« 山科川から勧修寺へ | トップページ | 蓮の花にアゲハ・・? (カワセミ撮影スランプは続く) »

2010年8月21日 (土)

カワセミ ホバーに水際が撮れない

 最近のカワセミ撮影は止まりものばかり、撮れるだけマシと思わなければならないのかもしれないが、ちょっとさびしい。カワセミ撮影一筋では無いが、カワセミ撮影に出向く時間は多い。今年の1月、2月はかなり動きのあるところを撮影出来た。毎週撮影に行ったが、HDに残している写真を見ると、毎回30~100枚ぐらいは動きのあるところが残っていた。一回の撮影枚数は数百枚、10~20%ぐらいの確率で撮影出来ていたようである。梅から桜のシーズンになりカワセミ撮影の機会が減ったが、5月に入って動きのあるところの撮影が減り、7月以降はさっぱりとなっている。カワセミを見る機会が少なくなり、動きのあるところを撮影できる回数も極端に少なくなった。最近は、動きのあるところのボーズが続いている。もともと動体視力は良いが、集中力の持続が出来ない性格の上に、この暑さで気力も無くなっているが、カワセミの動きが極端に悪くなっているのが原因、おまけに見かけるのはシャッター速度が速くならない勧修寺、川に比べ日陰が多く暗い。川のカワセミは何処に行ったのか、以前は、夏場は草が高くなり見つけにくいだけと思っていたが、今年は数が減ったとしか思えない。以前は良かったと過ぎたことを考えても仕方ないが、つい考えてしまう。今年の秋から冬は復活するのであろうか、期待しているがどうなることやら・・・?

今年の1月、2月のカワセミを貼り付けて、最近の憂さを晴らす。

100801

  

100802

  

100803

  

100804

  

100805

  

100806

  

100807

  

100808

  

100809

  

100810

  

100811

  

100812

  

100813

  

100814

|

« 山科川から勧修寺へ | トップページ | 蓮の花にアゲハ・・? (カワセミ撮影スランプは続く) »

野鳥」カテゴリの記事