« 1月10日PM カワセミ 山科川支流 | トップページ | カワセミ撮影 今日は頑張った! »

2010年1月11日 (月)

一日山科川でカワセミと遊ぶ

    朝から山科川に行く。天気予報では一日曇りであったが、時間が経つにつれ天気は良くなり3時頃になると快晴であった。今日も休日で支流の工事はしていないであろうと思い、山科川ではカワセミを探さず支流行く。カワセミは居たが一仕事終わった後で休憩中、動き出すのを待つが何度か移動した後本流に向ったので後を追った。

本流にはオスの親が居たが、このカワセミはじっとしていることが多く、痺れを切らしていつも良い所が撮れない。愛称が悪い。

10011101

  

今日も飛び込み、飛び出しは失敗の連続、魚を咥えて飛ぶところは撮れた。

10011102

   

止まる瞬間、モニターを見る限りまともに撮れていないと思っていたが、それなりに撮れておりソフト修整で見られる写真に修整。

10011103

   

今日も待ち時間が多く、合間にアオサギが大きな魚を咥えていたので撮る。オイカワかな?

10011104

  

上空をチョウゲンボウが飛ぶが、帰ってトリミングで引き伸ばす(見れる限度いっぱい)と何か獲物を捕らえていた。

10011105

  

オスのカワセミ、動きが悪いなりに、たまには水に飛び込む。

10011106

   

飛行姿、昨年あたりから後追いで撮れるようになった。

10011107

  

石に止まる瞬間、このポーズは連写でしか撮ったことは無い。たまたま撮れていたいうケース。

10011108

  

今日は川を行ったり来たりで、少し上流でたまたま撮れていた水もの。

10011109

  

このオス、最近ホバをよく披露するようであるが、多分始めての撮影と思う。

10011110

   

残念ながら距離が遠かった。

10011111

さらに上流に飛び去ったので、待っていても仕方が無いので下流の名神より下に行くと、支流のサービスが良いと思われる若鳥が居た。この場所でのホバは高く舞い上がり時間も長いので撮り易いが、距離が遠いのが残念。他のカメラマンが居なければ土手を少し下りて撮影する。

10011112

   

何故か一発で決まらず、ホバの最中にピンとも外れたが何とか撮れ一安心。

10011113

   

ここでも魚を咥え水面から飛び出すところは気をそらしていたため失敗するが、飛ぶところは撮影成功。

10011114

   

連写も成功

10011115_2

  

上流に向ったので追う。このカワセミは途中でまた下流に向いよったが、運動公園前では別の今度はオスの若鶏が現れ大ホバリング、バッチリと連写できた。

10011116

  

曇り空で暗ければピントが合うのに時間がかかるが、晴天下一発でピントが合う。

10011117_2

  

ピントが合えば連写を続けるのみ。方向を変えて連続ホバを見せてくれるが、残念ながらバッファが足らないのか途中でシャッターが切れなくなる。

10011118

この後、親鳥が現れ少しにらみ合った後、このカワセミは公園の木の茂みの中に消えた。多分、支流に行ったのであろう。

親のカワセミは若鳥を追い払った後、大した芸も見せず上流に飛び去ったの帰るつもりで後を追うが、少し上で餌取り披露。その後、休憩場所に隠れたので引き上げる。

10011119

さらに上流にもう一羽のカワセミがおり餌獲りを披露してくれ撮影したが陰でいい写真が撮れず。

最後に、対岸の木に居たモズを撮影し山科川を後にした。

10011120

   

移動:歩き  天気:曇り後晴れ  D300:307枚

|

« 1月10日PM カワセミ 山科川支流 | トップページ | カワセミ撮影 今日は頑張った! »

野鳥」カテゴリの記事