« カワセミ動 D3に80~400mmズーム装着しての初撮影 | トップページ | 秋の訪れ 勧修寺  10/23の撮影 »

2010年10月24日 (日)

カワセミ静 高感度撮影

 今日は朝から池田に行き帰って来たのは午後3時頃、天気予報は雨だったが降っていなかったので山科川に出かけた。曇り空で薄暗くカワセミ高感度撮影の絶好の条件、D3と80~400mmズームを持って出る。家を出て直ぐに雨が降り出したが、強い降りにはならないであろうと思い川に向かった。

十条の少し下流でカワセミ発見

ISO5000、SS1/2000

101024001

近づいて飛ばし、動きのあるところを撮影しようとしたが失敗、下流に飛ぶ。行き先は想定できたので直ぐに見つける。

ISO6400、SS1/2000 トリミングの影響もあるが暗い部分がざらついている。

101024002

雨が少し強くなったので傘を差しての撮影で飛び立つ瞬間は撮影できず。

この後、旧安祥寺川で探すがいつもの少し下流で発見し、傘を差しての飛びもの撮影を試みるが、SSが遅くことごとく失敗。諦めて近づき正面から止まりものを撮影する。

ISO6400、SS1/640

101024003

明るければ、ざらつきもそれほど気にならない。

上流に飛び見失ったので山科川に戻ると、上流のカワセミが飛んできたようで、この時間帯のいつもの場所あたりにいた。川幅の広い山科川の対岸近くでは、400mmでの撮影に無理があった。大トリミングの影響もあり、拡大するとカワセミ止まりものとしては×、珍しい鳥ならOKと言ったところ。飛びものなら十分の範囲。

ISO:6400、SS:1/800 

101024004  

結局、D3でもトリミングの大きさにもよるが、個人的にISO5000が限度と思う。これまでトリミングをしない夜景撮影ではISO6400で撮っているが、カワセミで初めて撮影した。やはりD3は価格だけの値打ちがあると思うが、ISO12800のD3Sはもっと凄いのであろう。しかし買う気は無い。買うならDXタイプでISO12800、連写秒10コマ以上が出た時になるであろう。

D7000には、価格帯から考えてD3ほどの性能は期待していないが最低ISO3200、出来れば4000が、D3のISO5000ぐらいの性能であって欲しい。暗い雨降りに飛びものを狙うことは無く、森の中の暗い場所の野鳥はSS1/200ぐらいあればレンズのVRで何とかなる。

移動:歩き  天気:小雨  D3:54枚

|

« カワセミ動 D3に80~400mmズーム装着しての初撮影 | トップページ | 秋の訪れ 勧修寺  10/23の撮影 »

野鳥」カテゴリの記事