« カメラとレンズの接点トラブルに泣かされた山科川 | トップページ | 師走の忙しない一日 »

2009年12月29日 (火)

09年記憶に残る野鳥撮影 

 今日で09年の仕事収め、明日から年明けの4日まで正月休み。この連休中に撮り溜めた写真を整理せねばと思うが何処まで整理できるやら。ボーナスで1TBの外付けHDを1万円少々で購入したが、適当に整理して保存してしまいそうである。外付けHDは250KBと500KBを所有しているが、既に容量限度近くまで使用している。それにしてもこの手の機器の価格低下には驚く。1TBのHDは数年前に購入した500KBの約半額であった。

今日は今年撮影した野鳥で、昨年までまともに撮れていなかった、あるいは初めて撮影した、そして撮りたかった写真を09年野鳥撮影総集として掲載します。尚、今年もあと2日、もちろん天気が良ければ撮影に出るつもり。

コマドリ 1月24日箕面

コマドリは上高地で至近距離に居たのに近過ぎて見つけられず撮り逃がしていた。是非撮影したいと思っていたが機会無し。たまたまあるブログを見ていて箕面にいるのを知り撮影に行った。撮影できた時は感激した。

090124101

メジロをマクロレンズで撮る 2月7日淡路島黒岩水仙郷

水仙の撮影に行った時に至近距離にいたメジロを105mmのマクロレンズで撮影した。マクロレンズでの野鳥撮影は最初で最後かも?

090207101座禅草にとまるルリビタキ♀

2月21日今津  座禅草を撮影に行った時に奥でウロチョロするのを発見、望遠レンズで撮影した。

090221101ヒレンジャク 2月28日宇治

勧修寺か山科川忘れたがカワセミを撮影しているときに女性カメラマンから宇治のレンジャクの話を聞き撮影に行ったが、見るまでどんな鳥か知らなかった。

090228101ノハラツグミ 4月5日木幡池

20年に一度(30年?)現れるかどうかの迷い鳥、京都新聞に乗りブームとなり大勢のカメラマンが駆けつけたとか、たかがツグミと興味は無かったが宇治に行った帰りに寄ってみた。居たカメラマンは2人、姿見つからず(どんな鳥かも知らないので判らず)で帰ろうと思った時に通りがかりの人が「道路をピョコピョコと鳥が渡ったよ」と教えてくれ追いかけていったところ直ぐ近くの木に止まっていた。ラッキーであったが、珍しいという以外は大して興味わかず。

090405101

オオルリ 4月19日大阪城

植物園で一度写真を撮り(逆光でまともに撮れず)、その後高雄、宇治、駒ヶ根の光前寺、白峰の山中で見ているが、まともな撮影はしていなかった。大阪城で撮影した場所はカメラマンが餌付けをしていた場所のようであったが、朝早く人が居らず近距離に近づき撮影した。

090419101きれいな声で鳴く。

090419102クロツグミ 4月19日大阪城

撮影していたカメラマンにクロツグミと聞き撮影したが、帰って写真をみるまでどんな鳥かよく判らなかった。来年、機会があれば再び撮影したい。 

090419103アカショウビン 6月13日戸隠

この鳥の撮影と新緑の上高地を撮影に一泊で信州に行ったが、目的達成で大満足の撮影旅行であった。アカショウビンなる鳥、昨年天ヶ瀬で初めて名前を聞き、滋賀のカメラマンに菅山寺の場所を詳細に教えてもらい行ったが道を間違え散々な目にあった。しばらくして腰痛を再発したこともあり”二度と行くか”思ったが、京都動物園で綺麗な姿を撮影し再び興味を持った。戸隠にいることがわかり行き当たりバッタリで行ったが、駐車場で出会った東京(かな?)の親切なカメラマンに場所を教えてもらい急ぎ足で行くが飛び去った後、小雨が降りだし諦めて帰ろうかと思ったが、雨宿りの後再び出没場所へ行く。丁度昼頃、オニギリを口に咥えたところに澄んだ鳴き声が響きわたり真打登場で興奮した。

090613100D90に80~400mmズームの手持ち撮影、1時間弱で300枚程度撮影した。

090613101来年も再び戸隠に行く、もちろん新緑の上高地へも。

090613102サンコウチョウ 6月27日能勢

この鳥も前から撮影したいと思い居場所を探していたが、コマドリと同じ人のブログを見て能勢の初谷にいると知り行った。手持ち撮影、暗い場所であったが、親切な人に巣の場所を教えてもらい、ほんの隙間から撮影することが出来た。ツキ・ヒ・ホシ・ホイホイ・・とは鳴かなんだ。

090627101♀、つがいで子育てをしていた。

090627102オオアカゲラ 8月23日勧修寺

今年一番の衝撃的な撮影であった。オオアカゲラは数年前に上高地で撮影したが、レンズが18~200mmズームでまともな写真は撮れなかった。アカゲラでも良いので一度まともに撮影したと思い、上高地に行った時には注意深く見ていたが、ドラミングは聞こえど姿見ずであった。それが、勧修寺のカワセミ撮影時に突然現れるとは、衝撃的であった。

090823101カワセミ撮影は一時ストップし撮りまくった。

090823102

次は勧修寺での花とカワセミ

ドウダンツツジとカワセミ 3月21日

メスのカワセミ、この後しばらくして死んで池に浮いていたそうであるが、愛カワセミ家に手厚く葬られている。

Kawasemi090321101桜とカワセミ 3月29日

京都では無いが桜の写真集で見た桜とカワセミ、一度撮影したいと思っていた。

Kawasemi090329101杜若にカワセミ 4月29日

絶好のチャンスは突然訪れる。GWに腰痛でダウン、2日ほどたってから、リハビリの散歩中に勧修寺によった時にチャンスは訪れた。一眼レフが重たくて腰に負担がかかるため持って歩けずでコンデジP80による撮影であった。10枚ぐらい撮ったが見られる写真はこの1枚であった。その後、腰が回復し一眼レフを持って何度も行ったが杜若にとまってくれなかった。

Kawasemi090429101蓮の花にカワセミ 8月15日勧修寺

蓮の蕾にとまるカワセミを2年前に撮影し、今年も是非撮影しようと何度も勧修寺に通うがチャンスなし。これを救ってくれたのが♀の雛、2時頃に現れ点々と蓮にとまる。たった一度だけ花にもとまってくれたのがこの写真、執念が実った1枚である。来年は行くかどうか? 暑くてたまらんかった。Kawasemi090815101 

|

« カメラとレンズの接点トラブルに泣かされた山科川 | トップページ | 師走の忙しない一日 »

野鳥」カテゴリの記事