« 御苑、植物園で野鳥撮影 | トップページ | 箕面でコマドリ撮影後大阪城を歩く »

2009年1月18日 (日)

嵐山から嵯峨野散策

 今日は天気予報では朝の内曇りで昼からは雨、半日の撮影ということで嵐山に出かけた。車は修理中で車での遠出は出来ない、天気が良ければ箕面へ行きたかった。昨年の秋に出身地池田の五月山と野鳥でインターネット検索を行うと、あるブログが出てきた。見ていると五月山でのアオゲラ撮影の記録が出ていたので、お気に入りに登録し最近もよく見ている。箕面あたりの情報が多く、昨日見ると箕面の滝近くにコマドリが出たと書かれており、コマドリは上高地で撮影に失敗した鳥、一番撮影したい鳥であった。箕面も一つ手前の駅の高校に通っていたこともあり、状況は変わっているとはいえ土地勘はある。車があれば滝の上に駐車場があるのですっ飛んでいったが、阪急で行くとなだらかな坂道を4kmほど歩かなければならない。帰りに雨が降り出すとたまったものではないので今日は諦めた。友人の川北氏のHPを見ると、山本氏の野鳥写真のページにアオゲラの写真が載っていたので、嵐山の亀山公園に決めた。以前に一度、コゲラのものではないドラミングを聞いた場所が目的地。

地下鉄とJRを乗り継ぎ嵯峨嵐山駅下車歩いて数分、9時前に天龍寺前に到着した。ここが今日の出発点、カメラを取り出し亀山公園に向う。

09011801

この時期の嵐山、京都随一の景勝地とはいえ歩いている人は少ない。

09011802

亀山公園上り口横の茶店の赤い傘、この破れ具合で歴史(単に古いだけかな)を感じる。

09011803

公園内、野鳥の声が聴けるかと思ったら静かであった。

09011804

ここでも梅が咲き始めていた。

09011805

数年前の記憶を頼りに目的地に行くとデジスコを構えた若者がいたので、アオゲラを見かけなかったか聞くと、「ドラミングは聞きますが姿は見かけたことありません」とのことで、辺りを散策する。ここでまずい事に、お尻がムズムズ、ウ・・がしたくなった。トイレがあったので入ろうとしたがトイレットペーパーが無い、リュックにいつも数mを巻いて入れているのであるが、超望遠レンズ用のリュックに入れ替えたようで無し。引き返すが川横のトイレにはトイレットペーパーがあり無事に用を足す。

すっきりしたところで再び亀山公園を歩くとアオジが現れた。この鳥は地面をウロチョロし近づいても逃げない時があるので今日も踏みそうになった。

09011806

続いてメジロの集団が現れるが通り過ぎれば静かなもの、イカルを一羽見かけたのと後はアオジばかり。聞き耳を立てるがドラミングは聞こえずで展望台に向う。

09011807

展望台から渓谷を見下ろす。秋なら見事な景色であるが今は殺風景。トロッコ列車が通らないか待っていた。デジスコの若者が来たのでトロッコ列車が通る時間を尋ねたが、「この時期は運転してませんよ」との返事、横の看板に書かれていた。

09011808

再び、下りるとジョウビタキが現れた。

09011809

ツグミも現れたので木の影に隠れながら近づき、一瞬のチャンスにシャッターを押す。今日もD90に400mmズームの手持ち撮影。

09011810

アオゲラを待ちながら捜すか諦めて先へ進むか考えたが、天気はしばらく持ちそうなので先に進むことにした。行き先は広沢池、狙いはクイナ。

大河内山荘入口近くの竹林の道。

09011811

トロッコ列車の駅の横を通り常寂光寺方面に歩く。途中の小倉池(以前から池は知っていたが、名前を知ったのは最近)では、カワセミ撮影のカメラマンが居たが、勧修寺でよく見かけた人がいたので挨拶する。

常寂光寺、工事でもしているのか?

09011812

柿落舎近くでヒヨドリが直ぐ前の民家の木に止まったので撮影する。

09011813

清涼寺(嵯峨釈迦堂)に到着、境内を散策するがベンチに白人がリュックを枕に寝ていた。我々、黄色人と体の構造が違うのか、この寒い時期に外のベンチで寝れることを不思議に思う。

09011814

梅の木にスズメが止まっていた。

09011815

大覚寺に到着、大沢池を一周する。反対側から出れたのであるが今は柵が設けられ通用口には鍵がかけられていたのである。

09011816

親子連れがカモに餌を与えたいたのでカモの飛びもの撮影。

09011817

カワウが舞い降りてきたのでこれも撮影する。

09011818

広沢池横の田園地帯、いつ来てものどかであるが春先が一番良い。

09011819

広沢池のいつもの場所にカワセミが居た。

09011820

かなり近くまで来るようであるが、このカワセミ色が少し汚い。この時期にしては珍しいように思う。

09011821

この時期の広沢池は水が抜かれており、大部分は底が現れている。直ぐに見かけたのはケリ、アオサギ、コサギ。

09011822

クイナは居た。以前は道横の小さな流れの中で見かけたが、池が干上がっているためかかなり遠くにいたので、まともに撮影できなかった。写真は大トリミング。

09011823

空き地にモズ♀が現れる。

09011824

最後にコサギを撮影に、水の残っている場所に行く。魚を飲み込む瞬間、僅かな遅れで捕食の瞬間を撮れなかった。

09011825

コサギが飛んできたが、水に映る姿が綺麗で何枚も撮る。

09011826

最後のショット。空が暗くなりかけてきたので12時過ぎにタクシーを止め地下鉄の駅に向った。

09011827

今日は、これといった写真は撮れなかったが、色々撮影できて楽しい半日だった。

池田の五月山のアオゲラの場所は、先日植物園で久しぶりに出会った大阪のカメラマンに聞いた。中学時代にクラブの冬の鍛錬(山上り)で学校から細い登山道を走った終着点で、 十数年前には車で行ったこともあるが久しぶり行ってみたくなった。箕面のベニマシコの現れる場所も、昨年ビジターセンターへ行った時に職員さんから冬にベニマシコが現れると聞いていた場所。来週の休みは湖北か箕面から五月山か天気次第。

移動:地下鉄、JR、歩き、タクシー 天気:曇り  D90:238枚、TZ3:47枚

|

« 御苑、植物園で野鳥撮影 | トップページ | 箕面でコマドリ撮影後大阪城を歩く »

野鳥」カテゴリの記事