« 師走の忙しない一日 | トップページ | 2010年元旦 »

2009年12月31日 (木)

09年ラストは山科川と旧安祥寺川のカワセミ

 09年の撮影開始は1月3日山科川のカワセミであった。ラストは遠出する時間も無かったので、ちょっくら山科川に出かけた。昨年のラストは、山科川のカワセミ大ホバで締めたが今年はどうか、大ホバを期待しながら10時半頃に自宅を出発1時頃には帰宅するつもりであった。

川に着いて直ぐに最近よく見かけるようになったカワセミが、今年最後の挨拶にきてくれたが場所が対岸で遠かったので10枚ほど撮影して下流に向う。

09123101

十条の少し上にもカワセミがいたが無視して行くと十条を過ぎたあたりで後から追いかけて来て、これまた挨拶をしてくれる。最近撮影している綺麗な♂のカワセミであったが、しばらくして上流に行ったので下る。

09123102

運動公園横に2~3人のカメラマンがカワセミを待っていたが、駐車場前にカメラマンが集まっていると聞き行くことにしたが、勧修寺の様子を見たくなりそのまま寺に行った。今日の勧修寺、受け付けのおねえさんも居らず(料金箱が置いてあるだけ)中に入ると人はまったく居なかった。当然カワセミも居なかったが、しばらく瞑想に拭け今年一年を振り返る。

ヨシガモ・・・を撮影したのみで旧安生寺川に行くことに。駐車場前ではなくもう少し上流にカメラマンが集まっていた。カワセミが移動したようで行ってみると、サービスしまくった後で休憩中とのこと、少し遅かった。仕方なく上流に歩くと別のカワセミが居た。このカワセミもサービスが良かったが上流へ飛び去った。引き返す途中でカワセミを再び発見、何度か餌獲りをしてこの鳥も勧修寺方面に飛び去った。しばらく辺りをウロウロ、再び下流に向った時にカワセミが上がってきた。ここからが今日の本番、まずはとびもの。

09123103

本日、数枚撮影出来た水からの飛び出し。頻繁に繰り返してくれたが、手持ちで重たいためカワセミにカメラを向けて待機せず、飛び込んでからカメラを向けたので殆ど飛び出してからの撮影となった。

09123104

水から飛び出したところを撮れていればと思う残念なショット。捕らえた魚が小さかったために何度も連続で飛び込んだようである。

09123105

コンクリから少し飛び上がり急降下する直前、羽を広げて飛び立つ瞬間を撮りたかった。

09123106

旧安祥寺川の川岸、護岸のためか金網で覆われているのがいただけない。

09123107

水に飛び込む瞬間、顔と足を水に突っ込んだ瞬間、初めて撮れた面白ポーズ。

09123108

飛び上がる瞬間、対岸にとまっていたので背中ばかり。

09123109

岸に止まる瞬間、ようやく顔が見える。

09123110

待望のホバリング

09123111

距離が近かったので綺麗に撮れたが、時間の短いショートホバ。

09123112

ホバ後向きを変えて降下姿勢に入る。

09123113

その後、このカワセミも動かなくなったので帰るつもりで下流に行くと、下流のカワセミが動き出す。このカワセミ、ホバの回数が多かったそうである。残念ながら顔は日陰、体半分が日に照らされ最悪の状態。

09123114

最後に撮ったホバ、大満足の最終日であった。来年から川では328に三脚を使用する。手持ち撮影、いつ動くか判らない時にカメラを向けているのしんどい。ゴーヨンは勧修寺で使う。

09123115

最後に勧修寺より一言   (私の場合 働き→遊び) 

09123116

【今年1年間、下手な写真満載の”Blog撮影日記”にお越しいただきありがとうございました。来年は、もう少しマシな写真が撮れるよう、また文章の誤字・脱字が少なくなるよう努力だけはしますので、来年も引き続き宜しくお願いします。 良いお年を!】

移動:歩き  天気:晴れ  D300:335枚

|

« 師走の忙しない一日 | トップページ | 2010年元旦 »

野鳥」カテゴリの記事