« 有休 2時頃から山科川へ | トップページ | 今津の座禅草  »

2010年2月10日 (水)

2/9のカワセミ撮影

 家を出た時は日が出ていたが山科川に到着後下流に向うにしたがって曇り空になってきた。支流に到着した頃は薄日、やがて日は雲に隠れる。撮影条件が悪くなったので、良い写真を撮るのは諦め、テレコンを外し200mm、絞り開放F2.8でどの程度の写真が捕れるか試してみた。200mm、DXのD300では300mmであるが、300mmでの撮影は始めて、コンデジのP80でも400mmは越える。写真はいずれもトリミングしています。

まずは、2倍テレコンをつけてのごく普通の手持ち撮影。トリミングりはすくなめ。

10020911

  

テレコンを外しての撮影、大トリミング。多少薄日が差していた。

10020912

  

50mmよりワイド側?-そんな訳はない、調べると82mm(約120mm)での撮影、いらぬゴミをカットするため多少トリミングしています。

10020913

  

かなり近づき、カメラを突き出しての撮影。完全な曇り空。

10020914

  

ダイビングの後の止まる瞬間、手持ちのため水際はほとんど失敗。首にカメラをぶら下げ飛び込んでからカメラを向けては水際はタイミング遅れで撮れない。

10020915

   

ショートホバー、距離が少し遠く超トリミング、画質がかなり低下。

10020917

   

枯れ草から顔を出す。ちょっとした空間からでも位置を変えて撮れるのが手持ちの良いところ。

10020918

  

最後は本流での2倍テレコン装着での撮影。

10020919

山科川でのカワセミ撮影、最低支流で450mm、本流では600mmが必要なことを再認識。しかしF2.8の70~200mmズーム、テレコン無しでもとっさの時に野鳥を撮影してもトリミングで見れる仕上がりになることがわかった。18~200mmズームに比べ遥かに仕上がりは良い。

|

« 有休 2時頃から山科川へ | トップページ | 今津の座禅草  »

野鳥」カテゴリの記事