« 9月9日(木) 夏の終わりに川床料理と舞妓はん | トップページ | 昼からの散歩 山科川 翼の折れたアオサギ »

2010年9月11日 (土)

朝の散歩 山科川・旧安祥寺川・勧修寺

 今日は朝の内の撮影のみと思い7時半に自宅出発で山科川に行く。いつもの散歩道でカワセミ探し。

川についてまず撮影したのはハト

10091101

続いてムクドリ、色を青く塗ればカワセミや! 

10091102

いつも畑仕事をしている人と挨拶する。「最近カワセミを時々見かけるようようになりましたね」と嬉しい一言が聞ける。

期待しながら、十条を超えて南に向かう。、  

10091103

グランド横でカワセミ発見、草が煩わしく反対側に行く。

10091104

その間に餌捕り、咥えていた魚は小さかった。  

10091105

土手横の日陰に入り動かなくなったので南へ。  

10091106

50mほど下ったところに、別のカワセミが居た。  

10091107

直ぐに南へ飛び見失ったが、一直線に名神を越えて飛んで行ったようである。  

10091108

旧安祥寺川との出合い近くのダイサギ、白いサギは以外に露出あわせが難しい。  

10091109

旧安祥寺川沿いを歩く。カワセミの反応が無く蝶を撮る。  

10091111

いつもと同じで、ここでは花にとまる蝶をよく撮影している。  

10091112

適当なところで引き返し、再び山科川に戻りひがしで橋から勧修寺に向かう。その間、カワセミの姿無し。

今日の勧修寺、開門直後に入ったが静かであった。カワセミカメラマンは、常連二人(私も含め)カワセミの出はますます悪くなる。しばらく姿を見なかったが、突如鳴き声が聞こえたので探すと居た。臆病な人を見ると直ぐに逃げる子供。私には奥で鳴き声が聞こえ、もう一人のカメラマンは川から飛んできたという。2羽居たのか?  

10091113

このカワセミ直ぐに逃げるので、大砲が無いといいところが撮影できない。今日もD90に400mmズームの手持ち撮影、いいところは撮影出来なかった。

10091114

予定通り1時間ぐらいで寺を出たが、川に戻ると橋脚にカワセミがおり、対岸に数人のカメラマンが狙っていたが、長居する気は無かったのでコンデジで撮影。  

10091115

日陰でピントが合わなかったので一歩前に出て撮影したが、忙しない鳴き声が聞こえたのでよく見ると、橋げた横のパイプそれも直ぐ近くにもう一羽居た。コンデジで撮影した後、一歩下がったが、時既に遅しでこのカワセミは直ぐに飛び去った。

10091116

対岸のカメラマンに”カワセミの習性を知らないマナーの悪いやっちゃ”と思われたやろなと思いながら、一眼レフを取り出し橋脚にいた鳥を撮影する。手前に居たカワセミには気付かなかった。”えらいすんまへん!”

10091117

動かないので家に帰ろうとした時に、カメラマンの声が聞こえたので見ると、橋の上からオバサンが下を覗き込み鳥が逃げた。私も数度経験がある。

キタムラに寄り、新しいレンズ28~300mmの取り寄せを頼んだ。D700を購入してから、やっと待望のレンズが出た。最短撮影距離50cmで300mmは魅力である。最近出番がなくなった18~200mmVRⅠと70~300mmを下取りに出す。

移動:歩き  天気:晴れ  D90:148枚、P100:24枚

|

« 9月9日(木) 夏の終わりに川床料理と舞妓はん | トップページ | 昼からの散歩 山科川 翼の折れたアオサギ »

野鳥」カテゴリの記事