« カラスからカワセミ 野鳥てんこ盛りの一日 | トップページ | なめとんか »

2010年10月17日 (日)

ノゴマに再挑戦 大阪城

 そろそろカワセミの動きのあるところを三脚を立てて狙いたいが、D300は修理中で今週末に帰って来る予定。D90はフォーカスポイントが少なく飛び物は歩留まりが悪いというのが、先日D700に400mmズームを付けての撮影ではっきりと分かった。D3にサンニッパでは2倍テレコンが必要で多少画質が落ち、最近腰の調子が悪くゴーヨンは無理ということで、カワセミ飛びものは諦め、ノゴマの再挑戦で大阪城に行くことにした。

いつも通りJR大阪城公園駅から直ぐ横の森経由で市民の森を歩くが、カメラマンが居ない。桜広場から梅林へと行くが、こちらも昨日と違い人は少なかった。梅林でムギマキを探すが、昨日同様見つからず。どこかに行ったようである。コサメビタキかサメビタキ?が現れ撮る。

10101701

キビタキ♀は相変わらず多かった。  

10101702

9時になったので、昨日ノゴマを見た場所に行くと既に多くのカメラマンが開門をまっていた。入園料は払い早足で歩いて昨日のポイントに行くが居なかった。がっかりして他の鳥を探す。ここでもヒタキ類は数羽見かけた。サメビタキのように思うがいかに?  

10101703

ジョウビタキ♀が現れる。  

10101704

今期初撮影(まともな)である。  

10101705

直ぐ横に♂も現れる。♀がもう一羽現れ3羽並んだが直ぐに飛び去った。  

10101706

ヤマガラを久しぶりに撮る。  

10101707

多くのカメラマンが集まっている場所があり行くとノゴマが姿を見せる。今日は、はっきりした姿を撮影出来たが周りの草が邪魔。この後、木の枝にも止まったが、場所が悪く後ろが明るすぎてピント合わず、場所を移動移動しようとしたが、直ぐに繁みに隠れた。  

10101708

この後なかなか現れず、しばらく待つ。ようやく現れたが、やはり周りの草が邪魔する。しかし、昨日と違いノゴマと分かる写真が撮れただけでも良かったのかも知れない。  

10101709

かなりの枚数を撮影したが、同じポーズの写真が多かった。姿を見せ撮影できる時間は僅か、連写の連続で枚数が増えただけである。  

10101710

地味な色に派手な赤い色、地味なスーツに赤い蝶ネクタイをしているようなもので、お洒落な鳥と思う。  

10101711

ノゴマ撮影にかなり時間をかけたが、最後は良しとして帰ることに。梅林によりキビタキメスを撮影して大阪城を後にした。  

10101713

今日の大阪城でのノゴマ撮影、全身が見える枝とまりものが撮影出来なかったのは残念であるが、もっと残念な事があった。オオタカが直ぐ前の木の上に止まったのであるが、木の葉で姿が良く見えず、移動して探していると右手下方向に飛び去ってしまった。近づきすぎたのであるが、堀の土手の上の木、飛んでから直ぐに土手に隠れて見えなくなった。居たのは私一人、姿さえ見えていれば、うまく近づき撮りまくれたと思うが慎重さに欠けた。

1時過ぎに六地蔵に戻ってきた。地下鉄は小野でおり山科川に行った。多くのカメラマンが居たが、大阪城のノゴマの前の1/4ぐらい。久しぶりに♂、♀のツーショットを撮るが、後ろのメスの方が大きいのに気付く。たまたまの生存年数の違いか、もともと♀の方が大きいのか?  

10101714

鉄骨の上のカワセミ、日差しが強くかなりシャッター速度が速くなる。  

10101715

久しぶりの飛びもの、ブレ画像でアンシャープマスクをかなりかける。  

10101716

もう少し粘れば、いい写真も撮れたかも知れないが、歩き疲れもあり自宅に向かう。途中、カワセミが休んでいる場所があったが、初めて止まるのを見た場所と思う。対岸の土手には良く止まる。今週末にD300が戻り、その次の週末にはD7000が入る予定でカワセミ撮影を本格的に再開する。D7000は400mmズームとの組み合わせで、初ショットは勧修寺か山科川のカワセミとしたい。家でチェックの撮影は行わず、いきなり本番で、始めにカワセミを手持ち撮影(多分?)したい。  

10101717

上流でセキレイのバトルを撮影する。かなり長い時間の空中戦を行っていた。  

10101718

勝った方のセキレイが雄たけびを上げて飛ぶ。

10101719

D90での撮影、今回がおそらくラスト。

移動:地下鉄、京阪、JR、歩き  天気:薄曇後晴れ  D90:287枚

|

« カラスからカワセミ 野鳥てんこ盛りの一日 | トップページ | なめとんか »

野鳥」カテゴリの記事