« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

夏休み7日目 伊吹山のお花畑と勧修寺のカワセミ

 最近、カワセミは不調、ヤマセミも爆竹の件以来姿が見られるのかどうか判らないで、確実に撮影できる伊吹山の花撮影に早朝から出かける。一番の狙いはコオニユリと山頂お花畑のシモツケソウの群生、朝の5時40分頃に出発した。機材はD700に105mmマクロ、D90に400mmズーム、予備レンズに35mm単焦点にコンデジのP80。

7時15分頃に山上駐車場に到着、西遊歩道より山頂を目指す。平日ということもあり人は少なかった。

09073101

最初に撮影したのはクガイソウ

09073102

続いてイブキトラノオ

09073103

直ぐに今日のターゲットのコオニユリを見つける。

09073104

今日は多く見られたが、昨年は少なかったように思う。

09073105

シモツケソウ、花が大きくマクロでの近接撮影は難しい。標準レンズ、或いは望遠レンズで離れたところから撮影するのが良いのかもしれない。

09073106

メタカラコウ、花が下から上まで咲いた姿を見たことが無い。伊吹山に多く咲く花である。

09073107

オオバキボウシ

09073108

ヤマホタルブクロ

09073109

ハクサンフウロ

09073110

カワラナデシコ

09073111

ウツボグサ

09073112

ルリトラノオ、まだ蕾状態

09073113

アザミ

09073114

他にもシュロソウ、ノリウツギ・・・・多くの花が咲いていた。

花に付き物は昆虫、アザミと花アブ、一番撮影しやすく絵にもなる。

09073115

アブは花粉まみれ

09073116

蝶では最初にアサギマダラを見かける。西遊歩道よりも東遊歩道の駐車場近くに多い。

09073117

アカタテハ、花に留るところは見ず石に留るところばかりを撮影

09073118

歩き始めて一時間半足らずで山頂に到着したが、ガスが立ちこめ日差しは無し、少し肌寒かった。

09073119

山頂のお花畑は残念ながらガスの中で撮影は諦める。

09073120

東遊歩道から下りようと思ったが、ガスで視界が悪く行っても撮影できないであろうと思い中央遊歩道から下りる。

ホオジロを見つける。今日はホオジロを多く見かけた。

09073121

  

天気は下り坂のようで一旦家に帰ることに。10時半頃自宅に到着したが京都の天気は晴れで、11時半に再び家を出る。行き先は勧修寺、D300に500mm+1.4倍テレコンによるカワセミ撮影。

庭園入って15分ぐらいでカワセミは現れた。

09073122

今日のカワセミは、最近では珍しくしばらく撮影に付き合ってくれた。今日のカワセミ狙いは私一人、留り物は獲り放題、しかし蓮の花には留ってくれなかった。

09073123

飛びものも多少撮影できた。

09073124

餌獲りを繰り返していたが、捕らえる魚が小さかったようである。

09073125

餌獲り、水への飛び込み飛び出しは、根気が足らないのか今か今かとファインダーを覗いていて痺れを切らして目をそらした瞬間が殆どで、後追いでは捕らえることが出来なかった。

09073126

水面にレンズを向けてカワセミが飛び込むのを待つが、人が近づいてきて気をそらした瞬間に飛び込まれ、これ以降帰るまで水に飛び込むことは無かった。

09073127

お堂横の池の水面に覆いかぶさる木の枝に止まったので、通りがかった若い女性(娘さん)にお堂横に行きカワセミを飛び立たせるように頼んだ。快く引き受けてくれお堂横へ、狙い通り横の蓮の近くを飛んだがシャッターを押すタイミングが不味かった。丁度蓮の上を飛ぶところを撮りたかった。

09073128

この後一旦見失い、この女性に留った場所を教えてもらったが面目まるつぶれ。この女性はカワセミを知っていたが、カワセミは中高年だけのアイドルでも無い様である。

しばらくして、再びカワセミは木の茂みの高い所に姿を消す。外には出なかったように思う。

カワセミが出てくるのを待っても良かったのであるが、天ヶ瀬のヤマセミが気になり2時半頃勧修寺を後にした。3時頃から4時半頃までヤマセミを待つが今日も現れず。数日前の爆竹の後遺症か?

移動:車  天気:曇り時々晴れ  D700:186枚、D90:69枚、P80:27枚、D300:240枚

|

2009年7月30日 (木)

夏休み6日目  天ヶ瀬→勧修寺→天ヶ瀬

 今日も朝から天ヶ瀬に行く。橋の上に立ち川を見ると一昨日よりかなり増水していた。立入禁止の看板のすぐ後ろには釣り人が一人居たが、下流側には人が居らず志津川からヤマセミが出てくるのを期待して待つ。しばらくして釣り人がもう一人来て立入禁止の看板の後ろに入りよった。このオッサン一昨日の二人のうちの一人のように思え、こちらの気もかまわず手を広げ慌てて逃げるヤマセミの真似をしとった姿を思い出し、怒りが再びこみ上げてきた。一人のオッサンが用を足しに近くに来たので、”何が釣れんの~”と話を切り出す。”鮎や”、”餌釣りで鮎が連れるか~”、”餌と違う、ひっかけや”・・・の後、爆竹の話をぶちまける寸前までいくが、つまらないイザコザを起こしてもしょうがないので止めた。オッサン、”許可を得て鍵を貰って入ってる”と言いよったが柵に「これより上流は禁漁区域につき立入禁止」の宇治漁協名の看板がかかっていた。どうなってるの、宇治漁協さん?

09073000

ともかく、許可を得て釣りをしているなら私も釣りを趣味にしているのでとやかく言わないが、爆竹の件だけは許せん。 1時間待ってやっと出てきたヤマセミやど! 多分、後で仲間内で笑い話にしとったんやろ。

しかし、今日の朝は、通りがかりの人にもっとショッキングな話を聞いた。ダム下の整備で現在の橋はなくなり、下流にもっと大きな橋が架けられるとか。工事の間は勿論のこと環境変化でヤマセミはどこかに行ってしまうであろう。餌の魚が居なくならない限り死ぬことは無いであろうが何処にいってしまうのやら。

ヤマセミの姿はまったく見られず、8時半にカワセミ狙いで勧修寺に移動する。この時期の狙いは蓮の花の留りもの、人のいない朝一番に入ることが肝心であるが、カワセミが現れなければどうしようもない。今日も睡蓮撮影からスタート。

09073001_2

蓮、晴れ間が出ていたので今日の勧修寺の蓮は綺麗であった。

09073002

1時間近く待ってようやくカワセミが現れたが、愛想無く1分もおらず川に飛び去る。

09073003

後は何時もどおり暇な時間が続く。 トンボ

09073004

イトトンボが蓮の蕾に留る。

09073005

キノコを見つけ何気なく撮影、切らずにバターで炒めてステーキ風にすれば美味そうであるが食べられるのかな?

09073006

睡蓮にカモの子

09073007

蓮にトンボ、撮影したいのは蓮にカワセミである。

09073008

緑色の昆虫版ETか?

09073009_2

1時頃まで粘り再び天ヶ瀬に向う。

立入禁止看板後ろに釣り人はいなかったので期待する。朝のカメラマンは、私一人であったが、2、3人のカメラマンが居た。大阪から来られたという同年代(?)の女性カメラマンと撮影場所の情報を交換する。ヤマセミの居場所では武田尾、道場、青蓮寺ダム、いづれもヤマセミの居る場所として聞いたことがあり、若い頃から知っている場所でもある。特に青蓮寺ダム奥はネットで見たことがあり、最近は行かなくなったが過去に何度も走ったなじみの場所で是非行ってみようという気になった。この女性、川中に留っているのを2年前に見たという。今もいるかどうかは知らないが久しぶり車で走ってみようかという気になった。

4時半までダム横で粘るが結局ヤマセミは現れずで帰ることに。最後まで残ったのは私以外では女性二人に男性二人、いずれも大阪か来られたとのことで、天ヶ瀬は大阪から来る人が多い。今日の男性一人は6月にMさんと一緒に戸隠に来ていた人で、もう一人は私がよく見ているブログの主であったように思う(家に帰ってからその人のブログを見て聞いた話から気づく)。自己紹介しておけば良かった。

天ヶ瀬で撮影した写真  鵜

09073010

お月様

09073011

移動:車  天気:曇り時々晴れ  D300:129枚

|

2009年7月29日 (水)

夏休み5日目  電話当番で一日自宅待機

 今日は長期連休中の緊急事態発生時の電話当番で一日自宅に居た。私の職場関係ではこれまで連休中に緊急事態が発生したことは無いが、これもお勤め仕方なし。携帯を持って出れば近場をウロウロすることはできるが、空模様がもう一つでその気にはならなかった。

朝から名刺作成、もちろん個人用のものである。氏名、HP名、URL、Emailアドレス、写真はもちろん勧修寺のカワセミでホバーと蓮の蕾止まりの2種類を作成、所属が無いと締まらないので”京都白峰渓遊会”の名を入れたが、京都は余分であったかも知れない。ソフトは”筆まめ”を使用、最初は作成法がチンプンカンプンであったが30分ほどキーボードをたたいていると様子がわかり、あとはスイスイと作業が進む。

後はPCにたまった写真の整理、最近はRAWで撮影しているため大変、ついでに外付けハードディスクに残している過去の写真を見る。目に付いたのはやはり夏の信州の写真、この夏休みは2度に分けて信州と北陸に行く予定で、電話当番も中日にしてもらったのであるが、このぐずついた天気ですべてパ~。D700、D90RAWで高山植物やら山の風景やらを撮影したかった。盆休みは高速道の大渋滞が予想されるので、行くなら8月8、9日(天気が良ければ)、高山植物は終わっているか、ならば伊吹山で我慢かな。

信州での野鳥撮影は9月の連休に行く。

ということで今日の写真は無く、過去の写真を数枚掲載する。まずは乗鞍畳平の早朝、今年一番行きたかったのは乗鞍。

09072901

コマクサ、山歩きに三脚など持っていけないので寝転んでD2Xで撮影する。8月の始めの撮影、今年の予定は1週間ほど早かったので、いい状態の花を撮影できたかもしれない。

09072902

お花畑のクロユリ、クロユリといえば白山のイメージがあるが、駒ケ岳にもたくさん咲いていた。

09072903

クジャクチョウ、初めて見て帰ってから図鑑で調べる。

09072904

ビーナスライン車山のニッコーキスゲ の群生。

09072905

こちらは立山室堂、雷鳥沢へ行く途中からの撮影

09072906_2

|

2009年7月28日 (火)

夏休み4日目  ヤマセミ 怒りが収まらぬ天ヶ瀬

 朝、いつも通り5時頃に起き外を見るとどんよりした雲空、大阪の海遊館でジンベイザメでも撮影しようかと思ったが、雨はしばらく持ちそうな雰囲気であったのでヤマセミ狙いで天ヶ瀬に行く。D300に500mm+1.4倍テレコン、7時前に天ヶ瀬に到着した。橋の直ぐ下には二人の釣り人が竿を出していたが、竿と仕掛けから考えてジャコ狙いかなと思う。今日はダムの放水が行われており、川の水量はかなり多かったが濁流にはなっていなかったのでヤマセミは出てくると信じる。釣り人が居るので橋のすぐ下流の餌取りポイントには来ないかなと思ったが橋の上で待つことに。

ヤマセミは、1時間ほどして奥の排水トンネルの出口横に止まった。場所を移動してまずは証拠写真を1枚。

09072801

直ぐに立入禁止の看板に移動してくれる。

09072802

数枚撮影する。

09072803

ここでも落ち着かず、直ぐに向きを変え飛び出す。方向は下流、志津川合流点の餌取りポイントかと慌てて移動する。

09072804_2

移動して直ぐにバーンという音が2発、木の陰で川の方は見えなかったが、誰かが鉄砲でヤマセミを撃ったのかと思うような音であった。橋の上に居たカメラマンに聞いたところ、橋の下で釣りをしていた二人(ヤマセミが現れた頃には道路に上がってきて帰る準備をしていた)が爆竹を鳴らしたそうである。二人とも老人、一人は両手を広げヤマセミが逃げる様を真似しとった。”何をさらすんじゃオッサン 一時間も待っとったんやど”と怒りが一気にこみ上げ、オッサン二人に近づこうとしたが、周りのカメラマンはどの人も冷静、こちらも気を落ち着かせる。聞いた話では鳥を追い払うため、時々爆竹を鳴らす釣り人が居るようである。オッサン、爺さんであるが私の年から見ればオッサン。釣りをしている最中ならともかく、帰り支度をしながらヤマセミ狙いのカメラマンが居るのを知っていながら、爆竹でヤマセミを追っ払うとは、カメラマンに対する嫌がらせか、或いはレベルの相当低い悪戯か、それともただの・・・としか思えない。私もフィールドは違うが釣り好きの一人、こんなマナーのかけらも無い連中が自然の中で釣りをやっているとは嘆かわしい。

この後、11時半まで待つがヤマセミは出てこずで帰ることに。今度来た時に、この二人が橋の下で釣りをしていたら、私も自制心、マナーのネジをはずしドアホになって”釣り糸が入る水面近くに大きな石を投げ込んで、魚を追っ払うか”とレベルの相当低い考えが頭によぎる「怒りが収まらぬ天ヶ瀬」であった。

<追伸>残念、顔写真を撮るのを忘れた。顔を覚えていない・・・・・? 

移動:車  天気:曇り時々小雨  D300:21枚

|

2009年7月27日 (月)

夏休み3日目 鳥・花・昆虫てんこ盛り

   夏休みの3日目、植物園へアオバヅク撮影に行く。昨日の勧修寺と昼からの山科川で植物園でアオバヅクの雛が出ているとの話を聴いたからである。

朝の8時半頃小雨が降っていたが雨の中での撮影を覚悟して家を出る。カメラはD300とD700、レンズは400mmズーム一本、D90をメインに考えていたが、暗ければD700でとレンズ一本にカメラ2台を持って出かける。アオバヅク以外では昆虫撮影もしたかった。

アオバヅクは前回撮影の場所より少し奥に2羽いた。子供は3羽出ていると聞いたのであるが、撮影した2羽は親か子供かよく判らない。多分子供と思うのであるが・・・?

09072701

あまり撮影しやすい場所ではなく、撮影場所探しに苦労する。

09072702

少し暗く撮影しづらかったが何とか証拠写真は撮れる。すこし周りを捜してみたが見れたのはこの2羽のみ。

09072703

動きが鈍く、また雨が降っていたので粘る気は無く移動する。

森の中の水車小屋、今日は平日で天気も悪い、人は少なく森の中はひっそりしていた。

09072704

花を撮影する。ユリ。

09072705

サギソウ、他にも色々花が咲いていたが園芸品種にはあまり興味なし。

09072706

花の咲くところは昆虫もいる。花アブを撮影。

09072707

これはよく見るが名前は知らない虫、蛾の一種かな・・・?

09072708_3

体が大きく撮影しやすい。

09072709

雨の降りがすこし強くなり休息場で雨宿り、前にスズメがやってきたので撮影する。

09072710

この時期の植物園には、めぼしい鳥は居ない。スズメが群れていた。

09072711

他にも色々撮影し、時々アオバヅクの様子も見に行くが、変化無しで山科に帰り勧修寺に向う。。四条御池の構内売店でビーフカツサンドを買い、地下鉄小野駅から勧修寺に向う途中の山科川沿いのベンチで食べる。雨は上がり晴れ間が見え蒸し暑かった。

アオスジアゲハが目の前に現れる。

09072712

ハグロトンボも現れるが、よく見ると数は多かった。カワセミはまったく現れず。

09072713

・・・セセリ

09072714

サンドイッチを食べた後勧修寺に入る。狙いは蓮止まりのカワセミ、今日はホバー、餌取り他には興味は無かった。

09072715

この蓮に止まってくれればと思うが、思い通りにはいかず姿も見せない。

09072716

コサギの子の集団、巣が幾つか固まっている。

09072717

はぐれコサギの子供、巣から落ちたのか何か知らないが顔の右側にかなりの傷がある。3週間ほど前に見つけたが今も元気に生きている。木の上に戻らないようで島の地面をウロウロしながら時たま水際で餌を捕食しているようである。長生きしないであろうと思っていた雛であるが、このまま成長して山科川で元気な姿を見せて欲しい。

09072718

大きくなっても親から餌をもらっているサギもまだいる。

09072719

蓮に止まるトンボ、狙いは蓮に止まるカワセミである。

09072720

シジュウガラの子供が現れた。近くに親は居らず、子供二羽で元気に飛び回っていた。

09072721

カワセミが現れる気配はなく空模様もおかしくなってきたので、2時頃に勧修寺を後にする。

山科川沿いに自宅に向かうが途中でササゴイを見かける。今日も山科川(勧修寺橋より上流)でカワセミの姿を見かけなかった。

09072722

移動:地下鉄  天気:小雨後曇り、晴れ  D700:129枚、D90:142枚

|

7月26日<追記>  山科川を歩く 

 午前中の鳥撮影、雨で早々に引き上げたが物足りず。昼から晴れ間が出てきたので2時頃に再びD90に400mmズームを装着して家を出る。蒸し暑かったが汗流しの散歩も兼ね山科川に向う。

川は茶色く濁り水量も増えていたが濁流までには至っていなかった。カワセミを探しながら勧修寺方面に向かうが、見かけるのはカモ、サギ、スズメ、ツバメ、ムクドリ。運動公園の対岸でアゲハチョウを見つけ撮影する。

09072621

この夏、一度虫を中心に撮影しようと思っている。

09072622

旧安祥寺川との出合いであまり見かけない配色のカモを見つける。アオクビの若鳥か?

09072623

勧修寺橋近くの川中の鉄柱、ゴミが上にのっかていた。相当水位が上昇し流れが速くゴミが勢いで鉄柱上部に引っかかったように思う。

09072624

カワセミ出没ポイントをしばらく見ていたが姿見かけず、川が濁り勧修寺に居てるのかと思ったが、一日に二度入る気にはなれなかった。過去に一度だけ入ったことはある。

空にぽっかり開いた穴、青空が見える。この後、完全に雲が空をおおい雷が鳴り出したので急ぎ足で引き上げる。一時間半程度の散歩。

09072625

途中、スズメの集団を見かけ中に子供らしきスズメが居たので撮影する。

09072626

移動:歩き  天気:晴れ後曇り後雨  D90:36枚

|

2009年7月26日 (日)

夏休み2日目  天ヶ瀬のヤマセミ

 夏休み2日目、予定では2泊3日の信州撮影旅行に出る予定であったが天気が悪く諦める。乗鞍畳平のコマクサにクロユリ、運が良ければ雷鳥も、後は戸隠でアカゲラ撮影三昧に富士五湖周遊が消える。

朝、空を見ると青空が僅かに見えたので6時半頃に撮影に出かける。狙いは天ヶ瀬のヤマセミに勧修寺のカワセミ、メインはカワセミであるが勧修寺の開門が9時のため、それまでの時間限定で天ヶ瀬に行く。D3に500mmを持って行きたかったが最近腰の調子が思わしくないので、D300に328+2倍テレコンで挑む。今日は一脚は止めて三脚に始めて自由雲台を取り付けた。

7時頃に天ヶ瀬に到着、ヤマセミの姿は見つからず居ないのかと思いタバコを吸いながら奥を見ていると発電所の柵に止まっていた。急いでカメラを三脚にセットして証拠写真を撮る。

09072601

遠すぎるので、昨年よく撮影した上の場所に移動する。この場所からは立入禁止の看板に止まるとまったく見えない。

09072602

2、3枚撮ったところでヤマセミは移動、慌てて橋に引き返そうとしたが対岸の木の枝に止まってくれる。

09072603

日陰で色が冴えない。

09072604_2

しばらく、様子を見ていると再び飛び立ち、立入禁止の看板の方(こちら)に向かうが、何とそのまま上昇し直ぐ前の木の枝に止まってくれた。久しぶりの近距離撮影。

09072605

2倍テレコンのせいか(?)、もう一つ冴えない写真。

09072606

直ぐに移動、今度は橋の下流側の木の茂みに止まった。距離は遠かったがかろうじて撮影する。

09072607

この後、川に飛び込み、対岸へ移動。様子を見ていると再び川に飛び込んだが、今度は魚を咥えていた。

09072608

鮎かウグイか何か判らないが大きな魚であった。

09072609

横に近い移動であったため、それなりに追従することが出来、自己満足できる撮影は出来た。

09072610

ヤマセミは、再び橋の下を飛びダムの直ぐ下から山の方に消えた。30分ぐらい待っていたが勧修寺の開門時間が近づいたので移動する。ヤマセミ撮影の時間は20分ぐらい、それでも今日は満足した。

勧修寺でのこの時期の狙いは蓮の花(蕾)に止まるところ。2年前にたった一度だけ撮影したことがあり、その幻影がいまだに頭に残り撮影チャンスが少ないにもかかわらず通っている。ここ何回かまともにカワセミを撮影していない。一時間ぐらい立ってから知らぬ間に前の蔦に止まりよった。止まっていたと言った方が良いであろう。最近、たまにしか現れないが、5月頃のサービスの良かった鳥とは違い、鳴かずにすうっと現れるので困ったものである。

09072611_2

胸の色がまだ黒い子どものようである。この後、直ぐに川に向かい飛んで行った。

09072612

今日は蓮の花の前でカメラを構えていたが、カワセミが現れなければまったくの無駄骨、ええかげん過去の幻影を振り払い、人のブログを参考に別の場所に行った方が良いかもしれない。しかし、勧修寺は私のカワセミ撮影スタートの場所。

11時前に雨が降り出し自宅に戻る。

移動:車  天気:晴れ後土砂降りの雨  D300:122枚

|

2009年7月25日 (土)

夏休み初日 蓮、妙蓮・・・・

 09年、早くも夏休みの時期になった。今年も9連休、昨年の夏は腰痛で棒に振ったので今年はタップリと楽しむつもりであったが生憎の天気予報でどうなることやら。初日は予定通り草津の烏丸半島へ蓮撮影に出かける。

朝の7時頃に出かけるが、京都は曇り空であったにもかかわらず草津は晴れであった。7時半頃に烏丸半島の水生植物園横に到着するが既に多くの人が居た。

09072501

烏丸半島での蓮撮影は日陰になる場所が無いので晴れた日は暑い、曇り空では蓮の色が冴えない。晴れの日の早朝に逆光で気味で撮影するのが一番良い。

09072502

WBを晴天にしたつもりが曇天になっていた。RAWでの撮影、CaptureNX2ですべて補正した。

09072503

今年も来た日が良く花の数は多かったが、ピークであろう。

09072504

D300に328、テレコン無しで一脚使用で撮影する。明るくシャッタースピードを速くできるので重たい三脚は不要である。

09072505

広いフィールド、カメラマンが多くても干渉しあうことなく思い存分撮影できる。

09072506

蓮を初めて撮影したのはデジカメ撮影を始めた頃の京都の山の中の集落であったが、今では夏の花撮影の楽しみの一つになっている。

09072507

サギが飛び出す。帰りに対岸に超望遠レンズを構えたカメラマン数人を見かけたが何を撮影していたのであろう?

09072508

蓮の種類はよく知らないが、京都の名所と違い種類は少ない。少し赤みが強い蓮が所々で見られた。

09072509

時間が立つに連れ汗が噴出し、脱水症状気味になってきたので引き上げる。水生植物園は開園していたが入らなかった。

09072510

駐車場近くで交通整理のガードマンと「暑いですな~」と挨拶し、少し離れた木陰で一服、ついでにHe(ヘリウムでは無い)を一発、風上にいたガードマンには気づかれなかったが、ふと風下を見るとオバサンが一人木陰で休憩、横目でしらっと見られる。

近江妙蓮公園に行く。3回目の撮影、600年もの間地元の人に守り育てられたという妙な蓮である。

09072511

まさに妙蓮、これ以上あまり開かないようである。

09072512

花の頭が二つ三つかたまっている物が多い。

09072513

時間が立つと赤い部分が黒くなり枯れる。

09072514

つぼみは普通の蓮とあまり変わらないような?

09072515

シジミ蝶を撮影する。レンズは28~70mmズーム

09072516

妙蓮撮影の後はアオバヅク撮影と思い途中越えから大原経由で京都市内に入る。北山通りを西に向って走っている時に強い雨が降り出したので諦めて山科に帰る。山科に入って東南の空を見ると青空が見えたので天ヶ瀬に向うが途中で土砂降り、一旦引き返すが雨が止んだので再び天ヶ瀬に向う。ダム下の橋の上に立つ。川の増水は大したこと無かった。ヤマセミが止まる看板近くの背後に男女のカメラマンがいた。何を狙っていたのか知らないが「そんところにいるとヤマセミは来ないぞ」と思いながらも何処で撮影しょうが人のかって、雨が降ってきたこともあり引き返す。何を狙いに来たカメラマンか・・・、鵜でも撮影にきたのかな? 何を考えて場所取りをしたのかようわからん?

自宅に帰る途中、雨が止んだので勧修寺に向う。

09072517

もちろんカワセミ狙いであったが、一度数秒姿を見せただけ(私が見たのは)で後は雨宿りのつもりで木の下で立っていた。

09072518

雨が止んだところで多少蓮を撮影した。

09072519

サギを撮影して引き上げたが、明日は何処へ行くか悩む空模様である。

09072520

移動:車  天気:晴れ後曇り時々雨の繰り返し、時には短時間豪雨  D700:194枚、D300:113枚

|

2009年7月20日 (月)

蓮 法金剛院 ・・・

 三連休の最終日、信州ビーナスラインへ日帰りでニッコウキスゲの撮影に行く予定であった。4時頃に目が覚めるが、気分がもう一つすぐれずもう一眠りで中止、6時前に起きる。天ヶ瀬に行こうかと思ったが、二日連続ハズレのためハズレが無い名所の蓮撮影に出かける。7時15分頃、D700とD300をカメラリュックに入れ自宅を出発。レンズはD700に60mmマクロと35mm、D90には400mmズームを装着した。

行き先は花園の法金剛院、蓮の名所でこの時期の開園は7時、8時過ぎに到着したが拝観客(蓮撮影?)はそれなりに居た。さすがわ蓮の名所、京都で蓮の多い寺は他に三室戸寺、勧修寺ぐらしか知らない。

09072001

境内には蓮池があるが、蓮池よりも鉢植えの方が花の数は多かった。ピークはもう少し後かも知れない。

09072002_2

世界中の蓮を集めているともらったパンフレットに書かれていたが、確かに寺の蓮としては種類が多い。

09072003

蓮は極楽に咲く花という。何をもって極楽に咲くというのかよく判らないが、写真の被写体としては魅力のある花である。

09072004

開き始めの花も魅力ある。

09072005

八重の蓮、勧修寺の花に比べ赤みが濃い。八重の花は大きさが少し小ぶりである。

09072006

白い蓮は清楚で清々しい。

09072007_2

しかし、睡蓮と同様に白の花は撮影が難しい。

09072008_2

少し赤みが入った蓮。

09072009

雨が少しパラツキだし早めに撮影を切り上げた。勧修寺に行く予定であったが御苑のアオバヅクを見てから行くことにした。

御苑のアオバヅクは去年も梅林近くで撮影したが今年はおらず、アオバヅクでは有名な神社に行く。雛はまだ出ていないようで親を撮影する。

09072010

下から見上げての撮影、逆光で結構難しい。

09072011

居た人に他に居ないか聞いたところ水場近くにいるとのことで行って見た。こちらは枝かぶりでまともな撮影が出来ず。聞いたのは御苑でよく見かけるがっしりした女性、金沢の普正寺の森で京都に居たことがあるという地元のカメラマンと京都御苑の話をしていた時に、がっしりした女性カメラマンを見かけないかと聞かれその時は思い浮かばなかったが、この女性のことかなと頭をよぎる。どうでもよい話であるが世間(鳥撮影の)は狭いのかな。

最後に勧修寺に行く。今年の勧修寺での蓮撮影はカワセミ狙いのついでで望遠撮影ばかり、一度は標準、広角で撮影しようと思っていた。まずは池に置かれた石の上から。

09072012

中の島より

09072013

氷室池を撮影する。蕾が多く、まだまだ綺麗な花は見れそうで、一気には咲かないようである。

09072014

最後に一番奥から撮影する。この場所の直ぐ前の蓮の蕾にカワセミが止まるのを反対側から撮影した。今年は撮影できるであろうか・・・・?

09072015

昼過ぎに勧修寺を後にして山科川沿いの散歩道を自宅に向ったが、カワセミの姿はまったく見かけなかった。

移動:地下鉄、JR、歩き  天気:曇り  D700:120枚、D90:146枚

|

2009年7月19日 (日)

未草 勧修寺

 日本自生の睡蓮、未の刻(午後2時)に咲くところから名づけられたそうであるが、実際のところ朝から咲いている。

09071901

真白、涼しく感じられてもおかしくないが、睡蓮と蓮を見ると何故か暑苦しく感じる。夏に咲く花とのイメージがあるからであろうか。

09071902

撮影となると白い色を綺麗に出すのが難しい花である。

09071903

今日の撮影、未草がターゲットでは無かった。最初に行ったのは天ヶ瀬、当然ヤマセミ狙い、7時過ぎから8時半まで待つが姿を見ず。ダム直下で鵜が集まり暇そうにしていたがヤマセミ狙いのカメラマンも同様。

09071904

ダム下の橋の上で待つが、蒸し暑さが我慢出来ずに勧修寺に移動する。こちらは池の周囲の木陰の中で幾分涼しい。

カワセミはなかなか現れずいつも通り蓮を撮影する。今日も328にD300で一脚撮影、蓮はテレコン無しで撮影する。

09071905

まあまあ満足出来る撮影、花の数はかなり増えていた。

09071907

その後しばらくしてカワセミは現れ水に飛び込むも瞬時で、木に止まった時には木の葉が邪魔し撮影できなかった。その後、もう一度現れたが素通りで川に飛び去る。

仕方なくサギ撮影で時間を潰す。雛もすっかり大きくなっていたが今だ親から餌をもらっていた。

09071908

こちらは大木の枝に止まった親鳥。

09071909

シジュウガラが現れたが子供のよう。

09071910

最後にカモ(マガモのメスか?)を撮影、暑くてジトッとした汗にまみれ、シャワーを浴びたくなってカワセミを撮影せぬまま12時前に引き上げた。

09071911

今日、天ヶ瀬の橋の上で奇妙な体験をする。橋の中ほどに居たが、車が通ると揺れるが車が通った時より大きなゆっくりした揺れを感じる。周りを見ると車は通っておらず、ジョギングをしている人が通りすぎたのみ。一瞬体調が悪いのかと思ったが、歩いて来た人が”揺れましたね地震ですかね”と言う。地震かなと思いヤマセミは捜しているとしばらくしてまた揺れる。周囲を見ると、また別の人がジョギングで通りすぎる。”まさかと人が走ってコンクリートの橋が揺れるか~”と思い、車が通った時に注意深く橋の揺れを体の感覚で確かめたが揺れは小さい。またまた、ジョギングの人が来たが橋の揺れはゆっくりであるが確かに大きくなる。相撲取りのような大男が走っているのならともかく、普通の体型の人、足が地面につくごとに共振で徐々に揺れが大きくなるのであろうか・・・・? 不思議としか言いようが無い。

移動:車  天気:曇り後時々晴れ  D300:133枚

|

2009年7月18日 (土)

天ヶ瀬、朽木、勧修寺

今日から三連休、釣りと白山まつりで白峰に行く予定であったが釣りはメンバーの都合で中止、おまけに北陸地方の天気は悪そうで白峰行きは諦める。予定がぽっかりあく、行くところも無いので朽木へ鳥撮影に行くことにした。朽木は車に乗り始めた頃からしょっちゅう通っている所であるが鳥撮影は始めて、ネットで場所を調べる。グリーンパークは以前から知っており前を通ったことがあるが、結局直ぐ横の”いきものふれあいの里”に行くことにした。ネットでは開園9時からとなっていたので時間つぶしに天ヶ瀬に寄ってから行くことにした。

朝の7時過ぎに天ヶ瀬に到着、今日は328+2倍テレコン、D300で一脚撮影とする。ヤマセミを30分ほど待つが、まったく見かけずで移動する。

09071801_2

朽木には9時20分頃に到着した。駐車場の直ぐ上にビジターセンターのような建物があり、前に園内の紹介図があったので何時ものように撮影する。

09071802

初めての場所、様子がまったくわからない、湿度がかなり高かったようで非常に蒸し暑く、不快指数100%であった。

09071803

野鳥の森や・・・・の・・とかを巡るが鳴き声が聞こえるのはヒヨドリ+α、フクロウの不気味な鳴き声がしたので行くが姿を見れず、まったくの期待はずれ、時期が悪いのかも知れない。ウロウロして疲れたところで、森の木の手入れをしている人がいたので鳥の状況を聞く。キツツキが直ぐ近くに居たというので行ってみると、アオゲラの鳴き声が聞こえた。15分ぐらい鳴き声を頼りに探し続けるが結局姿を見れずで、かろうじてコゲラを撮影する。他にはタカ類の幼鳥(と思うが)が鳴きながら飛んでいた。近くの木の天辺に止まってくれたが、人と喋っている最中で撮影しそびれる。

09071804

暑くてたまらず2時間ぐらいで引き上げる。京都に戻り、もう一度天ヶ瀬に行こうと思ったが、3時には早く勧修寺による。

今日の勧修寺、人は少なくカワセミ撮影のカメラマンは一人も居なかった。帰った後なのかも知れない。ならば今日も不調

09071805

カワセミの姿はまったく見かけずで、最近ハマッている蓮の望遠撮影、900mmでの撮影。

09071806

しかし、毎回来るたびに撮影していると飽きてくる。

09071807

アオサギ親子を見つけ撮影する。子も体は小さいがすっかりアオサギらしくなっている。

09071808

ホシゴイを撮影する。

09071809

カワセミの出てくる気配がまったく無かったので天ヶ瀬に行く。

今日はまったくの不調とのことでカメラをリュックから出すこともなく引き上げた。朝にハヤブサが現れたそうである。

移動:車  天気:曇り後晴れ  D300:42枚、TZ3:17枚

|

2009年7月14日 (火)

祇園祭宵々々山

会社帰りにぶらっと祇園祭の宵々々山の撮影に行く。カメラはD700にレンズはDXの18~200mm、明るい単焦点レンズで撮影したかったが、レンズ交換の余裕は無いと思いVRレンズにした。ファインダー内にDXレンズで写る範囲の枠ができるが、外周も見えるので少々使い勝手は悪かった。

7時前に四条堀川に到着、ここから四条通は河原町まで歩行者天国、天気は晴れ、まだ少し明るかったが既に多くの人が歩いていた。

09071401

 烏丸の少し東、南に建てられた山鉾、笛、鐘、太鼓の祇園囃子が聞こえる。

09071402

提灯の灯りがくすんでいたので北側の某信用金庫前の鉾に行き撮影する。山鉾の名前は以前に勉強して少し覚えたことがあるが、すっかり忘れてしまった。

09071403

山鉾には建屋から通路が設けられており入れる。誰でも料金を払えば入れるのかどうかは知らない。

09071404

烏丸通りと四条通りの交差点からの撮影。

09071405

少し高い所から撮影する。液晶が本体から離れ角度を変えられるカメラが欲しかった。

09071406

四条高倉前に建てられた山鉾、四条通りの河原町方面からはどんどん人が押し寄せてくる。

09071407

近づいて撮影するが、この頃になると空も暗くなってきて雰囲気がよくなってくる。しかし、人が多く、周りは騒々しい。

09071408

高倍率ズームの利点を活かす。

09071409

西の空は、まだ少し明るかった。ISO自動、MAX3200、シャッター速度下限1/200、モードPで撮影したが、絞りは殆ど開放。

09071410

去年も撮影した構図。

09071411

再び烏丸に引き返し、室町通の入口に立つ。

09071412_2

人は益々多くなり、祇園囃子は殆ど聞こえず、人込みの中カキ氷、ケチャップのついたウインナー、串焼き・・・を食べながら歩いている若者が多く、服にシミなどつけられぬよう、周囲を注意しながら歩く。

09071413

室町通りを北上するが、こちらは狭く人の流れがかなり悪くなる。露店の呼び込みの声で騒々しい。まつりの風情などあったものでは無い。しかし、考えてみると街中のメジャーなお祭、この騒々しさが都会の祭の風情であって人が集まるのかも知れない。

09071414

室町通りの北上は途中で諦めて烏丸通に出て地下鉄駅に向う。最後に撮影しのは人形の飾り物、これも祇園祭ゆかりのものかな?

09071415

移動:市バス、歩き  天気:晴れ  D700:186枚

|

2009年7月12日 (日)

ヤマセミ 気合をいれて天ヶ瀬ダム

昨日に続き今日も朝から天ヶ瀬ダムに行く。気合を入れて500mmF4とD3を持っていくが、結果は悲惨。

朝の7時頃に天ヶ瀬に到着、レンズに1.7倍テレコン(スペックではAFの保障は無いがこれまでフォーカスできなかったことは無い)とD3を装着してヤマセミを待つ。かなり時間が立ってから現れたが、かなり奥、証拠写真で撮影する。大トリミング。

09071201

しばらくしてダイビング後、手前の岸の茂みに入ったので場所を対岸の上に移動して撮影したが、今日の撮影では一番マシな場所となった。

09071202

遠くから見ると茂みの中でじっとしているように見えるが、ファインダーから見るとチョコマカ動くじっとしていない鳥である。

09071203

500×1.7倍では少し足らず、DX(1.5倍)のD300の方が良かったかもしれない。

09071204

もう少し近くに来て欲しかったのとホバーとダイビングを繰り返して見せて欲しかった。昨日の方が時間が短かったが(1時間半で引き上げる)サービスは良かった。同じ鳥と思う。

09071205

後は定番の看板の上に止まったり、奥に行ったり、茂みに入ったりでまともに撮影が出来ず。日差しが強くなると暑さに我慢できず熱射病の一歩手前。

09071206

11時を過ぎ姿が見えなくなったので帰ろうとカメラを片付けていると比較的近くでホバーして看板の上に止まりよった。昨日に続き絶好のホバー撮影のチャンスを逃す。

看板の上からダイビング、魚を咥えて奥に飛ぶところを連写するが、まともに撮れた写真はなかった。

09071207

11時半頃に天ヶ瀬を後にする。一旦自宅に戻って植物園にアオバズク撮影に行こうと思い車を走らせたが、勧修寺近くで予定変更、せっかく500mmを担いできたので勧修寺に行くことにした。勧修寺には昨日も一緒だった常連さんが居たが、聞いた話では私が帰った後にカワセミが現れホバーをしたそうである。残念無念・・・運が悪い。

カワセミは一度現れたがさっぱりで1時過ぎに引き上げたが、気合だけが空回りしたヤマセミ撮影の日であった。

移動:車  天気:曇り後晴れ  D3:174枚

|

2009年7月11日 (土)

ヤマセミ、カワセミ・・・・

 今一番撮影したい鳥はアカゲラにオオアカゲラ、7月25日からの夏休みに戸隠へもう一度行く予定で328の一脚撮影を練習中である。今日は朝から328+2倍テレコン、D300で天ヶ瀬にヤマセミ相手の一脚による超望遠撮影の練習に行く。

到着した時には数人のカメラマンが居た。ヤマセミは、2年前であったろうか始めた見た立入禁止の看板の上に居た。

09071101

しばらくじっとしていたが(ファインダー越しに見る姿は何やらごそごそしていた)、やがて手前に移動する。

09071102

手前の看板に止まり、好都合、解像度が多少上がる。

09071103

ここに止まると直ぐに水に飛び込む。

09071104

ホバーなんぞを見せてくれたがピントが合わずで撮影失敗、逆光気味で撮影しづらかったと撮影条件のせいにする。54にD3、三脚を使用していたなら撮影できたように思う。

09071105

再び、元の位置に戻る。

09071106_2

この後、一旦奥に飛び去り、しばらくして橋の下を抜けて志津川の合流点近くに移動する。

09071107_2

直ぐ上の茂みに隠れ、ここから度々ダイビングを見せてくれた。

09071108

石の上にも止まる。

09071109

最後に勧修寺のカワセミばりのホバーを見せてくれどこかに飛び去った。一年ぶりのヤマセミ撮影、一脚使用で手振れを考えISO800でシャッタースピードを早くした。写真はもう一つであったが、撮影できて幸運であったのかも知れない。最近の天ヶ瀬のヤマセミの出具合は把握していない。

09071110

つづいて勧修寺でカワセミ撮影、今日も出は悪かった。

09071111

一脚撮影の習得が目的で、飛びものはあまり期待していなかったが、それにしても飛びもの撮影の機会はなかった。

09071112

しかし、止まり物は2倍テレコンでもしっかり撮れ、戸隠撮影の練習には十分であった。

09071113

カワセミは一度現れたのみ、後は何時もどおりの時間つぶし。カルガモの雛(今年は2羽しか見かけないが)も大きくなった。

09071114

絵になるアオサギ

09071115

ゴイサギも出てきよった。

09071116

スイレンの望遠撮影

09071117

蓮の望遠撮影、この手の花の望遠撮影はマクロより綺麗に撮れるかもしれない。

09071118

今年の夏、アカゲラを是非撮りたいと思っている。信州に行けば居るのは判っているが、どこか近場に居ないものか。高雄神護寺下を少し下ったところ、今津カワキタハウス近くで見かけているが、ネットで捜すしかないか。

中学生の頃に冬の足腰鍛錬に走って登った大阪池田の五月山日の丸展望台あたりにでも歩いて登ってみるか? 細い登り道はまだあるのかな?

移動:車  天気:曇り時々晴れ  D300:339枚

|

2009年7月 9日 (木)

有給休暇

所用があり有給休暇を取る。遊休は取っても有休を取る事はあまりない。半日有休なる制度もありこちらは殆ど消化している。午後1時半頃に用事は終わり(すこし汗をかく)、遊休に変わる。車のエンジンオイル交換がてら328+1.7倍テレコン、D300で天ヶ瀬に出かける。1年ぶりの天ヶ瀬であるが、平日というのに10人ぐらいのカメラマンがいたのには驚く。

ヤマセミ狙い、昨年の7月までは頻繁に行ったが、7月始めに水もの、飛びもの、近場でのアップが撮れそれ以降は行っていない。朝の8時前後と、午後の3時以降が良かったので見れるかと期待していたのであるが・・・?

まずは鵜相手にカメラのチェック。

09070901_3

待てどヤマセミは現れずで、鵜相手に時間を潰す。

09070902_2

せめて、この「立入禁止」の看板の上に止まったところでもと思っていたが、結局現れずで4時半頃に天気が悪く暗くなったこともあり引き上げることに。

09070903_2

車をとめた狭い広場の近くで「・・・フィフィフイ・・」の声が聞こえる。先日、能勢で撮影したサンコウチョウかと思い姿を見せるのを待つが林の中、前の木の茂みで姿を見られず。

昨年撮影したヤマセミを1枚。

09070904_2

移動:車  天気:曇り  D300:63枚

|

2009年7月 5日 (日)

328で蓮撮影 勧修寺

 先日、会社帰りに京都駅前のビッグカメラで一脚用にINDURO製の自由雲台DM12を購入したが、328+1.7倍テレコンのD300を装着し勧修寺で使い勝手を試す。

400mmズーム用にと一脚と自由雲台VerbonPH-273をかなり以前に購入したが、400mmズームは慣れると手持ちで十分な撮影が出来たため不要となっていた。昨年から328の野鳥撮影で再び一脚を使い始めたが、PH-273は328+テレコン及びカメラでは軋むように思え、強度十分な自由雲台を探しに行った。他のメーカーのものをネットで見つけていたが、安いDM12(対荷重12kg)が展示されており衝動買いした。INDUROなるメーカーはこれまで聞いたことがなく、帰ってからネットで調べたが米国の有名なメーカーであった。どうでも良いが買った製品は中国産。

狙いはカワセミ、最近は不調、1時間ほど捜して現れなければアオバズク撮影に植物園行くつもりであった。案の定カワセミは現れずで蓮が咲いていたので蓮撮影を行う。

09070501

勧修寺の蓮は八重で少し小振り。

09070502

超望遠(300mm×1.7倍テレコン×1.4倍)でマクロ撮影を楽しむ。

09070503

AF限界を超えMFで撮影する。

09070504

AFの限界距離 、近接して撮影するマクロレンズと違い前後多少動いてもピントのハズレは少ない。超望遠でのマクロ風撮影も良い。

09070505

1時間ぐらいで植物園に移動するつもりであったが、最近時々見かけるカワセミ狙いのカメラマンと出会い喋りこんだため、結局11時頃まで居た。植物園行きは後日にして、とことん花撮影を行う。益々増えているスイレン。

09070506

開花しかけのスイレン

09070507

ホウの木(???)

09070508

ゴイサギの雛

09070509

カワセミ狙いのカメラマンはカワセミ見ずで帰るが、直後に鳴きもせずにす~と現れる。このカワセミはサービスが悪く、近づくと直ぐに逃げるで遠くにいる所しか撮れず。1ヶ月前まで頻繁に登場し見事なパフォーマンスを見せてくれた個体とは違う。

09070510

もう一人、カワセミ狙いのカメラマンが来たが私は引き上げた。この後のカワセミの出具合がどうであったのか?

移動:車  天気:曇り時々晴れ  D300:126枚

|

2009年7月 4日 (土)

渓流釣り 白峰日帰り

 京都・滋賀の白峰渓遊会(我々の渓流釣りクラブ)会員M氏と二人で白峰へ日帰りで行く。今日の持ち帰りサイズは尺以上、下田原、風嵐を探った後市ノ瀬周辺に入るが持ち帰りサイズは釣れずで不調であったが、一日楽しく遊べ山の神、川の神に感謝。詳細レーポートは、後日HPの渓流釣り釣り日記で報告、写真のみを掲載する。

09070401

  

09070402

   

09070403

   

09070404

  

09070405

   

09070406

  

09070407

  

09070408

次回は根性入れなおして頑張る! 狙いは自己最長寸の44cm以上、無理か?  

09070409

移動:車  天気:曇り時々晴れ一時小雨  P80:164枚 

|

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »