« 2010年初夏の信州撮影旅行 上高地に戸隠 | トップページ | 2010年初夏の信州撮影旅行二日目 戸隠 »

2010年6月14日 (月)

2010年初夏の信州撮影旅行初日 上高地

 信州も新緑のシーズン、昨年に続き今年も撮影旅行に出かける。昨年は上高地をメインとし、人の少ない平日を選んで金曜日に出発したが、今年は高速料金のETC割引が適用される12(土)、13(日)を選んだ。野鳥撮影をメインにして328でサブにP6000と考えたが、結局上高地では風景をメインということで、16~35mmズームに80~400mmズームも持って行くことにして、カメラはD300、D700、D90の3台体制、家から駐車場に行くまで荷物が重かった。

13日の朝、前夜、多少寝付けなかったこともありしんどかったが、5時半出発で9時過ぎに沢渡の駐車場に到着した。途中の道中、曇りがちで天気が気になり、曇り空なら野鳥狙いだけで上高地入ることも考えたが、快晴でまったく問題なかった。

大正池の端近くから撮影開始、風景撮影は超広角を主体にした。

10061201

大正池ホテル近くでコマドリの嘶きを聞き期待したが、姿を見ることは出来なかった。代わりに歓迎してくれたのがウグイス。  

10061202

広場からの撮影、山が少しぼんやりしていたのと山頂周辺に雲があったのが残念。  

10061203

いつも通りのコースを歩くが、途中の小川でマス(ブラウントラウトとかいうやつかもしれない)の子供を見つけ撮影する。他にヤマメも見たが、イワナは見なかった。  

10061204

焼岳、少し噴煙を上げていた。  

10061205

原生林の中、強烈なドラミング音が聞こえ、大アカゲラかと思うが遠かった。  

10061206

森の中の遊歩道、バスで来た観光客が多く野鳥の声も少なかったので、急ぎ足で歩き田代湿原に到着。  

10061207

直ぐ横の田代池を16mmで撮影、こうしてみると池というのを納得、実際の風景、人間の目ではこうは見れない。視覚がもっと狭い。  

10061208

GWに来た時にはこの辺りで、ルリビタキ、アオジ、他色々な鳥を見かけたので探すが、見ることはできなかった。ホウの木かな?、花が綺麗に咲いていた。  

10061209

田代橋に向かう途中、林の中のコースを選んだが、鳥の鳴き声が急に増えた。まずは、キビタキ登場  

10061210

続いてアカゲラ参上であったが、逆光でまともに撮影できずの証拠写真。  

10061211_2

田代橋より見るいつ見てもいい景色。左手に有名なホテルが見えるが、入ったことは無し。コーヒーが美味いとは聞くが、冷えた缶コーヒーで十分。  

10061212

今日は右手沿いに河童橋に向かう。こちら側で、これまでに色々な野鳥を撮影している。まずは、腹ごしらえでオニギリを食べる。  

10061213

コガラがいた  

10061214

ミソサザイ、カワガラスを探すが見つからず。近距離にオオアカゲラが止まったこともあり期待したが、鳥は現れずというより景色に見とれあまり探さなかった。いつみても感動する景色で、シャッター切りまくりで歩く。  

10061215

団体さんが通り過ぎるのを待つと、人は意外に少なかった。直接河童橋に行く人が多いようである。  

10061216

12時頃に河童橋に到着、定番の橋の上からの撮影。  

10061217

河童橋周辺は人が多かったが、少なくなった瞬間を狙いシャッターを切る。  

10061218

ビジターセンター近くで音楽コンサートの準備がされていた。元”赤い鳥”の山本潤子、若い頃に竹田の子守唄とか赤い鳥の歌はよく聞いた。聞くならどこでも聞ける、見てもしょうがないで、明神方面へ先を急いだ。  

10061219

鳥の鳴き声は少なくなったが、時々キビタキ、コマドリの声が聞こえる。

数年前に、目の前数mの所に居たコマドリに気づかず、撮り逃がした場所に到着したが姿は無かった。その後に箕面で撮影しているが、コンクリートが背景の餌付けされた鳥、緑の中で是非撮りたいと思っているがチャンスが無い。  

10061220

イワカガミが咲いていた。それ以外にもニリンソウや色々な小さな花が咲いていたが、広角と望遠のみだったので撮影せず。  

10061221

明神池への分岐点到着、写真を撮ろうとカメラを向けると二人ずれのオバサンが前に入りよった。望遠での野鳥撮影なら、レンズの前に立たない限り、前に入ろうがどうしようが気にもならないが、風景撮影でこちらが撮っているのを知っていながら、何も言わずに前に入るとは、いい度胸のオバサンたちである。開いた口が塞がらずで退くのを待っていたが、これまたシャッターを押すまでに時間がかかる。おまけに画像確認、何やらの話で更に時間がかかる。こちらは10秒もかからないが。  

10061222

明神橋  

10061223

橋の上から上流を撮影する。明神辺りまでと違い急に視界が開ける。しかし、大した景色ではない。  

10061224

明神池には寄らず河童橋に引き返す。途中の湿原  

10061225

サルが居た。兄弟か夫婦か知らないが、仲良さそうにじゃれていた。  

10061226

こちら遊歩道に座る親子、多くの人が歩いているのに一向に気にする様子が無い。  

10061227

母親と赤ちゃん、望遠で離れた距離から撮っていたが、薄笑いを浮かべたニーチャンが至近距離で携帯(コンデジ?)を猿の前に突き出し撮影しよった。”至近距離に近づいてサルの目の前に突き出しての撮影はないやろ、昔の箕面のサルなら携帯をひったくられるで~!”

赤ちゃん猿が少し怯えていたように見えたが、年には関係なくモラルの低い輩は何処にでも居る。  

10061228

赤ちゃん猿が眠たそうにアクビ、表情は人間と変わらない。  

10061229

少し離れたところでは、やんちゃ盛りの小猿が木にぶら下がっていたが、よく見ると下の茂みの中から親猿がこちらに睨みを利かせていた。  

10061230

ミソサザイ発見、地味な色で見つけにくいが、派手な声で鳴くのでよく探せば見つけられる。  

10061231

河童橋近くの湿地へレンゲツツジを見に行ったが早かった。  

10061232

河童橋に戻る。私が行った時は昼から山がぼやけることが多いが、昼からの方がよりクッキリりと見えた。 

10061233

バスの駅に帰る途中、川岸から撮影して引き上げた。  

10061234

5時頃に松本のホテルに到着、写真をチェックしてからシャワーを浴び、レストランで食事して(一杯飲んで)8時前には寝た。

移動:車、タクシー、歩き  天気:快晴  D700:143枚、D90:266枚

|

« 2010年初夏の信州撮影旅行 上高地に戸隠 | トップページ | 2010年初夏の信州撮影旅行二日目 戸隠 »

旅行・地域」カテゴリの記事