« 70~200mmF2.8の試し撮りPartⅡ | トップページ | カメラとレンズの接点トラブルに泣かされた山科川 »

2009年12月26日 (土)

山科川のカワセミ 久しぶりのホバー

 今日も70~200mmF2.8で山科川にカワセミ撮影に行くがカメラはD300にした。今日はホバーを撮りたかった。昨日は3度目の忘年会、よく飲んだというよりよく食べたで多少お腹が重く、年賀状を作成しようと思っていたので昼頃に帰るつもりであった。

まずは飛びもの

09122601

続いて餌取りダイビングで飛び出したところ、気のせいかフォーカスが遅い。2倍テレコンのせいか、多少慣れてくると欲が出て来るのか?

09122602土手の上から見えないところへダイビング、目の前に飛び上がってきてビックリする。写真はサイズ、容量変更以外は無修正

09122603飛び上がって直ぐ、このカワセミは平気で人の前にとまる。

09122604今度は飛び込むところが見えたがフォーカスせずで、一呼吸置いてからファーカス。2倍テレコンはこんなものかと少しガッカリ

09122605飛び上がってきて方向を変えた瞬間、羽を広げて止まるところを撮りたかったフォーカス遅れ。

09122606距離をおいた飛びものには十分付いていけ、朝は天気も良かったのでそこそこ撮れた。

09122607直ぐ横を飛ぶ。最近手持ちでもかなりの確率で撮れるようになった。画質が荒れるのを無視して、シャッター速度1/1600下限、ISO1600MAXのオートに設定している。

09122608プリントアウトすればザラツキが目立つが、パソコンのモニターによるがブログに載せる分には大して目立たない。私のパソコンモニターではそれほどきたなくはない。モニターはI.ODATA製の21型(やったと思う)光沢無し。

09122609最近噂のホバー連発の♀を探しに名神の下流に行った。早速、現れ長時間ホバーを披露してくれるがピントが合わず、最後に飛び込み姿勢に入った時に合う。

09122610何度もホバしてくれるがピントが合わない時が多かった。場所を変えようやく合うようになる。このカワセミ、ホバ-のため飛び上がり、それからカメラを向け、ピント合わせに2,3度失敗してから、やっと合ったにもかかわらず撮影できた。ホバ-の時間がかなり長く何度も繰り返してくれた。

09122611少し遠かった。かなりのトリミング

09122612写りはまあまあ、400mmズームと比較してどうか? 条件にもよるが・・・?

09122613レンズが重たく腕の筋力アップにつながるかな?

09122614水からの飛び出し、一旦ピントが外れると次に合うまで時間がかかる。後で気がついたがフォーカス距離の設定がフルになっていた。6m~∞にしておけばかなり違ったと思うが後のまつり。

09122615それでも、そこそこ撮れていたので良しとする。

09122616カワセミは一旦南に移動したが、また、北の名神近くに移動した。その間、ホバーの繰り返し。

09122617ようやく近くでしてくれる。

09122618このカワセミ♀の若鳥、胸が黒い。この夏に勧修寺でハスの花に止まってくれた’二時からのお嬢さん’かも知れない。夏はもっと黒かった。

09122619

09122620

09122621一旦水辺に止まり、舞い上がってまたホバー

09122622

09122623水に飛び込み魚を捕る。サービスが良かった。

09122624動きが無くなったので、近くのグランド横のトイレに行くが帰って来た時には姿は無し。

その後、一旦上流に戻ったが、しばらくして勧修寺に行った。最近も勧修寺近くに行けば必ず寄るが、久しぶりにカワセミを近くで撮影できた。

09122625枯れハスに止まり餌取りを繰り返したが、逆光気味とハスの茎が邪魔になりことごとく失敗。

09122626止まりものは近くで撮影できた。杜若のシーズンに嘴の先に土をつけていたオスのように思う。

09122627止まりものは、やはり勧修寺が良い。

09122628再び山科川に戻る。昼頃で帰る予定が結局2時半頃まで粘ることになったが、満足したカワセミ撮影の日であった。

移動:歩き  天気:晴れ後曇り  D300:436枚

|

« 70~200mmF2.8の試し撮りPartⅡ | トップページ | カメラとレンズの接点トラブルに泣かされた山科川 »

野鳥」カテゴリの記事