« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

蓮にカワセミ(8月15日、16日撮影)

 今年の夏は蓮どまりのカワセミを撮影しようと何度も通い、暑さと蚊に刺され痒みを我慢しながら長時間時間を潰す日が多かった。8月15日、16日の盆休みにようやくその機会が訪れ、短時間ではあったが蓮にカワセミを撮りまくった。出会いは偶然、その一瞬を見逃していたら今年も撮影できていなかったであろう。

8月15日、この日もカワセミの出が悪く、2時頃にカワセミを探しウロウロしていると葉と葉の間の低い茎に止まっているところを偶然見つけた。風が吹いて葉が動いた一瞬であったが風が吹かなかったら見逃し移動していたであろう。カメラを担ぎ戻ってきた時にカワセミが移動、移動した先は近くの蓮の蕾、三脚をまともにセットする間もなかったが何とか証拠写真が撮れる。

090815101

その後少し奥に移動し、また蕾に止まったので慌てて場所を移動、かろうじて木の茂みの端から見える場所を探したが、今度は足場が悪い。無理な体勢でファインダーを覗くと移動して横の花にとまった。写真を見ての確認などせずに再びシャッターを押しまくる。このカワセミはメスの子供で胸が黒く、かなり黒く写ったが何とかソフトで修整する。

090815102

翌日の16日、再び2時頃にこのカワセミが現れ同じ場所周辺に止まった。この日も別の場所からの撮影であったが足場が悪く、三脚の脚はあまり広げずに撮影した。花にとまりかけたが止まりきれず別の蕾にとまる。

090816103

直ぐに近づいてきたので前日以上に撮りまくった。

090816104

三脚が不安定であったので動きのある瞬間をとらえることは出来なかったが、この日も短時間ながら満足した。

090816105

前の蓮の花にとまって欲しかった。

090816106

7、8月と通い良かったのはこの二日間のみ。8月29日には、蓮の状態が一段と悪くなり、カワセミも別の場所に一瞬現れただけ、今年の蓮にカワセミ狙いは終了させた。昨年は撮影出来ず(とまるところも見られなかった)、来年も狙うかは天気しだい。天気が良ければ休日に山へ行く機会が多くなる。次の狙いは雪の中のカワセミ、これは勧修寺では滅多に機会が無い。

|

2009年8月30日 (日)

奈良春日山原始林を歩く

 8月最後の休日山を歩きたくなり、ブラブラと楽に歩け自然を感じられる奈良春日山原始林に行った。昨年の9月始めに続き二度目である。

朝何時もどおり5時半には起きたが、衆議院選挙があるため7時過ぎに選挙に行き7時半過ぎに自宅を出発した。地下鉄で六地蔵まで行きJRで奈良に向かった。9時過ぎに奈良駅に到着、商店街を春日山に向って歩く。カメラはコンデジのP6000、RAW撮影が出来るので金曜日に購入した。これまでパナソニックのTZ3を試用していたが、色合いがニコンのデジ一と違いすぎるのでニコンに統一。

09083001

猿沢池横で”せんとくん”を見かける。

09083002

奈良公園を抜け浮見堂近くでは鹿が朝食中。

09083003

浮見堂、百日紅の花が咲いていたが、開花時期の長い花である。

09083004

春日大社の森の横を歩いているとエナガの群れに遭遇、D90に400mmズームを取り出し撮影する。春日山で野鳥も捜すつもりであったので持って来た。

09083024

関西では夏の終盤を告げるツツクホーシが去り行く夏を惜しむように一斉に鳴いていた。

09083025

周遊道を歩く。こちらから上り、帰りは旧柳生街道(東海自然歩道)を下るほうが楽である。

09083005

原始林は世界遺産に登録されており、春日大社の神山として古くから狩猟や植物の伐採が禁止されているが、街のすぐ横の山にしては自然が残っている。

09083006_2

緩やかな坂道を上るが春日大社の神山、霊気が漂い(冷気か)涼しかった。

09083007

一時間ほど歩くと妙見宮があった。前回は入らなかったが今回は本殿まで上って行った。

09083008

大した階段ではなかったが間違いであった。一気に汗が噴出す。

09083009

原始林と言うだけあって高い木が多い。

09083010

また紅葉の名所でもあり、モミジの木が多かった。紅葉すると綺麗であろうなと思える場所が随所に見られた。

09083011

鳥は見かけず、鳴き声もいっせいになく蝉の声に消され聞こえず。涼しいとはいえ、坂道を歩いていると汗が出る。人は少なく、”しんど~””あつ~””・・・・・・”訳の判らぬことをぶつぶつ言いながら、たまには鼻歌を歌いながら(今日は何故か小学校か中学校頃の春日八郎の名曲長崎の女がでた、2番か3番か知らないが”海を見下ろす外人墓地で・・・”のところが良い)12時前に地獄谷の首切り地蔵前に立つ。荒木又衛門が試し切りをしたという地蔵様、昔の剣豪には自制心が無かったようである。

09083012

杉の巨木があるが、しばらく木を見上げながらあたりをウロウロとしてゲラ類を捜すが見当たらず。

09083013

見ていると首が痛くなり目眩がするほど高い。

09083014

旧柳生街道を下り市内に向う。

09083015

道はしめっており、石畳の上では滑ってこけそうになったので、鳥は諦め足元を見ながら歩く。

09083016

所々に石仏が彫られていた。

朝日観音

09083017

夕日観音

09083018

寝仏

09083019

まさに原始林というような場所の細い道を歩くが、下りは足元に木をつければ楽。

09083020

根が剥き出しの古木、今にも倒れそう。こちらも人はすくなかった。

09083021

一時過ぎに街に戻ってきた。

09083022

春日大社、東大寺あたりを散策しようかとも思ったが足が疲れていたので止め、興福寺境内を通り近鉄奈良駅向う。

09083023

朝に食べただけでお腹が空き、喉はカラカラ、電車の待ち時間に構内の隅でビール(500ml)とおつまみで腹を満たし、座り心地の良い特急のシートで口を開けて寝ながら京都に帰った。久しぶりに心地よい風の中で気持ちよく汗をかいた。

移動:地下鉄、JR、近鉄  天気:晴れ時々曇り  P6000:106枚、D90:18枚

|

2009年8月29日 (土)

「蓮にカワセミ」狙い09年ラスト

 朝からヤマセミ狙いで天ヶ瀬に行く。今日も天ヶ瀬の後勧修寺での「蓮にカワセミ」狙いの気持ちがあったが、先週の蓮の咲き具合から飛びもの優先(あまり大きく撮らない)ということでカメラはD3にした。

7時過ぎに天ヶ瀬に到着したが今日は先週に比べカメラマンは少なかった。

09082901

しばらくまってもヤマセミは現れわれず、何も撮らないで帰るわけにはいかないので、まずは橋の近くに飛んできた鵜を取る。野鳥撮影を始めた頃に鵜が珍しく、狙って琵琶湖に行ったことがある。

09082902

つづいてイソシギが橋近くの川中の石の上で遊んでいた。

09082903

動きのあるところを撮影するが遠い(被写体が小さい)。

09082904

飛行姿勢

09082905

カワセミがよく鳴いていたが、見たカワセミは非常に綺麗な色をしていた。最近、勧修寺で見るカワセミとはえらい違いである。

09082906

9時過ぎまで約2時間待つが、結局ヤマセミの姿は見ずで勧修寺に移動する。

蓮の花はかなり減っていた。蕾も幾つか目にしたが、咲いている花は枯れかけが多く葉の色も褪せて汚くなってきている。そろそろ終わりに近づいているようで、綺麗な時期は盆休みの15、16日頃までだったように思う。

09082907

カワセミポイントには常連さん(私も常連)が居たが朝からさっぱりとのことで多少ガックリ。

09082908

時間が立つとカワセミが出ないのではという予感し始める。暇つぶしにアゲハチョウを撮影、このチョウはかなりの時間このポーズでじっとしていた。

09082909

蓮の花にクロアゲハがとまるが、止まってほしかったのはカワセミ。

09082910

トンボが止まる。カワセミなら花が散った後でも良いと思うほど退屈な時間が続く。

09082911

最近の勧修寺はカルガモが多い。観光客が少なかったためか珍しく陸に集まっていた。

09082912

12時を過ぎ先に来ていた常連さんが他の場所に移動し、私の後に来た人もしばらくして帰り一人になる。他の観光客もポツポツ、1時を過ぎて天ヶ瀬にもう一度行こうかと思ったときに、突然カワセミの姿を見つける。証拠写真を撮った後、遠かったので近づこうと移動している時に姿を見失った。しばらく捜すが気配は無く、川に行く途中か川から帰る途中に寄っただけのようであった。

09082913

帰ろうかとも思ったが15日と16日楽しませてくれた2時のお嬢が来てくれることを期待し2時過ぎまでウロウロしながら待つが結局現れずで2時20分頃に勧修寺を後にした。

7月、8月と蓮の花どまりのカワセミ狙いで例年になく勧修寺通い続けたが今日で終了とする。これからもカワセミ撮影は続けるが、肝心の蓮の花が無くなりゃどうしようも無い。この夏の勧修寺は、カワセミの出が非常に悪かったが満足できる撮影は出来た。

09082914

帰りに天ヶ瀬に寄ったが志津川河口付近に団体(バーベキュー?)が居たのでカメラを出さずに帰る。

移動:車  天気:曇り  D3:83枚、P6000:50枚(初撮影)

|

2009年8月23日 (日)

ヤマセミ、カワセミにまさかのオオアカゲラ

 朝から天ヶ瀬に行く。7時前に到着するが既にカメラマンが十数人居た。ヤマセミは相変わらず出がいいようであるが朝の内は遠い場所にいる。今日も3羽姿を見せてくれたが撮影は難しかった。

比較的近くに寄ってくれた1羽。

09082301

何かを咥え、餌を咥える練習をしていたようである。

09082302_2

コンクリの土手の上に3羽が集結。

09082303

給餌シーンを見かける

09082304

途中、志津川に消えしばらく姿を見せず。2羽が出てきて橋の上流へ移動したかと思うとまた下流へ。今日一番近いポイント、しかし枝被り。

09082305

9時半頃暑くなってきたこともあり帰る。今日は、真っ直ぐ帰るつもりであったが勧修寺のカワセミが気になり昼までと思い寄り道。

今日のカワセミは、ここしばらくの中では一番出が良かった。聞いた話では、先週の平日には朝から晩までまったく出なかった日もあるようである。

09082306

しかし、姿を見せてくれるが動きが少なく(移動は多かった)、撮影はほとんどとまりもの。

09082307

先日、トカゲを食べたカワセミと思うが、最近勧修寺に現れるカワセミはよく判らない。

09082308

移動する瞬間の飛びもの。

09082309

こちらも同様であるが、一旦止まるとじっとしている時間が長かった。

09082310

水にも何度か飛び込んだが、障害物やら何やらで撮影は出来なかった。川と違い撮影に邪魔になるもの(木々に蓮)が多い。

09082311

ところで思いがけない鳥を撮影し大喜び。カワセミを待っている時に「キュ・キュ・・・」の鳴き声の後に大ドラミングの音、まさかと思いながら上を見ると寺一番の枯れた大木にアカゲラが止まっていた。この時はアカゲラと思ったが帰って図鑑を調べ、胸の色に嘴の長さからオオアカゲラと同定した。

09082312

木は枯れておりドラミングはよく響いた。まさか勧修寺でオオアカゲラを撮影出来るとは思わなかった。京都ではアオゲラは2~3年前に御苑で頻繁に見かけ撮影したが、アカゲラ/オオアカゲラは冬に高雄の神護寺近くで一度見ただけ。

09082313

京都でも山に入れば居るのであろうが、まさか町中で見るとは運が良かったとしか言いようがないであろう。

09082314

移動中にたまたま寄っただけのようで木のてっぺんまで上り詰め、最後は西の山に飛んでいった。その間10分、カワセミはほって置いて撮影しまくり。一度まともに撮影できれば良い鳥であるが、今一番撮影したい鳥であった。9月に戸隠行きを考えていたが行く必要が無くなった・・・?

09082315

飛びものは撮影失敗、距離はかなり遠かった。

09082316

移動:車  天気:晴れ後時々曇り  D300:503枚

|

2009年8月22日 (土)

勧修寺のカワセミ 2時のお嬢現れず

 早朝にヤマセミ狙いで天ヶ瀬に行くが1時間ほど待ってもヤマセミは現れず、雨がポツポツときだしたので8時半に止めて場所を勧修寺に移動する。勧修寺は木が蔽い茂っているので多少の雨なら大丈夫。

9時過ぎに到着したが今日も狙いは「蓮にカワセミ」、カワセミは直ぐに現れた。

09082201_2

このカワセミ一見オスに見えるが、上を向くと嘴の下に少し赤い部分が見えオスかメスかよく判らない。盆休みにトカゲを捕食したトカゲで、小魚やエビよりデリシャスであったのか今日も島の上を見ていた。

09082202_2

かなり臆病なようで、見えにくい奥の木陰で盛んに餌取り行っていたが茂みの中に姿を隠すことが多かった。一時過ぎまで寺からは出なかったようである。

09082203_2

この夏、勧修寺には4羽程度が出没しているように思うが同時に出ることは少ない。姿を見せる時間も短く、親はここしばらく見ていない。今日のカワセミは茂み姿を隠すようであるが、他のカワセミは立ち寄った後何処へ行くのか?

09082204_2

一時過ぎにこのカワセミ外へ飛び去ったが、盆休みには2時過ぎにメスの子供が現れしばらく付き合ってくれていたので今日も期待する。このメスの子供は比較的近寄っても逃げず、あまり気がつかなかったが多少芸も披露していたようである。

しかし、今日は3時半に帰るまで姿を見ることは無かった。

09082205_2

退屈な時間が続きギンヤンマを撮影する。

09082206_2

ギンヤンマのホバーを狙うが、小刻みに動くので失敗続き。

09082207_2

夏の終わり、トンボも子孫を残すのに必死のようである。

09082208_3

勧修寺でのカワセミ撮影、忍耐の日が続く。しかし、勧修寺はカワセミ初撮影の地、カワセミ狙いの撮影、今は勧修寺と初撮影の日の帰りに撮影した山科川、支流の旧安祥寺川しか行っていない。もちろん他の場所で、他の鳥狙いのついでに撮影することはある。サンコウチョウを撮影したというYさんの連絡を見て行った昨年の植物園がそうであった。人のブログを見てどれだけ好調であろうが行くことはこれからもない。

09082209_2

今日は、機動性を考え328持っていったので機材が軽く、D700にシグマ50mmF1.4も持っていった。カワセミ撮影の合間に風景を撮影するが、もう一つ好みの写真が得られず(色の面で)純正レンズへの買い替えが頭をよぎる。

09082210_2

標準レンズでの何気ない風景撮影は難しい。

09082211_3

今日も蒸し暑く汗まみれの一日となった。タオルを忘れコンビにで買ったがこれがハズレ、汗を拭くたび糸くずがへばり付く。タオルを巻いていた首の周辺と今日は髭を剃るのを忘れて出たため、顎の周辺が特に酷かった。

移動:車  天気:曇り後晴れ  D300:139枚、D700:151枚

|

2009年8月16日 (日)

盆休み最終日 蓮とカワセミ

 盆休みの最終日、天ヶ瀬にヤマセミ撮影のリベンジに行こうかと思ったが、もともと早朝の逆光でのヤマセミ撮影は難しいのは判っていたのでやめる。昨日のヤマセミ撮影、80%は失敗したが撮影枚数が多かったので見られる写真もそれなりにあった。行くなら午後からということで勧修寺に行くことにした。”蓮にカワセミ”である。

朝ゆっくりとして8時半過ぎに自宅を出発、車で時間があったので回り道をして9時頃に勧修寺に到着した。今日は4番目ぐらいで庭園に入る。

何時もの場所でカメラをセットして待つがカワセミは現れず、まずは蓮を撮影する。

09081601

今年の蓮は開花が早かったように思うが、ピークを過ぎるのも早いような。まだまだ蕾もあり、もうしばらくは花も楽しめそうであるが、花が散った後の蜂の巣も増えており花撮影にはもう一つの状況になっているように思う。

09081602

開花寸前の蕾、これにカワセミがとまって欲しい。

09081603

一時間少々たってようやくカワセミが現れ、”蓮とカワセミ”の撮影は達成。

09081604

このカワセミは、一昨日にトカゲを食べたカワセミのようでしぐさが似ていた。

09081605

最初はオスのように思ったが、嘴の下に少し赤い部分がありメスのようにも思う。よく判らない?

09081606

30分少々でカワセミは姿を消す。この後退屈な時間続きアクビの連発、朝の内は昨日同様蒸し暑く不快指数が上がる。藤棚の下の石のベンチ腰掛けていると一瞬眠さで気が遠くなる。出来る限り立って、檻の中の動物のようにウロウロしていた。

再び蓮を撮影。

09081607

コサギの雛がまだ居た。

09081608

久しぶりに睡蓮も撮る。睡蓮も終盤

09081609

蓮の蕾にトンボ

09081610

2時過ぎに再びカワセミが現れ最後まで付き合ってくれる。待ち時間2時間半、途中で眠たくなり倒れそうにもなったが、カワセミが現れると目が覚める。

09081611

暑くて天ヶ瀬へ行くのが面倒くさくなり勧修寺で4時頃まで汗を流した。

”蓮にカワセミ”であるが、秋、冬にでも撮れる平凡なシーン。

09081612

4連休は終わり明日から会社、この休み汗をかなり流したがそれ以上の水分を補給、お腹が多少だぶついて来た。夏の休日の夜はビールが美味い。

追伸:今日も一日蚊、他虫にかまれ痒い一日であった。またしても虫除けスプレーと痒み止めを忘れる。

移動:車   天気:曇り時々晴れ  D300:580枚

|

2009年8月15日 (土)

盆休み3日目  天ヶ瀬のヤマセミ 轟沈(撮影失敗)

 今日は立山に行こうかと思い、昨日の夜は9時半に寝た。目覚ましをセットせず3時頃に目覚めれば4時前に出発するつもりであったが、目が覚めたのは5時前で中止。夜中に一度目が覚めた記憶があるがよく覚えていない。ならば天ヶ瀬でヤマセミを撮影することに。

今年の夏の目標は四つ、一番目はイワナ釣りで自己最長寸の44cm超え、二番目はコマクサ・クロユリのRAW撮影、三番目はヤマセミ親子の撮り放題(昨年の再現)、四番目がカワセミの蓮の花とまりものRAW撮影(2年前の再現、ただし2年前はJPG撮影)であった。一番目は白峰白山まつりの日の釣行中止、二番目はこの夏の天候不順で断念、残りは二つ。ヤマセミは昨年7月までは天ヶ瀬に頻繁に通ったが、昨年の7月の撮影で絶好の機会に恵まれ、それ以降あの時以上の撮影は出来ないであろうと思い行くのを止めていた。7月になりその時のことを思い出し再び通いだした矢先に爆竹爺さんに水をさされたが、最近、人のブログを見て再び雛を連れて出てきていることを知り、是非行こうという気になった。白と黒のヤマセミは、背景がコンクリになることが多い天ヶ瀬では撮影しにくいということも足が遠のいた理由の一つにある。

朝の6時前に天ヶ瀬に到着、既に10人程度のカメラマンが居た。ヤマセミは遠くに居たが、しばらくすると手前に来てくれた。しかし、それでも遠い。遠くに居ることを予測して今日はD3を使用せずD300に500mm+1.4倍テレコンで撮影、撮りまくってそれなりに撮れたと満足して10時半頃に天ヶ瀬を離れたが、帰って画像を見てこけた。80%以上が失敗、早朝の逆光ぎみの日差しの強い中でのヤマセミ撮影は難しい。

定番の立入禁止の看板の上。

09081501

逆光でかなり黒かったがソフトで補正。    

09081502

カワウの上を飛ぶ、ピントが合っていない。  

09081503

コンクリの土手に舞い上がる。距離が遠く大トリミング。  

09081504

背景がコンクリ、絵にならない。   

09081505

親が1羽、子が2羽、多少親離れはしてきているように思うが、2羽とも時々親に近づく。  

09081506

多少マシに撮れたが、シャッタースピードを速くするためISOの感度は800、トリミングするとやはりザラツキが目立つ。  

09081507

舞い上がるところ、これも大トリミング。   

09081508

比較的近場   

09081509

飛び立って直ぐ、日陰で多少マシには撮れた。   

09081510

給餌シーン、今日見たのはこれ一度。

09081511

給餌後親は直ぐに飛び立つが、子も後を追う。 

09081512

川の中の石から水浴びする子供、今日も暑かった。  

09081513

遠くで大ホバーを見せてくれたが露出オーバーで大修整、見られるまで修整できたと感心。

09081514

10時を過ぎて熱中症気味になり天ヶ瀬を後にする。

向った場所はカワセミ撮影ホームグランドの勧修寺、蓮にカワセミ、今日もダメだろうと思いながらも足を運ぶが、水もの、餌取りなら山科川に行く。私が行く前は親鳥が休んでいたそうであるが、見たのはサービス精神の無い子供。多小、見にくいところでするようになっているようであるが。 

09081515

今日も撮影したのは止まりものばかり。一度止まると動き出すまで時間がかかる。   

09081516

偶然、近いところから撮影するが直ぐに逃げた。  

09081517

最後の一芸(?)   

09081518

蓮の花も大分少なくなってきたが、今年は咲き出すのも早かったように思う。

今日の勧修寺は風が吹かず蒸し暑くじと~とした汗、虫除けスプレーを忘れ蚊に喰われてじっとしていられず、不快指数はクソ暑い天ヶ瀬の方がマシであった。しかし、蒸し暑いのは帰ってシャワーを浴びれば壮快になるし、また、虫に喰われるのは渓流釣りに比べればマシ、我慢のカワセミ撮影が続いているが、今年の成果は9月には判るであろう。

移動:車  天気:晴れ後雲  D300:984枚

|

2009年8月14日 (金)

盆休み2日目 サービスの悪いカワセミ 勧修寺

 朝から用事があり大阪へ、昼頃に帰り当然撮影に出かけるが、ヤマセミの天ヶ瀬かカワセミの勧修寺かで迷う。結局、コンクリート背景のヤマセミより自然の中のカワセミで勧修寺を選ぶが、くそ暑い天ヶ瀬より木陰で風が吹けば涼しい勧修寺ということもあった。

着くなりカワセミは現れたが、先週土曜日の芸が無く愛想の無い(動きが少ない)カワセミとは別の個体であったが、今日のカワセミも動きは少なくサービスが悪かった。まずは背後が明るい止まりもの。逆光、ピントが合いづらくマニュアルでフォーカス。

09081401

小魚を獲ってからの日陰での留りもの。このカワセミは暗い所ばかりにとまり、明るい所には出てこなかった。まだ若くて世間に慣れていないのかも知れない。

09081402

唯一の飛びもの、暗くてシャッター速度が遅く被写体ブレ。

09081403

昼からは快晴、日差しが強く蓮の葉の完全な陰、かなり修整する。

09081404

時々、水に飛び込んで捕食していたが飛び込む位置はすべて後ろ、木や葉が邪魔になって水ものは獲れず。

09081405

今日は奇妙な行動、陸での捕食を見た。獲物はトカゲ、このトカゲを食べた後のカワセミの動きはおかしかった。木に止まって長い間、体を前後に小刻みに揺らしていた。初めて見るしぐさ、思い過ごしかも知れないがトカゲの消化が悪かったのかも知れない。

09081406

2時間ばかり、居続けたが撮れたのは殆ど止まりもの。

09081407

おけつを持ち上げた瞬間、糞をするかと思ったが無し。

09081408

2時半頃にカワセミは姿を消し、その後現れなかったので3時半に撮影を終了し寺を出た。

移動:車  天気:快晴  D3:225枚

|

2009年8月13日 (木)

盆休み初日 早朝の山科川散歩

 今日から4日間の盆休み、朝から天ヶ瀬にでも行きたかったが休日の電話当番で長時間の外出は控える。休日の電話当番、出来るものが居らず責任感(?)で”ほならやるわ”と言ったのが間違いのもと、夏休みに一度やっているので責任は果たしている。

早朝から一汗かく為に山科川を散歩する。普段の休み、遠出以外は持ち歩かない携帯を電源ONにして持って出かける(携帯はもちろん自前)。朝6時半に家を出て10分ぐらいで山科川に到着。

09081301

カメラはD90に400mmズームを装着、散歩がてらカワセミを探しながら勧修寺橋に向う。

ヒルガオにチャバネセセリがとまる。ヒルガオは所々で見かける。

09081302

サギが何かを咥えて飛んでいく。                                                             

09081303

この時期、芙蓉もよく見かける。

09081304

ハグロトンボも多く居る。昨年まであまり気づかなかったが場所によって集中的に孵化しているのかも知れない。        

09081305

土手の上から真下に居るところを撮影。           

09081306

羽を広げるのを待つ。

09081307

勧修寺橋でカワセミを見つける。勧修寺に現れるカワセミのようである。     

09081308

羽がボロボロのように見えるが親か子か? ダイビングを待つがこのカワセミはなかなか飛び込まない。勧修寺でも同じで、あまり長く居れないので8時半頃に引き上げた。   

09081309

帰る途中で撮影したヒマワリ、夏ももうすぐ終わる。

09081310

9時過ぎに帰宅してシャワーを浴び汗を流しビールといきたいところであったが、朝の9時過ぎでやめる。

天ヶ瀬のヤマセミは今日も好調か? 勧修寺のカワセミは・・・?

移動:歩き  天気:曇り  D90:125枚

|

2009年8月 8日 (土)

8月8日(土)PartⅡ 芸の無い若カワセミ

 伊吹山から11時過ぎに帰り機材を持ち替えて勧修寺に行く。12時過ぎにカワセミは現れ、2時間少々付き合ってくれた。

今日は2羽現れ、激しくでは無いが追いかけ合いを繰り返していた。追いかけ合いの後、奥の日陰に身を潜める一羽、胸が黒く足もまだ赤くなっていない。

09080851

もう一羽のカワセミ、このカワセミが頻繁に姿を見せてくれたが、じっとしていることが多く餌取りもあまり行わなかった。飛び込み方がぎこちなく、最近現れるオスではなく(?)こちらも若鳥のよう。

09080852

長い静止の後、水に飛び込むが水面ぎりぎりのところで別のカワセミが飛んできて邪魔する。

09080853

川方面に飛び出す姿を2度見たが、直ぐに目の前に現れた。川に向かったのは勧修寺を素通りした、別のカワセミであったのかも知れない。

09080854_2

いつものところに留るが向きが違う・・・?

09080855

今日は、ずっと勧修寺に居たような気がするが、よく判らない。それにして芸の無いカワセミ2羽であった。

2時半頃に勧修寺を出る。天ヶ瀬のヤマセミが撮影ポイントに復活したようで、行こうかと思ったが日陰の少ないダム下、天ヶ瀬は暑いので止めて自宅に戻った。

移動:車  天気:快晴  D3:185枚

|

8月8日(土)PartⅠ 伊吹山山上のお花畑

早朝の5時自宅出発で伊吹山に行く。前回の夏休みに登った時にはガスで山頂のお花畑の写真が撮れなかったので再挑戦、花そのものよりお花畑の風景が目的。

ドライブウエイのゲートを通って直ぐに大きな猛禽が舞い上がり車の頭上を越えていった。最接近距離10m以下車の直ぐ上、でかいトビかと思ったが尾の端の形が違う、鷹にしては色が違うで頭に浮かんだのがイヌワシ、山頂の売店に飾られていたイヌワシのパネル写真を見て確信した。もちろん車を運転していたので写真は撮れず。

ドライブウエイの途中からかなりのガス、ひどいところで視界20m徐行して慎重に車を運転するが山上駐車場も同様、しかし西遊歩道を歩き始めるとガスは直ぐに消え青空が広がる。

09080801

シモツケソウがかなり増えていた。

09080803_2

シモツケに隠れるバッタを見つける。

09080802_2

ゆっくりと歩き40分ぐらいで山頂に到着、北の方角を見ると山の東斜面が雲に被われていた。太陽の熱で東斜面の水分がガス化して上昇、雲になるのか? 伊吹山も同様で朝の内いつも東側にガスが多い。

09080804

山頂のお花畑、メタカラコウの群生、背後は一面シモツケソウ。

09080805

今日は広角主体で撮影。35mmぐらいか?

09080806

18mmの超広角撮影。

09080807

シモツケ越しに雲のかかった北の山を撮る。残念ながら白山は見えず、白山を見るなら夜明け前の雲が少ない内に登る必要あり。

09080808

ウグイスと思って撮影したが、ホオジロ♀

09080809

南東方向の雲海

09080810

山頂のお花畑の撮影を堪能した後、東遊歩道を下る。見事なシモツケ群生。

09080811

こちらの群生も凄かったが、残念ながら日差しが不十分、少し待つが次から次へと雲がかかり諦める。このシモツケの中にハトぐらいの鳥が隠れた。ホトトギスか何かの巣でもあったのか、しばらく様子を見ていたが羽が時々見えただけ。

09080812

東遊歩道はぬかるんでおり非常に歩きにくく、靴は泥だらけ何度も滑りそうになる。この遊歩道での楽しみは駐車場近くで見かけるアサギマダラ、数羽ヒラヒラ飛ぶのを見かける。

09080813

サラシナショウマに留るアカタテハを見つける。

09080814 

9時半過ぎに駐車場に到着したが山頂は再びガスに被われていた。車はどんどん押し寄せ、駐車場が埋まり始める。西遊歩道も私が歩いた時刻と違い人が一杯、夏の伊吹山に行くなら早朝に限る。

汗が引くまでしばらくブラブラ、今日も多くのイヌワシ狙いのカメラマンがガスの中で辛抱強く大砲を構えて待っていた。

移動:車  天気:ガス後快晴  D700:139枚、D90168枚

|

2009年8月 2日 (日)

夏休み最終日 カワセミ 勧修寺

 夏休み9連休の最終日、朝起きた時は雨であったが9時を過ぎてから晴間も出てきたので10時過ぎに勧修寺に向う。遠出するには中途半端な時間、昨日ほどでは無いが多少気合を入れて行った。入って直ぐに姿を見たが一度水浴びをして川に向う。その後は2時間ほど姿を見せなかったが、12時半頃からは30分置きぐらいには姿を見せてくれた。しかし、今日は巣と川との中継に寄ったようで水浴びはしたが、あまり餌捕りはしなかった。また、2羽現れ落ち着かなかったようである。

09080201

二度目に現れた時のダイビング飛び出し。

09080202

最近現れるカワセミとは違うカワセミと思ったが、このカワセミが最近現れる個体のようである。

09080203

このカワセミ、他のカワセミが現れると追っ払っていたのか? どちらが先に現れるのかよくわからなかったが、直ぐに外に飛び出し、勧修寺内で激しく争うことはなかった。2羽とも鳴かずに飛んでくるので気がついたら目の前に居たという状況。

09080204

今日は、日差しが強く陰に入るカワセミの色は冴えなかった。足が黒く子供のカワセミ、このカワセミ初見かな?

09080205

日差しが少し弱くなるとカワセミの色も綺麗に出る。

09080206

飛び立つところ。この後カメラを片付けるが、別のカワセミが現れ餌捕りを行う。カメラを慌てて出すが間に合わずで、結局今日はいい写真が撮れなかった。また、二羽のカワセミよく見る機会が無く分けが判らなかった。

09080208

3時15分頃に勧修寺をでる。日差しの強い川と違い木が蔽い茂り日陰で風が吹くと心地よかったが、蚊に喰われ痒いのがたまらなかった。この時期、カワセミの出は圧倒的に山科川が良く餌捕りもよく行うようであるが、蓮のとまりものは撮れない。どちらが良いのやら?

来るときにガソリンを入れ2km程度しか走っていなかったのでガソリンを減らすために天ヶ瀬に向う。ヤマセミは朝の内一度現れたがその後はさっぱりとのことで、姿を見ることなく帰る。

夏休みの最終日、明日からは仕事、疲れることも無くまあこんなもので良しとしよう。

移動:車  天気:晴れ時々雲り  D3:126枚

|

2009年8月 1日 (土)

夏休み8日目 勧修寺のカワセミPartⅡ 土砂降りの雨の後で

 朝のカワセミ撮影、土砂降りの雨に見舞われボウズでガックリして撤収し、家で写真の整理をしていたが1時を過ぎて空は再び明るくなる。土砂降りであっためカメラは車に置いたまま、再び勧修寺に出かける。拝観受付のお姉さん、驚いたようで”また来たの”、笑いながら”来ました”と答える。拝観料を再び払ったかは想像にお任せするが、私は毎週来ている(この夏休みは、電話当番の一日を除いて毎日来ている)常連。土砂降りの雨で川が濁り、カワセミは寺に来ると予想した。

蓮泊まりは今日は諦めて、水物(餌を咥えて水面から飛び出すところ)狙いとする。予想通りカワセミは直ぐにやってきた。この鳥は鳴かずに飛んでくるので、来たのが判らず厄介である。私が居た岸の木の上に止まる。葉の間から数枚撮影。

09080101

カワセミは直ぐに対岸に移動するが、様子が少し違った。私の存在など無視して直ぐに餌捕りモード。

09080102

2回程度のダイビングで小魚を捕りよった。

09080103

直ぐに餌を尻尾から咥え体をゆすって水を飛ばし巣へまっしぐらに帰る。私は、今日も集中力に欠け絶好の水物撮影のチャンスを逃す。

09080104

20分ほどして帰ってきたが、今度も木に留まるなり餌狙いで目つきが何時もと違う。巣でよっぽど子がお腹を空かしていたのかも知れない。

09080105

再び餌を捕らえ直ぐに巣に持ち帰る。愛想が無く忙しかった。

09080106

しかし、直ぐに帰って来よった。餌が小さすぎて巣に帰るまでに飲み込んでしまったのかもしれない。一度ダイビング、餌捕り失敗で羽を少し広げ体をゆすって水を飛ばす。

09080107

今度こそわと水面に狙いを定めるが、人が近づいてきて目をそらした瞬間にダイビング、再び水物を逃す。この後カワセミは姿を消し一時間程待つが現れずで4時に勧修寺を後にした。

09080108

土砂降りの雨の後で私は笑ろた。とにかく、カワセミが撮れ坊主を免れた。しかし、水物が撮れずその笑いは会心では無かったが良しとする。水物は、過去に数は少ないが撮ったことがあり、機会はこれから一年を通じて何ぼでもある。蓮どまりは、ええとこ後一ヶ月?

帰りに、ひがしで橋を通るが、何人かのカメラマンが集まり水面にカメラを向けていた。川は今日も雨上がりの後は盛況であったのかも知れない。最近勧修寺に現れる鳥とは違い、5月頃に来たホバーをよく行う鳥のようである。

移動:車  天気:晴れ、曇り、雨 D3:48枚

|

夏休み8日目 勧修寺のカワセミ ボウズ

 朝から勧修寺に気合を入れて行くが、今日は昨日と違いカワセミの姿を見ることなく土砂降りの雨となり11時頃に引き上げた。聞いた話では、昨日は川の雑草刈が行われていたとのことで勧修寺に居たようである。勧修寺のカワセミはカムバックせず、一日(数時間)だけの楽しみであっのか。

今日はカワセミの写真が無いので昨日の写真を貼り付ける。尚、昨日の撮影、家で見た画像がこれまでと少し違い、ザラツキも少し多かった。カメラのセット状況を確認すると高感度ノイズ低減がOFFになっていたが、ISO800での撮影が多かった。事前チェックの必要性を感じる。

090731101

上に来たヒヨドリを警戒する。ヒヨドリの鳴き声には敏感なようである。

090731102

餌捕りの間の落ち着いた表情

090731103_2

お決まりのポーズ

090731104

何が目的か判らないが羽の内側を嘴で掃除する。

090731105

今日はこの枝によく留った。

090731106

魚を咥えて木に止まった瞬間

090731107

最近の勧修寺の魚は小さく絵にならず

090731108

飛行中、後ろは抜けていたが明るくピントはボケていた

090731109

これも小さな魚咥えもの

090731110

近距離で葉の間から見えた姿を撮る

090731111

唯一、水から飛び出したところの写真、全くピントが合っていない。修行が必要

090731112

水に飛び込む前、日陰で色が冴えない。

090731113

カワセミは完全に陰、後ろの背景が明るすぎた。午前中ならもう少しカワセミを明るく撮影できたかも知れない。

090731114

カワセミがもう少し右か左を向いてくれれば良かったのにと思う構図、ピンとは蓮に合わせた。

090731118

移動:車  天気:うす曇後雷雨  D3:11枚(カワセミは無し)

|

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »