« 家で写真データの整理 | トップページ | カワセミ 今日も勧修寺 »

2009年10月 3日 (土)

カワセミ 今日は勧修寺

 朝から気合を入れて勧修寺へカワセミ撮影に行く。しばらく山科川の少し南のあたりが調子良かったので勧修寺は様子見に覗く程度であったが、今日は500mmに1.4倍テレコン、D3を担いで行く。勧修寺に車で行くが、少し南まで車を走らせ川の様子を見るが確認できたカメラマンは一人、カワセミはもうばらけたようである。

開門直後の9時過ぎに寺に入る。

09100301_2

昨日、高さの低い500mmレンズの台座が入りこのチェックも兼ねていた。以前から台座を低いものに代えた方が揺れが少ないと聞いていたが、一ヶ月前に思い切って取り寄せをたのみ昨日入った。その効果はいかに?

09100302

寺に入ってすぐはカワセミが居らず、しばらく暇な時間を過ごす。まだ、蚊が多く今日もかなり噛まれた。しばらくして、川方向からカワセミがやってきたが木の中に入り休憩状態、前の太い枝が邪魔になったので、三脚から取り外ししゃがみこんでの手持ち撮影。さすがに重たくて、暗い場所での遅いシャッター速度での撮影には無理があった。  

09100303

カワセミは動かずでまともに撮影できず。その間にメジロの集団がやってきた。興味は無かったが、珍しい鳥が一羽中に混じっていた。

09100304

コサメビタキであったが、この時期、勧修寺でもたまに見かけるようである。私は、勧修寺で見るのは始めて。

09100305

カワセミは動き、奥の蓮に止まった。アップで写そうと思い近づくが間違いであった。近くの木の枝が邪魔にになり撮影場所を探すのに手間取る。

09100306

その間に二度ほど池に飛び込んだようで動きのあるところの撮影機会を逃す。

09100307

この後、カワセミは川に向ったようで、しばらく暇な時間が続く。メジロを撮影するが、今日はメジロが寺の中を終日飛び回りながら移動していたように思う。

09100308

カワセミはなかなか帰ってこずで待ち時間が2時間近く続く。仕方なく寺内をカメラを担いでウロウロ、氷室池にはまだ睡蓮が一輪咲いていた。

09100309

十二時頃にカワセミが帰ってきて、至近距離にとまる。

09100310

今日はとまりものの撮影は十分満足したが、5連休中山科川で飛びもの、みずものを追っていたので、その余韻が残っており少しストレスを感じる。

09100311

動きが遅く、動いたと思ったら撮影はことごとく失敗、やはり動きのあるところを撮影するには明るくて邪魔な木が少ない川が良い。

09100312

餌獲りダイビングも時々見せてくれたがことごとく失敗、修行不足をまたまた痛感した。

09100313

唯一の動きのあるところ、先日山科川で手持ちで適当に撮影した写真より悪い(ピントハズレ)。

09100314

面白ポーズ、連写の中に入っていた。

09100315

再び沈黙が続いた後に再び登場、しかしこのカワセミはそれまで居た鳥と違うようで、山科川の羽がボロボロになっていた鳥のようである。2羽目登場。

09100316

こちらは綺麗方、2羽同時に現れたこともあるが、それほど争わなかった。

09100317

三羽目登場、かなり幼い子のようで連休の最後の日に短い声で鳴いていた雛のようである。同じ枝に止まるが争いはなく見合っているだけ。

09100318

再び、羽ボロボロのカワセミ、今日の勧修寺は時間を置いて三羽出てきていたようであるが、どれがどうか判らなくなった。もう少し頻繁に出てきてくれていたら判別出来たと思う。

09100319

一番チビのアップ、このチビはまだまだ世間(カメラマン)に慣れていないようで、近づき姿を見せると直ぐに逃げた。唯一の近距離(比較的)撮影。

09100320

紅葉しかけの葉近くに止まることもあったが、日差しの差が大きくうまく撮れなかった。

09100321

今日は短時間であったが数回近距離で撮影できた。このれもその一つ、テレコンを外しての撮影も行っている。

09100322

帰ろうと片づけ始めたところに現れる。大した芸をみせてくれず奥で動かなくなったので3時半に寺を後にした。

09100323

寺の秋は深まりつつあるが、今日も暑くて蚊が多かった。

09100324

移動:車  天気:晴れ時々曇り  D3:482枚、P6000:34枚

|

« 家で写真データの整理 | トップページ | カワセミ 今日も勧修寺 »

野鳥」カテゴリの記事