« P100試し撮りⅡ | トップページ | コンデジによる鳥撮影 »

2010年3月22日 (月)

P100片手に一日山科川で遊ぶ

 朝から快晴、車でひとっ走り大山・蒜山高原か雪が残っているであろう白川郷かと思ったが、節約でP100片手に山科川で遊ぶ。カワセミ狙いのためもちろんD90も持って行ったが、今度の土日、シーズン初の渓流釣りを予定しているので足腰の鍛錬も兼ね早足で歩きまくった。

7時半に自宅を出発、山科川に向かう。いつも通り三ノ宮橋からまず1枚。

10032201

  

少し下ったところでよく見かける猫が居た。飼い猫と思うが、一度カワセミ狙いで後ろから忍び寄る所を対岸から見たことがある。もちろんカワセミは直ぐに逃げた。

10032202

  

ボケの花、実際は真っ赤であるがこのカメラの画像の発色は忠実ではないように思う。昨日の夜、カメラの取説を読み設定を見直した。これまでの結果から露出補正は風景でも-0.7に設定することにした。

10032203

  

運動公園まで歩くがカワセミの姿は見ず。一度鳴き声が聞こえたような気がしたが、セキレイであったかも知れない。

運動公園横から支流の旧安祥寺川を少し遡る。ヌートリアが気持ち良さそうに泳いでいた。

10032204

  

旧安祥寺川でもカワセミは見かけず、大石神社の枝垂れを撮影に行こうかと思ったが、昨日もP100で撮影しているので勧修寺でカワセミを探すことに。

カワセミは見つからずで、快晴の元での風景撮影を楽しむ。この時期は何も無いが、カメラのチェック。

10032205

  

しばらくするとカワセミが飛んできたが遠すぎた。近づいて撮影するが、背景が明るくコンデジではピントが合わなかった。

10032206

  

カワセミは奥に姿を消し(山に帰った)たので、他の被写体で時間をつぶす。ソメイヨシノが数輪咲いていたのでマクロ近接撮影。コンデジでのマクロ花撮影は綺麗に撮れる。一眼レフとの差は、ワイド側での風景撮影や望遠での鳥撮影ほど無いと前から思っている。

10032207

  

ドウダンツツジ越しの観音堂

10032208

  

池の鯉、池の前に立つと直ぐに寄ってきた。

10032209

  

アオサギが巣作りをはじめているようで、木の枝を運んでいた。

10032210

  

30分ほどでカワセミは戻り撮影しやすい場所に止まってくれたが、直ぐに川方面に飛び立つ。後を追って川に行くと、カワセミは居たが直ぐに寺に戻りよった。今日は三度寺に戻る所を見たが、川より寺で粘った方が良かったかも知れない。ただ、寺に居てもカワセミが居なければすることが無い。5月頃になると花撮影で時間を潰せるのであるが。

仕方なく醍醐方面に向かう。大元橋まで歩くがカワセミの姿はおろか鳴き声も聞こえなかった。橋から少し下った所にユキヤナギが綺麗に咲いていたので撮影して再び北に戻る。

10032211

  

勧修寺近くで再びカワセミ発見、背後から近寄って撮影する。天気は良く、シャッター速度が上がったのでピントはまずまず合ったように思う。ISOは下限の160に設定していたが、下限値が大きいのは鳥撮影には好都合である。画像は一見一眼レフと変わらないように見えるが、拡大して見るとノイズ処理されたのっぺりした感じ、しかし許容範囲。

10032212

  

対岸のカワセミを撮影、一眼レフと違いさすがにピントは合いにくい。何度も失敗、マシに撮れた画像、価格相応で仕方無し。

10032213

  

寺に飛び去ったので北上して運動公園横に行く。モズのメスがさかんに鳴くのでカメラを向けると、♂がやってきて餌を口移し。ファインダーで捕らえシャッターを押すが、ピントが合うのにタイムラグがあり瞬間を取逃がす。一眼レフなら撮れたシーンで残念。

10032214

  

セキレイが居たのでシャッターを押すが、今日の望遠撮影調子が良かった。

10032215

  

ムクドリ、うまく撮れたと自画自賛。

10032216

  

カワセミが再び現れる。テレ端での撮影、近ければまったく問題なし。

10032217

  

コサギの飛行で飛び物に挑戦するがこれまたOK、さすがにカワセミの飛行までは撮れなかった。もっとも一眼レフでも失敗が多い。

10032218

  

しばらく運動公園前で芸を見せてくれたが、1月にくられべれば芸の数は比べもにならないほど少なかった。最近、山科川のカワセミの調子は悪いようであるが、もともとこんなものかも。

10032219

  

コンデジのワイド端とテレ端での撮り比べ、まずはワイド端26mm。

10032220

  

同じ場所からテレ端678mm、脅威の26倍ズームであるが、こんな使い方は普段はしない。

10032221

  

旧安祥寺川での撮影、対岸にとまると金網が邪魔になるが、こちら側に止まると草が伸びてきたので姿は見にくい。

10032222

  

休憩場所の柳にとまる。

10032223

  

山科川上流での定番ポイント

10032224

  

今日のカワセミは、昼から飛び回っていたが、2羽現れ追いかけっこしていたようである。2時半過ぎに歩き疲れたので自宅に向かったが、途中でモズが現れ撮影する。太陽が雲に隠れると少し暗くなり、テレ端でのピントが合い難くくなった。今日は満足して帰宅した。

10032225

D90での撮影

勧修寺の暗い場所での撮影、後ろが明るく一眼レフでもピントは合い難かったが何とか撮影する。

10032226

  

対岸のカワセミ、画像の鮮明さが違う。

10032227

  

ゴミの上のカワセミ、綺麗な水の川にゴミを捨てるのは誰や!  どこかで工事をやっているのか、最近水が少し濁っている。

10032228

  

運動公園前、今日はP100をメインにしたため水際、飛び物は撮影できず。P100の連射モード(6枚/秒)をカワセミホバで試したかったがホバしてくれず。

10032229

  

最後のモズ、撮影には苦労せず。一眼デジカメ、さすがに値段の価値はある。しかし、レンズを換えずに即座の26mm撮影は出来ない。

10032230

移動:歩き  天気:快晴後曇り  P100:242枚、D90:115枚

|

« P100試し撮りⅡ | トップページ | コンデジによる鳥撮影 »

野鳥」カテゴリの記事