« 通勤途中、通りすがりの桜撮影 木屋町 | トップページ | 桜撮影中の鳥撮影 »

2010年4月 2日 (金)

2010年桜撮影Ⅵ 夜桜(祇園白川から清水寺へ)

 京都の名所の桜も満開を迎える時期になった。今日は会社帰りに祇園白川から丸山公園を通り清水寺まで歩く。

週末の定時デーで5時過ぎに会社を出て急ぎ足で駅まで歩き地下鉄に乗る。市役所前で下車、まだ明るかったので高瀬舟を見に行った。

10040200

  

しばらく時間を潰し祇園白川へ、到着した頃に暗くなり夜桜撮影の開始、ソメイヨシノが満開になっていた。

10040201_2

 

ライトの色によって桜の色はさまざま、これは白く光っていた。

10040202

 

先日はチラホラだった枝垂れも、かなり開花しライトアップで輝いていた。

10040203

   

こちらは、背の高い花びらが小さな枝垂れ、かなり散っていたがライトで夜空に綺麗に輝く。

10040204

 

今日の祇園白川の桜ライトアップはどれも見事、人が多く先日の2倍は居たと思うが、近距離からの撮影が多かった。超広角撮影でも水平に撮ると両端の歪みは少ない。今日はD700に16~35mmVR。

10040205

 

酒の試飲が行われていたが飲まなかった。寒かったので飲むと一時的にあったまるが後が余計に寒くなる。

10040206

レンズは20~50mmが欲しい。そんなレンズは無いが、広角側24mmでは人が多い場所では、あまり離れて撮影できないので撮れる範囲が少し狭い。16mmまでは要らない。

祇園白川の後丸山公園に行くがここの枝垂れも丁度満開、人は多かったが少し肌寒かったためか、宴会はあまり盛り上がっていなかった。

10040211

   

ここの枝垂桜、昼間見ると最近貧相になってきたように思うが、ライトアップされると見事である。

10040212

   

写真の色がもうひとつ忠実でないような? WBを代えれば合わせられるような気もするが、目で見たほどの綺麗さには調整出来ない。桜のライトアップは、写真で見た方が雰囲気で綺麗な場合もあるが、大半は目で見た方が綺麗。

10040213    

   

帰ろうかとも思ったが、翌日休みなので清水寺まで行くことにした。途中高台寺に寄ったが、歩いている人は少なく拝観者も少なかった。紅葉のシーズンはもっと人が多かったような気がする。

寺に入って直ぐのところに綺麗な枝垂れがあったので撮影したが、後で反対側に回るとお墓の直ぐ横、夜に撮影するのはあまり・・・・。

10040221

   

中庭の満開の枝垂れ、前の石庭にはイルミネーションが細工されていたが、何も無い方が落ち着いた雰囲気があり良い。好みの問題

10040222

   

高台寺駐車場横から八坂の塔を見る。まともに撮れていないと思っていたら、見れるようには撮れていた。

10040223

 

駐車場横の階段中断から上を見上げる。

10040224

    

八坂の塔にも寄る。16~35VRレンズを購入するきっかけになった構図。東山花灯路で24~70mmf2.8で撮影したが、複数枚撮った写真にブレが多かったのでこのレンズを購入した。失敗(ブレ)の確率が減っており、無駄な投資にならずホッとする。   

10040241

坂の階段中ほどの枝垂桜、狭い空間から見事な枝を張り出している。初めて見れる程度に撮影出来たがVRのおかげ。 

10040231_2

  

清水寺には8時頃到着、さすがにここは人が多かった。 京都新聞電子版の桜情報では開花となっていたが、見頃を迎え見事であった。

10040252

桜越しに夜景を撮ったが、気に入った1枚となる。

10040251 

 

定番の撮影ポイント、桜が白くならない。タングステンフィルムでも使う必要があるのかな?

10040253

   

右手の桜を入れてみた。   

10040254_2

  

場所を変えて左の桜を入れる。

10040255

  

最後に小さな池の前からの撮影、16GBのCFがフルとなり撮影を終了したが、清水まで来て良かったと満足しながら帰路についた。

10040256

移動:歩き  天気:晴れ?  D700:614枚

|

« 通勤途中、通りすがりの桜撮影 木屋町 | トップページ | 桜撮影中の鳥撮影 »

」カテゴリの記事