« 大津祭 PartⅢ 本祭(曳山巡行) | トップページ | 10月12日 山科川を南に歩く »

2009年10月12日 (月)

カワセミのバトル 山科川

 この連休二日間、私の写真撮影原点の観光写真(隣町の大津祭であったが気分は観光)に没頭、三日目の今日は朝に用事があり、お出かけは10時半となった。小浜へ寿司でも食べに行き(フィッシャーマンズワーフのシロウト寿司、ネタは新鮮)ついでに漁港でも撮影しようかと思ったが、車を運転するのが面倒で山科川を六地蔵まで歩くことにした。最近の休日、歩くのは何とも無いが車を運転するのが億劫になってきた。9月の5連休に一度決行したが、醍醐のカワセミ親子のフィーバーを目にし、三脚と328を取りに帰り中止していた。

山科中学直ぐ横の”さんのみやはし”から”しんろくじぞうばし”まで片道2時間弱を往復、ウォーキング目的とはいえ、当然カワセミも探し8羽を確認したが、今日も名神より上流ではカワセミを見かけず、このまま上流にコンスタントに姿を現さなければ、本格的なカワセミ探しの歩きを11月以降に行う予定。今日は帰りにカワセミのバトルを目にしたので、山科川探索の写真は後にして先に掲載する。

昼の12時前に歩いた場所で、行きは数人の人が居たがカワセミの姿は見られなかったが、帰りに通った時は人は2倍になっていた。カワセミが対岸にいたので足を止め撮影することに。カメラはD90に400mmズームの手持ち撮影。しばらくするとカワセミがこちらの岸にやってきたが、続いて別のカワセミもやってくる。オスとメスがバトルしていたようである。

09101201

一羽が飛ぶと、続いて別のカワセミが後を追う。

09101202

朝から状況を見ていたわけではないので、どちらが逃げどちらが追いかけているのかは判らなかった。

09101203

一羽が再び、こちら側に来て後から飛んでくるのを威嚇する。後で聞いた話であるが朝からずっとバトルをやっていたようである。私が通った時は丁度、小休止の時であったもよう。

09101204

一羽が挿し木に止まる。

09101205

もう一羽が追いかけてきて、けん制しあう。

09101206

その後、お互い知らん顔。

09101207

そして、突然バトルがおきる。空中戦も2枚ほどカメラに収まるが残念ながらピンボケ、三脚を持っていれば撮れたかも知れない。水面上のバトルにピントがそれなりに合う。

09101208

上に居たカワセミが水に飛び込み、下のカワセミが水から飛び出す。

09101209

両者とも舞い上がる。

09101210_2

そして、何事もなかったように知らん顔。

09101211

疲れていたので20分ぐらいで上流行くが、聞いた話ではこの後もバトルは続いていたそうである。

この後上流の撮影ポイントで少し粘る。最近、山科川にチョウゲンボウが現れた聞く。4時頃引き上げる。

帰ってから人の写真アルバム、ブログで確認すると確かにチョウゲンボウの写真が掲載されていた。山科川でハイタカの姿は何度か確認し、至近距離で撮影もしているがチョウゲンボウは撮影したことが無い。その内めぐり合えるかもしれない。しばらく山科川で撮影している人のブログを確認し、バトルが続くようなら三脚に328で再びこの撮影ポイントに来る。すぐにばらけるやろな~

移動:歩き  天気:快晴  D90:266枚、P6000:44枚

|

« 大津祭 PartⅢ 本祭(曳山巡行) | トップページ | 10月12日 山科川を南に歩く »

野鳥」カテゴリの記事