« 朝の散歩 山科川・旧安祥寺川・勧修寺 | トップページ | 千里中央セルシー前 »

2010年9月11日 (土)

昼からの散歩 山科川 翼の折れたアオサギ

 昼の2時頃になり再び暇になった。明日は、趣味の撮影が出来ないので再び山科川に行くが、上流を探ることにした。山科川の上流は1号線近くで二つに別れ(二つが合流し)、上流に向かい左はそのまま北へ、右は東によりに向かい超えたところで二手に分かれる(合流する)。一つは四宮方面、もう一つは音羽山方面に行く(から流れてくる)ようである。最初に一番西の北から流れてくる川を北上するが、この川は山科駅北の安祥寺川の下流であろう。川幅は狭く、水量も少なかったが魚は居た。真ん中の川は川底がコンクリートで魚は見なかった。東の川は水量が少なく(上流は知らないが)魚は? しかし、いずれの川もカワセミが居そうに思えず直ぐに1号線より南に帰った。散歩していたオバサンがカワセミを見たという川はどれであろうか?

1号線により南に戻り最初に見たのがアオサギ、勧修寺にいた翼が折れた幼鳥である。雛のときに巣から落ちたのであろうが、羽の先で良かったのか勧修寺でも飛ぶ練習をしていた。逞しく生きぬいて欲しいと思う。

100911101

南に下ったが、川に入って遊ぶ子供が多く、カワセミは期待できなかったが、十条を越えたところでようやくカワセミ発見、芸をしそうで何もせず南に飛び去る。以前と違いあっというまに姿を消してしまう。

100911102

仕方無く南に向かい、グランド横にコサギがいたので撮影する。

100911103

この後、上流から下流に飛ぶカワセミを見たが先ほどのカワセミであろう。一気に名神下を抜けていった。勧修寺あたりのカワセミが上流に進出してきているとすれば、残念ながらカワセミは親2羽に、幼鳥3羽ということになり、復活はまだまだということか? ホームグランドで見たカワセミも下流の個体だったのかも知れない。

名神の上で引き返す。ササゴイが居た。

100911104_2

最後の撮影はアゲハチョウ。  

100911105   

移動:歩き  天気:晴れ後曇り  D90:139枚

|

« 朝の散歩 山科川・旧安祥寺川・勧修寺 | トップページ | 千里中央セルシー前 »

野鳥」カテゴリの記事