« 梅撮影 | トップページ | 東山花灯路 »

2009年3月15日 (日)

とことんカワセミ 勧修寺

 朝から快晴の天気、カワセミ撮影に勧修寺へ行く。今日は狙いがあったため気合を入れて500mmに1.4倍テレコン、三脚撮影で挑む。狙いはカワセミが飛び立つ瞬間の撮影、これまで何度も飛びもの撮影を行っているが、じっと我慢が出来ない性分で飛び立つ瞬間の撮影は少なく、飛んでから撮影することが多かった。そのため、飛びものの大半は失敗していた。勧修寺は木が被い茂っており、蓮の枯れ茎が多いため天気の良い日は、陰が入るため山科川で撮影したかったが、最近不調(私が行った時だけのことかも知れない)で勧修寺を選び一日撮影するつもりで行った。

開門直後の9時過ぎに到着、遠くではあったがカワセミがいたので”おはよう”の挨拶代わりにシャッターを押す。

09031501

カワセミは狭い境内を飛び回り所々でダイビング、小魚よりエビを咥えて舞い上がることが多かった。

09031502

カワセミはしばらく居たがやがて寺から外に飛び立ち暇な時間が続く。こうなるとカワセミを追いかけて一旦外に出てまた入ると云う訳にはいかないのが名所での撮影の欠点。今日のカワセミは頻繁に姿を消した。山科川では盛況であったのかも知れないが、多分直ぐ横と思うが、どこに飛んでいくのか分からない。

カワセミが近くの蓮に止まり絶好の撮影チャンス。

09031503

日の照り具合が悪く不満足な写真であるが飛び立つ瞬間を撮影する。

09031504

今日のカメラの設定は、ISO自動、上限感度800、シャッタースピード下限1/1000、ピクチャーコントロールはD2X・ModeⅢ、高感度ノイズ除去・ノーマル、レンズのVR・ノーマル、途中でシャッタースピード下限を1/1250、高感度ノイズ除去をOFFに変える。

トリミング無しの写真。

09031505

最初はいつも通り、飛び出しから飛び込みまでを狙うが、途中から狙いを飛び出しのみに変える。

09031506

ダイビング前の降下中、何とか撮れていた。

09031507

今日は近距離でかなり撮影した。日陰で撮影したが日差しが強かったためにカワセミから見にくかったのかも知れない。

09031508

カワセミを待っていた場所近くに止まったので、シャッターに指をかけ我慢して飛び立つ瞬間を捕られる。

09031509

飛び出した直後。

09031510

小枝の陰が出来たのが残念、日差しが強すぎた。

09031511

曇り空ならシャッタースピードが落ちる。どちらが良いのやら?

09031512

こちらは日の当たる場所からの飛び出し、近距離での撮影。

09031513

舞い上がる瞬間。

09031514

近距離でお腹側から撮る。

09031515

こちらは飛び込む瞬間、背中側からの撮影。

09031516

何じゃかんじゃと不満もあるが、撮影技術から考ええるとまずまずの出来かな?

今日は、長時間ホバーも見せてくれた。勧修寺でホバーを撮るのは初めてと思う。3度目のシャッターで何とかピントが合うがすぐにハズれ、4度目では直ぐにあった。

09031517

まともに撮れた写真は7枚、その間約30秒、山科川で見たホバーの時間を上回りこれまでで最長、常連さんは30枚以上撮影したそうである。

09031518

角度の都合でほとんど目が入らず、奇跡的に1枚だけ目が入った写真があった。

09031519

9時過ぎから始めたカワセミ撮影、満足して4時過ぎに引き上げた。次週は根性を出して重い機材を担いで山科川まで歩いていくかな? やはり車で勧修寺か? 

家から歩いて10分のかってのマイカワセミ撮影ポイントなら重い機材を担いで行くのであるが、今のポイントは行くのはよいが帰りが疲れてしんどい。

移動:車  天気:快晴  D300:636枚

|

« 梅撮影 | トップページ | 東山花灯路 »

野鳥」カテゴリの記事