« カワセミを探す | トップページ | カワセミ不調は続く »

2010年9月20日 (月)

大阪城の野鳥、後山科川でカワセミ探し

<一部変更:くだらぬ前書きを削除しました>

 今日は朝から大阪城に行く。今日の大阪城は、渡りのシーズンということで期待して行くが春とは違い期待はずれであった。最初に・・・ヒタキを見つけ撮影するが暗くてまともに撮影できず。今日は曇り空で撮影条件は悪かった。

キビタキ♀(と思う)登場

10092001

少し近づいて撮影する。  

10092002

青空ではなく、空は白く光る最悪の逆光条件。  

10092003_2

神社裏のムシクイ、木陰に隠れかなりしつこく撮影したが、見える場所は真下のみ。  

10092004

キビタキ♀も現れ、どちらを撮るか迷う。  

10092005

再びムシクイ、こんなんばっかり。  

10092006

開けた場所に出てくれたと思えば、お尻からの撮影、野鳥の肛門など撮りたくはない、目を撮りたいと思いながらもシャッターを押す。  

10092007

桜園(と言うのか?)で撮影したキビタキ♀  

10092008

スズメが毛虫を捕まえる。本日のベストショット。  

10092009

市民の森かな?、暗かったがムシクイを撮影、今日の画像はソフトで修正しまくり。  

10092010

最後にJR駅直ぐ近くの森で、オオルリ♂若を見つける。  

10092011

かなりしつこく撮影した。  

10092012

いい写真(自分で納得できる写真)が撮れず、最後は諦めて引き上げることにした。この時期、森の中の撮影は難しい。 

10092013

2時過ぎに六地蔵着で地下鉄に乗る。少し物足りなかったので小野駅でおり山科川に行きカワセミを探す。小野周辺、今日は良かったのかどうかは知らないが、最近のカワセミ探しのポイント、上流を散策。旧安祥寺に入りかなり歩いた教習場近くで、久しぶりにカワセミ発見。直ぐに下流に飛んだが今年の冬以来で嬉しかった。この川、D300ならサンニッパ、D3ならゴーヨン、いずれもテレコン無しで十分な撮影ができる。ただし、金網が入ることが多く、背景は最悪。 

10092014

ベテランカメラマンが言っていた本流の目が合うと直ぐに逃げるカワセミのようで、山科川から支流にかなり入り込んでいるようである。今年の秋の終わり頃までに人に慣れてくれれば良い。  

10092015

一度逃げるとかなりの距離を飛ぶ。二度三度と繰り返しあっという間に見失うが、本流で再び姿を見つける。久しぶりに水浴びシーンを撮影する。  

10092016

途中で電池が切れ、入れ替えて撮影する。  

10092017

久しぶりの水物、しかし手持ちでは・・・・。  

10092018

切れが無い(ピントが甘い)。  

10092019

電池交換のロスが大きかった。  

10092020

水浴び後、止まり木に止まり、少し芸を見せてくれる。  

10092021_2

しかし、直ぐに固まる。カワセミ狙いで来たのなら粘ったが、カワセミ状況チェックでぶらっと立ち寄っただけ、諦めて引き上げる。  

10092022

以後カワセミの姿は見られず。かって勧修寺近くまで10羽を数えたが(勧修寺の2羽を含め)、今は個体数が減ったようである。カワセミの寿命をネットで調べたが2年ぐらいとか、今年は雛の出も数が少なく不調の年なのか? いずれいい時も来るであろう。カワセミ撮影人生、これからも先は長い。

今日の撮影、最後は昨日どうよう彼岸花。  

10092023

移動:地下鉄、京阪、歩き  天気:曇り  D300:412枚

|

« カワセミを探す | トップページ | カワセミ不調は続く »

野鳥」カテゴリの記事