« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

2010年桜撮影Ⅴ 祇園白川の桜ライトアップ

 今日も会社帰りに夜桜撮影に行く。行き先は帰り道の祇園白川(少し寄り道)、京都有数の桜ライトアップの名所だけに人はかなり多かった。

空に薄っすらと白みが残っている状態、空が青く写るが桜のライトアップはこの時間帯が一番綺麗に撮れるように思う。

10033101

  

背後に店の灯りも入れる。一度、この時期に夜桜を見ながら一杯やりたいと思うが高いのかどうか?

10033102

  

桜が白っぽく写ったが実際の色に近いような。

10033103

  

今日はD700に16~35mmVRを持って行ったが、近くから背の高い桜を撮るには超広角が必要。また、このレンズのVRはかなり効き、シャッター速度1/10~1/30でも十分余裕で撮影出来た。

10033104

  

咲き始めの紅(?)枝垂、昼間見れば何の面白みも無い被写体であるが、ライトアップされると光って綺麗。

10033105

  

こちらは花の小さい枝垂れ(糸桜かな?)、丁度満開であった。

10033106

  

一番奥のライトアップは、オレンジ色のライトもあり多少幻想的、しかしソメイヨシノは満開まで後二日程度必要か。

10033107

  

少し離れた場所から撮るが、歩いている人が入る。今度の土日あたりはもっと多くの人が集まりそうである。これまで休日に夜桜撮影を行ったことが無い。休日の夜に出るが面倒くさく、朝から夜まで撮影しているのもしんどい。

10033108

  

真横からの撮影。

10033109

  

祇園白川の後は丸山公園に行った。7分咲き程度と思われるが、綺麗で人出はまだ少なく、それほど騒々しくはなかった。

暗がりに浮かぶ枝垂桜のライトアップ。金曜日あたりに雨が降らなければもう一度行く予定なので、後日近くから撮った写真を掲載する。

10033110

移動:歩き  天気:曇り  D700:269枚

|

2010年3月30日 (火)

2010年桜撮影Ⅳ 大石神社の夜桜

 朝外を見て雪が積もっていたのでビックリする。「雪に桜」とカメラをバックに入れて出勤、祇園白川に行ったが雪は全くなかった。市内北部は知らないが、中央部は山に積もっただけのようであった。

今日の祇園白川はソメイヨシノの開花が進んでいたが、気温が上がれば週末あたりは見頃になっているであろう。

10033001

  

会社の就業時間終了後、定時で会社を飛び出す。5時から男の本領発揮であるが、行先はネオン街ではなく夜桜撮影、今日は山科に戻り大石神社に行った。カメラはD300、レンズは16~35mmVR、もちろん手持ち撮影、シャッター速度の下限は1/15とした。かっては18~200mmVRでも1/15で撮影していたが、ガッチリカメラを持ってもブレでまともに撮影出来る確率は低かった。

少し早く着きすぎて、空が暗くなるのに20分ほどかかる。カメラマンが10数人居たのには少し驚いた。本殿前からの1枚。

10033002

 

ローアングルからの撮影、ライトの色によるのか、カメラのWB設定が悪いのか、目で見たほどの鮮やかさが写真には見られない。単に写真が下手だけなのかな?

10033003

  

桜の下の提灯にも灯りがともり風情はあったが寒かった。

10033004

  

この神社のライトアップには二色の色が使われていたが、一色だけの方が撮影しやすいように思う。

10033005

  

カメラの設定を色々変えて試したかったが、寒かったので15分程度で撮影を切り上げ帰宅した。

10033006

もう少し、白く冴えるような色合いを出したかったが、ライトと桜の色から無理なのか? 後日、PCソフトで修正してみるが結果は如何に?

移動:地下鉄、歩き  天気:晴れ  D300:182枚

|

2010年3月29日 (月)

2010年桜撮影Ⅲ 運転免許更新で有休、帰りに桜撮影で遊休

 5年ぶりの自動車運転免許の更新、残念ながら5年間無事故無検挙では無く講習1時間、高速でのスピード違反が一度あった。30年ほど前、自動車学校に通ってた時の講習で、流れに乗って安全速度で走るようにと教官の指導を受けたが、いざ免許を取って走ってみると、狭い道、通行量の多い街中を除けば、流れに乗ればいつもスピードは・・・・・。高速でパトライト点灯無し、サイレン無しで制限速度をオーバーして走るパトカーに複数台の車が付いているのを見たことがあるが、安全速度と制限速度の関係はいかに・・・? もちろん事故に合った時は、スピードが遅いほど怪我の確率は低く、また怪我の症状も軽いのは判っているが、流れに乗り後ろの車が追い越しをかけない程度の車間距離をとって走るのが一番安全と思っている。無理に遅いスピードで走ったり、車間距離を取りすぎると後ろの車が無理な追越をしよるのでかえって危ない。それはさておき今回も青色5年免許、ゴールドは過去に一度あるのみで、「次回は再びゴールドになるよう安全運転を心がける」と試験場を後にしたのは10時半過ぎ、一日有休を取っていたので帰りに桜撮影に行く。

寒かったので行ったのは2箇所のみ、初めに行ったのは東寺で桜撮影では初めて。”枝垂桜と五重塔”の写真を見て、今年は是非撮りたいと思っていた。

10032901

  

塔の写真は背景が青空でかつ順光でないと撮りにくい。見た写真も逆光のようで撮りにくいであろうとは思っていたが、案の定逆光で撮影しづらかった。この場所、朝の内の日が高くならない時間帯の方が良いのかも知れない。

10032902

  

桜の看板を見るとこの桜はエドヒガン系の八重紅枝垂桜で、”不二桜”の名前が付けられている。樹齢は120年で、もともとは岩手県にあったとか。

10032903

   

見頃を迎えているのは間違いなく、満開のようにも思えた。ソメイヨシノと違い、枝垂桜の満開の見極めは、花が散り始めるまで毎日見ていないと難しい。

10032904

  

五重塔近くの桜も開花がかなり進んでいた。

10032905

  

こちらは塔北側、白い桜は逆光気味で撮影すると綺麗。ヤマザクラかな?

10032906

  

今回のカメラは風景撮影久しぶりのD300、レンズは16~35mmVRレンズを使用。小さな池の近くでは、カワセミらしき鳴き声が聞こえていたが探さなかった。

10032907

東寺での初めての桜撮影、数日後の方が見ごたえがあったと思うが、まずまずの満足で、続いて東本願寺庭園の渉成園に行った。

渉成園は三度目で桜撮影は去年に続いて二度目、ここの魅力は傍花閣周辺の桜。

10032908

  

生憎の曇り空、しばらく立つと霰交じりの小雨、風も強かった。枝垂れは満開前、綺麗だったが晴れていればもっと見ごたえはあったと思う。少し残念

10032909

  

空が白いと桜も冴えない。

10032910

  

傍花閣を遠景に入れて桜を撮影する。青空が出るのを待とうかとも思ったが、寒かったので1時過ぎには引き上げた。

10032911

移動:地下鉄、JR、歩き  天気:曇り時々晴れ、小雨  D300:207枚

|

2010年3月28日 (日)

野鳥撮影 山科川に勧修寺は今日もカワセミ不調

 桜撮影で奈良の氷室神社に行こうと思っていたが、天気予報では曇りということで今日は桜撮影を中止して、朝の内だけということでカワセミを探しに山科川に行く。カメラはD90に400mmズームの手持ち撮影、P100も持って行った。

今日もカワセミの姿はおろか鳴き声も聞こえず運動公園に到着。旧安祥寺川に入ったところで頭上からキリキリ・・との鳴き声が聞こえるので見上げるとカワラヒワが居た。顔は見せてくれずに飛び去った。

10032801

  

支流の二つ目の橋だったかにあるお地蔵様のお供えのご飯は食べるスズメ。

10032802_2

  

カワセミの姿見ずでUターンして本流を再び下るが、勧修寺橋までカワセミ見つからず。ムクドリが現れる。

10032803

  

9時前、勧修寺が開門になるので期待して行く。2番目に入り、まずは桜撮影、ソメイヨシノはチラホラ咲き、今度の土日あたりが満開かも知れない。

10032805

  

氷室池中央の小島にアカハラが姿を見せる。

10032806

  

20分ほど待った後にカワセミ登場、しかし止まった位置は奥で遠かった。

10032807

  

一度飛び込んだ後、上の木に移動、背後に咲きかけのヤマザクラが入った。

10032808

  

もう一羽現れ、止まっているカワセミの周りを数度旋回してどこかに飛び去った。カワセミが後ろ向きになったので移動して近寄る。気づかれ、カワセミは定番の餌取りポイントに移動、これから餌取りが始まると期待するが川に飛んで行った。

10032809

  

再び退屈な時間が流れる。桜の木の下のカルガモ、満開であれば絵になった構図。

10032810

  

ヤマザクラとアオサギ

10032811

  

しばらくしてカワセミは戻ってきたが、止まらずに素通りで山に飛び去った。バスが駐車場に入ってくる音が聞こえたので川に戻る。

花に止まるヒヨドリ

10032812

11時頃に自宅に戻った。昼からも天気は持ちそうであったので、2時頃に再び川に向かう。しかし、雨が降ってきたので再び戻り、雨が上がるのを見届けてから2時半頃にもう一度川に向かった。

カルガモが飛んできた。

10032813

  

鵜がお尻を上げて、ひと踏ん張り

10032814

  

羽を広げると綺麗なコサギ

10032815

勧修寺橋まで歩くがカワセミの姿見ずで諦めて帰路に着くが、名神近くでやっとカワセミ発見。

10032816

  

水に飛び込み、直ぐ近くの桜に止まる。

10032817

  

支流に入っていったので追いかけて行くと、別のカワセミがセイヨウカラシナに止まっていた。しばらく動かなかったが、水に飛び込んだ後土手の上に止まり、直ぐに本流方面に飛ぶ。追いかけるが、雨が降り出したのでそのまま帰宅した。カワセミは今日も不調だった。

10032818

  

移動:歩き  天気:薄日が差す曇り、後雨  D90:151枚、P100:77枚

|

2010年3月27日 (土)

2010年桜撮影Ⅱ 地蔵禅院、山科周遊

 朝の7時前出発で井出の地蔵禅院に行く。今年の桜は早いようで、満開と予想していたが的中、満開であった。カメラはD3にD90。

JRの玉水駅から歩くこと約20分で到着、迎えてくれたのは2本の枝垂桜。

100327101

  

古木のようで左の木は上が切られ、上部の花は少なかった。枯れてきているのかな。

100327102

  

境内石垣上の枝垂桜、円山公園枝垂桜の親戚とか。

100327103

  

ここの桜は毎年早く満開になるようであるが、今年は特に早いもよう。初めて来たのは3年前、狭い駐車場での車の方向転換に苦労し(狭いが車は多かった)、昨年よりJR玉水駅より歩いている。

100327104

  

木の下に入り撮影する。

100327105

  

出迎えてくれた桜2本は、丘の上から京都南部の平野を見下ろしている。

100327106

  

石垣下には菜の花が咲いているが、今年は花の数が少なかった。

100327107

  

石垣上の桜は正面から見ると、横から見るよりボリューム感がある。

100327108

一時間程で山科に引き上げる。先日、VR付の16~35mmレンズの取り寄せを頼んでいたのでキタムラへ引き取りに行った。DX12~24mmを以前から持っており(あまり使用していなかった)、迷ったが下取り煮出した。

このレンズ購入の動機は夜景撮影、本格夜桜撮影前に欲しかった。これまでのレンズ郡に強力VR付、ナノクリコート(?)、FXで16mm域までの拡大、DXで24mm域までの拡大となった。夜景撮影に期待している。箱は不要だったのでその場でレンズを付け代え、次の目的地大石神社に向かった。D3に新しいレンズ、D90に24~74mmを初めて装着したが、D90に重い大口径レンズでもレンズを持てばそれほどバランスは悪くない。

大石神社の枝垂桜も満開であった。

100327109

  

桜全体を入れようと思えば超広角20mmぐらいが必要、水平で撮影しないと端が歪む(傾く)が仕方なし。離れれば35mmぐらいでも入るが人も入る。

100327110

  

ここの桜撮影で晴れの日は、初めてと思う。

100327111

  

地元の山科に住みながら、しかもカワセミ撮影で直ぐ近くまで何度も来ていながら、一昨年までこんな見事な桜があるとは知らなかった。当然、有名な名所に比べ人は少ない。

100327112

  

ミニホースの花子、この神社のアイドルかな?

100327113

  

続いて直ぐ近くの岩屋寺に行く。門横の枝垂れは満開。

100327114

  

前の木の枝が邪魔。

100327115

  

寺前の巨大な桜、近くからでは16mmでも入り切らない。離れると邪魔な木が入る。

100327116

  

最後は醍醐寺へ歩いて行くが、距離があり疲れた。

京都有数の桜の名所、人は多かった。三ヶ所の入場券を買い、最初に霊宝館に入る。巨大な桜は満開、16mmで何とか全体が入る。

100327117

  

今年で見るのは三回目、いつもその大きさと花のボリュームに感心する。

100327118

  

D3とD90で多少色が違う。カメラのピクチャーコントロールの違いか、レンズの違いなのか判らないが、 D90と24~70mmの画像の方が少しピンク色が濃かった。PCソフトでの調整は無し。

100327119

  

霊宝館には大きな枝垂れが3本(4本かな?)ある。こちらは逆光で色が出ず。

100327120

  

超広角は近づいても全体を入れることが出来るので、人の多いところでは非常に便利。

100327121

  

この枝垂れも見事だが、前の木の枝が邪魔になる。立入禁止なのが残念。

100327122

  

霊宝館の次に三宝に入る。枝垂桜は有名で以前から知っていたが、これも満開で屈んで中を撮影する。かなり大きな桜である。

100327123

  

日が高くなっていたので逆光気味での撮影。

100327124

  

少し離れた場所からの撮影

100327125

  

人が入らないよう下をカットしての撮影。

100327126

  

庭園は拝観せず(写真撮影禁止)奥の広場に行くが、ここも咲きそろっていた。

100327127

  

最後に国宝の五重塔前に行く。以前は醍醐寺の桜と言えば、この場所での撮影が一番気に入っていた。

100327128

  

少し下からも撮る。

100327129

  

枝垂れの花受け(と言うのか?)

100327130

  

最後に金堂横の桜を撮影して引きあげる。

100327131

 

帰りも山科川沿いを歩いて帰ったが、今日はいつも以上に歩き疲れた。

移動:地下鉄、JR、歩き  天気:晴れ  D3:277枚、D90223枚

<追> 自宅の暗がりで試したが、16~35mmのVRは非常に強力? 1/8でもそれなりの写真が撮れていた。早速、夜桜撮影で購入(買い替え)価値を試さねば・・・。もったいなかったような気もしているが、最近多少の不具合回数が増え、買い替えを考えたカメラのマイナーチェンジ(D300→D300)よりはマシ。

 

|

桜撮影の合間に野鳥撮影 カワセミホバーP100で初撮影

 今日は2010年渓流初釣りの計画を立てていたが、天気予報で現地の気温がかなり低くく天気も悪そうであったので中止、朝から桜撮影Ⅱで地蔵禅院に山科の大石神社、醍醐寺を周遊した。桜の写真は後ほど整理してから掲載するとして、合間に補助カメラのP100で撮影した野鳥を掲載します。JPGのため整理が早い。

まずは、朝のJR玉水駅から地蔵禅院に向かう途中で撮影したケリ。距離が遠くて大トリミング、初期の頃に持っていた200万画素のP2100と同じような”コンデジの画像や~”と思う1枚。

10032701

  

続いて現れたヒバリ。ヒバリにはこれまで中々出会わず2度目の撮影と思うが、近かったこともあり良しとした1枚。

10032702

  

帰りに桜の木にウグイスが居た。

10032703

  

このウグイスは、ちょこざいな奴で動き回って失敗の連続、唯一顔がまともに見える1枚。

10032704

  

10時過ぎには山科に戻り、キタムラに寄った後山科川沿いに歩き大石神社に向かった。川について直ぐにカワセミを発見、何枚が撮るが背後に草むらがあったため、すべてピントは後ろ草に合っていた。背後が水面となるとカワセミにピントが合う。

10032705

  

そして念願のホバー、6枚/秒の連射、うまく撮影出来たつもりであったが、やはり後ろのコンクリートにピントが合っていた。また、カメラが軽すぎて振りすぎ、以後の写真はカワセミが中央から上に移動し最後の写真では完全に消えていた。

10032706

  

コンデジでは、そう簡単には撮らせてくれないのかと思っていたら、背後からではあるがピントがあったものもあった。

10032707

  

前からなら言う事は無いのであるが残念、次の機会にまた挑戦。明日か~?、カワセミをコンデジで撮るためだけに、山科川に行く気は無い。カワセミ狙いメインなら一眼レフを持って行く。

10032708

  

これは横飛びダイビングの降下を始めた瞬間、着水・飛び出しのシーンは撮れていなかった。

10032709

  

背後が抜けていれば、止まり物を綺麗に撮れた確率は高かった。

10032710

  

旧安祥寺川でのヒヨドリの水浴び。

10032711

移動:歩き  天気:晴れ  P100:96枚

|

2010年3月26日 (金)

2010年桜撮影Ⅰ 祇園白川

 今年の桜撮影は、20日に御苑に行ったが前哨戦、今日からが本格的なスタートで出勤途中の早朝に祇園白川に行った。カメラはD700、単焦点の35mmとシグマの50mmを持っていく。

枝垂れは満開、ソメイヨシノはチラホラ、例年より数日早いためか、それとも寒かったからか桜撮影の人は数人、晴れ間も出て撮影しやすかった。

10032601

  

枝垂れは満開でも横のソメイヨシノが咲いていないため、撮影ポジションには多少苦労する。

10032602

  

枝垂れには日が当たり、綺麗なピンク色が出た。

10032603

  

空がもう少し青ければ言うこと無かったが、ここ数日雨の日が多く贅沢は言うまい。PLは持っていかなかった。綺麗に撮れることもあるが、失敗することが多いので最近は使用していない。

10032604

  

下からの撮影。

10032605

  

こちらは少し離れた場所の枝垂れ、花が少し小さくボリューム感が無い。

10032606

  

毎年撮影している構図、もう少し日が高くなれば綺麗撮れると思っているが、ここでの撮影は毎年早朝か夜桜、昼間に来たのは過去に一度だけ、天気はどうだったか覚えていない。

10032607

  

ローアングルでの撮影、路地と柳と桜を入れたかったが、もうひとつか。

10032608

  

20分ぐらいの撮影で十分に堪能し、三条河原町のバス停に向かう。途中の鴨川沿いの紅枝垂れ、満開まで数日かかるかな。

10032609

  

最後に撮影した柳と三条大橋、下の木の名前は知らないが赤色を入れてみた。

10032610

移動:通勤途中  天気:晴れ時々うす曇  D700:107枚

|

2010年3月25日 (木)

夜桜 祇園白川 コンデジでの撮影

 今日は朝から雨だったが帰る頃にはあがったので、祇園白川へP100の夜景撮影チェックで夜桜撮影に行った。P100のシーンモード夜景は何やら2枚の写真を撮り合成してより綺麗な仕上がりにするとかで、是非試してみたかった。三条京阪から祇園白川に向かう途中の縄手通り(かな?)、まずまずの仕上がり。

10032501

  

祇園白川の枝垂桜は満開、シーンモード夜景で撮影するが何故か色が悪い。でいつも通りプログラム、露出補正-0.7に設定して撮る。帰ってから見ると、思ったよりノイズは少なく、桜の色も綺麗に出ていた。

10032502

  

人も少なく撮影もしやすかったので、一眼レフを持ってくれば良かったと多少後悔もしたが、今後使うかどうかは別にして一度は試しておきたい夜桜の撮影。

10032503

  

手振れをより小さくするために、顔にカメラを当ててガッチリと持ち、液晶ではなくファインダーから覗いたが、暗い周囲が良く見えないのがコンデジの欠点。

10032504

  

アンシャープマスクをかけても、P80に比べればノイズは少ない。

10032505

  

こちらは、シーンモード夜景、露出補正は0、色が変、露出補正をアンダーにしても暗くなるだけ。WBはAUTOのままで変更しなかったが、変更できるのかどうか?

10032506

  

こちらの桜はもともと白かったが、プログラムか絞り優先にして撮影していれば、もう少し違った色になっていたかも知れない。

10032507_2

  

後はすべてシーンモード夜景での撮影、花ではなくこういう夜景には適しているのかも。

10032508_2

  

祇園白川から丸山公園に向かったが、八坂神社の階段を上ったところから街中を撮影する。こういう夜景の色は、まったく違和感がない。

10032509

  

丸山公園の枝垂桜はまだまだ蕾が多かった。色がもうひとつだったので、ソフトで色を修正した。

10032510

十分とまでは行かないが、ISO400ぐらいまでは使用でき、手振れ補正もよく効くようなので、夜景撮影でも使えるカメラと思う。

移動:会社帰りの歩き  天気:曇り、雨も多少パラパラ  P100:73枚

|

2010年3月24日 (水)

コンデジによる鳥撮影

 3/22のP100による鳥撮影です。写真の整理(削除)がてらソフト処理してみました。

まずは、ムクドリのノートリ写真。空の色を除けば一眼レフと遜色がないような・・・?

101

  

モズ♀の近距離撮影、色合い(色の濃さ?)が少し気になる。

102

  

カワセミ、まずまずの写り

103

  

少し離れた場所のカワセミ、”アカン”、まさにコンデジ画像。日の差す角度が微妙に影響するように思う。

104

  

ごく普通に見れるカワセミ写真

105

  

連写で撮れていた飛び物、後ろからではよく判らず。今度、前から撮影してみようとも思うが、カワセミ狙いで使用するカメラではないので、一眼レフで撮影することが先決か。綺麗に撮れたとしても、一眼レフより綺麗に撮れることは無し。

106

|

2010年3月22日 (月)

P100片手に一日山科川で遊ぶ

 朝から快晴、車でひとっ走り大山・蒜山高原か雪が残っているであろう白川郷かと思ったが、節約でP100片手に山科川で遊ぶ。カワセミ狙いのためもちろんD90も持って行ったが、今度の土日、シーズン初の渓流釣りを予定しているので足腰の鍛錬も兼ね早足で歩きまくった。

7時半に自宅を出発、山科川に向かう。いつも通り三ノ宮橋からまず1枚。

10032201

  

少し下ったところでよく見かける猫が居た。飼い猫と思うが、一度カワセミ狙いで後ろから忍び寄る所を対岸から見たことがある。もちろんカワセミは直ぐに逃げた。

10032202

  

ボケの花、実際は真っ赤であるがこのカメラの画像の発色は忠実ではないように思う。昨日の夜、カメラの取説を読み設定を見直した。これまでの結果から露出補正は風景でも-0.7に設定することにした。

10032203

  

運動公園まで歩くがカワセミの姿は見ず。一度鳴き声が聞こえたような気がしたが、セキレイであったかも知れない。

運動公園横から支流の旧安祥寺川を少し遡る。ヌートリアが気持ち良さそうに泳いでいた。

10032204

  

旧安祥寺川でもカワセミは見かけず、大石神社の枝垂れを撮影に行こうかと思ったが、昨日もP100で撮影しているので勧修寺でカワセミを探すことに。

カワセミは見つからずで、快晴の元での風景撮影を楽しむ。この時期は何も無いが、カメラのチェック。

10032205

  

しばらくするとカワセミが飛んできたが遠すぎた。近づいて撮影するが、背景が明るくコンデジではピントが合わなかった。

10032206

  

カワセミは奥に姿を消し(山に帰った)たので、他の被写体で時間をつぶす。ソメイヨシノが数輪咲いていたのでマクロ近接撮影。コンデジでのマクロ花撮影は綺麗に撮れる。一眼レフとの差は、ワイド側での風景撮影や望遠での鳥撮影ほど無いと前から思っている。

10032207

  

ドウダンツツジ越しの観音堂

10032208

  

池の鯉、池の前に立つと直ぐに寄ってきた。

10032209

  

アオサギが巣作りをはじめているようで、木の枝を運んでいた。

10032210

  

30分ほどでカワセミは戻り撮影しやすい場所に止まってくれたが、直ぐに川方面に飛び立つ。後を追って川に行くと、カワセミは居たが直ぐに寺に戻りよった。今日は三度寺に戻る所を見たが、川より寺で粘った方が良かったかも知れない。ただ、寺に居てもカワセミが居なければすることが無い。5月頃になると花撮影で時間を潰せるのであるが。

仕方なく醍醐方面に向かう。大元橋まで歩くがカワセミの姿はおろか鳴き声も聞こえなかった。橋から少し下った所にユキヤナギが綺麗に咲いていたので撮影して再び北に戻る。

10032211

  

勧修寺近くで再びカワセミ発見、背後から近寄って撮影する。天気は良く、シャッター速度が上がったのでピントはまずまず合ったように思う。ISOは下限の160に設定していたが、下限値が大きいのは鳥撮影には好都合である。画像は一見一眼レフと変わらないように見えるが、拡大して見るとノイズ処理されたのっぺりした感じ、しかし許容範囲。

10032212

  

対岸のカワセミを撮影、一眼レフと違いさすがにピントは合いにくい。何度も失敗、マシに撮れた画像、価格相応で仕方無し。

10032213

  

寺に飛び去ったので北上して運動公園横に行く。モズのメスがさかんに鳴くのでカメラを向けると、♂がやってきて餌を口移し。ファインダーで捕らえシャッターを押すが、ピントが合うのにタイムラグがあり瞬間を取逃がす。一眼レフなら撮れたシーンで残念。

10032214

  

セキレイが居たのでシャッターを押すが、今日の望遠撮影調子が良かった。

10032215

  

ムクドリ、うまく撮れたと自画自賛。

10032216

  

カワセミが再び現れる。テレ端での撮影、近ければまったく問題なし。

10032217

  

コサギの飛行で飛び物に挑戦するがこれまたOK、さすがにカワセミの飛行までは撮れなかった。もっとも一眼レフでも失敗が多い。

10032218

  

しばらく運動公園前で芸を見せてくれたが、1月にくられべれば芸の数は比べもにならないほど少なかった。最近、山科川のカワセミの調子は悪いようであるが、もともとこんなものかも。

10032219

  

コンデジのワイド端とテレ端での撮り比べ、まずはワイド端26mm。

10032220

  

同じ場所からテレ端678mm、脅威の26倍ズームであるが、こんな使い方は普段はしない。

10032221

  

旧安祥寺川での撮影、対岸にとまると金網が邪魔になるが、こちら側に止まると草が伸びてきたので姿は見にくい。

10032222

  

休憩場所の柳にとまる。

10032223

  

山科川上流での定番ポイント

10032224

  

今日のカワセミは、昼から飛び回っていたが、2羽現れ追いかけっこしていたようである。2時半過ぎに歩き疲れたので自宅に向かったが、途中でモズが現れ撮影する。太陽が雲に隠れると少し暗くなり、テレ端でのピントが合い難くくなった。今日は満足して帰宅した。

10032225

D90での撮影

勧修寺の暗い場所での撮影、後ろが明るく一眼レフでもピントは合い難かったが何とか撮影する。

10032226

  

対岸のカワセミ、画像の鮮明さが違う。

10032227

  

ゴミの上のカワセミ、綺麗な水の川にゴミを捨てるのは誰や!  どこかで工事をやっているのか、最近水が少し濁っている。

10032228

  

運動公園前、今日はP100をメインにしたため水際、飛び物は撮影できず。P100の連射モード(6枚/秒)をカワセミホバで試したかったがホバしてくれず。

10032229

  

最後のモズ、撮影には苦労せず。一眼デジカメ、さすがに値段の価値はある。しかし、レンズを換えずに即座の26mm撮影は出来ない。

10032230

移動:歩き  天気:快晴後曇り  P100:242枚、D90:115枚

|

2010年3月21日 (日)

P100試し撮りⅡ

 朝から黄砂の影響で霧がかかったような状況、遠くが見えない。おまけに風が強く、外出する気がしなかった。雨が降り黄砂が落ちたのか、昼からは視界がくっきりしだし日差しも見え出すと外に出たくなる。時間が中途半端なため、P100の試し撮りを兼ねて山科川から支流に入り大石神社まで行くことにして1時半頃出発した。

山科川ではカワセミの姿をまったく見かけず、カワセミ撮影受難のシーズンに入ったのかも知れない。カワセミが居なければ何でも良しでスズメを撮影する。

10032101

  

山科川では早ツバメが数羽飛んでいたが結局カワセミの姿を見ずで運動公園横に到着。名神の高架下あたりで鳴き声が聞こえたが無視して支流をさかのぼる。桜か何かわからないが花を撮影。

10032102

  

ここでもカワセミ代わりにスズメを撮影するが色合いが薄い。設定によって変えられるのか、こんなものなのかよく判らないが。同じコンデジでもP6000はそれなりに色が出る。

10032103

  

アオサギの望遠アップ、これは一眼レフと同じようなもの。

10032104

  

大石神社に到着、大きな枝垂桜は5~7分咲きといったところか、見頃か見頃間近といった状況。

10032105

  

晴れ方がもうひとついうこともあったが、桜撮影でも色合いは薄く気に入った色が出ない。特長をつかむのにしばらく時間がかかりそうである。

10032106

  

朝の黄砂と風の影響は人は誰も居なかった。

10032107

  

大石神社の後はすぐ近くの岩屋寺へ。直ぐ前の大きな枝垂桜、これも色が冴えず。

10032108

  

岩屋神社の門横の桜、少し逆行気味になっていたが、ここの撮影は朝の内か曇り空が良い。

10032109

   

桜の下から見上げて撮影するが、日差しが当たると多少色が綺麗にでる。カメラの色合いは、真っ赤な花とか紫とか色の濃いものを撮影しないと判らないかも知れない。

10032110

  

桜にメジロのテレ端撮影、D90も持ってきていたが今日は出さなかった。

10032111

移動:歩き  天気:曇り時々晴れ  P100:100枚

<追伸>

左:D90+80~400mmズーム(120~600mm、約2kg)、右:P100(26~678mm、約500g)、80~400mmズームは手持ち撮影オンリーのため三脚座は外している。綺麗に撮れる確立は比べるまでも無いが、10年後の600mm域手持ち撮影はP100クラスオンリーになっていると思う。今は左手でレンズ中央部を持って、一日振り回せるが、そのうち重くて三脚無しでは撮影出来なくなるであろう。コンデジの高倍率機、その時までにどのくらいの性能になっているのか、一眼レフには達しないであろうが期待する。

10032112

|

春 3/20の撮影色々 PartⅢ P100試し撮り

 植物園から帰り、P100を買いにキタムラに行った。衝動買いでは無く、以前から購入を検討していた。いつも撮影目的を持って出かけるが、何でも撮影したい性分、鳥撮影なら重い望遠一本にP6000、風景や花撮影の時はいつもレンズに迷う。標準に広角、マクロ、600mmをカバー出来る望遠では重過ぎる。P80を持っていたが、480mm、しかも望遠端でシャッター速度を速くするためISOを大きくするとかなり画像が粗く、望遠側ではあまり使う気にはならなかった。最初は使っていたが、ピントが合うのが遅く、最近コンデジだけで撮影に出かけることもほとんど無くなり、お蔵入りに。裏面照射型CMOSセンサー搭載、広角26倍ズームモデルP100が発表され注目していたが、考えていても仕方ないので性能(ピントの合う速さ、感度400での画像)が良くなっていると信じて購入した。P80下取りで3万円ちょうど、ここ半年車の走行距離が極端に減りガソリン代と相殺、いつまで続くか判らないが、最近はビールに缶チューハイを控えている。1日500円として一ヶ月で1万5千円の節約、タバコも止めれば3万円は直ぐに捻出できるが・・・。

充電した予備電池があったので、取説は全く読まず適当に設定して撮影に出かける。狙いは600mmを超える望遠端での鳥撮影、カワセミ相手の試写で山科川に行く。絶好のチャンスがあった場合に備え、今回はD90に400mmズームも持って出た。

まずは、鵜、600mmは不要であったが、まずまずの出来、多少色が薄く露出補正をよりマイナス側にする必要があるのかな?

1003201001

  

コサギ、この写真は一応満足。P80でも大きな被写体は、それなりにピントが合い撮影できていたので参考にならず。

1003201002

  

コガモ、久しぶりの撮影、一眼レフと撮り比べどうこうというような馬鹿なことをせず、この写真だけを見ると十分な結果。カワセミの姿を全く見ずで運動公園まで歩く。

1003201003

  

川は諦めて勧修寺に行く。参道での花にメジロ、近かったこともありピンとは直ぐに合ったが、やはり色が少し薄いような(好みの問題)? カメラの設定で調整できるのかな? 

1003201004

  

多少動きのあるところ。

1003201005

  

カワセミは今日も居た。比較的近い所に止まってくれたが逆光気味で中々ピントが合わず色もかなり悪い。直後にかなり近づいたがピントが合わず、逆行気味でピントが合いにくかったのか、近づきすぎてピント合う距離も近すぎたのか?

1003201006

逆光の日陰の中、アカン、しかし一眼レフでもあまり綺麗に撮れない条件と思う。

1003201007

  

離れた場所、何枚かシャッターを押すとそれなりに撮れたような? P80よりは断然良い。

1003201008

   

青サギ、順光で大きな被写体はまったく問題なく撮れる。

1003201009

  

一眼レフで撮影した画像。

1003201010

  

久しぶりの枯れ蓮とまりもの。

1003201011

  

逆光気味の日陰、コンデジとは大分違う、大きくトリミングしても十分。

1003201012

  

一時間少々居たが、カワセミは寺から出なかった。ただ、かなり飛び回り撮影しにくい場所でじっとすることが多かったので撮影機会は少なかった。川に植物園の方が撮りやすい。

1003201013

   

コンデジと一眼レフでのカワセミ撮影、比較することは無意味、投資費用が違う。P100、価格4万2千円、D90に400mmズームの購入時の価格、購入時期は違うが合わせると約25万円也。

1003201014

600mmの鳥撮影でも証拠写真撮影には十分であることが判った。条件の良い、順光ならそれなりの撮影が出来るようである。花撮影の山歩き補助超望遠カメラ、渓流釣りでの26mm~600mm(実際は678mm)撮影使用には十分。問題は魚が釣れ水面に浮いてきた時に、左手釣竿、右手カメラですばやくピントが合い撮影できるかどうか、昨年はP80でうまく撮影出来なかった。過去に一眼レフを持って入ったことがあり、この時は問題なく撮影できたが、川に落としたら堪らないので今年P100で試してみる。

移動:歩き  天気:晴れ  P100:119枚、D90:33枚

|

2010年3月20日 (土)

春 3/20の撮影色々 PartⅡ 野鳥撮影

 PartⅡは野鳥撮影、御苑に植物園でのD90に80~400mmズームでの手持ち撮影。ここしばらく70~200mmズームに2倍テレコンをつけて使用しが、長年使用して馴染んだ400mmズームの方が、手で持った時のバランスが良い。

今日の狙いは花とメジロであったが、御苑の桜にはメジロが飛んで来ず久しぶりに水場に行った。まず現れたのはシロハラ、この冬よく見かけたが撮影したのは久しぶり。

100320101

  

イカルが集団で現れる。野鳥撮影のポイントである目が入りにくい鳥である。

100320102

  

木の穴の実の取り合い

100320103

  

バードバスにも現れた

100320104_2

  

シメ登場、しかし直ぐに飛び去る。

100320105

  

ミヤマホオジロが現れる。見るのは二度目、前に見てから5年ほど立つかもしれない。

100320106

  

前は物陰に居た所を撮っただけであるが、今日は見やすい場所で撮れる。

100320107

  

♀か? 色がもうひとつ

100320108

  

シメが再び登場、今度はバスに入った。

100320109

  

体を思いっきりゆすっていたが、何のために入るのか・・・? 他の鳥も?

100320110

  

顔の表情が水に入ると変わる

100320111

  

スッキリして木に止まり、飛び去る。

100320112

  

御苑から移動しようと歩いていると、ジョウビタキ♀がやってきた。昨シーズンの冬は山科川でよく見たが、今年はあまり見なかった。

100320113

  

植物園での狙いは花にメジロであったが最初に姿を見せたのはヒヨドリ、ヒヨドリも花にとまり蜜を吸う。

100320114

  

メジロが集団で登場、まずはカンヒザクラにとまる。

100320115

  

次から次へと移動し、じっとしてくれない。しかし、ある程度までは近づいても逃げないので撮影はしやすい。

100320116

  

次はアンズにメジロ

100320117

梅園にも行くが多少梅の花も残っていた。梅園で初めてウグイスが梅の花の横に止まるのを目撃、残念ながら直ぐに飛び去り、絶好の”梅に鶯”を撮り逃がす。

植物園のカワセミは最近、調子が良いもよう。カワセミ師匠も山科川が不調で最近はこちらに来ているようで、当然私もしばらく撮影する。

100320118

  

最後にジョウビタキ♂を撮影して一旦自宅に戻った。

100320119 

後はPartⅢに続く。

D90:215枚

|

春 3/20の撮影色々 PartⅠ 花撮影

 昨日は、朝から頭が重く昼頃にピリピリと痛くなってきたので半休で帰った。風邪か、ここ3日ほどアルコール(ビールに缶チューハイ)を飲んでいなかったので禁断症状が出てきたのか、何かよく判らなかった夕食後の7時半頃には寝た。夜中にウツラウツラしていたような記憶もあるが、朝起きたのは6時前、何と10時間少々寝ていた。おかげで朝は頭すっきり、ソファーに腰掛けTVをつけた時に多少の腰の痛みを感じたが、カメラ2台、レンズは24~70mmと80~400mm、リュックの重さは約5kg、”荒治療じゃ”と思いながら7時半には出かける。行先は御苑に植物園、花に野鳥撮影におまけもあり。

PratⅠ~Ⅲの三部に分けて掲載します。

PartⅠは花撮影、今日の狙いは御苑の近衛邸跡の枝垂桜、おそらく京都市内で一番早く満開になる桜だと思うが、予想通り満開であった。2年前だったか水場に鳥撮影で来たときに知った。

10032001

  

朝の8時半頃ではあった10数人のカメラマンが撮影していた。

10032002

  

しかし、見事な咲きっぷり春がやっときたような気がしたが、今日は一日暖かかった。

10032003_2  

この枝垂れ桜は花のボリュームがたっぷり、私が知る範囲では大野寺に次いで二番目と思う。

10032004

  

中からの撮影、逆光で日差しが強く色の出方がもうひとつ。

10032005

  

地面の緑を入れる

10032006

  

近衛池横の枝垂れ桜、これも満開、池ではカワセミが鳴いていた。

10032007

  

これも内側からの撮影、毎年撮影しているが、気に入った構図

10032008

  

門の屋根を入れる。昨年も撮影したが、桜の後ろの木の茂みが昨年より前に迫出してきたような?

10032009

  

この後水場でしばらく鳥撮影を行うが、PartⅡで掲載。

最後に赤と白の花桃を撮影し御苑を後にした。

10032010

  

御苑の後は植物園に行くが、ここも綺麗に咲いている桜があった。この赤みがかった花の名前は忘れたが(木に掛けられていた)桜の一種

10032011

  

狙いは花に止まる目白であったが、まずは花撮影で花壇のヒヤシンス。

10032012

  

続いてチューリップ

10032013

  

花壇の後は日本庭園の山野草。イワウチワ、白峰の大嵐山の群生を思い出す。昨年は腰痛再発で行けなかったが、今年のGWには水芭蕉撮影で行きたい。

10032014

  

ヒカゲノカズラ

10032015

  

エゾエンゴグサ

10032016_2

  

カンヒザクラにアンズ、ここでは花にメジロをかなり撮影する。

10032017

  

カンヒザクラ、マクロレンズを持ってこれなかった(重くなりすぎ)のが残念であった。

10032018

  

こちらわ杏

10032019

  

天気も良く(もう少し青空の方が良かったが)まずまずの撮影、桜の撮影は難しいが満足して昼過ぎに引き上げた。

移動:地下鉄  天気:晴れ  D700:147枚

|

2010年3月18日 (木)

京都東山花灯路2010

 昨日の夜の東山花灯路の一幕。

今年で何回目か知らないが、ここ数年は毎回歩いている。D300に18~200mmVRを使用していたが、高感度でいい写真が撮れるかと期待して、今年はD700に24~70mmF2.8レンズを持っていく。急ぎ足の適当な撮影、結果は??

会社帰り、これまでは三条から五条に向かって歩いていたが、今年は逆コースを歩く。人の多い清水寺には行かず、八坂の塔からの撮影スタート。東山のシンボル、この塔の撮影にきたようなもの。

10031711

  

間近に近づき見上げての撮影。少し低い場所から行灯越しにも撮影したが、灯がハレーションを起こし、まともな撮影が出来なかった。

10031712

  

一番絵になる場所であるが、暗くてまともに撮影できず。全体が赤っぽくなりソフトで修正しまくり、アンシャープマスクもかなりかけたが、もうひとつ。腕の悪さは置いておいて広角側とはいえVR付レンズが欲しくなった。ISOは3200にとどめたが6400にすれば良かったかもしれない。

10031713

  

いけばなの展示は、明るくライトアップされているので普通に撮影できる。すばらしい作品も、いけばなの心、また芸術的なセンスを持たない私のようなものが撮影すれば平凡な写真、というよりピンボケか。もともと目で見て良さを感じるもの、写真撮影するようなものではないか。

10031714

  

高台寺方面に向かう途中の路地に置かれていた作品。

10031715

   

高台寺前のねねの道に出ると、丁度「狐の嫁入り巡行」が通りすごい人並みで驚いた。毎年人が多くなるが今年はすごかった。初めてきたときは、この巡行を近くで撮影できたが、今年は近寄ることはおろか近寄ろうという気にもならないほどの人が居た。

何か知らないが毎年撮影してる場所。

10031716

  

大雲閣前やったか・・・?どこかのいけばな、色々な場所に展示されていたので覚えておれなかった。来年は週末に歩いてゆっくりと巡る。

10031717

  

大谷祖廟前、撮影しているとカメラのファインダーにいきなり携帯を持った手が現れ悲鳴をあげそうになる。人間、狭い空間を無心に覗いていて予期せぬ物が急に現れると驚く。

10031718

  

丸山公園の灯り展、今年は・・・・?

10031719

  

竹灯り・幽玄の川、ここの情景は最高にいい。

10031720_2

  

丸山公園には、多くのいけばなが展示されており片っ端から撮影する。

10031721

  

好きな色合いの作品、照明の加減もよく撮影しやすかった。

10031722

  

これも見事、芸術の美を理解できるセンスを持っていないが、色合いだけを見て楽しめる。

10031723

   

これも良かった。目で見ればどのいけばなも綺麗、ライトアップの光による反射加減でうまく写真が撮れるかどうかの違いがある。

10031724

  

これはユニーク、離れたところから見たときは何か分からなかった。うまく撮影できず、10枚ほど撮影する。

10031725

  

行灯を撮るのを忘れていたため、最後に丸山公園を出たところで1枚。

10031726

  

これもライトアップされていた。

10031727

夜景撮影、高感度撮影可能なD700とはいえ暗い場所ではやはりVRが欲しい。三脚を使用すれば問題ないが、三脚を持って人の多い場所をウロウロ出来ない。最近、車に乗ることが少なくなり毎月のガソリン代が浮いている・・・・。

|

2010年3月17日 (水)

祇園白川の桜

 今日は東山花灯路の撮影リマッチで一眼レフを持って会社に行く。昨日の帰りはD3でと思ったが大きくてかさばるのでD700にした。朝、メディアが入っていることを確認してショルダーバックに入れ、祇園白川によるため早めに家を出る。

祇園白川の桜は思っていたより咲き具合は悪かった。夜は花のボリュームがあるように見えるようである。高い桜の木三本の内、真ん中の木に花がついていたが、咲き揃うのは来週の半ば過ぎか?

10031701

  

日が昇って直ぐ、日当たりがまだ不十分。

10031702

  

上の方は日当たりがまずまずで綺麗な色を見せていた。

10031703

  

白い綺麗な花が咲いていたが、花の名前は分からない。ユキヤナギかな??

10031704

  

こちらは間違いなくユキヤナギ。

10031705

もう少し綺麗に咲き揃った頃にもう一度来る。

夜の東山花灯路は、写真を整理してから掲載します。

移動:通勤途中  天気:晴れ、夜は曇り  D700:199枚

|

2010年3月16日 (火)

メ、メディアが無い

 今日は月一回のエコ・・・とやらで定時デー、帰りにぶらっと東山花灯路に出かける。三条京阪から祇園白川経由で知恩院に向かうが、祇園白川では桜がチラホラ咲いていた。

今日のカメラはP6000、夜景モードでの撮影。光量不足、コンデジではISOもあまり大きく出来ず多少無理があった。風が少し吹いて花が揺れていたが、無風ならもう少しマシには撮れると思う。ISO400でシャッター速度は1/3.7。

10031601

続いて知恩院に行き、数枚撮影したところで”メモリー残量がありません”の表示、まさかと思いメディア収納部のカバーを開けると何とメディアが入っていなかった。7、8年のデジカメ歴でメディアの入れ忘れは三室戸寺の紫陽花撮影以来の二度目である。

10031602

さあこれからと思った時、ガックリときて”アホ、アホ、アホー!  明日はD3じゃ~!”とつぶやきながら地下鉄の東山駅に向かった。

移動:歩き 天気:晴れ P6000:7枚

|

2010年3月14日 (日)

梅、カワセミ 隋心院・勧修寺・山科川

 朝から快晴で予定通り隋心院に梅撮影に行く。隋心院の梅は今が満開と予測していたが予測通りの満開で、今年最後の梅撮影を楽しんだ。

今シーズン2回目の隋心院の梅

10031401

ここの撮影は東向きが良いが、入園受付直後の朝のため太陽が低く逆行気味で右上端の空が白とび。

10031402

    

毎年晴れた日は同じ状況だが、多くの人が入るよりは良い。

10031403

   

今日のカメラはD700に24~70mmとD90に70~200mm、まずは人が増える前に24~70mmで撮影する。人が増えても望遠撮影なら場所を選べる。

10031404

   

一通り撮影した後、望遠で花の多い場所を狙う。

10031405

   

白梅を背景にした望遠撮影

10031406

   

枝の間から花の多い場所を狙う。

10031407

    

今日は先日の曇り空と違い快晴、少し逆行気味で撮影すると花が光って見えた。

10031408

   

狭い園内、前の木が邪魔になり撮影ポイントが限られる。前の木の花も入れ広角で撮影すると人が入るでファインダーを良く見て撮影する。シャッターを押し写真を見てから人が入っていたというケースがよくある。

10031409

   

少し離れた場所の梅を望遠でマクロ風に撮影する。トリミングしたが200mm(1.5倍で300mm)では、あまり大きくない花には少し望遠が足らない。

10031410

   

40分ぐらいで撮影を終え勧修寺に向かう。勧修寺は梅狙いではなくカワセミの様子見で200mmズームにテレコンを装着する。梅は散っているかと思ったが、まだ咲いていた。

いつもの撮影ポイント

10031411

   

初めて撮影する構図かな?

10031412

  

昨年も撮影したような?

10031413

   

梅撮影後はカワセミ狙い、カワセミの鳴き声が聞こえていたのでいつもの場所に行くと見えにくい場所に居た。今日は、珍しく(最近にしては)他にもカワセミ撮影の人が居たので、色々を話をするが大阪から来られたとのこと。今日は2羽居たが、いずれも撮影しずらい場所に止まりよる。最近、撮影しやすい川での撮影ばっかりなので多少イラついたが、とにかく証拠写真を撮影。

10031414

  

水にはあまり飛び込まず移動しまくったので追いかけるが、数年前に始めてカワセミを撮影した場所にとまってくれ、まともな写真が撮れる。   

10031415

   

枯れ蓮にとまってくれる事を期待して、しばらく様子を見ていたが諦めて山科川に向かった。

10031416

   

今日は、いつもの場所を回ったが姿を見かけずでカメラマンも居なかった。諦めて帰ろうとしたが、上流でオスのカワセミ発見、再び撮影する気が復活でカメラを向ける。

10031417

   

水にも飛び込んだが手持ち、結果はもうひとつ。

10031418

   

多少マシに撮れた場面、しかし距離が遠かった。

10031419

   

餌取り後土手に上がってきたが、咥えていたのは魚では無く虫。

10031420

  

よく判らなかったがヤゴのような?

10031421

   

唯一撮影した水際、一度だけではうまく撮れず。何度か連続で飛び込んでくれたら、カメラを向けるタイミングを合わせて手持ちでもそれなりに撮れるのだが・・・・。

10031422

  

水から飛び出した後の飛行、こちらもピンボケ。

10031423

   

12時を過ぎたので一旦自宅に戻り昼ごはんを食べて、2時頃に再び山科川に行った。カワセミは上流に居たが、動きがもうひとつで30分ぐらいで帰った。それなりに撮れた飛びもの、後はとまりものばかり。背後からの近距離撮影でとまり物は綺麗に撮れていた。

10031424

移動:地下鉄、後は歩き  天気:快晴  D700:87枚、D90:205枚

|

2010年3月13日 (土)

大久保の早春フェスティバル セツブンソウふれあい祭り

 今月の初め、我々白峰渓遊会会員が連絡を取り合っている川北氏のHP連絡帳に。セツブンソウふれあい祭りのパンフレットが掲載され行きませんかの書き込みがあった。水谷氏より3月13日なら行けるの返信が載り、土曜日なら”我も行きたい”と私も書き込んだ。なんせこちらは現役、しかもここしばらく忙しかったため休日しか遊べない身の上、後2年は長いが、耐え難きに絶え忍び難きをしのいで何とか最後まで全うしたい??? 休日なら喜んで参加するで3名でセツブンソウ撮影に出かける。今日は、D3に105mmマクロ、D90に久しぶりに12~24mmズームを装着してリュックに放り込む。最近、VR付の16~35mmズームがニコンより発売され、多少高角撮影の興味が復活しだしたので高角ズームを持って出ることにした。しかし、買うなら14~24mmF2.8かな・・・? それよりD300の高感度対応後継機が欲しくニコンの発表を待っている。

10時草津の水谷低集合であったが、なぎさ公園の菜の花を撮る為8時には自宅を出発した。なぎさ公園の菜の花は満開であったが、天気がさえず花の色も冴えない。

10031301

今日の課題は超高角領域での撮影、構図を色々工夫するがもうひとつかな?

10031302

菜の花は見事であった。これまで何度も来ているが(今年は初めて)今まで見た中で最高の咲き具合であったが天気が悪かったのが残念。

10031303

10時半頃水谷低を出発で伊吹に向かった。今日は川北氏がMIX(もうひとつよく判らない?)で知り合った伊吹地元のTさんに案内していただくとのことで、伊吹野の蕎麦屋駐車場で待ち合わせ、合流して大久保に向かう。

最初に案内していただいた場所にはシュンランとやらが咲いていた。山野草を撮影している人にはなじみの花かもしれいないが、初めて名前を聞き撮影した花であった。

10031304

続いて大久保手前のお寺近くに行くが、セツブンソウが綺麗に咲いていた。

10031305

ここでしばらく撮影、今年は2月に京都植物園で撮影したが、野生は初めての撮影。

10031306

小さな花で通常のポジションからは撮影しにく、アングルファインダーを持ってくれば良かったと多少後悔。

10031307

花の数は植物園に比べはるかに多かったが、立入禁止のロープが張られている訳では無く足元には注意を要する。

10031308

横のお寺の境内の福寿草、周囲の雪は誰かが置いた演出物かな?

10031309

しかし、植物園の花と違い綺麗であった。

10031310

それにしても黄色の花は撮影しにくく、いつも苦労する。

10031311

大久保に向かう途中で立ち寄った場所の山野草、名前を教えてもらったが覚えていない。可憐な山野草でいいであろう。

10031312

こちらミスズソウであったと思う?

10031313

  

白い花も晴天であれば撮影しにくいが、曇り空ではそれなりに撮影できた。マクロ撮影は曇り空が良いのかな?

10031314

  

大久保に入り祭り本部で掲示されていた写真を見学した後セツブンソウ群生地に向かうが、途中の庭先に鹿の角が置かれていたので無断で撮影した。後ろに地蔵が置かれており、別のアングルから撮影した方が良かった。

10031315

  

大久保のセツブンソウは土手の斜面にも咲いており、撮影はしやすかった。

10031317

  

想像をはるかに超える群生地もあった。

10031318

   

マクロ重点で撮影していたが広角ズームも使用する。

10031319

  

まだまだ十分には使いこなせていないが、こういう花撮影も広角で出来ると認識した1枚。

10031320

  

丁度身頃で撮影を堪能した。

10031321

  

これはマクロ撮影。

10031322_2

  

最後はアズマイチゲの咲く場所まで案内していただいた。

10031323

  

数輪であったが開き始めた花を撮影できた。

10031324

アズマイチゲ撮影の後、祭り本部に戻り餅をごちそうにになった後引き上げた。小さな山村近くの生活場所近くにも可憐な山野草が咲いているのを知った一日で、案内していただいたTさんに大感謝。

帰る途中、伊吹野の蕎麦屋さんで”てんぷらおろし蕎麦”を食べ京都に引き上げた。カタクリのシーズンにもう一度行く。

10031325

移動:車  天気:曇り  D3:183枚、D90:188枚、P6000:21枚

|

2010年3月 7日 (日)

小雨の勧修寺、隋心院 花撮影

 今日は朝から勧修寺と隋心院で梅撮影、帰りに山科川のカワセミをちょっくら撮影をと思っていたが朝から小雨で出るのを躊躇する。9時を過ぎて止み間があったので予定通りに出かける。カメラはD700に24~70mm、最近はまっている単焦点レンズを使いたかったが雨の中でレンズを交換を避けるためズームにした。また、D90に70~200mmを装着してリュックに入れる。

勧修寺に到着した頃には、多少、小粒の雨がパラパラとしていたが、撮影に支障なしで傘なしでの撮影を行う。

10030701

  

定番の撮影ポイント、毎年撮影しているが今年は曇り空で少しさえなかった。

10030702

  

書院前の梅は満開。

10030703_2

  

書院の縁側に上らせてもらい(立入禁止とは書いていなかった、もちろん靴は脱ぐ)、梅の花越しに観音堂を撮影する。

10030704

  

書院を背景に撮影、向かって右下に枝が見えるのが臥竜の老木、花もパラパラとはついていた。

10030705

  

観音堂前の広場には満開の桜の小さな木が数本、カワズザクラかな?

10030706

  

桜越しに観音堂を撮る。ここではどうしても背後に観音堂を入れた撮影が多い、マンネリを止めないとと思うがいつも同じような構図ばっかり・・・・。

10030707

  

こちらはヒカンザクラ

10030708

  

これはドウダンツツジ、池の中の島にも植わっているがもう満開、この花とカワセミを絡ませた構図も良い。

10030709_2

  

今日もカワセミを探して池の周囲を一周するが、要る雰囲気もなかった。桜のシーズンに桜にカワセミを期待しているが、撮れるかどうか? 散り椿、花の色がまちまちでもうひとつ、綺麗な花が並んでいる所を撮るためには演出(綺麗な花を千切りとって並べる不届きな演出)が必要なのかな。綺麗な散り椿の写真は、ほとんど不届き者の演出と思っている。

10030710

  

雨が少し強くなってきた。

10030711

  

隋心院に行くかどうか多少考えるが、雨の降りが強くなりそうな気配が無かったので行くことにした。風が強ければ撮影し辛いが多少の雨はどうってことは無い。

隋心院の梅は三部咲き程度、ここは3月の中旬頃に満開になる。

10030712

  

定番のポイント(私にとって)もこの状態。

10030713

  

奥の方に見頃の梅が並んでいたが、空が入ると青空でないともうひとつ綺麗な写真にはならない。

10030714

  

小雨の中での花そのもの撮影は、それなりに良し。

10030715

  

マクロ風に撮影するが、標準ズームではぱっとしないかな。

10030716

   

こういう空模様では、露出はアンダー補正が良い。

10030717

   

出来る限り空が入らないよう梅の木全体を入れようとした。

10030718

  

小雨とはいい連続した降りであったので早い目に撮影は終了し帰宅した。結局山科川には行かなかった。

10030719

移動:地下鉄  天気:小雨  D700:139枚、D90:27枚

|

2010年3月 6日 (土)

梅撮影 梅宮大社

 今日は朝から雨、だからという訳では無いが久しぶりの休日出勤。10数年前は、平素の休日の半分近くは出勤していたように思うが、今の職場に居座ってから休日出勤は年数回、サラリーマンとして嬉しいのやら悲しいのやら、ただ若い頃から仕事以外の趣味のある休日遊び人間としては嬉しい限りである。人気の少ない静かな職場で時間に追われながら仕事に集中し、2時半頃には来週の仕事のメドがたったので近くの梅宮大社に行く。早く仕事が終われば行くつもりで、D700に35mmと50mmレンズ、P6000を持ってきていた。

どんよりした曇り空であったが雨は上がっていた。門横の満開の梅を撮影する。

10030601

   

神苑入り口横の梅、こちらも満開かな? ピークは少し過ぎているように思った。

10030602

  

神苑に入って直ぐ横の梅、この神社梅園といったものがなく(多少あるが)、梅の花は少ないが人が少なく、梅撮影であは気行った名所のひとつである。

10030603

   

直ぐ横の白梅、曇り空にもかかわらず単焦点レンズはさすがわシャープ、最近名所撮影で気に入っている。快晴なら単焦点もお手頃ーム、高価ズームも写りに大した違いは無い。今日も50mmはほとんど使わず、35mmでの撮影が大半であった。夜景撮影にでもと買った35mmF2、価格の割には非常にいいレンズと思う。

10030604

  

白梅の背景に本殿を少しぼかして入れるが、センスがもうひとつ。

10030605

  

観光写真、この神社に何度か来ているが何故か天気に恵まれていない。

10030606_3

  

絞り込んで前の梅と本殿をそこそこ入れる。

10030607

  

こちらも同様、AFで撮影したがMFで双方そこそこのピントで撮影した方が良かったような。

10030608

  

白い椿も咲いていた。散り椿は赤が良い。

10030609

  

本殿をバックに背の低い梅など。

10030610_2

  

まだまだ蕾もあるので、もうしばらく梅の花を楽しめるかも知れない。

10030611

   

短時間の年一度の撮影であったが、まま満足。明日は天気によるが勧修寺に隋心院に行く予定。隋心院は少し早いかな?

10030612

移動:バス  天気:曇り  D700:68枚、COOLPIX6000:7枚

|

2010年3月 3日 (水)

祇園白川の梅再び

 先週に続き祇園白川に再び行った。半休で梅宮神社に行きたかったが、年度替りの仕事が忙しい時期で諦める。

梅は一週間前に比べ散り始めているもの、丁度見頃となったものがあった。

10030301

丁度見頃の白梅、枝垂れか

10030302

  

一眼レフを持ってきても良かったかな。

10030303

移動:通勤途中  天気:曇り  P6000:21枚

|

2010年3月 1日 (月)

ごく平凡なサラリーマンの朝と夜 平日編

 2月24日(水)の給料日前日、朝いつもより一台早い地下鉄に乗る。いつも通り三条京阪で下車しバス停には直行せず祇園白川に行く。狙いは梅撮影、3~4本の梅があるがまだ早かった。カメラはCoolpixp6000、いつも通勤鞄に入れている。

10022401

   

満開でもあまり花の数は多くないが、背景に風情を感じ毎年通勤途中によっている。休みに行こうとは思わない。

10022402

   

マクロで花も撮影する。

10022403

  

10分で撮影終了、三条河原町のバス停に向かうが、途中の三条大橋から鴨川の流れを撮影する。最近の川底工事(土砂撤去)で中州が無くなっている。景観としてはどちらが良いのやら?

10022404

  

人気のない朝の先斗町、ここ十年ぐらいは夜に歩いたことがない。夜のネオン街に縁がなくなった。冬のイルミネーションは気にいっている。

10022405

  

坂本竜馬ゆかりの町屋とか? 隣は老舗の料亭かな?こちらもまったく縁がない。

10022406

   

8時前には会社に到着、勤務中は休む間もなく必死に働く??? タバコをよく吸うので喫煙ルームには頻繁に行く。10年近く前までは席でタバコが吸えた。

今日は全社一斉の定時デー(私は今では大半が定時デー、仕事が早い!)、昔の職場仲間の宴会で5時半前に正門集合、宴会場は四条通沿いの元横綱の経営するちゃんこ料理店。

10022407

 

OBも含めて6人集合、見苦しいので顔にボカシを入れています。

10022408

  

今日のメニューはコースの横綱、飲み放題8,000円だが幹事が30%引きの割引券を持っていたため5,600円也。

まずは前菜、上品なものは味がよく判らない。

10022409

  

小鉢のサラダ、生野菜は大盛りを食べたい。最近、油ものは食べるがあまり欲しくなくなり生野菜が良い。

10022410

  

続いて揚げ物、これくらいで十分。

10022411

  

アワビのバター炒めに、国産和牛のステーキ数切れ。これは美味かった。

10022412

  

メインのクエ鍋、テーブルの真ん中に置かれるのかと思っていたら、横に置かれてお姉さん(お嬢さん)が小鉢に入れてくれる。

10022413

  

初めて食べたクエ、底物師が狙う幻の大物魚であるが、味は?よく判らない。油の良く乗ったタラのような・・・・。

数が少なく、5切れ食ったかとか1切れしか食べなかったとか・・・。私は3切れ食べた。

10022414

  

鍋の後はオジヤ、飲み物は飲み放題であったがグラスビール2杯に焼酎ロック2杯にウーロン茶、元は取れていないであろう。

10022415

  

最後はデザートのアイスクリーム。飲み放題で5,600円は得した感じがしたが、8,000円なら・・・・・、魚の鍋があまり好きでは無い。

10022416

  

宴会の後は喫茶店で少しワイワイガヤガヤした後解散、平凡なサラリーマンの一日は終わった。

<追伸> パソコンがダウンしたのは、この日の写真を整理している時でした。

移動:通勤途中  天気:晴れかな  P6000:21枚

|

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »