« 山科川のカワセミ 久しぶりのホバー | トップページ | 09年記憶に残る野鳥撮影  »

2009年12月27日 (日)

カメラとレンズの接点トラブルに泣かされた山科川

 朝から年賀状を作成する。以前なら書くであるが、今はパソコンを使うので作成するという表現になる。30枚弱、文面ファイルは一週間前に作成してたので印刷するのみで30分程で終わる。心のこもっていない年賀状であるが、今時誰も同じようなもの。今日は気合を入れてゴーヨンにD3で山科川に行くつもりでリュックにセットしていたがどんよりした曇り空、もし雨が降れば直ぐに帰れるよう手持ち撮影に代えて出かける。

まずはカワセミの証拠写真、1枚撮影して名神下流に向う。狙いは昨日撮影した♀のホバー、行っても見れるかどうか判らないが行ってみないと判らない。

09122701_2

カワセミは居らずで勧修寺に入る。しばらく待つが現れないので、適当な被写体で撮影。

寒桜か?

09122702ナンテンの実?

09122703枯れ蓮、この上にカワセミがとまってくれたら・・・・と思いながら時間を過ごす。

09122704観音様

09122705ボケの花? 植物については知識が無い。

09122706しばらくして諦め山科川に戻るとカワセミが居た。勧修寺のカワセミで直ぐに寺に向って飛び去りよった。残念無念

09122707ここでカメラに異常が発生、フォーカス出来なくなることがある。特に連写すると1枚目は正常、以後はシャッターは切れるが撮影画像は真っ黒け。カメラとレンズを掴んで少し動かすと、正常になったりおかしくなったり。帰って状況をじっくり調べてから修理に出そうと思い撮影できる間は続行することに。

ヨシガモが居た。ここ数年冬になると見かけている。

09122708最近の撮影ポイントである運動公園横に行く。カワセミが挿し木から飛び込む瞬間をとらえシャッターを押すがまともに写っていたのは最初だけ、あとは真っ黒の画像が5枚程度続く。接点さえおかしくなっていなければ水への飛び込み飛び出しは間違いなく撮れていたのにと思うと残念で仕方がなかった。

09122709カワセミの合間にスズメを撮影する。

09122710上流に向ったので後を追う。

09122711上流では接点トラブルで連写出来ず、まともに撮れるのはとまりものばかり。これまでで一番接近した思うノートリ写真。橋の直ぐ下に居たのを手を伸ばして撮影する。

09122712その後見失い旧安祥寺川に行くが、ここでもカワセミを見られず。ジョウビタキの綺麗な♂がいた。

09122713再び、”ひがしでばし”の直ぐ上流へ。勧修寺から再び♂が戻って来ていたが、別の2羽が縄張り争いか、行ったり来たりしていた。

09122714飛ぶのを覚悟(飛ぶ瞬間が狙い)でとことん近づく。飛ぶ瞬間はフォーカス動かずで結局撮影できなかった。

09122715再び運動公園横に戻るが、不届きなマガモの♂♀を見かける。大衆の面前で何をやっているのか。

09122716カワセミは戻ってきていた。何度か餌獲りを行うがフォーカスせずで撮影できず。ここでレンズ(テレコン)を外し、接点の上を軽く拭くとフォーカスせずの現象が直った。ごみが接点に付着していたようで、始めに気づけば餌獲りの連写が出来たのにと思うと残念であった。

09122717最後にモズの飛びものを撮影して自宅に戻る。

09122718天気は昼から晴れ、ゴーヨン担いできても良かったなとこれも多少後悔した山科川であった。最近、腰の調子は良い。

移動:歩き  天気:曇り後晴れ  D300:276枚

|

« 山科川のカワセミ 久しぶりのホバー | トップページ | 09年記憶に残る野鳥撮影  »

野鳥」カテゴリの記事