« 雨の中の紫陽花・蓮にカワセミ 法金剛院と勧修寺 | トップページ | そろそろヤマセミかな(写真は昨年撮影) »

2010年7月 4日 (日)

カルガモ親子にカワセミ 勧修寺

 朝から曇り空、雨こそ降っていなかったが回復せず。買ったばかりの三脚を持って山科川へカワセミ探しに出かけたかったが、川は濁っていると予想されたので勧修寺に行く。どんよりした曇り空の勧修寺でのカワセミ撮影、現れるかどうか以前の話で、開けた川と違い薄暗くシャッター速度が早くならず、あまりいい写真が撮れない。しかし、カルガモ親子を今年は見かけていないので、そろそろ見られないかとの期待があった。睡蓮の葉に乗るところを花に絡めて撮りたかった。数年前に撮影したが絵になる。

カルガモ親子は現れたが期待通りとはいかず雛は2羽、先週は3羽居たそうであるが数は減っていた。カラスにやられたのであろうか、今年はサギの雛の数も少ない。

10070401

カワセミは予想通り(川が濁っているので寺に現れる)、午前中は寺に居ることが多かったが、昼からは、しばらく帰ってこないことが多くなった。これまでと違い帰ってくるのは、どちらかというと北よりの方面が多く、名神方面に行くことが多かったのであろうか、 飛び出すのはいつもの方向であったように思ったのであるが?   

10070402

止まりものは寺が良い、曇り空のシャッター速度が早くならない時でもそれなりに撮れる。特に今日は三脚使用で失敗は少なかった。  

10070403

午前中は蒸し暑く、腕に手のひらを蚊に刺されイライラする。 

10070404

今日のカワセミは、比較的近くにも止まってくれ、それなりに撮影できたが、やはり水際にホバーを撮りたかった。  

10070405

水に飛び込もうと体制を整えるが、やめよった。  

10070406

と思いきや一瞬の隙をついて飛び込み魚をとる。今日も集中力にかけ、数少ない水際のチャンスを逃すことが多かった。明るくシャッター速度を早くできる川なら撮れたのにと思うのは負け惜しみか? しかし、これまで川ではそれなりに撮っているのは事実である。土手から下向きに撮るのと、水平に撮るのではレンズの振る角度が違うこともあるかも知れない。  

10070407

動きのあるところも数少ないが撮れた。暗い中でのカワセミは、三脚が必需品。  

10070408

昼から少し明るくなり、晴れ間も見える。湿度も多少低くなったのか、すごしやすくなった。  

10070409

枝から枝への移動の瞬間。  

10070410

頻繁に繰り返してくれれば、いいところも撮れるのだが。  

10070411

水際、機会は少なかったが、”撮れた~”の1枚。 

10070412

これは良かったのかな?  飛びもの撮影は、撮る機会を多くすることによる感覚の維持が重要、たまの撮影では歩留まりが悪い。  

10070413

昼からは晴れ間も見える。今日はD300に328+1.4倍テレコンであったが、晴れてシャッター速度が早ければ、被写体も多く(サギに花)快適な写真撮影であったろうと思う。 

10070414

明日から川の濁りがなくなれば、また小魚の多い川かな? 川ならもっと上流に来てくれ~! ゴーヨンを担いで飛びもの狙いで行く。

移動:車  天気:曇りのち時々晴れ  D300:725枚

|

« 雨の中の紫陽花・蓮にカワセミ 法金剛院と勧修寺 | トップページ | そろそろヤマセミかな(写真は昨年撮影) »

野鳥」カテゴリの記事