« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月25日 (日)

4月25日の撮影Ⅱ 野鳥 植物園に朽木

 植物園での山野草撮影後、200mmズームに2倍テレコンを付け探鳥、最初にキビタキを見つけ撮影するが木のてっぺんで証拠写真にもならず。下りてこないか、しばらく様子を見ていたが何処かへ飛び去った。木の中ほどの茂みの中でチュンチュン鳴く声が聞こえるので、ウグイスかと思い注意深く見るとシロハラがいた。

100425101

  

園内の私の探鳥場(範囲はかなり狭い)をウロウロするが、結局めぼしい成果は無し。カワセミ撮影のカメラマンも今日はあまり見かけなかった。

諦めて御苑に行こうかと思いながら駐車場に向かう途中で、朽木が頭に浮かぶ。車で来ていることもあり、朽木までは1時間少々、行くことに決めた。私の車近くで家族連れが木の上を見ていたので、つられてみるとエナガがいた。  

100425102

  

数枚連写すると先に見ていた人に「良いカメラですね」と言われ苦笑い、D3ではなくD90では返す言葉も無かった。「カメラと違って腕!」と言いたかったが・・・。

100425103

  

朽木の”いきものふれあいの里”には12時半頃に到着、途中のコンビニで買った寿司を食べてから散策開始、いきなりキビタキが現れる。

100425104

  

綺麗なキビタキで幸先良しと思ったのであるが・・・・。

100425105

  

そこらじゅうで夏鳥の声が聞こえるかと期待して来たが静かであった。

コガラを見つける。

100425106

  

先日、キバシラを撮った場所で再び見かけるが、あまり興味は無い。

100425107

  

ウロウロしていると別の場所でもキビタキの声が聞こえ姿も見えたが、遠くておまけに枝かぶりで撮影できる状態ではなかった。

イカルがいたが木のかなり高いところ。

100425108

  

当然、良い写真は撮れず。

100425109

  

思わぬ場所で綺麗な色のオオルリが現れたが、逆光気味で目が入らず。目を入れるためかなりソフト修正、結局綺麗な色がボケてしまった。

100425110

  

同じ場所近くでオオルリを2羽見かけたが、飛び去る時にもう一羽飛び立ったのが見えたがメスも居たのかも知れない。空中バトルをしていた鳥がいたがオオルリであったかも知れない。

100425111

キビタキとオオルリを見ることは出来たが、期待はずれで2時半頃に朽木を後にした。

今日も大阪城は良かったようで、大阪城に行けば良かったと、多少後悔した一日であった。

|

4月25日の撮影Ⅰ 山野草 植物園

 朝から快晴、白峰大嵐山の水芭蕉撮影かと思ったが、朝起きたのが遅かった。水芭蕉は連休の楽しみにして植物園に行く。山野草と野鳥の両方狙いで、カメラはD700とD90、レンズは105mmマクロに200mmズームと2倍テレコン、9時前に自宅を出発した。

まずわ花撮影、この時期植物園で一番華やかなのがチューリップ。

10042501

 

ツルキジムシロ? 花の名前を書いた看板があったが傍の花と合致していないケースがある。持っている図鑑には載っていない名前で確認出来ず。インターネットで検索するまでのことは無い。 

10042502

  

ツキヌキトトギリソウかな?

10042503

  

ラショウモンカズラ、、間違い無いやろう

10042504

 

ユキモチソウ、マムシグサに似ているような 

10042505

  

ハルユキノシタ、ダイモンジソウによく似ていると思ったら同じ属

10042506

  

シャガ、この時期によく見かける

10042507

  

エビネ、初見かな

10042508

  

芍薬、この花を撮りたくて行ったが少し遅かったような、一厘だけ残っていたが花が崩れかけている

10042509

  

クマガイソウ、この花を探していた人が居たが(咲いてる場所を聞かれた)、分かりにくい場所に咲いていた。花を見つけた後、その人が居ないか多少気をつけていたが結局合わず。見ることが出来たのかな?  

10042510

  

クリンソウ、白峰の下田原にも咲く場所がある。

10042511

  

イカリソウかな  

10042512

  

近くにシロヤマブキの表示板があったが?

10042513

 

リュウキンカ、強い日差しが当たると黄色い花は撮影しにくい。今日もPL使わず。 

10042514

他にも数種類撮影したが名前が分からず写真ももうひとつで掲載せず。少しづつ花の名前を勉強中ですが、花の種類が多すぎてなかなか覚えられない。

移動:車  天気:快晴  D700:58枚、D90:154枚

|

2010年4月24日 (土)

オオルリ撮りまくりの大阪城公園

 今日はキビタキ、オオルリ、クロツグミ狙いで大阪城に行った。夏鳥の渡りのシーズン、昨年も大阪城でオオルリ、キビタキ、クロツグミを撮影したが、今年も是非行こうと予定していた。天気予報に裏切られ、どんよりした曇り空でおまけに小雨が降る最悪の条件、クロツグミは見つからなかったがキビタキ、オオルリは撮影出来た。

昨日の夜に宴会があり朝起きたのは7時過ぎ、多少アルコールが残っており気分が悪かったが、大正漢方胃腸薬を飲みしばらくすると気分の悪さは収まったので8時半頃に出発し10時には大阪城に着いた。午後1時には撮影を切り上げ、天王寺動物園にワライカワセミを取りに行く予定も入れていた。

最初に現れたのはシロハラ、今日の機材はD300に328+1.4倍テレコン、一脚を持っていったが撮影には不要、ただ、鳥を待つときにカメラとレンズを支えることが出来るので多少楽は出来た。

10042401

  

続いてシジュウガラ、久しぶりの撮影。最初に市民の森を散策したが、シロハラとツグミはよく見かけたが、他の鳥は不調であった。アカハラが混じっていたかも知れないが、あまり注意して見ていなかった。

10042402

  

音楽堂の横の階段を上り豊国神社に向かう。途中、梅園上の桜園に寄るが、ここも居たのはシロハラとツグミ。まだボタン桜が咲いていた。

神社裏でようやくキビタキが登場、しばらく追いかける。

10042403

  

追いかけると逃げるが、追いかけないと遠くて撮影できない。待っていても思うようには近づいてくれない。木の枝が邪魔になり一脚の高さ調整を頻繁に行うが、最後は面倒くさくなり手持ち撮影。

10042404

  

キビタキが修道館(という名前かな?)の方に飛び去ったので行くと、数人のカメラマンが何かを撮影していた。近づいてレンズの向いている先をよく見るとオオルリが居た。

10042405

  

色がまだ少し汚いがオオルリはオオルリ、キビタキは諦めてこちらを追いかける。

10042406

  

の枝が邪魔になるところに止まり、撮影ポジションに苦労する。キビタキよりは低い位置に止まってくれた。

10042407

  

オオルリも姿を消したので、神社内に居るかもと思い入るが姿を見かけず。鳥見を兼ねての散歩中の人が、コイカルが梅園に居ると教えてくれた。雨が降り出した少し雨宿りの後梅園に行く。コイカルは見たことが無い、様子を見てから天王寺動物園に行くつもりであった。

コイカル発見で、初見初撮影

10042408

  

羽に白い斑点があったが、他はイカルとどう違うのやら?

10042409

  

シメも居た

10042410

  

多少晴れ間も出てきたので、コイカルをもう少し撮影するつもりで探す。

10042411

  

ブラブラしているとオオルリが現れた。  

10042412

  

このオオルリは綺麗な色であった。

10042413

  

梅の木は低く、比較的近距離で撮影が出来たので撮りまくる。

10042414

  

日差しが多少出ると、位置によっては目が入りにくい鳥である。

10042415

  

動物園行きはやめて、大阪城の撮影だけで帰ることにして粘る。

10042416

  

最後はオオルリ撮影に飽き、再びキビタキを求めて神社裏に行くと再び現れてくれた。しかし、数枚撮影出来ただけで姿を消した。

10042417

  

2時半頃に疲れ果てて(10時から歩きっぱなし、一度も腰を下ろさず)、市民の森経由でJR駅に向かうが、途中でキビタキを発見。

10042418

  

遠かったが、それなりには撮れていた。

10042419

  

残っていた桜の花弁を入れる。

10042420

クロツグミを見つけることが出来なかったのは残念であるが、十分に堪能して自宅に向かった。

移動:地下鉄、京阪、JR  天気:曇り一時小雨、晴れ間もでる  D300:332枚

|

2010年4月18日 (日)

サギにカワセミ・・・撮影色々 勧修寺

 今日も朝からカワセミ狙いで勧修寺に行く。(出も悪かったが止まる場所が暗い、障害物が多い、遠いで昨日より条件が悪く、おまけに昨日が寒かったので少し風邪気味、朝から立ちっぱなしで昼から頭が少し痛くなり3時過ぎには引き上げたが散々な一日であった。

昨日同様寺に入りカワセミを見つけるが直ぐに川に飛んでいった。今日のカメラは出番が少ないD3、チョウサギかダイサキか知らないが(見分け方が分からない)、サギの撮影で時間を潰す。

10041901

  

何処にでもおり普段はあまり真剣に撮らないが、よく見ると綺麗な鳥と思う。

10041902

  

体が大きく撮り易いので数枚撮ればそれで良しと思う鳥でもある。

10041903

  

羽を広げた姿は優雅

10041904

  

着地寸前、絵になると思う。

10041905

 

魚を捕まえたが、ここでカワセミがとる魚に比べれば大きい。 

10041906

  

しかし、サギにすれば小魚で一気に飲み込む。山科川でアオサギが40cmぐらいのナマズを時間をかけて飲み込むところを撮影したことがあるが、えらい違いようである。

10041907

  

今日もシロハラを見かける。

10041908

  

ボタン桜の下にツグミが現れる。

10041909

  

今日のカワセミ。

D3にゴーヨン、1.4倍テレコンをつけたり外したり(距離ではなくピントの合う早さを見ながら)、D300にしておけば良かったような。

10041910

  

距離が遠かった。近くでは木の枝が障害物になりまともに撮れず。撮影機会も少なかった。飛び込みは水浴びばかり。

10041911

  

水際、チャンスは少なく、おまけにピンボケ。

10041912

  

こちらは遠い距離での撮影を大トリミング。

10041913

  

これも大トリミング、動きのあるところは手前に障害物が無い場所、やはり川の方が撮り易い。

10041914

  

花をバックにしたとまりもの、これも日陰でもうひとつかな。

10041915

 

今日の勧修寺、ボタン桜の花の数が増えてきた。P100での撮影。 

10041916

  

今年最後の桜撮影になるかも知れない。  

10041917

今日も寺に現れると直ぐに山科川に必ず飛んで行き、帰ってくるのに時間がかかっていたが、川の状況が気になったが、手持ちか328に一脚で来て、川を重点に探るのが良いのかも知れないと思う2日間であった。また、カワセミ飛び物は水平を中心にレンズを上下に振るより、川の土手の上から下向きにレンズを降る方が撮影しやすい。

移動:車  天気:晴れ後曇り  D3:403枚、P100:53枚

|

2010年4月17日 (土)

カワセミ撮影忍耐の一日 勧修寺

 桜撮影で信州駒ヶ根の光前寺行きを計画していたが、約1ヶ月間の桜撮影で飽きがきて中止、久しぶりにゴーヨンを担いで勧修寺へカワセミ撮影に行った。勧修寺はここのところ桜にカワセミ狙いで毎週行っており、山科川同様出が悪いのは分かっていたが、粘るつもりで多少気合を入れて出かけた。朝の9時の開門と同時に入り3時過ぎまで居たが、いつもと同様山(巣)と川の間に立ち寄るのみ。粘った分だけ姿を見る回数は多く、出てきたら取り合えず撮り捲り566枚撮影したが、家に帰って直ぐに300枚以上削除。

寺に入り直ぐにカワセミ発見、慌ててカメラをセットしシャッターを押す。

10041801

  

幸先良しで今日は期待できるのかと思いきや直ぐに川に飛び去る。暇な時間が続き我慢の始まり、ツグミが居たので撮影し気を紛らわせる。  

10041802

  

一時間ほどして川とは反対側からやってきた。今日のカワセミは山から来ると嘴に土が付き体は少し汚れていた。巣穴を掘っているのか修復しているのか・・・?

10041803

  

多少いいところも見せてくれた。

10041804

  

飛び込みかけながら止めて戻る瞬間

10041805

 

ホバーも見せよったが時間が短く良い写真は撮れず。川ではロングホバーを見ることが多かったが、ここでは短いホバーしか見せない。  

10041806

  

カワセミが姿を見せる時間は10分少々、姿を見るとシヤッターを押しまくる。しかし、何処に現れるか分からないので池の周りをウロウロ、結局川で探すのと変わらないぐらい歩いた。

シロハラが居た。

10041807

  

餌取りも行ったが魚ではなくエビ、小魚がいないのか、それが寺に居つかない原因か? しかし、川でも最近見かけないが、どこに飛び去るのか分からない。

10041808

  

このエビは一度落とし、取りに行ったところを撮影するが枝かぶりで水際はピンボケ。  

10041809

  

山から来た時には多少水に飛び込んでくれたが(体の土を落としているように見えた)、ハスの茎が邪魔になりまともに撮れないことが多かった。唯一、開けた場所に飛び込み飛び出す瞬間を捉える。

10041810

  

こちらも茎の無い場所での飛行もの

10041811

  

川と違い寺では止まり物は絵になるが、花ならともかく木の枝ではもうひとつつまらないと最近思うようになった。しかし、撮れないよりはマシ。

10041812

  

昼からはアクビの連発であったが、ようやく桜に止まってくれた。残念ながら花は散った後、今日の勧修寺は拝観客がすくなく、いつもの静かなお寺に戻っていた。

10041813

  

こちらも桜への止まりもの、花が咲いているときは拝観客が多く、人が桜に近づくためカワセミは止まらない。

10041814

 

久しぶりにヤマガラを撮影するが、肛門はおおびらき糞は風に乗って飛び去ったハズ。上向きの撮影であったが、口は開いていなかったと思う。

10041815

    

帰る間際のハス止まりもの

10041816

結局今日も不調(多少マシかな)、川で大サービスであったのかが気にかかる。今年の1月初めの川での撮り疲れて帰った頃の盛況振りは、川でももう戻ってこないのかな?

移動:車  天気:曇り時々晴れ  D300:566枚

|

2010年4月11日 (日)

桜にカワセミ 今年は撮れなかった勧修寺

今日は朝起きると雨で撮影は止めと思っていたが、10時前にあがったので桜にカワセミ狙いで勧修寺に行く。もちろん桜の花に止まるカワセミだが、1時前には帰ったので結局は撮れなかった。今日も山科川沿いを往復したがカワセミはおろか、探すカメラマンの姿も見かけなかった。カワセミは何処にいったのか、カメラマンはハヤブサかヒレンジャクかな、それとも別のカワセミポイントが見つかったのか?

勧修寺では遅咲きの枝垂桜が咲いていた。

10041101

    

淡いピンク色で日差しがあればもっと綺麗であったと思う。

10041102

  

観音堂前、向かって右手に数本並ぶ八重桜はまだ蕾。

10041103

  

カワセミは居たようであるが私が入ったのは外に出た直後、前のコロニーにアオサギが止まっていた。  

10041105

  

サギの数は増えており、夏まで賑やかになる。

10041106 

    

カワセミがやってきた。以前よく止まった木にも止まるが、多少活動領域が変わったように思う。

10041107

  

水に飛び込む行動開始。

10041108

  

残念ながら水物はピンボケ、ソフトで修正可能な状態であるが背後からの写真で掲載はやめる。

10041109

  

今日も手持ちで、暗くても止まり物は何とか撮れたが、動きのある所はシャッターを切るのを諦めた。

10041110

 

昨年にはよく止まった木

10041111

  

こちらは違う場所

10041112

 

場所を移動するため飛び出す。最近のここのカワセミは落ち着かないようである。

10041113

 

飛び込んで餌取りも行った。

10041114

  

相変わらず山と川の間の休憩(?)に寄るようで撮影できる時間は短く不調。

10041115

  

間違いなく川に向かって飛び出すが川では見かけない。どこに飛んでいっているのか不思議に思う。

10041116

  

今日はここ最近では長く居たので(残念ながらカワセミでは無く私が)、撮影枚数は多少稼げた。しかし止まり物ばかりで、やはり川同様不調である。

10041117

撮影中の移動で足を障害物に引っ掛け腰を少し捻る。カワセミが姿を消したこともあり一時前に川に出た。コンビニで昼食を買い川を見ながら食べた後、自宅に向かうがカワセミの姿をまったく見ることは無かった。カワセミは何処で餌取りに励んでいるのやら?

移動:歩き  天気:曇り  D700:23枚、D90:173枚

|

2010年4月10日 (土)

2010年桜撮影ⅩⅠ 湖西からマキノへ再び 桜にカタクリ撮影色々

 今日は少し迷ったが再び湖西からマキノへ行った。狙いは先週まだ早かった酒波寺のエドヒガンに清水の桜、それにマキノのカタクリ、カメラはD700とD300、レンズは24~70mm、70~200mm、105mmマクロ、補助カメラにP100を持って行ったが重く、後半に少し腰痛症状発生した。しかし、自宅に帰る途中には症状が収まったので一安心。

最初は北小松の徳勝寺、今日は石段両サイドの桜は満開、枝垂桜は色あせていた。

10041001

8時前であったろうか、人はいなくて一人で撮影三昧。  

10041002

  

見事な咲きっぷり、再び来て良かった。

10041003

  

天気は雲ひとつ無い快晴とはいかなかったが晴れていた。

10041004

  

桜越しにJRの貨物列車を撮るが、撮影ポイントが判らず逆光ではもうひとつ。

10041005

  

8時半頃に今津の酒波寺に到着、狙いのエドヒガンは満開で絶景あった。地元の人が十数人石段横で何やらアゼビらしき木を植樹をしていたが、来年はこの木も景色に加わるのかな。

10041006

  

人が入らないよう石段を外す。

10041007

  

空も青空、この時期に何度か来ているが今日が最高であった。

10041008

  

石段上から振り返る。

10041009

  

寺の奥の石段を少し上っての撮影。

10041010

  

望遠を使用、空がもう少し青ければもっと桜が映えたかも知れない。今日もPLは持ってこなかったというより忘れていた。今年の桜撮影はPLを使用していない。

10041011

  

桜撮影は清水の桜、逆光で左上が光ったのでソフトで修正するが失敗。右に電線が入ったので(入らない位置は見つからず)、これも消す。

10041012

  

9時半頃というのに人が多く、三脚もかなり並んでいたがお目当ては列車、少し様子を見ていたが、あまり粘る気が無かったのでカタクリ撮影で移動する。

10041013

  

マキノのピックランドの駐車場に車を止め、P100片手に歩いてカタクリ群生地に向かう。途中で恒例の羊撮影。

10041014

  

ツバメが地面に下りてきた。P100のISOが800になっていた(前回使用時に大きくしたが見直していなかった)。

10041015

  

カタクリは満開であったが、日差しが強く花の状態はもうひとつ、綺麗な花を探すが最初に目に付いたのは白色。

10041016

  

105mmマクロと200mmズーム(D300で300mm)を併用したが、105mmで十分届く範囲に多くの花が咲いていた。

10041017

  

よく見るとそれなりに見れる花も多かった。

10041018

  

真っ白な花発見

10041019

  

ここでもPLを持ってくれば良かったと多少後悔。

10041020

  

アングルファインダーを持って行ったが、ここのカタクリはアングルファインダーが無いと寝転んで撮るしか無い。

10041021

  

30分ぐらいで撮影は終了、駐車場に戻り行先を考える。湖東の桜かとも思ったが、今日は桜をやめて野鳥狙いで朽木のいきものふれあいの里に行くことに。

1時前に到着、まずは前回来たときにアカゲラを見た場所に行くが、今日は静かで鳥の鳴き声は少なかった。初めて見る蝶が止まったので撮影、帰って図鑑で調べるとルリタテハと分かる。

10041022

  

鳥はあまり見かけず、ヒヨドリ、ヤマガラ、ウグイスを見た程度、ミツバツツジが綺麗に咲いていた。  

10041023

  

コブシも咲いていたが、ニオイコブシという種類とか

10041024

  

蛇谷ヶ峰を登ろうと歩くが途中で息切れ、めまい、腰の調子もおかしくなり引き返す。

再び野鳥を探す、数人のカメラマンがカメラ構えていた場所(山科川でたまにお会いする方も)でしばらく様子を見ているとコゲラが現れた。

10041025

  

キバシリが現れた。初見であるが、木に止まると走るように上に移動し何処かに飛び去った。これが木走の名の由縁か、初めて見た。

10041026

野鳥撮影は散々であったが、目的のエドヒガンとカタクリは撮影出来たので満足して2時半頃に帰路につく。

移動:車  天気:晴れ時々曇り  D700:211枚、D300:154枚、P100:46枚

|

2010年4月 9日 (金)

会社帰りの桜撮影 天神川

 会社帰りの通り、午後6時前の道天神川の桜並木です。散り始めていますが、まだまだ見事でした。

10040903

移動:歩き  天気:曇り  P6000:26枚

|

2010年4月 8日 (木)

通勤途中の桜撮影 三条大橋近く

 三条大橋近くの枝垂桜も見頃になってきた。コンデジP6000で通りすがりに撮影するが、ISOを400に設定したまま、十分見られる仕上がり。

10040801

   

10040802

  

10040803

移動:通勤途中  天気:快晴  P6000:26枚

|

2010年4月 7日 (水)

二条城ライトアップ コンデジによる夜景撮影

 今日は夜桜撮影には行かない予定であったが会社が定時デーであった。すっかり忘れていたが、いつもバックにコンデジP6000を入れているので夜景撮影がどんな具合かチェックのため少しだけ二条城に行ってみた。

夜の6時45分頃、完全に日は暮れていなかった。

10040701

  

数秒分の一での撮影、ミラーアップの無いコンデジ何とか撮影出来ていた。ISOは400

10040702_2

  

さらに暗くなりISOは800に設定、右の桜のライトアップなんぞは完全なコンデジ画像。最近のコンデジでは、それ以下かも知れない。

10040703

  

これは多少(かなり?)よく撮れたかなと思う画像。

10040704

  

ノイズリッチ、夜景では所詮一眼の比では無し。今日は夜景モードは使わずにP、フラッシュ無しでの撮影。

10040705_2

移動:会社帰りの寄り道  天気:曇り  P6000:62枚

|

2010年4月 6日 (火)

2010年桜撮影Ⅹ 夜桜 滋賀三井寺

 桜熱はソメイヨシノ満開とともに高まり、今日は会社帰りに大津の三井寺に行った。昨年に続き二度目であるが、今年の三井寺ライトアップは最高に素晴らしく、あまりの綺麗さに時が立つのを忘れた。桜熱は頂点に達し、後は冷めるしか無し。

今日もD700に16~35VR、フラッシュ無しの手持ち撮影、昨日、今日とこのレンズを買って本当に良かったとつくづく思う。

10040601

    

10040602

   

10040603

  

10040604

  

10040605

  

10040606

  

10040607

  

10040608

   

10040609

   

10040610

  

10040611

  

10040612

移動:京阪京津線  天気:晴れ  D700:320枚

|

2010年4月 5日 (月)

2010年桜撮影Ⅸ 夜桜 京都府立植物園

 今日は会社帰りに植物園に夜桜撮影行く。六時前に会社を出てちょうど日が暮れた直後に到着、あまりの綺麗さに驚き30分少々であったが撮影しまくった。D700に16~35mmVR、この組み合わせは少々暗くても、高感度で1/15ぐらいのシャッター速度で十分手持ち撮影可能、これまではわざとマイナス露出補正を大きくしシャッター速度を早くしてPCソフトで明るく修正していたが、露出補正0~-0.7で明るく撮影できた。

詳細は後日、適当に数枚貼り付けます。

10040501

    

10040502

  

10040503

   

10040504

   

10040505

  

10040506

  

移動:地下鉄  天気:晴れ  D700:201枚   

|

2010年4月 4日 (日)

2010年桜撮影Ⅷ 滋賀の名桜古木

 今日も朝から快晴、人の多い名所の桜は止め人の少ない滋賀の名桜撮影にと湖西から木之本へ行く。滋賀北部の桜は少し早いかと思ったが、行ってみないと状態が分からないので、8時半頃に車で出発。昨日同様カメラはD700とD90、レンズは24~70mmに70~200mm。

初めに到着したのは北小松の徳勝寺、小さなお寺に巨大な枝垂桜がある。満開

10040401

  

樹齢は百年を超えるとか、あまり知られていないようでいつ来ても人が少ない。今日も地元の人と思える老人が二人いたのみ。湖西線から見えると思うが?  

10040402

  

北小松は晴れてはいたが薄雲が少し出初め空がひかり、撮影条件としてはあまり良くなかった。

10040403

  

花の大きさは意外に小さく花の数が多い。

10040404

  

石段横の桜は、まだ蕾、この桜が満開になると見事であるが、それまで枝垂れが持つかどうかで行くタイミングが難しい。一度満開の時に来たことがあるが、枝垂れは色が衰えかなり散っていた。

10040405

  

徳勝寺の後は今津に向かい箱館山麓の酒波寺に行く。ここには樹齢五百年のエドヒガンザクラの巨木がある。今津の周囲にあるエドヒガンザクラも含め、行基桜と言うそうであるが、ここもあまり有名ではないようでいつ来ても人は少なかった。今年は駐車場にテントが張られ、エドヒガンザクラウォーキングなるものが開催されていたが、少しPRを始めたのかも知れない。

10040406

  

寺の裏山を少し上った所からの撮影。前に来たときに庭師(と思う 住職さんかも)の方から聞いた場所。

10040407

  

花はチラホラであったが、蕾が膨らみ全体が薄赤く色づいていた。満開になると白っぽくなるようである。

10040408

  

チラホラ咲きの花を下から望遠で撮影、次の土日あたりが満開のようで一週間早かった。

10040409

  

ウグイスを見つける。

10040410

  

続いて有名な”清水の桜(しょうずのさくら)”の様子を見に行くが、こちらもチラホラ。樹齢三百年を超えるアズマヒガンザクラで、加賀の大名が上洛の時に何度も振り返ったことから”見返り桜”とも云われたそうである。3、4部咲きの時に真っ赤に染まるようであるが、チラホラ咲きでも十分赤かった。ただボリューム感が無い。

10040411

  

花はピンク、蕾は赤い色をしている。

10040412

  

この後木之本の黒田の余呉川沿いの桜並木を見に行くが、こちらはまったくの蕾の状態で撮影はしなかった。湖東の人の少ない名所を何箇所か巡るつもりであったが、期待できそうに無かったので木之本から高速で1時前に自宅に戻った。

滋賀北部は薄曇であったが、京都は快晴、家に居ても仕方ないので再び出かける。市内の名所には行かずカワセミ探しで山科川をうろつき、勧修寺で昨日撮れなかった写真を撮ることに決め、D90に400mmズーム、P6000を持って1時半頃に再び家を出る。

山科川のカワセミは全く見られず、出会ったカメラマンはカワセミ狙いのカメラマンも見かけないと言っていた。勧修寺橋に到着、近くの桜の巨木を見に行ったがほぼ満開。

10040413

  

勧修寺に行くと駐車場は満車状態、人も昨日よりかなり多かった。昨日、満開間近であった桜も今日は満開、快晴の元見事に白く輝いていた。

10040414

 

昨日一枚撮りたかった写真、今日も人が引切り無しに近づくの10分ほど待ち、一瞬の内に撮影した。後はカワセミを探すのみで30分ほど探したが、一度鳴き声を聞き山に向かい飛び去るのを見たのみ。もう少し粘っても良かったが、明日は出勤日止めて帰ることに。 

10040415

  

参道の枝垂れも見頃になってきた。

10040416

  

山科川で珍しいものを撮影する。黒い物体がヒラヒラ飛び回り直ぐにコウモリと分かったが、直線的な動きではなく、上下動きながら飛ぶので以外に撮影は難しかった。手持ちでピントが合うのが遅いレンズでよう撮れた。

10040417

  

こちらは横から

10040418

  

これも横から、口を空けているところを見ると、小さな虫を捕食しながら飛んでいたのかも知れない。

10040419

帰りもカワセミを全く見かけず。カワセミは何処に行ったのやら?

移動:車、昼からは歩き  天気:晴れ滋賀北部曇り  D700:101枚、D90:152枚、P6000:47枚  

|

2010年桜撮影Ⅶ 山科、宇治(4月3日)

 朝は快晴、絶好の桜撮影日和、7時過ぎにカメラ2台にレンズは24~70mm、70~200mmを装着して出かける。行先は毘沙門堂に勧修寺、毘沙門堂は朝早くても入れ勧修寺は9時開門のため、まずは毘沙門堂に向かう。

樹齢百数十余年の枝垂桜は見頃、既に数人のカメラマンが三脚を立てていた。

10040301

 

角度を多少変えての撮影

10040302

  

ソメイヨシノは五部咲き程度、満開の部分を切り取っての撮影。

10040304

  

山科疎水のソメイヨシノは満開に近く見頃。

10040305

  

地元の人が菜の花を植えていて、ローアングルで桜との競演を撮る。

10040306

  

朝早かったので人は少なく撮影はし易い。新聞の桜情報に載るような場所は早く行かないと人を入れずに撮るのは大変。

10040307

  

見事なボリューム感、桜、さくら、サクラ・・・。

10040308

  

続いて勧修寺行くが、いつもと違い開門前に人が並んでいた。参道のソメイヨシノは七部咲、枝垂れはポツポツといったところ。一番手前の枝垂れのみ花の数が多かった。

10040309

  

入って真っ先に行った場所、観音堂まわりは満開。

10040310

  

9時過ぎの撮影、快晴とはいえ10時頃までが一番綺麗。

10040311

  

人が増える前に撮りまくる。観光バスが入れば、どっと人が増えるのでしばらく撮影にならない。

10040312

  

一番のビューポイント、サクラの後ろにはカメラマンが入り込み動かず。しかし、この時はサクラで隠れていたので良かった。数人の観光客が入れ替わりで横に立ったので10分程度待つ。

10040313

  

水面に写るサクラも綺麗、サギかカモが居てくれたら良かったのであるが、この時間はこの場所に来なかった。

10040314

  

横からの望遠撮影

10040315

サクラ撮影の後、200mmズームに2倍テレコンを装着しカワセミを待つ。現れたものの期待のサクラには止まらなかった。三脚を構えたカメラマンがサクラの横にずっといたからであるが、人も増えてきたので待っても無駄と諦めてお寺を出た。カワセミは山と川の移動途中に寄っただけのようで、最近はこのパターンばっかり。

一旦自宅に戻り、一眼を1台にしてコンデジP100を持って再び家を出る。嵐山へと思っていたが、空を見ると曇ってきたので、雨が降っても直ぐに電車の駅に引き返せる宇治に変更。

初めに桜のシーズンに行った記憶が無い平等院に入るが桜はあまりなかった。

10040316

  

鳳凰堂の横

10040317

  

こちらは裏

10040318

  

こちらも反対側の横からの撮影

10040319

  

平等院の後宇治公園に行くが、人が多く何かのイベントも行われていた。家族連れでご飯を食べながら花見を楽しむ場所と思いながらも、枝垂れが見事に満開であったので撮影する。

10040320

  

花の下に人が座っているので場所を選ぶのに周りを一周。

10040321

  

こちらは下をカット

10040322

  

朝霧橋というのか名前はよく知らないが、満開の花を入れて撮る。  

10040323

  

橋を渡り興正寺に行くが、門前に大きな犬が寝そべっていた。通りがかりの人が撮影していたので、つられて撮る。

10040324

  

興正寺の境内は、奥に一本咲いていたのみ。

10040325

  

昨日の夜と朝からの歩きで疲れ1時頃に宇治を後にした。

10040326

地下鉄の小野駅であり山科川で少しカワセミを探すが姿は見ず、2時半頃に帰宅した。

移動:地下鉄、京阪、歩き  天気:晴れ一時曇り  D700:362枚、D90:124枚

|

2010年4月 3日 (土)

桜撮影中の鳥撮影

 今日は桜撮影で山科と宇治を周遊する。写真を撮りすぎ収拾つかづ、また歩きつかれたので桜の写真は後ほどとして、途中で撮影したウグイスとカワセミを貼り付けます。

最初に毘沙門堂に行くが、途中桜の木(残念ながら蕾)に止まったウグイス。

100403003 

  

綺麗な声で鳴いていたが、撮影は残念ながら200mm(×1.5倍の300mm)。

100403004

  

勧修寺のカワセミ、桜止まり物狙いであったが、桜の木の横に人が居て止まらず。逆光でピントがおかしい。

100403005

  

こちらはヤマザクラへの止まり物、残念ながら花は散ったあと。今日も1時間で2度ほど2羽のカワセミが現れたが、山と川の移動中に立ち寄っただけのようであった。最近、山科川でもあまり姿を見ないようで(今日も川で会ったカメラマンに聞いた)、川に向かった後にどの場所に行っているのやら?

100403006

  

桜の写真を2枚、疎水べりの桜と菜の花

100403001_2

  

勧修寺、観音堂前の桜の横で三脚を立てたカメラマンがしつこく粘っていた。何を撮っていたのか知らないが(桜の花そのものには違いない)、来る人が皆写真を撮りたいと思う絶好の被写体横で長時間粘り、同じものばかり撮っているとは・・・? 他人の迷惑を考えない輩、私の近くでは数人のカメラマンがイライラしながら待っていた。他の場所でも退くのを待っていた人が居たようである。去年も同様のカメラマンが居たが同じ人物かな? 人の多い休日に来て人の迷惑を顧みないことからプロ(写真で生計を立てている)では無いと思うが5分ぐらいで終了させて! ソフトで消した。

100403002

|

2010年4月 2日 (金)

2010年桜撮影Ⅵ 夜桜(祇園白川から清水寺へ)

 京都の名所の桜も満開を迎える時期になった。今日は会社帰りに祇園白川から丸山公園を通り清水寺まで歩く。

週末の定時デーで5時過ぎに会社を出て急ぎ足で駅まで歩き地下鉄に乗る。市役所前で下車、まだ明るかったので高瀬舟を見に行った。

10040200

  

しばらく時間を潰し祇園白川へ、到着した頃に暗くなり夜桜撮影の開始、ソメイヨシノが満開になっていた。

10040201_2

 

ライトの色によって桜の色はさまざま、これは白く光っていた。

10040202

 

先日はチラホラだった枝垂れも、かなり開花しライトアップで輝いていた。

10040203

   

こちらは、背の高い花びらが小さな枝垂れ、かなり散っていたがライトで夜空に綺麗に輝く。

10040204

 

今日の祇園白川の桜ライトアップはどれも見事、人が多く先日の2倍は居たと思うが、近距離からの撮影が多かった。超広角撮影でも水平に撮ると両端の歪みは少ない。今日はD700に16~35mmVR。

10040205

 

酒の試飲が行われていたが飲まなかった。寒かったので飲むと一時的にあったまるが後が余計に寒くなる。

10040206

レンズは20~50mmが欲しい。そんなレンズは無いが、広角側24mmでは人が多い場所では、あまり離れて撮影できないので撮れる範囲が少し狭い。16mmまでは要らない。

祇園白川の後丸山公園に行くがここの枝垂れも丁度満開、人は多かったが少し肌寒かったためか、宴会はあまり盛り上がっていなかった。

10040211

   

ここの枝垂桜、昼間見ると最近貧相になってきたように思うが、ライトアップされると見事である。

10040212

   

写真の色がもうひとつ忠実でないような? WBを代えれば合わせられるような気もするが、目で見たほどの綺麗さには調整出来ない。桜のライトアップは、写真で見た方が雰囲気で綺麗な場合もあるが、大半は目で見た方が綺麗。

10040213    

   

帰ろうかとも思ったが、翌日休みなので清水寺まで行くことにした。途中高台寺に寄ったが、歩いている人は少なく拝観者も少なかった。紅葉のシーズンはもっと人が多かったような気がする。

寺に入って直ぐのところに綺麗な枝垂れがあったので撮影したが、後で反対側に回るとお墓の直ぐ横、夜に撮影するのはあまり・・・・。

10040221

   

中庭の満開の枝垂れ、前の石庭にはイルミネーションが細工されていたが、何も無い方が落ち着いた雰囲気があり良い。好みの問題

10040222

   

高台寺駐車場横から八坂の塔を見る。まともに撮れていないと思っていたら、見れるようには撮れていた。

10040223

 

駐車場横の階段中断から上を見上げる。

10040224

    

八坂の塔にも寄る。16~35VRレンズを購入するきっかけになった構図。東山花灯路で24~70mmf2.8で撮影したが、複数枚撮った写真にブレが多かったのでこのレンズを購入した。失敗(ブレ)の確率が減っており、無駄な投資にならずホッとする。   

10040241

坂の階段中ほどの枝垂桜、狭い空間から見事な枝を張り出している。初めて見れる程度に撮影出来たがVRのおかげ。 

10040231_2

  

清水寺には8時頃到着、さすがにここは人が多かった。 京都新聞電子版の桜情報では開花となっていたが、見頃を迎え見事であった。

10040252

桜越しに夜景を撮ったが、気に入った1枚となる。

10040251 

 

定番の撮影ポイント、桜が白くならない。タングステンフィルムでも使う必要があるのかな?

10040253

   

右手の桜を入れてみた。   

10040254_2

  

場所を変えて左の桜を入れる。

10040255

  

最後に小さな池の前からの撮影、16GBのCFがフルとなり撮影を終了したが、清水まで来て良かったと満足しながら帰路についた。

10040256

移動:歩き  天気:晴れ?  D700:614枚

|

2010年4月 1日 (木)

通勤途中、通りすがりの桜撮影 木屋町

 通勤途中の木屋町の桜で、注目していた場所が一箇所あった。今日の朝、見頃になってきたので立ち止まり10数枚、時間数分の通りすがりの撮影を行う。

白壁のモダンなお店、その前に柳、桜は丁度見頃、一度行った倉敷を思い浮かべながらの撮影。

10040101

  

桜は八重かな

10040102

  

ソメイヨシノ満開近し、今日は久しぶりにカラスが多く集まり騒いでいた。

10040103

移動:歩き  天気:曇り  P6000:12枚

|

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »