« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月29日 (日)

8月の最終日曜日 静かな勧修寺

 今日も朝から勧修寺に行った。午前中で帰えるつもりで出かけたが、カワセミの出は今日は最悪であった。親は出ず、用心深い若が数度姿を見せたのみ、1時過ぎには引き上げた。

カワセミは証拠写真のみ、それも距離は遠かった。

10082901

この若、相変わらず人影を見ると直ぐに逃げる。寺に居ることが多いようであるが、川に出るのが怖くて出来ないのかも知れない。 

10082902

木陰に入ることが多く撮影しにくい。

10082903

今日のサギは、オオタカが現れ盛んに鳴き忙しなく逃げ回っていた昨日に比べ物静かであった。 

10082904

寺の外に出ていたのかサギの数も少なかった。  

10082905

枯れた大木の上を黒い鳥が飛ぶが、正体はカラス。  

10082906

カルガモも昨日は一箇所に集中していたが、今日はそれぞれの居場所でのんびりしていた。  

10082907

陸に上がりくつろぐカルガモも居た。  

10082908

睡蓮の花は、数が少なくっている。  

10082909

開き始めの蓮、蕾も残っており、もうしばらくは見れそうである。  

10082910

私が帰った後はどうなったか知らないが、静かな勧修寺であった。相変わらず暑さは真夏と変わらない。

移動:車  天気:晴れ  D300:103枚

|

2010年8月28日 (土)

サギ殺害事件(サギが猛禽に喰われた)の翌日 

 昨日の夜に職場の宴会があり多少飲んだので多少気分が悪かったが、某お寺で、昨日サギ殺害事件があったとの情報を得て現場見聞のため出かけた。出かける前に、パンシロンの胃腸内服液αを飲むが10分ぐらいで効き目があらわれる。

今日は328+1.4倍テレコンにD300ということで、川沿いを歩いて某お寺に向かう。9時過ぎに到着、早速現場に向かい状況を確認するが白い羽が散らばっていたのみで、食べ残しは残っていなかった。カラスが残りを食べてしまったのであろうか?

10082801

今日のカメラマンは3人、昨日現場を最初に撮影したカワセミ師匠も来ていたので話を聞く。いつも通りカワセミ狙いでカワセミを待っていると、”オオタカが現れた”の師匠の声で昨日の現場を見るとオオタカが舞い上がり木の上に止まった。人間なら犯罪を犯すと気になって現場を見に来る犯人がいるというようなことを聞くが、このオオタカは餌の残りを狙って現場に戻ってきたが、残念なが残りはカラスが始末していたというところであろう。  

10082802

オオタカが現れると、サギは飛び回ってうるさく鳴き、カルガモは一箇所に集まるが、平気で木の上に居るサギも居た。  

10082803

オオタカは幼鳥のようで、先週の土曜日に猛禽が空高く待っていたのを見たが、その鳥かも知れない。先日からカワセミ♀が、木の繁みに隠れ頻繁に上を気にするポーズを見せていたが、少し前から現れていたのかもしれないとこじつけで思ってしまう。  

10082804   

最初は夢中になって撮影する。  

10082805

サギのコロニーの島の木に止まる。  

10082806

近くの巣に居たアオサギが悲痛な鳴き声もしくは威嚇かも知れないが叫びまくる。最初は煩いと思っていたが、あまりにも鳴き続けるので、最後は”巣を襲うなよ”とアオサギに同情してしまう。自然界の定めといっても弱いものには加勢したくなる、石を投げて追っ払うかとも思ったが、距離が遠かったこともあり様子を見ていた。  

10082807

サギの方には飛ばずこちらに向かって飛んできたが、”お前はアオバズク”と言いたくなる様な姿。  

10082808

顔は精悍、猛禽類そのものである。  

10082809

ノートリ、羽を広げるとでかい!  

10082810

地面に下りたので行ってみると悠然と構えていた。近寄っても逃げない、テレコンを外した328で撮影、ノートリ。幼鳥で怖がらないのかも知れないが、これも問題のように思う。人間の生活圏の川で、大きな犬にでも襲われればどうなるのか・・・、飛んで逃げるかな? 小さなペット犬なら襲うかもしれない。 

10082811

木の枝に止まったところを下から撮影、多少トリミングした。  

10082812

こちらはノートリ、フォーカス距離FULLの限界あたり。  

10082813

今日は、サギを追いかけるところは見たが、襲う場面は見なかった。表情も無く鳴きもしない魚を捕るところなら見たいが、鳥が鳥を襲い捕まえて食べるところは、もう一つ見る気はしない。山本山でオオワシがオオバンを捕まえて飛んでくるところは撮影しているが、食べている場面は撮影したことが無い。  

10082814

狭い場所に厄介な鳥が現れたものである。昨日の食べ残しを見に来ただけと思いたいが、今度見かけたら石を投げて(もちろん当てる気は無いが)、山に追い返すかという思いが沸いてきた。カワセミが姿を見せない、ましてや襲われたらとの理由が第一であるが、”お前の来る場所では無い!” と思いながら今日は思う存分撮らせてもらった、ありがとう・・・・?  

10082815

今日のカワセミ撮影は、この1枚。数少ないチャンスを、カメラは持って居なかったが近づいて逃がし、他のカメラマンに怒られる。今日のカワセミ、人影を見ると直ぐに逃げよった。臆病な若が1羽いたのみで、親は姿を見せず。 

10082816

帰りの川で川面を飛ぶ姿を見かけ、かなり上流の橋の下でも日陰に止まる1羽を見かけた。

移動:歩き  天気:晴れ  D300:503枚、P6000:39枚

|

2010年8月22日 (日)

蓮の花にアゲハ・・? (カワセミ撮影スランプは続く)

 今日も朝から勧修寺に行く。蓮の花に止まるクロアゲハ(赤の斑点の位置を見るとナガサキアゲハかな?)を撮影。

10082201

ピンクの蓮の花に黒いアゲハ、バックは緑で配色は中々良いと思う。  

10082202

花と蝶狙いなら、良かった、良かったというところかも知れないが、蝶狙いなら70~200mmレンズを持って植物園に行く。もちろん真剣に撮っていない(??)。    

10082203

今日の狙いもカワセミ、500mmにD3を持って行くが、今日は大半をテレコン無しで撮影した。カメラマンは久しぶりに多かったが、観光客が少なく静かであった。

今日は、いつもの親の♂と若の♂の2羽が現れたが、親の♀は見かけず。若も足が赤くなってきており、見分けは羽の綺麗さのみ、多少見分け難くなっている。

10082205

今日も、動きのあるところを狙ったが、餌捕り撮影はことごとく失敗、かろうじて後姿のみを捉える。  

10082206

今日も動きは悪かったが、朝の内は止まりものをボツボツ撮影出来た。  

10082207

若の♂、親と若が近づくとけん制しあって両者の動きは悪くなる。両者が近くに現れてくれるのも問題がある。  

10082208

若はスリム、体を伸ばすとかなり細い。  

10082209

飛び去る後姿は数枚ならピントが合う。前か横から撮影したいが最近は失敗続き。  

10082210

親の♂、何かに気を取られている。  

10082211_2

川から帰ってきて、池の端に沈んだ木の枝(自然の止まり木)に止まる。親かな?  

10082212

今日も不調でいいところを撮れず12時半頃に暑さが我慢できず引き上げた。鳥も暑いのか、近くに止まったヒヨドリは嘴を開きぱなしにしていた。

今日も、以前は良かったということで今年4月のホバ写真を掲載、最近、寺ではホバをまったくしなくなったが、この頃までは寺でもホバを見る機会があった。  

10082213

いきなり目の前でホバ開始、ピントが合わずで少し下がっての撮影であった。  

10082214

写真は、いずれもノートリ、こんな時期もあったので調子が悪くても通っているが、他に出が良い場所があれば行ってみようかと最近考えるようになってきた。  

10082215

移動:車  天気:晴れ  D3:199枚

|

2010年8月21日 (土)

カワセミ ホバーに水際が撮れない

 最近のカワセミ撮影は止まりものばかり、撮れるだけマシと思わなければならないのかもしれないが、ちょっとさびしい。カワセミ撮影一筋では無いが、カワセミ撮影に出向く時間は多い。今年の1月、2月はかなり動きのあるところを撮影出来た。毎週撮影に行ったが、HDに残している写真を見ると、毎回30~100枚ぐらいは動きのあるところが残っていた。一回の撮影枚数は数百枚、10~20%ぐらいの確率で撮影出来ていたようである。梅から桜のシーズンになりカワセミ撮影の機会が減ったが、5月に入って動きのあるところの撮影が減り、7月以降はさっぱりとなっている。カワセミを見る機会が少なくなり、動きのあるところを撮影できる回数も極端に少なくなった。最近は、動きのあるところのボーズが続いている。もともと動体視力は良いが、集中力の持続が出来ない性格の上に、この暑さで気力も無くなっているが、カワセミの動きが極端に悪くなっているのが原因、おまけに見かけるのはシャッター速度が速くならない勧修寺、川に比べ日陰が多く暗い。川のカワセミは何処に行ったのか、以前は、夏場は草が高くなり見つけにくいだけと思っていたが、今年は数が減ったとしか思えない。以前は良かったと過ぎたことを考えても仕方ないが、つい考えてしまう。今年の秋から冬は復活するのであろうか、期待しているがどうなることやら・・・?

今年の1月、2月のカワセミを貼り付けて、最近の憂さを晴らす。

100801

  

100802

  

100803

  

100804

  

100805

  

100806

  

100807

  

100808

  

100809

  

100810

  

100811

  

100812

  

100813

  

100814

|

山科川から勧修寺へ

 朝いつもより1時間ほど遅れて目が覚める。体がだるく熱があるような普段どおりのような微妙な感覚、夏風邪か多少鼻がグズグズ、外へ出るのはやめようかと思いしばらくTVの前に座る。9時を過ぎて、家に居ても暑くなってきたので外へ出て、山科川から勧修寺へいつもの散歩コースを歩く。川では多少風があり家の中より涼しかったが、足取りが重く気分が多少悪い、熱中症の手前かと気にすると不安になったが半分ぐらい歩いていたので寺に向かう。

今日の初ショットは小さな堰堤下のカルガモ

10082101

ササゴイが魚を捕る  

10082102

私に気づき飛び去る。 

10082103

川の中ほどに止まる。  

10082104

横に行くと更に飛び去った。  

10082105

対岸の極わずかな水溜りにアゲハチョウが集まる。  

10082106

亀の甲羅干し  

10082107

何とか無事に勧修寺に到着、拝観受付のおねえさんが”今日は多くのカメラマンが来られていますよ”と言っていたが4人、最近にしては多かったのかな。

カワセミは、最近の定番位置に居た。動きは、いつもよりは多少マシであったが相変わらず悪かった。  

10082108

今日は、400mmズームにD90の手持ち撮影、水際は三度ほど捕らえたが、すべてピンボケ。  

10082109

直ぐ近くの木にメジロが現れたので、久しぶりに撮影した。  

10082110

最近、見えるところに止まってくれるので、止まりものは撮影できている。今日は♀は見かけず♂ばかり、若はここしばらく見ていない。  

10082111

今日も露出マニュアルで撮影  

10082112

餌捕りの後の飛び去る後姿、この前はカメラで捕らえることが出来なかった。  

10082113

比較的近い場所  

10082114_2

木の繁みに隠れた時は、他のものを撮影する。シオカラトンボ  

10082115

定番のダイビングポイント、絶好の撮影条件、飛び込む水面を想定しピントを合わせて待つが、予想に反しこちらに飛んできて近距離の場所に飛び込んだため撮影失敗。  

10082116

枝被り、糞を飛ばしよった。

10082117

12時を過ぎて暑さが溜まらず帰宅した。

気分が悪かったのはしばらくして収まったが、昨日のアルコールが残っていたようで汗を流すと気分がスッキリした。暑くて帰りは歩く気がせず地下鉄で帰る。風呂に入って汗を流し、鱧の湯引きに酢味噌でビール、高校野球を見ていたが得点差が開いたところで昼寝、この暑さはいつまで続くのやら・・・・。

移動:歩き、地下鉄  天気:晴れ  D90:212枚

|

2010年8月19日 (木)

コンデジ片手に山科川

 住宅ローンが完済、コツコツ働き30年間よくぞ払い続けられたと、感無量でも無かったが会社定年までに負債が無くなりほっとした。抵当権抹消の手続きが必要とのことで、半休を取り金融機関に行って来た。説明を聞きながら、癖でごじゃごじゃ質問はしたが、どうでも良かったので名前を書いて印鑑を押し司法書士へ依頼するための手数料を振り込んで3時過ぎに帰宅した。家に居ても仕方が無いのでコンデジP100片手に山科川に出かける。

今日はやけに暑かったが、川に出ると風があり多少マシ、南に歩く。

10081901_2

チョウサギ(?)がいたので撮る。被写体が大きければコンデジでも十分撮れる。  

10081902

電線に止まるツバメ、空をバックにすると一眼レフと違い色合いに多少不満がある。  

10081903_2

運動公園横のコサギ、十分な描写。  

10081904

ひがひで橋に3時40分頃到着、カメラマンは一人も居ない。勧修寺に行くには時間が中途半端でカワセミが現れるの待つ。陽炎を撮影。  

10081905

25分ぐらい待ち、帰ろうかと思ったところにカワセミ登場。  

10081906

橋脚からダイビング大きな餌を捕らえ橋の下の暗いコンクリに止まり動かず。20分ほど動くの待ったところで、目を離した瞬間に飛び立つ。  

10081907

諦めて引き上げる途中、すこし上で発見するも、直ぐに飛び立つ。  

10081908

嬉しいことに上流で久しぶりに、別のカワセミ(多分?)を見つける。このカワセミも橋の下に隠れたので諦めて帰った。  

10081909

コンデジでのカワセミ撮影、こんなものかと満足。上流域とは云ってもまだまだ下流であるが、名神より上流で姿を見かけ嬉しかった。

移動:歩き  天気:晴れ  P100:159枚

|

2010年8月16日 (月)

盆休み最終日 勧修寺のカワセミ

 盆休み4連休の最終日も朝から勧修寺に行く。ゴーヨン+1.4倍テレコンにD3を持って行くが、所用で午前中のみの撮影。

開門時間の9時前に到着したが、何かの行事があり既に開門されており待たずに入れた。カワセミ狙いのカメラマンが一人、8時半頃には入れたそうである。♀のカワセミが昨日と同じ場所に居た。昨日は元気が無いように思えたが、今日はいつも通りの精悍な目をしていた。

10081601

しかし、中々動かない。一度、飛び込み(?)池の中の自然に出来た止まり木(枯れ枝が落ちたのであろう)に止まった。しかし、動きは悪く一度撮りやすい場所に移動してくれたが、後は昨日も止まった場所で動かず。  

10081602

池の周囲を歩いてると繁みの中に♂がおり、私を見て直ぐ移動、昨日の場所に止まった。カメラをセットして飛び込みを待つが動かない。不思議に思うが、この場所は繁みの中よりカメラマンに近い。繁みの中では直ぐ逃げたのに、ここでは人が居ても動かない。  

10081603

少し前の日の当たる場所に出てきた。餌取りモードと思ったが、直ぐに元の場所に戻る。  

10081604

思わせぶりが多く、今日は昨日以上に動きは悪かった。  

10081606

♂は10時半頃に寺から飛び出し川へ、少し南の方向に飛び出したが、川のカメラマンに大サービスだったのか気になるところ。  

10081607

メスは動かずで、12時頃に諦めて引き上げた。

蓮の花にカワセミ、昨年は盆休みに撮影した。この写真は、昨年の8月15日の撮影、花に止まったのを見たのは、この日一日であった。私が行けなかった平日にも止まっていたのかも知れない。  

100816101

この写真は、翌16日の撮影、この写真の方が気にいっている。  

100816102

今年も盆休みに期待してたが、駄目で諦めている。

昨年の氷室池の様子、蓮がぎっしりと咲いていた。  

100816103

今年の状況はこの通り。この違いはいったい何なのか? 少なくと6月頃までは枯れ茎が残り撮影の邪魔をしていたが今は無い。異常気象の影響による水質変化なのか、他に何かあるのか判らないが、蓮が無くなり飛び込みが撮りやすくなった。しかし、撮れていない、原因は餌の魚が少なく(多分)飛び込む回数が少ないのと、動き物の撮影の腕が落ちたことであるが、腕が落ちたのは深刻で撮影術マスターの再挑戦が必要になってきた。  

100816104

移動:車  天気:晴れ時々曇り  D3:161枚

|

2010年8月15日 (日)

カワセミ やっぱ勧修寺

 今日は朝から大阪池田に帰る。名神高速が混んでるかと思っていたが、渋滞なしでスムーズに池田に到着、帰りも京都南から大津までの渋滞があり京滋バイパスで宇治経由のルートを選んだため渋滞には遭わずで山科に戻る。山科川のカワセミカメラマンの状況調査でだいげん橋とひがしで橋を通るがカメラマンはあまり見かけなかった。一時をかなり過ぎてから出陣、今日もサンニッパにカメラD300で地下鉄で勧修寺に向かうが暑かった。

今日は参拝客は少なく、カワセミカメラマンは常連さんが二人、状況を聞くと動きは相変わらずだが、朝は多少は良かった時があったとのことで期待する。オスが良く見えるところに出てきたので、まずわ証拠写真。

10081501

水に飛び込み魚を捕り、低い枝にとまる。  

10081502

今日も♂と♀の2羽が寺にずっと居たが、♀は隠れたまま、♂も見えるところに居てくれたが動きが悪かった。今日は参拝客が少なかったためか、前にかなりの時間居た。  

10081503

たまに日の当たる場所に出てくれたが大半は日陰、カワセミも暑かったのかな?  

10081504

たまに餌取りモードに入ってくれ期待して待つが、なかなか水に飛び込んでくれず。痺れを切らして油断した時に飛び込み、今日も動きのある所はまともに撮れず。 

10081505

最近は大分変わってきたが攻撃的な気の短い性格、我慢しないといい写真(飛び物)が撮れない、とは判っているが・・・。手持ち撮影で歩き回り追いかける方が性に合っている。 

10081506

  

10081507

ファインダーをじっと覗きこんでいると、多少目が回るような気分になることがあるのもじっと待てない要因の一つ。  

10081508

しかし、止まりものでも撮れる事に感謝。  

10081509

♀が近場に出てきたので接近して撮影したが、逆光で多少不満あり。この写真をソフトで明るくして拡大すると、何故か目が悲しげに見える。勧修寺にはカワセミのお墓があり近くを通ればいつも見ているが(最近上の木が枯れかけているような)、死ぬ前には様子がおかしかったと聞く。このカワセミ、最近じっとしていることが多い(川での動きは知らぬ)、たんに疲れているだけで寺で休んでいるのかも知れないが、早く元気よく餌捕りに励んで欲しいと思う。  

10081510

赤とんぼなども撮影、夏も終わりに近づいてきたが、今日も暑かった。  

10081511

明日は盆休み4連休の最終日、この休み立山に行きたかったが、何かと出費があったのでゴーヨンかついで勧修寺か? 勧修寺行ったら川で大サービスしよったりして・・・、今年の夏、蓮の花にカワセミは諦めたが止まりもので満足じゃ~?????

移動:地下鉄、帰り歩き  天気:晴れ  D300:247枚

|

2010年8月14日 (土)

カワセミ 性懲りも無く勧修寺へ

 早朝に起きたが朝から多少の所用があり自宅待機、写真の整理はかなり出来たが家を出たのは10時過ぎ、今日もカワセミと蓮狙いで勧修寺に行った。今年の夏は半ば諦めかけているので、山科川でカワセミ撮影も頭に入れて地下鉄で出かけた。

蓮は少ないがポツポツ咲いている。

10081401

今日もカワセミは居たが、動きは昨日以上になく、狙い通りには行かなかった。まずは証拠写真で撮ったカワセミ、枝被りであったが全身が入る。  

10081402

今日はサンニッパ+2倍テレコンにD700、カワセミ撮影では初めての組み合わせ、時々チェックを行う。水に漂う蓮の花弁でピント、色合いチェック。  

10081403

動きの悪かったカワセミ、二度ほど直ぐ近くにも出てきよった。  

10081404

動きのテンポが遅く、水際はレンズも向けられなかった。  

10081405

♂は、極たまに前に出てくれたが、♀は隠れたまま。  

10081406

水に飛び込む気配を見せながら、期待とは裏腹に外れ。  

10081407

今日も、中で♂と♀が急接近、しかし何も無かった。  

10081408

昼から、山科川に移動、橋脚から数度飛び込んだが、今日は寺同様に動きは鈍かった。  

10081409

久しぶりの土手に止まるカワセミ。

10081410_2

結局、4時過ぎまで3時間粘るが、いいとこの撮影無しで帰ることに。

明日15日は撮影に行けるかいな・・・?

移動:地下鉄、歩き  天気:曇り  D700:163枚

|

2010年8月13日 (金)

勧修寺後山科川から旧安祥寺川を歩く

 今日の朝、起きた時の体調は良くなかった。一晩中入れているクーラーが原因のようであるが、切ると暑くて寝れず睡眠不足になる。どちらが良いのやら・・・・?

盆休み4連休の初日、高速道の混雑予想で遠出する気にもならず近場でカワセミ撮影、今日は山科川での撮影も考え地下鉄で勧修寺に行く。当然、ゴーヨンではなくサンニッパ+1.4倍テレコンで7時半を過ぎてから自宅を出発、小野駅下車で8時過ぎに川に到着した。カメランは二人、”アカン”とのことであったが、土手の木の繁みにカワセミを見つけ、用意していると、訳のわからない車が通りカワセミを追っ払われる。クラクションを鳴らしぱなしで走る常識では考えられない車、ひがしで橋とかんしゅうじ橋の間の川沿いを周遊する。走行を邪魔する車や人が居るわけではなく、カワセミ撮影者に対する嫌がらせでもなく”なんじゃ”と思っていると地元の人が出てきて運転手に抗議、とにかくこの場所での撮影を諦め勧修寺に入ることにした。寺に入る前に橋の下流の小さな堰堤を見に行き、帰ってきた時にパトカーが来ていた。

8時40分頃に勧修寺に到着、開門前で最初に撮影したのはクマゼミ、シャンシャン・・・と威勢良く鳴いていたが、ツクツクボウシの鳴き声も聞こえ、夏も盛りを過ぎたのを感じる。

10081301

しかし、暑かった。スズメが水溜りで水浴び 

10081302

今日も一番乗りで入ったが、忙しなく鳴くセミの声の中にカワセミの声が聞こえる。2羽が追いかけあいをしていた。  

10081303_2

見えるところに落ち着かず撮影できなかったので、こちらも手持ちで追いかける。  

10081304

15分ぐらいで1羽が寺か出て静かになったが、3羽いたようである。  

10081305

その後、動きがなくなり退屈な時間が続く。どのカワセミが外に出て、どのカワセミが中にとどまったのか判らなかったが、♂と♀がいつもの場所に止まる。  

10081306

♂が餌取りを開始  

10081307

2度ほど水に飛び込むが、水際撮影失敗  

10081308

一度は餌を捕り給餌を期待したが自分で食べよった。  

10081309

水際に飛びもの、これまでに何度も撮影しているが、ここしばらくは撮影していない。時間を置くとチャンスものに出来ない。  

10081310

今日の勧修寺、風が無く蒸し暑く不快指数がかなり高かった。汗が引かない、乾かない、おまけに蚊に喰われるで、体調不調もあり11時過ぎには寺を後にした。

その後、山科川から久しぶりに旧安祥寺川を十条まで歩いたがカワセミの反応なし。日が照り温度が上り、今日の歩きはきつかったが、熱中症にもならず12時半頃に自宅に到着。

移動:地下鉄、歩き  天気:曇り後晴れ  D300:79枚

|

2010年8月 9日 (月)

京の七夕 堀川

 ”一年に一度の願いをこめて” 地下鉄駅のポスターで見かけ会社帰りにぶらっと行った。会場は、堀川と鴨川の2箇所、天の川のイルミネーションに惹かれて二条城前の堀川に行った。地下鉄の駅から出た時は夜風が涼しく心地よかったのであるが・・・。

堀川沿いに並ぶ七夕の飾りつけ、まだ空に少し明るさが残っていた。堀川は昔から知っているが、川が流れているとは知らなかった。

10080901

芸大生作の色々な作品が並ぶ。興味を引いたのもあれば、これは何?と思うものもあり。綺麗なものは綺麗と思う感受性はあるが、芸術的な感性は持ち合わせていない。ライトアップイルミネーションには興味がある。  

10080902

光の色が変わり幻想的であった。  

10080903

友禅流しのライトアップ、これは見事であった。  

10080904

色がさまざまに変化し、川の中に友禅の反物(?)が浮かび上がる。  

10080905

しばし、見とれる。写真撮影は難しかった。D700と16~35mmレンズ使用。  

10080906

川沿いで少し冷を感じたが、人通りの中を歩いてきたこともあり汗が噴出してくる。  

10080907

ポスターの写真にあった天の川、撮影したかったスポットであるが人が多かった。  

10080910

LEDと思うがすごい数、見事であった。  

10080911

会場は北向き一方通行のため、堀川通りの歩道を歩き、元の場所に戻り橋の上から会場を撮影する。  

10080912   

二条城がライトアップされ無料公開であっため入ったが、直ぐに出て地下鉄に乗った。

移動:会社帰り  天気:曇り  D700:160枚

|

2010年8月 8日 (日)

山科川を少しだけ歩く

 今日は朝から大阪池田に帰る。高速が混んでいるかと思ったが、渋滞は大したことなく1時前には京都に帰ってきた。カメラをリュックに入れてカワセミ撮影に出る。

今年の夏のカワセミ、蓮枯れ(誰か水質が悪化する引き金になるようなものを水の入れ替えの少ない池の東側に投げ込んだのかいな、魚を集める撒き餌でも、流れのある川ならともかく残れば水質を悪化させる。東側の蓮が全くないが、植物は一旦枯れだすと連鎖で広がる。大量に姿を消した蓮、増えすぎた結果の自然現象と見るのが順当と思うが、いったい何が起こった? 姿を全く見ない上流のカワセミも同様、関係ないか、カワセミはいつか戻ると確信している。)で不調の勧修寺を諦めたわけではないが、今日は久しぶりに山科川を歩く。

始めにケリを見かける。山科川では初めてである。

10080801

今日は、D90に80~400mmズーム、適当に飛び物を撮るがピント合わず。  

10080802

何枚かピントの合ったものがある。  

10080803

最初は1羽と思ったが、4羽ほど居た。  

10080804

あまり注目されないが、羽を広げると綺麗な鳥である。  

10080805

勧修寺近くまで行き、しばらく待つがカワセミ現れず。ならば勧修寺かと思い、”カワセミを追い出してきますわ”と言い勧修寺に入るが、姿見ずどころかカワセミの気配さえ感じず20分でサギを撮影して川に戻る。  

10080806

しばらくして、カワセミが現れたがサギが傍を飛びカワセミも飛び去った。  

10080807

かなり待ってようやく現れるが、直ぐに上流へ飛ぶ。  

10080808

今日は直ぐ近くで軽とバイクの接触事故があった。驚いたjことに、直ぐに救急車が来た。たまたま傍を通りかかって事故を見つけ来たようである。事故は、大した人身事故にならなったようで幸いであったが、警察が来るのが遅そすぎるように思う。

それはともかく、カワセミは不調で3時過ぎには引き上げるために上流に向かった。上流の川を見ると小魚が一杯泳いでいた。カワセミはなぜここに来ないのか・・・・?  

10080809

移動:歩き  天気:晴れ  D90:103枚

|

8月7日(土)PM 勧修寺

 伊吹山から山科に戻り、カワセミの様子を見に勧修寺へ直行。毎週カワセミの状況を確認したいだけで、手持ち撮影で長居はしないつもりであったが、カワセミの出が良く(今日は寺内)、結局1時過ぎから4時まで粘った。残念ながら動きは悪く、良い写真が撮れず止まりものオンパレード。

始めの30分は姿を見かけずで、今日は駄目かなと思っていたら奥で子供発見。

100807101

良く周囲をみると2羽居た。  

100807102

近くに止まり、争いはしなかったが、けん制しあっていた。  

100807103_2

定番の場所に止まるが、近づくと逃げる。  

100807104

勧修寺のカワセミ子供は、近づくと直ぐに逃げるようである。少し前は、目の前に止まり少し下がらないとフォーカスできなかったこともあるが、状況が少し変わってきたのか、たまたま日によるのか、見極めないといい写真が撮れない。明るい川と違いシャッタスピードが速くならないので、遠距離だとトリミングした時にまともは写真にならない。  

100807105

親♂登場、早速魚を捕ったがその場所に行った時には、魚を飲み込む瞬間であった。  

100807106

親♂も木の繁みの中に隠れ、しばらく留まっていた。  

100807107

奥で子供と遭遇、その後子供は姿を消した。おそらく池の反対側に居たと思う。  

100807108

親♀の登場、先週と同じでやはり上を警戒していた。  

100807109

繁みにいた♂がやってきて、またもや交尾、3週連続で見ているがどうなっているのか? 次の子つくりがうまくいっていないのか?  

100807110

♀、♂ともにかなり、羽がボロボロになっているように思う。光の加減か、♀は色も少し汚くなっている。  

100807111

頻繁に上を見る。  

100807112

繁みに隠れるカワセミ、今日は入り乱れ♂か♀かよくわからなくなった。  

100807113

今年の夏もカワセミ撮影で、休みに勧修寺に通い続けている。撮影日記には暑さがどうこうとかいているが、蓮の花どまり狙いが本当の理由。川での水物、ホバーも魅力であるが冬でも撮れる。しかし、残念ながら今年の勧修寺の蓮の状況は、今まで見たこと無いような悲惨状況、蓮で埋まる場所にまったく蓮がない。根が腐っているのか、水も今まで以上に汚く濁っている。そのためか、最近餌取りも少ない。このまま勧修寺の”蓮の花にカワセミ”に拘るか、諦めて川に行くか? 可能性のある限り(花が咲いている)夏場は通い続けたいと思っているが、数少ない蓮の花が咲いている場所に行くことが少ないので期待も出来ない。こればかりはカワセミまかせでどうしようもない。どうするか・・・、去年は執念で願いがかなったが?  

100807114 

  

|

2010年8月 7日 (土)

8月7日(土)AM 伊吹山 山上のお花畑

 昨日の夜は職場の宴会があり、ビールのみであるが多少飲んだ。終了後まっすぐに帰り、10時過ぎ寝たが朝は多少気分が優れず。パンシロンの胃腸内服液αを飲み、6時半頃に自宅出発、この時期恒例の伊吹山のお花畑に行った。もう少し早く(夜明け前)出たかったが、二日酔いでも酒酔い運転になるので自重した。

8時頃に到着、少し雲が出だしていた。

10080701

西遊歩道ゆっくりあるき山上を目指す。  

10080702

この時期、シモツケソウが見事に咲いていた。今日は花を絡めた風景撮影が目的、広角で花に接近して空を入れる。  

10080703

花を撮影しながらの歩きで、9時過ぎには山頂に到着。  

10080704

山上のお花畑の撮影を始めるが、東からガスが流れ出し隠れたり晴れたりの状況、山の朝の天気は変わりやすい。日が高くなると地面から水蒸気があがり一気に周囲を隠す。  

10080705

低い雲も東から流れてくる。山上のシモツケソウは見事であった。  

10080706

シシウドも綺麗に咲いていた。  

10080707

お花畑、シモツケソウ、シシウド、メタカラコウ・・・・・  

10080708

東歩道から駐車場に引返す。

毎年来ているので花はあまり撮らなかった。コオニユリ  

10080709

逆光気味での撮影  

10080710

クガイソウ  

10080711

サラシナショウマ、この花はこれから。  

10080712   

東遊歩道の駐車場近くに咲いていた、トリカブト  

10080713

鳥は、駐車場下の森の中に多く居るようで、山上ではホオジロを多く見かけ、ウグイスの鳴き声は至る所で聞こえた。

10080714

シシウドに止まるカワラヒワ、残念ながら太陽が雲に隠れる。姿は見なかったがキジが鳴いていたようである。  

10080715

アサギマダラ、この蝶も撮りたかった。花はヨツバヒヨドリかな?  

10080716

かなりの枚数を撮影した。この花はキオン?  

10080717

12時半頃に京都に帰り、そのまま勧修寺へカワセミ撮影に行った。

移動:車  天気:晴れ  D700:232枚、D90:458枚

|

2010年8月 5日 (木)

醍醐山万灯会

”各家のご先祖と精霊(しょうりょう)を供養し、命の尊さに心を寄せるため、毎年8月5日に醍醐寺全山で営まれるのが「醍醐山万灯会」です。”・・・と醍醐寺のHPに行事の紹介が掲載されているのを見て行ってきた。最初に見たのは地下鉄駅のポスターであったが、どういものかHPで調べたのであるが、人が多く写真撮影だけに行く場所ではなかった。何故か何人かのお坊さんもデジカメで撮影していた。

五重塔のライトアップは良かったが、桜のシーズンに見たい。やっているのかな?

10080501_2

  

10080502

  

10080503

  

10080504

  

10080505

  

10080506

移動:地下鉄  天気:曇り  D700:137枚

|

2010年8月 3日 (火)

全国光とあかり祭り in 奈良

 全国の光イベントが奈良に集合しているという情報知り、5時に会社を飛び出し、奈良まで光の祭典撮影に行ってきた。

狙いは、昨年12月に見に行こうと思いながら行けなかった”OSAKA光のルネサンス”、6時38分に近鉄奈良駅に到着、7時前には会場の国立奈良博物館に着いた。

10080301

まだ少し明るく、光のルネサンスのスタートが7時20分ということもあり、東大寺のライトアップを見に行った。照明がもうひとつで、空が暗くなる前に引き上げた。

10080302_3

完全に日が暮れればどうなのか気になったが、翌日が出勤日であまり長居ができなかった。

10080303_2

南大門 

10080304

7時半頃、博物館前に到着、1回目の公園が終わり2回目は7時40分から、すっかり暮れて丁度良かった。

100803001

ここからが、光のルネサンスの始まり、約8分間博物館の正面に次から次へと光絵が映し出される。想像していたより見事で、唖然としながら見るしかなかった。 

10080305

 

10080306

 

10080307

 

10080308

 

10080309

 

10080310

 

10080311

 

10080312_2

あっという間に終わったが、深く印象に残り、今年の冬は本場の大阪に行くと思いながら去る。

神戸ルミナリエ、こちらはスケール不足。こちらも、今年は本場で撮影してみたい。  

100803002

これは、何かわからず。京都の花灯路を始めいくつかの全国の光イベントがあったが、時間がなかったので立ち寄らず引き上げる。

10080313

駅に着く前に興福寺のライトアップを撮影にいった。五重塔を下から見上げて撮影する。 

10080314

猿沢の池からの撮影、一度撮影したかったが手持ちでは無理があった。 

10080315

2時間弱の奈良、慌しく京都に帰ったが満足であった。帰る時は汗びっしょり、秋にやって欲しかった。

移動:タクシー、近鉄  天気:晴れ  D700:195枚

|

2010年8月 1日 (日)

夏休み8連休最終日 今日もヤマセミにカワセミ

 今日も朝からヤマセミ狙いで天ヶ瀬に行く。6時過ぎに到着したが、釣りの若者が川に入っていた。ヤマセミは、直ぐに登場したが、いつもの場所には止まらず下流に飛び、吊橋のあたりで姿を見失った。釣りをしていた若者は、30分ぐらいで上がったきたので、ヤマセミを待つことに。

ヤマセミ? ハト

10080101

今日はカワセミが頻繁に姿を見せてくれたが、距離が遠く良い写真は撮れず。  

10080102

10時過ぎに再び、釣り人が入ったため、諦めて移動する。立入禁止場所であるが・・・。

ヤマセミは撮れなかったので、昨日撮影の写真を掲載します。  

10080104

天ヶ瀬を離れ、今日は山科川でカワセミを撮影したかったが、車移動のため駐車場のある勧修寺に入る。今日はゴーヨン、家に帰って328に代えて地下鉄利用で川に行っても良かったのであるが、多少面倒に思った。

カワセミは、木の下の枝にいた。  

10080105

しばらくして、よく見える場所に出てきたが♀の成鳥。鳴きながら羽を振るわせる。  

10080106_2

♂が魚を咥え川から戻り、♀の近くに止まる。  

10080107

給餌の開始。  

10080108

撮影したが、位置が悪く♂と♀が重なりもう一つ。  

10080109

給餌後♂は川に向かい、♀は寺に残る。今日の♀は、私が居た時間帯は寺に居た。木の下の枝で、たまに水に飛び込む以外はほとんど動かず。

10080110

♂は、時々戻り給餌を行っていた。  

10080111

その後、交尾も行っていたが、前にはでてこずで撮影はしずらかった。次の雛誕生は9月以降か?  

10080112

♂、背後が完全にボケ、気に入った写真が撮れたと思う。  

10080113

寺で池に飛び込み水ものを披露してくれたが、タイミングが合わず失敗ばかり。いきなり飛び込まれてもうまくピントが合わせられない。連続で飛び込んで欲しい。

10080114

♀がカラスに追いかけられ出てきたが落ち着かない様子、今日はいつもと違い何かに用心しているようであった。カラスと思われるが、何かあったのかな?  

10080115

2時頃に帰宅した。

移動:車  天気:曇り後晴れ D300:212枚

|

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »