« 2010年夏の信州撮影旅行 三日目 雨の戸隠 | トップページ | 夏休み8連休最終日 今日もヤマセミにカワセミ »

2010年7月31日 (土)

ヤマセミ、カワセミ 物足りない一日

 朝からヤマセミ撮影に行く。天ヶ瀬に着いたのは、6時頃で既に数人のカメラマンがヤマセミを待っていた。

ヤマセミは発電所奥の手摺に居たが(居ると聞いた)、しばらくして手前に飛んできた。といっても距離は遠い、曇空で撮影条件は悪かった。

10073101

しばらくして対岸に飛ぶ。  

10073102

立入禁止の看板近くを舞い上がる。  

10073103

定番場所に止まる、  

10073104   

再び対岸に移動。  

10073105

この後、遠い木のしげみに隠れじっと動かない。  

10073106

カワセミの鳴き声を聞き、見るとカワセミが居た。  

10073107

カワセミは動きが活発。  

10073108

ヤマセミの動きは悪く、その後は姿を見せてくれない。

8時半を過ぎてお巡りさんがやってきて、110番通報があり通行の邪魔になるとかで橋から退去して欲しいとのこと。それほど人が集まっていたわけではなく、また車の通行の邪魔をしていたわけでも無い。私も車を運転するが、人が居いて注意して運転しなければならない程度、橋には急カーブで入り出てからも急カーブがある。人が居なくても徐行しなければならない場所、通報の根拠がわからなかった。人がジョギングや散歩していても徐行しなければならないが、お巡りさんも110番通報があった以上、場所を離れて欲しいとのことで、納得できなかったが橋から去る。嫌がらせか、過剰反応か、何かあったのか・・・・?

天ヶ瀬は、今日は諦めて、勧修寺へカワセミ撮影に行くことにした。もともと、ヤマセミが悪ければ行くつもりであった。

勧修寺のカワセミは、今日も出が良かった。出が良かったというのは、外への出と云う意味である。

9時10分頃に到着したが、カワセミは見かけず。少し時間が立ってから、木の茂みの下に飛び込む姿を見て居ることを確認したが、初めから居たのかも知れない。 

10073109

この時期、冬には撮影出来ない緑の中のカワセミを撮影したいという気持ちがあるので勧修寺に来るが、今日も止まりもののオンパレード。  

10073110

山科川と違い、コンクリのような人工の物が入らないのが良い。水が汚く、水ものも撮れれば川のように底石が入らないため絵になると思うが、なかなか機会が無い。餌の魚が少ないのが原因のように思う。  

10073111

しかし、止まりものは綺麗、他にも目的がある。秋の紅葉背景も良いかも知れない。  

10073112_2

今日、昼までに見かけたカワセミは、親か子か判らないが、このカワセミは親であろう。  

10073113

昼からいつもの場所に♂、♀2羽が止まった。両方をそれなりに写そうとマニュアルフォーカスするが失敗で両方ボケる。  

10073114

この時期に近くによれば行動は判っている。すぐさま行動開始。  

10073115

私は、連写スタートであった。  

10073116

連写音が遅くなっても続く。  

10073117

2番子か3番子か知らないが期待する。  

10073118

♀は残り、♂は川へ、当然給餌シーンを期待する。  

10073119

待てど(♀も私も)、♂は帰ってこずで川で何をしているのか。20分ほど待っても♂が戻ってこないので、♀も川に飛ぶ。  

10073120

それからしばらくして♂が帰ってきて魚を捕り♀を待つ。  

10073121

♀は現れない。

10073122

♀は何処へ行ったのか?。 ♂と♀は別の場所に行っていたのかと思うシーンであった。  

10073123   

♂は自分で魚を食べ、直ぐに飛び去った。

10073124

しばらくして、♂が再び戻り、魚を捕って♀を探すが見つからず、♂は呆然としているようにも見えた。  

10073125

すれ違いのB級の恋愛ドラマを見ているようであったが、給餌シーンを期待していた私はがっかり。3時頃に勧修寺を後にした。

移動:車  天気:曇り一時小雨後晴れ  D300:388枚

|

« 2010年夏の信州撮影旅行 三日目 雨の戸隠 | トップページ | 夏休み8連休最終日 今日もヤマセミにカワセミ »

野鳥」カテゴリの記事