« 復活の日間近、しかし勧修寺のカワセミは絶不調なり | トップページ | 連休最終日 山科川のカワセミ復活? 勧修寺はまたもや不調 »

2009年5月 5日 (火)

ホームグランド勧修寺のカワセミは今日も不調なり

 今日の朝、少し腰にグキッとくる感触を感じたが痛めている場所とは違い大事に至らず。腰痛の回復は順調に進み、今日は少し重いものを背負って歩く、重いもの当然望遠付きのカメラ、D300に400mmズームを装着し7時半出発で勧修寺に向った。昨日のカワセミは絶不調であったが、行かなかった一昨日は良かったと聞いていた。腰に負担がかかるのが判ったがゆっくりと山科川沿いを歩く。朝早く出たのは早朝に目が覚め、その後寝れなかったため。

川沿いの遊歩道を歩きながらカワセミを捜すが見つからず、最初に出会ったのはサギ。

09050501

棄てられたタイヤの上でカルガモがパフォーマンス、”誰や水の澄んだ川にタイヤを捨てるのは?”、山科川はゴミが多いが水は綺麗。勧修寺横には8時過ぎに到着、近くをカワセミを捜しながら散策、鳴き声を聞いたのみで姿は見かけなかった。ということは勧修寺に居るのかと期待しながら勧修寺に行く。

09050502

ムクドリも目の前に現れたので撮影する。

09050503

今日は二番で入る。カワセミを捜すが残念ながら姿を見ずで、まずは花撮影、今日はコンデジTZ3も持参したので標準から広角領域も撮影可能。

一番のビューポイントからの撮影

09050504

杜若の咲き具合は益々よくなり、キショウブの花も増えてきた。

09050505

キショウブと杜若、黄色と青紫のコラボレーション、曇り空の下映えていた。

09050506

睡蓮の数も増える。睡蓮も撮影対象としては好きな花である。

09050507

花を撮影した後、かなり時間を待ってから主役のカワセミが現れた。

09050508

今日もカワセミの出は悪かった。

09050509

杜若を背景に撮影する。

09050510

色の配色としては、なかなか良いが撮りたかったのは杜若にとまるカワセミ、数日前にコンデジで撮影したが、たまたまの偶然で最初で最後だったのかも知れない。

09050511

今日の極僅かの時間であったがオスとメスが現れた。しかし、給餌のシーンは見られずメスは直ぐ山に帰る。

09050512

またもや、カワセミ待ちの時間が続く。

09050513

カワセミ撮影のホームグランド勧修寺、もともと花撮影で来た寺、カワセミが出なくても多少の時間なら花撮影で潰せるが、カワセミ狙いだけで来る人にとっては、あまりいい場所ではないかも知れない。去年の夏もカワセミがまったく現れないことがあったが、蓮撮影で時間つぶしをした。飛びものも狙うが、絵になる止まりものの写真も狙っているのでホームグランドにしている。飛びもの狙いだけなら他の場所に行く。

石仏を撮る。結構な数の石仏が置かれているが、一度カワセミ待ちの時間にすべての石仏を撮ってみようと思っている。

09050514

12時半頃、植物園に行こうとリュックにカメラをしまい込んだ時に再び現れた。

09050515

カワセミはがしばらく居たので留まり、結局植物園には行かずで、カワセミのいい写真も撮れなかった。雨が降り出したので3時頃に引き上げる。

09050516

本日、一番のショット、カワセミではなくエナガ若(子供か?)、写真をクリックして拡大して見てください。薄暗い中での手持ち600mm撮影、良しとしようと自己満足。

09050517_2

移動:歩き  天気:曇り D300:275枚、TZ3:54枚

|

« 復活の日間近、しかし勧修寺のカワセミは絶不調なり | トップページ | 連休最終日 山科川のカワセミ復活? 勧修寺はまたもや不調 »

野鳥」カテゴリの記事