« ゴイサギ | トップページ | オオワシ 野鳥センターから山本山を三度往復する »

2009年12月 5日 (土)

カワセミ 雨上がりの山科川

 今日は朝から小雨、山本山に行けずで朝からHPのメンテを行う。最初にブログを冬バージョンに変更し、次いでHPの壁紙も変更する。先日の鴨パーティーでHPの名称がもう一つと言われたのを思い出し、これも変更することにした。もともと思いつきで「京都山科のデジカメ写真館」にするつもりであったが、当時はフィルム撮影も行っていたので思いとどまり公開直前にシロウト写真館に変更したのであるが、シロウト写真館がH系サイトを思い起こさせるのでその内変更しようと思いながら約5年が経過、やっと変更に踏み切った。考えた時間10分、今の人生そのままで「四季に遊ぶ」、検索すると色々出てくるので前に京都山科発・・・を入れ「京都山科発のデジカメライフ 四季に遊ぶ」とした。しばらくして馴染めなければ変える。「京都山科のシロウト写真館」も長年使用した名前、それはそれで残すことにした。

こんなんで昼までPCの前に座っていたが、昼頃に雨があがったので1時前に自宅を出発、山科川を歩く。もちろんカワセミが居れば軽くシャッターを押すつもりでD90に80~400mmズームを持っていく。川に到着した頃にはかなり晴れ間が広がり328と三脚を持ってくれば良かったかと思ったが、取りに変えるのも面倒でそのまま南に下る。新十条を超えたところでカワセミ発見、カワセミ師匠も居た。

09120501

後で知ったが師匠のカメラはD3からD3Sに代わっていた。しかし、D90に400ズームの手持ち撮影でも運が良ければいい写真が撮れる。確率が極端に低いのが残念ではあるが、全部の写真を残しているわけではなくまあ良しとしよう。09120502

DS3と600mmF4、ともに余裕があれば欲しいが余裕なし。600mmは500mmと天秤にかけ長く使うこと数年後の体力面を考えて諦めたレンズ。また、D3SよりDXのISO6400まで常用できるカメラが欲しく待っている。しかし、D3Sがあれば日の昇る前、夕暮れ時でも撮影できるかも、今は不要であるが夏になれば用途があるかも。

カワセミは何度か水に飛び込んだが目を離した瞬間ばかり、今日も集中力無し。動きのあるところを撮影したのは数枚。

09120503

羽を広げて止まる瞬間、まともに撮れたのは始めてかも知れない。

09120504

カワセミは土手の日陰に止まり動かなくなったので勧修寺に向う。

紅葉は終わる手前、散りモミジが綺麗であったが光の差し具合が悪くカメラもCOOLPIX P6000、画像はもう一つ。勧修寺でカワセミも見かけるが、茂みに隠れて出てこない。学生の集団(大学生のように思えたが、何の旅行?)が居て、気分的に落ち着けなかったので直ぐに寺を出る。

”ひがしでばし”の近くにカワセミが居たので橋の上から撮影する。

09120505

すぐに飛び込み捕食、魚が大きく飲み込んだ後しばらく動きそうに無かったので上流に引き返す。上流にもカワセミは居なかったのでしばらくして帰宅した。

09120506

明日は山本山予定、お天気しだい。

D3S、常用感度ISO12800、小型のD700Sなら夜景撮影用に欲しい。500mレンズにFXでは少し焦点距離が足らない、テレコン2倍つければ1000mm・・・・、70~200mmF2.8も欲しいが・・・・。もうすぐボーナス、新しいスーツに新しいコート、新しいネクタイ、新しい通勤鞄、・・・そんな物はもう不要な人生、10年前の物で通せる。革靴は今年新しい物を2足買ったが履きつぶせるかいな?

移動:歩き  天気:曇り後晴れ  D90:60枚、P6000:12枚

|

« ゴイサギ | トップページ | オオワシ 野鳥センターから山本山を三度往復する »

野鳥」カテゴリの記事