« 今年最後の梅撮影随心院、後勧修寺 | トップページ | 山科川ウォーキング »

2009年3月21日 (土)

勧修寺のカワセミ 不調で家に戻り桜撮影に出かける

 今日は午前中は勧修寺でカワセミを撮影し、昼から早咲きの御苑の桜撮影を予定していた。

朝9時過ぎに勧修寺に入ると常連さんが先に来ており(私も常連か?)、カワセミを撮影していたので負けじとカメラをセットして撮影を開始する。

09032001

最近、現れるオスと違い人を見かけると直ぐに逃げたメスであったが、近くの山科川で鍛えられたのか、今日は直ぐには逃げなかった。

09032002

比較的近くに現れたが逆光気味で日陰、撮影しずらく後で写真を見ても大半がもう一つであった(鮮明さに欠ける)。

09032003

飛びもの、今日は朝から腹の調子が悪く集中力に欠け、飛びもののチャンスをことごとく逃す。

09032004

池の島の端で羽を広げ飛ぶようなしぐさを見せるが、フェイントで間をおいて反対側に飛びよった。

09032005

ルリビタキが姿を見せるが、これも逆光気味の陰の中でシャープさに欠け色も冴えず。

09032006

もろ逆光、真っ黒けであったがキャプチャーNX2で何とか見れるように補正した。

09032007

10時半過ぎ、調子の悪かったお腹、限界が近づきつつあったので一旦自宅に戻ることにした。撮影条件は悪かったが、カワセミは居続けていたので非常に心残り。

自宅に戻り、用を足してすっきりして再び出かける。今度の行先は御苑、近衛邸跡の枝垂桜は予想以上に満開であった。京都のソメイヨシノは数日前に開花宣言をしたばかり。

09032008

この場所の桜は去年初めて撮影した。鳥撮影の後、ブラブラしていて満開の桜を見つけビックリ、コンデジで撮影したのであるが、桜といっても種によって開花時期にかなりの差がある。

09032009

池横の桜、人が多くて離れたところから人を入れずに全体を撮るのは無理。

09032010

人を要れずに撮ろうとすると、どうしても上部だけの切り取りとなる。

09032011

桜の木の下に入り撮影する。池からカワセミの鳴き声が聞こえ近づくと数人のカメラマンが撮影していた。顔見知りの人も居たが話しかけずに桜撮影に戻る。

09032012

想像以上の咲き具合、今年はかなり早い。

09032013

見事に咲いていたのは、この一角のみで植物園に行く。ヒヤシンスを見つけ撮影する。

09032014

所々で咲いていあたが、ソメイヨシノはまだ蕾。

杏の花を見つける。

09032015

杏にカンヒサクラ、花桃・・・・。

09032016

カラミザクラ

09032017

チューリップも見事に咲いていた。

09032018

モクレンも満開

09032019

400mmズームを持っていっていたので、鳥も撮影する。顔見知りのカメラマンが人を立ち止まり少し会話を交わす。

09032020

植物園の後、醍醐寺に行く。勧修寺で、霊宝館で枝垂れが一本花を咲かせていたと聞いたからであるが、この桜とヤマザクラが一本咲いていたのみ。五重搭前の枝垂れはまだ蕾とのことで有料場所へは入らず。

09032021

醍醐寺は15分程度で引き上げる。

小野の随心院から山科川に向かい、いつもどおり川沿いを北上した。サラシナショウマの花の数が増えていた。小さな虫がかなり待っていた。

09032022

運動公園近くでイソヒヨドリを見かける。昨年は一度も見なかったが、今年はよく見かけている。

09032023

カワセミは一度鳴き声を発しながら南(下流)へ飛んでいくところを見たのみ。川の上を飛び水にダイブして舞い上がる鳥がいたが、よく見るとツバメ、もうツバメがやってくるシーズンになっていた。

09032024_2

移動:車、地下鉄、歩き  天気:快晴  D300:258枚m、D3:163枚、D90:70枚

|

« 今年最後の梅撮影随心院、後勧修寺 | トップページ | 山科川ウォーキング »

」カテゴリの記事