« 10月1日の撮影 大阪Ⅰ 新世界に天王寺動物園 | トップページ | ゴイサギ幼鳥 »

2010年10月 5日 (火)

10月1日の撮影 大阪Ⅱ 海遊館後大阪湾を少しだけクルージング

 天王寺動物園で昼食に450円の焼そばを食べた後、再び地下鉄に乗って海遊館に行った。海遊館は三度目、最初は貝塚あたりでの釣りの帰りで見て周ったのみ、二度目は大泉緑地からの帰りでコンデジでジンベイザメを撮影した。今回が初めて一眼での撮影で、狙いはマクロレンズによるクリオネであった。

海遊館、一般の人は少なかったが遠足の小学生が多かった。

101001201

入場料を払い中に入ると、まず海(水槽)の中のトンネルを通る。シュモクザメかな?  

101001202

エイの周りを綺麗な熱帯性の海水魚が泳ぐが、昔飼っていたことがあり魚の価格が頭に浮かぶ。●千円が泳いでいる・・・・、●万円の高価な魚は見かけなかった。  

101001203

エスカレータで最上階に上り、階段を降りながら見物するようになっている。まずはカワウソ、日本カワウソではなく東南アジアあたりの生まれ。  

101001204

イワナにヤマメ、美味そう。赤い斑点のあるアマゴもいたが釣りたくなった。丁度食べ頃のサイズ。  

101001205

ラッコ、可愛い顔をしている。  

101001206

ペンギンの集団  

101001207

イルカの親子、狭い水槽ながら泳ぐスピードは速い。  

101001208

イシダイ、福井新港で25cmぐらいのサンバソウなら釣ったことがある。磯にも行ったことはあるが、イシダイと呼べるサイズは釣ったことが無い。  

101001209

ペンギン、すばしっこく中々撮影が出来なかったが、カワセミ飛び物手持ち撮影の修行が役に立った一枚である。  

101001210

ウミガメ、何年生きているのやら?  

101001211

ナポレオンフィッシュ、でかい  

101001212

マンタかな  

101001213

エイの顔・・・ではない、口と鼻の穴(あるのかな)。  

1010012130

マンボ、魚も色々な形に進化したものである。  

101001214

ジンベイザメ、水槽が大きく鮮明さに欠けたため、うまく撮影できなかった。  

101001215

ジンベイザメ2頭が交差する。  

101001216

水槽の側壁にやってきたが、口がデカイ。  

101001217

クラゲの水槽、クラゲも撮影して見ると色々な形のものがおり綺麗。  

101001218

エチゼンクラゲかな? バックの青の壁紙がより綺麗に演出してくれる。  

101001219

クラゲは神秘的な生き物である。  

101001220

しばし見とれる。  

101001221_2

何じゃこのクラゲは・・・・  

101001222

今日、お目当てのクリオネ、巻貝の一種とか、小さく暗くてピントが中々合わなかった。  

101001223

しかし、どうやって見つけ捕まえたのか、何かですくった中に入っていたのであろうか?  

101001224

クリオネも不満足ながら撮影出来たので外に出た。

帰ろうかと思ったが時間があり、ちょうど大阪湾を周遊するサンタマリア号が出発する時刻だったので乗ってみた。この船は豪華客船、世界一周の途中かな?  

101001225

一等客室かもしれないが、数人優雅に椅子に腰をかけ本での読んでいる人が居た。船旅は辛気臭くあまり興味は無い。  

101001226

ユニバーサルジャパン、入ったことは無いが一度行くのも面白いかも知れない。   

101001227

大阪湾の周遊、かなり沖まで行くのかと思ったら近くを回るのみ、夜景は綺麗かも知れない。  

101001228

天気が良く、風が心地よかった。  

101001229

何か知らないが、塔みたいなものが二つ突っ立ていた。  

101001230

巨大なクレーンが並ぶ、平日で動いていたが迫力がある。   

101001231

約45分の周遊、どうせならもう少し時間をかけ神戸あたりまで行って欲しかった。

大阪市内中心部は知らない所が多い。ガイドブックを購入して、また観光に来ようかと思いながら京都に帰ったが、平日の有給休暇、天気も良く満足の一日であった。

|

« 10月1日の撮影 大阪Ⅰ 新世界に天王寺動物園 | トップページ | ゴイサギ幼鳥 »

その他」カテゴリの記事