳道上人の像かな?

09011209

椿(山茶花?)を入れて本堂を撮影する。

09011210

五重塔を下から撮影

09011211

別院(と思う)の牡丹越しに本堂を撮影、ここも絵になる場所。

09011212

1時間少々で撮影を終え寺を後にする。談山神社に行こうかと思ったがここも急坂があるので、今日は見送り引き上げることにした。

自宅に戻った後、保険会社に事故の連絡、入っている保険は3年契約で2月に満期、無事故なら7万円が帰ってくる予定でタムロンかシグマの180mmズームを購入する予定であったが計画が飛んだ1日であった。しかし、タイヤチェーンの取り付けとタイヤチェーン走行も経験し今後の役に立つであろうと思わなしゃーない運の悪い一日であった。

移動:車  天気:曇り後晴れ  D3:118枚

|

2009年1月11日 (日)

彦根城後長浜盆梅展ついでにちょっとだけ長浜散策

 久しぶりに風景写真を撮りたくなった。この時期風景なら雪景色、雪景色を見るなら滋賀北部、しかし雪が多いのはかなわないで天気予報を見て雪後曇りの彦根に行くことにした。雪の中の城、ということでJRで行くことして9時過ぎに自宅を出発。

11時前に到着したが青空、雪は残っていたので駅から急いで彦根城に向う。

09011101

雪はかなり解けており1時間早く来ればよかったと後悔、石段を急ぎ足で上ったが動悸・息切れ、日差しで朝が出てきたため途中からゆっくりと上る。国宝の名城、さすがわ見事。

09011102

青空のもと雪が多少残る天守閣

09011103

来たのは二度目、この時期見るところは大してなく(桜のシーズンは見所一杯)、城を降りて玄宮園に行く。井伊家の大名庭園で唐の玄宗皇帝の離宮にならったものとかのことであるが、天守閣を入れた景色は見事である。

09011104

庭園を巡り一通り撮影して天守閣下から見上げる。D3と24~70mmF2.8を使っての撮影であるが、相変わらずの観光写真、観光写真を撮るにはこの組み合わせは重たすぎる。D90と400mmズームより重い、D700が欲しくなった。

09011105

雪がなくなる前に一回りしたかったので1時間で終了、堀に戻ってきたところでコクチョウを見つけた。サブで持ってきていたP80で撮影したが、このコクチョウは人馴れしており堀の横を歩くとついて来た。途中でカワセミを見つけ撮影しようと木の陰に隠れながらゆっくりと近づいたが、他の観光客が側を通り逃げられる。この写真を最後に彦根駅に戻ったが時間がたっぷりあったので長浜の盆梅展に行くことに。

09011106

今年の盆梅展は昨日が初日、昨年は2月に雪が30cmほど積った時に来たがこの時期の梅の咲き具合はどうなのか?

慶雲閣に到着

09011107

梅は予想通りチラホラ

09011108

それなりに咲いている盆もあったが、期間中見頃の梅が次々に出展される。

09011109

綺麗に咲いていたのは3盆ぐらいで後は蕾

09011110

咲いている花をアップで撮影

09011111

見頃になるのは2月頃であろうか

09011112

盆梅展を早足でめぐり(ほとんど人が同様)、時間があったので少し長浜を歩く。

明治時代のものか?

09011113

何かの建物の前の像、写真を写して素通り。

09011114

牡丹の寺総持寺を探し8号線に向って歩くが8号線に到着したところでしんどくなり引き返す。

駅近くの大通寺に行く。真宗大谷派のこの辺りでは大きな由緒ある寺で重要文化財も保存されていた。

09011115

最後に10日えびすが行われていた豊国神社に寄り駅に戻った。豊国神社は賑わっていたが人通りが途切れた瞬間に撮影する。

09011116

3時過ぎの新快速に乗り4時頃山科に戻った。

移動:地下鉄、JR  天気:晴れ  D3:131枚、P80:54枚

|

2009年1月10日 (土)

植物園・御苑・山科川 夜は白峰渓遊会の新年会

 朝起きて外を見ると小雨、しばらくして雪に変わる。山が薄っすらと積りだしたので小降りになれば市内へ雪景色撮影に出かけようと思いPCの前に座り写真整理を行う。昨年の7月の天ヶ瀬ヤマセミの写真を見つけ、整理がてらHPのトップに貼り出す。雪は直ぐに止み撮影に出かけるが雪は少ないと思い植物園に行くことに、D90に400mmズームを装着、雪の中の野鳥、狙いは今シーズン撮影していないルリビタキ♂、念のため景色撮影用にP80も持参した。地下鉄で行くが残念ながら植物園には雪は全くなし、青空さえ見えてきた。

日本庭園の端でルリビタキ♂を見つけ今シーズンの初撮影に成功。

09011001

若鳥か日の当たり加減によるが色が綺麗ではない。梅の花が綺麗に咲く頃には十分近づけるのであるが、この時期人にまだ十分慣れていないのか、こちらの姿を見ると直ぐに逃げる。

09011002

梅林に行くと白梅が一輪咲いていた。今年の春の訪れは早いかも知れない。

09011003

冬に咲くロウバイは、まずまず咲いていた。

09011004

ジョウビタキが現れる。今年はどこでもよく見かける。

09011005

続いてジョウビタキ♀、今シーズンカメラに収めるのは2回目か?

09011006

後、シロハラ、カワセミ・・・の数種の鳥を見かける。今日の池のカワセミ狙いのカメラマンは多かった。知っている人も居たが天気がよくなかった関係で屋根のある場所を選んだのかな。

続いてアオバト狙いで御苑に行く。昨年末に初めて撮影した鳥である。丸太町側から入りアオバトが舞い降りる場所に行ったが姿を見かけずで、仕方なく水場に向う。途中、大文字が見えたが、山は多少雪が残っていた。

09011007

水場はスズメが水を飲みに着ていたのみで、人が居らずひっそりとしていた。仕方なくブラブラ歩いているとモズメスが前の木に止まる。植物園のジョウビタキ同様丸々としており、この時期見かける鳥は丸いのが多い。栄養が行き届いているのか寒くて丸くなっているのか?

09011008

シロハラが居た。昨年はツグミを多く見かけたが今年はシロハラが多い。

09011009

シメが現れる。

09011010

続いてイカルが集団で現れる。シメもイカルも色は違うがよく似た鳥、シメは単独で見るがイカルはいつも群れている。

09011011

再びアオバトの撮影ポイントに行き木の中を下から注意深く見上げると数羽のアオバトが隠れていた。暗くてかなり+側に露出補正して撮影する。

09011012

2時半頃に御所を後にし自宅に向ったが3時頃に山科駅に到着、そのまま自宅に戻るには少し早かったので山科川に行く。長時間ホバーを何度か見せてくれたカワセミの居る場所に向かうが姿見かけずで、すれ違った最近よく見かける人に聞いたところ朝に3度ほどホバーを見せてくれたそうで時間も無かったので諦めて引き上げることに。帰る途中上流のカワセミを見かけ1枚撮影して4時頃に自宅に戻った。

09011013

夜は白峰渓遊会の新年会で出かける。宴会場所は権太呂本店(私の推薦)、料理は権太呂鍋、30年来年末の同窓会で食べている鍋であるが昨年末は出席できずで食べたかった。

09011014

メンバー5名全員集合で6時半開始、なんじゃかんじゃで話がはずみ、2月の白峰雪だるままつりの見物、3月末の解禁日に雰囲気を味わう釣行、初夏の北海道での岩魚橋・山女橋の釣り及び花撮影の計画がでる。もちろん今年も一発大物狙いで、一番の狙いは下田原。

9時半頃閉会、店の前で記念撮影して解散。

09011015

移動:地下鉄  天気:曇り時々小雨、晴間もあり  D90:119枚、P80:5枚

|

2009年1月 4日 (日)

三島池後山科川

 今日も朝から天気が悪かった。湖北のオオワシは諦め守山の琵琶湖なぎさ公園へ菜の花の撮影に出かける。カメラはD3、レンズは50F1.4(シグマ)と105mmマクロレンズ、三脚使用でじっくり撮影するつもりであった。

着いてビックリ、菜の花は陰も形もなかった。ガッカリして帰ろうかと思ったが、北の空を見ると明るく、雲の切れ間から太陽に照らされた伊吹山が見えた。望遠レンズを取りに帰り湖北に行こうかとも思ったが久しぶりに三島池に行くことに決めた。狙いは雪に覆われた伊吹山の景色。

09010401

三島池に到着して伊吹山を見ると雲がかかっていた。守山からはこの雲の上から頂が見えていたようである。

09010402

来た以上は適当に50mmレンズで撮影しせっかくなのでマクロレンズに付け替える。池中ほどの枯れ木を手持ち撮影するが、さすがはシャープに撮れる。

09010403

三島池はカモが多く飛来する池、訪れる人が餌をやるので岸まで寄ってくる。マクロでカモを撮影しだす。

09010404

ヒドリガモにオナガガモが多かった。デジスコをはじめた頃に琵琶湖で夢中になってアップ写真を撮ったカモである。

09010405

餌のパンくずをやっている老人が居たので便乗して横に座り撮影する。

09010406

オナガガモに続いてヒドリガモ、さすがに体を動かすと直ぐに逃げる。

09010407

結構夢中になりかなりの枚数を撮影した。カードは2Gbに最近使っていない1Gb、512Mb、あっというまに撮影可能枚数が減り、最後に飛びものを撮影する。ヒドリガモ、105mmマクロ、かなりトリミング。

09010408

オナガガモ。鳥撮影はやはり望遠レンズで200mmは欲しい。

09010409

しかし、200mmマクロでD90あたりを使用すれば300mmになりいい写真が撮れるかもしれない。

09010410

約1時間の撮影で山科に帰る。

1時頃に山科川に行った。カメラとレンズは昨日に同じ、今日は三脚を持って行く。昨日は一脚でVR・OFFで撮影したが結果はもう一つということもあるが、待ちの撮影では一脚はしんどい。川に着いてしばらくしてカワセミを見かける。

09010411

昨日の綺麗な方である。最近は少し上流に定着しているもよう。

09010412

餌場でダイビング、2度目のダイブでかなり大きな魚を獲る。

09010413

一気には飲み込めず石に叩きつけ悪戦苦闘。

09010414

骨を砕いて一気に飲み込むはずが飲み込めず、二度目に飲み込む。

09010415

続いて何のためか(水浴びか腹ごなしか?)は判らないが、二度ほどダイビングして下流に飛ぶ。

09010416

いつも体を休める枯れ草の中に入り休憩、こうなるとしばらくは動かない。

しかたなく下流に行くと別のカワセミが姿を見せる。何度か餌さ獲りをするが一気に飲み込めるような小さな魚ばかり。

09010418

このカワセミはホバーを三度見せてくれたが、ことごとく撮影は失敗、年末に上流で長時間ホバーを見せてくれたカワセミのようである。ならば先に見かけたカワセミは・・・・? 運動公園横の端が2羽のカワセミの縄張り境界と思っていたが、上流のカワセミはさらに上流に居つき、下流のカワセミが上流に進出してきたのかも知れない。どうでも良い事で1枚で多くの撮影機会があり楽しませてくれれば良い。

09010419

今回もシャッタースピード下限を1/1000にしてVR・OFFにしたが結果はもう一つ、今度はVR・ONにする。手持ち撮影はONにしているが、以前は三脚使用でもONとしていた。その時の方が飛びものでもブレは少なかったように思う。

移動:車、山科川は歩き  天気:曇り  D3:236枚、D300:146枚

|

2009年1月 3日 (土)

09年初撮影 山科川のカワセミ

 朝起きて外を見ると、空にはどんよりした雲が広がり道路は雨上がりで濡れていた。09年初撮影は乗り物で出かけようと思っていたが、その気を無くししばらくTVを見ていた。9時半頃に空が少し明るくなってきたのでD300に300mm+1.7倍テレコンを付け一脚を持って山科川に向った。09年初撮影はカワセミでスタート、山科川から最近行っていない勧修寺の様子も見るつもりであった。

川に着いていつも通り下流に向って歩く。用心深くカワセミを捜すが姿はなかなか見つからず、運動公園近くでようやく姿を見かけて。まずは初ショット、30日頃から酒の量が増えているのでカメラを支える手が多少震える(少しオーバーか、一脚に慣れていないだけと思う)。

09010301

直ぐに川の反対側に飛ぶ。

09010302

振り向くと胸の辺りの色が少し汚い、最近このあたりで撮影してるカワセミではなく下流にいるのが上がってきているようであった。

09010303

枯れ枝に止まった後しばらく様子を見ていたが動く気配が無かったので、勧修寺に向う。勧修寺の門前では近くの酒屋が甘酒(と思う)をふるまう準備をしていたが、何かの行事用か何か知らないが、それとも準備が整っていなかったのか前を通っても声もかけてもらえず。氷室池の周辺を散策するがカワセミの姿はまったく見かけずで、池の水がいつもより澄んでいたのでよく見たが小魚のいる気配がなかった。20分ぐらいで再び山科川に向う。最近、カワセミの評判が高い100均ショップ前に行くがカメラマンは居らず、注意深くカワセミを捜すが見かけずで再び私の撮影フィールドに戻る。

上流に向って歩くが始めに見た場所にはもう居らず、上流に向って歩くが珍しく姿を全く見かけずで、帰ろうかと思い撮影フィールドの最終地点まで行くとようやく姿を現した。2羽居たので上流側に居たカワセミ(こちらの方が綺麗であった)近づくと下流に飛び去ってしまった。再び下流に向って歩き出すが、ようやくいつものポイントあたりで姿を見つけ撮影することが出来た。

09010304

数度、水に飛び込み小魚を咥えたが、肝心のダイビングに水から飛び出すところは撮影できず。

09010305

動かなくなり姿を見ていると、最近見かける個体に比べ胸の色が少し濃い、おかしいなと思いながら動くところを待っていると、下流側を気にしだした。

09010306

見ると20mほど離れたところにもう一羽いたが、こちらが最近撮影しているカワセミのようであった。

09010307

上流側のカワセミまで1mぐらいの距離に近づいたので、上流側の翡翠が警戒する。

09010308

移動したカワセミは茂みの中に入る。いつもこの中に入るとしばらく動かなくなる。

09010309

しばらく様子を見ていると下側のカワセミがしかけバトルが始まり、2羽とも土手の影に入り見えなくなったので土手下が見える場所に移動したが姿は見えなかった。下流を捜しに行ったが見つからずでカメラをバックに仕舞い家に帰るつもりで上流に向うと、一羽だけであったが止まっていた。動く気配がなかったので自宅に向う。今日は少なくとも3羽の姿を見かけたと思うが、ひょっとすれば4羽であったのかも知れない。しかし、止まっているだけでは面白くない。

移動:歩き  天気:曇り一時小雨、晴れ  D300:107枚

|

2009年1月 2日 (金)

新年2日目 退屈な一日

 正月2日目、会社(職場)の正月休み電話当番のため一日家に居た。携帯を持って出れば外へ行くことは可能であるが寒いこともあり一日家に居ることにした。朝食時に缶ビールを一本飲むが、それ以上飲むと酔っ払うまでグラスに手が出るので自重する。しばらくTVを見ていたが面白くも無いので写真の整理でPCの前に座る。HPの整理と中途半端な整理にで終わっていた秋以降に撮影した写真を外付けHDとDVDに落としたのであるが、最近RAWで撮影しているため容量が風景25GB、野鳥15GBぐらいになっており写真を見ながら削除するに苦労する。野鳥は何とか8GBぐらいまで削減しHDとDVD2枚に落とすが、風景は15GBまでに削減した後HDのみコピーしDVDは諦めた。

野鳥に花の写真は最近かなり綺麗に撮れるようになったと自己満足しているが、風景写真はコンデジで撮って修整した時とさほど変わらないようにも思えるのが情けない。今年はじっくりと主題を決めて撮影しようと思うが性格上無理か?

明日の初撮影は何処へ行こうかと思いながらコンデジTZ3で2枚撮影する。湖北か奈良春日山原始林か、それとも故郷大阪池田の五月山から箕面まで山の上の車道を歩くか、・・・・やはり山科川か?

090102

09010202

昨日も初詣で数枚撮影しているが、コンデジ撮影は初撮影とはしない。

自宅  天気:?  TZ3:2枚

|

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »