« イソシギ(10月18日撮影) | トップページ | カワセミ 勧修寺から山科川へ »

2009年10月24日 (土)

勧修寺の紅葉撮影後、山科川

 今日は朝から用事があり自宅を出発したのは12時過ぎ、車のルームミラーのクレーム(温度が上がればお辞儀する)でディーラーに車を預け山科川に行く。車のミラー交換は春の車検時に2年間の保障延長を契約したため無償、勧修寺方面に向う。途中でカワセミを見かけるが無視して勧修寺に向う。先週行った時に紅葉し始めの木があったので気になっていた。機材はD300に328+1.4倍テレコン、P6000、天気が良ければ紅葉メインでD700を持っていくところであったが曇り空のためカワセミをメインにした。

少し歩いたところで二人のカメラマンに出会う。一人は以前上流でカワセミを撮影していた時に、いつも少し下流で撮影していた人であるが、”少し遅かったな~、チョウゲンボウが飛びまくっていた”と聞き、もう一人の人はオオタカの写真を持っていた。オオタカは動物園で撮影したがチョウゲンボウは見たことは無い。勧修寺近くにカメラマンが集まっていたが暇そうだったので先に勧修寺に行く。

09102401

注目の木は紅葉が半分以上散っていた。

09102402

モミジの紅葉には少し早いが、時期によって色付いている葉があり紅葉シーズン到来の雰囲気は感じることが出来た。

09102403

今年は早いのかも知れないが11月に入れば一気に色付くかもしれない。

09102404

天気が良ければもう少し鮮やかなような気がしたが、明日天気が良ければもう一度来るかと思える状況。

09102405

紅葉、桜に限らず勧修寺では一番気にいった撮影ポイント。

09102406

カワセミも探すが鳴き声は聞いたものの姿見ずで川に帰る。

カワセミは現れずオオタカの話が出ていたので場所を聞き行ってみることに。行けば人が集まっているであろうと思ったが誰も居らず。カワセミが居たので撮影する。そこに始めに合った人が通りがかりオオタカの現れた場所を丁寧に教えてくれたが、場所が違うではないかえ! 川の反対側、大雑把に言えば合っていたのか、いつ出るか判らない鳥どうでも良いが。ポイントをキッチリと教えてくれる人と適当に教える人がいるが、川では気をつけないと反対側なら相当戻らなければならない。私はベラベラ喋るが、まあ聞かないのが京都では常識なのかも知れない。もっと自分の足で探す必要がある。たまに行く大阪では聞けばかなり正確な場所を教えてくれる人が多いのであるが?

09102407_2

カワセミは上流に飛び去ったので追いかけるが途中で見失う。対岸に渡り少し下ったところで見つけるが動かない。見たことが無い飛び方をする鳥が上空を飛び、少し離れた鉄塔の天辺に止まったので追いかける。

09102408

下から撮影するがまともに撮れず、その内飛び立ち多少近づいたので再び連写、モニターを見てチョウゲンボウと判る。バックが青空でなかったのが残念。

09102409

何か獲物を捕らえていたようであるが何かは判らなかった。

09102410

前にカワセミが居たので撮影する。

09102411

ISO1600、NRが効いたようでノッペリした画像になっていた。

09102412

もう少し粘りたかったが、車を取りに行く時間になっていたので3時半頃に引き上げる。

09102413

移動:歩き  天気:曇り  D300:79枚、P6000:60枚

|

« イソシギ(10月18日撮影) | トップページ | カワセミ 勧修寺から山科川へ »

散歩」カテゴリの記事