« 京都府立植物園の洋ラン展、後野鳥撮影 | トップページ | 白峰村雪だるままつり(2月13、14日の2日間、永平寺-白峰村-白川郷-群上八幡周遊) »

2009年2月11日 (水)

山科駅の北から大文字へ行く予定が思わぬ事で音羽山へ

最近、プロ野球のキャップ情報が連日スポーツニュースで流れている。私も春から初秋の山歩き、渓流釣りに備えて体を作らねば(足腰を鍛える)と思い久しぶりに、少しだけ近場の山歩きに出jかけた。当然、野鳥撮影も兼ねるので奈良の春日山原始林へ行くことを考えていたが、朝の天気予報で奈良の北部に濃霧注意報、予定を変更して山科駅から大文字山に行くことにした。

朝の7時半に自宅を出発、山科駅から毘沙門堂横を通り登山口へ向う。途中で最初に現れたのがジョウビタキ♂、この冬は行くところ何処でも見かける。

09021101

登山口に到着後直ぐに山に入らず南禅寺に続く道を進み少し探鳥した。

アオジが姿を見せる。

09021102

続いてジョウビタキ♀が現れ、歩いてる直ぐ側からミソサザイが飛び出し物陰に隠れ見え隠れした後に完全に姿を消した。カメラを向ける時間は無かった。

09021103

シロハラは頻繁に現れ、木の上ではシジュウガラ、ヤマガラが飛び回っていた。

登山口に引き返し登山道を歩き出して直ぐにルリビタキ♂が目の前に現れた。

09021104

少し心残りであったが大文字に向う。5分もしない内にお尻がおかしくなる。家を出るときに用は足してきたが不十分であった。仕方なく山科駅に帰る。地下鉄駅の出口近くのトイレへ駆け込む。JR、私鉄駅のトイレにはトイレットペーパーは無く入口に自動販売機があるが、地下鉄のトイレにはトイレットペーパーが備わっている。JR、私鉄もトイレットペーパーぐらい置いて欲しいものである。

すっきりしたところで、戻ろうかと思ったが再び行こうという気にはならなかった。山歩きは中止で山科川にカワセミ撮影に行こうかとも思ったが、行ったことが無い音羽山へ行くことにした。音羽山は以前から一度歩いてみたいと思っていた山、京阪の追分あたりから上醍醐まで山の上にハイキング道があり、山科から上ってもそのハイキング道に行ける(かなり以前に読んだ山科のガイドブックによる)。一度上醍醐から北上したことがあるが、上醍醐に上るまでに汗びっしょりになり、山上の道は横風が強く寒くて引き返したことがある。気合を入れ直して早足で歩きハイキング道の入口に到着。

09021105

少し歩くと案内図があった。この山、石山や瀬田や色々な場所へ抜けれるようである。定年退職後には歩き回ろかと思う。この山、牛尾山とも言うようで去年まで知らなかった。サンコウチョウも来るようで、昨年、バイクで移動しているカメラマンに情報をいろいろ教えてもらっているので、一度きてみようかと思っている。その前に箕面に行くつもりであるが。

09021106

ハイキング道を上り始めると「蛙岩」とかいうのがあったが、何じゃこれはと思ったのは言うまでもない。

09021107

渓流と言えば良いのかな?

09021108

僧の石像、後ろは「お経岩」何かいわれがあるよう。

09021109

聴呪の滝

09021110

夫婦の滝

09021111

音羽の滝

09021112

誰が名づけたのか知らないが・・・・? 写真を撮るような滝ではなかった(撮ったが)。白峰の大杉谷の支流、風嵐谷、松倉谷・・・渓流の岩場とは比べもにはならぬない。道はかなり登り坂でしんどかったが、舗装されており歩きやすかった。

バイクで下ってきた女性がいたが、山科川の中学校の少し下ででカワセミ撮影をした時に出会ったオバサンのような気がした。一昨年の暮れから昨年の3月頃まで休日に何回も出かけカワセミを撮影した場所であるが、体を屈めて撮影している時に私の頭の上にレンズを突き出して撮影され何すんねんと苦笑いした記憶がある。

十分鍛錬にならず牛尾観音の下に到着、ここから寺までは長い階段が続く。

09021113

寺の境内に入る。

09021114

本堂かな?

09021115

手作りの仏様であろうか

09021116

再び寺の下の広場に戻る。しばらく休憩、何か鳥が現れるかと思ったがシロハラとシメのみ、ヒヨドリの声は聞こえたが静かであった。完全に枯れているのではなく色の付いた葉があった。

09021119

上醍醐へ行こうと歩き出したが、雨が落ちてきたので行くのは止めた。雨具を持ってきていなかった。

09021120

そのまま引き返し、12時過ぎには下に戻ってきた。天気は再び晴れ、山科川に行こうかと思ったが、ミソサザイが心残りで再び毘沙門堂奥に行くことに。ミソサザイはこれまで白峰と植物園で撮影しているがどの写真も画像が悪い。昨年、石田ダムで絶好の撮影機会に失敗している。

山科駅前の立ち食い(椅子付きのカウンター)で肉うどんを食べてから毘沙門堂に向う。高校の横でスズメを撮影。

09021122

朝とは違いミソサザイはもちろんのこと鳥の姿は、あまり見かけなかった。唯一、林の枯葉の中で動くアオジを撮影する。

09021123 

2時半頃に自宅に戻ったが、坂道を十分歩き充実した足腰鍛錬の日であった。

移動:地下鉄、歩き  天気:晴れ短時間の小雨  D90:57枚、TZ3:53枚

|

« 京都府立植物園の洋ラン展、後野鳥撮影 | トップページ | 白峰村雪だるままつり(2月13、14日の2日間、永平寺-白峰村-白川郷-群上八幡周遊) »

野鳥」カテゴリの記事