« さらばD90 | トップページ | カワセミ静 高感度撮影 »

2010年10月23日 (土)

カワセミ動 D3に80~400mmズーム装着しての初撮影

 今日は朝から所用で午前中は自宅に居た。キタムラにD300の修理状況確認の電話をいれる。ニコンからの回答は無いとの事であったが、”モニターを交換しないと直りまへんで~”と言うと店長も”私もそう思います”との返事で多少安心する。5年間無償保障の範囲内であるが、5年間保障はキタムラの保障、ごじゃごじゃと言い訳を言われると、普段は寡黙で無口な私も”なめんとか~、オ・・レは~”と逆切れでは無くマジ切れするところであったが、まともな答えで一安心、何じゃかんじゃで最後は直らず誤魔化されそうな気もするが、まあどうなることか分からない、キタムラに責任があるわけでは無く状況を見守るしかない。カメラを複数台所有し撮影を継続できる余裕があるので直るまでとことん粘るつもりである。

撮影に出れたのは昼から、今日は初めてD3に400mmズームを装着しての手持ち撮影、D7000のための下調査、ISOオート、上限ISO6400、SS下限1/2000に設定して撮影に出かけた。最高峰D3(D3Sがあるが持っていない)の400mm撮影で結果が悪ければ、D7000の600mm撮影でカワセミ動をまともに撮影出来るわけがないと思っている。結果はいかに・・・

場所は、最近カワセミの状況が多少マシになっている山科川、飛込みからのスタート。

10102301

勢いよく水に飛び込み、水中のカワセミがうっすらと見える。  

10102302

水面からの飛び出し  

10102303

翼を広げて体を安定させる  

10102304

水平飛行に移行する。  

10102305

対岸に離れる方向へ飛びよったがピントがついてゆく。  

10102306

結果は良好、さすがわ視界の開けた明るい川  

10102307

こちらわ、大きな魚咥えもの  

10102308

もう一つかな? 手持ち、良しとしよう。  

10102309

大きな魚をとりよった  

10102310

カワセミ撮影歴6年少々、止まりものを手持ちで撮れなかったら止めるしかないであろう。  

10102311

横っ飛び、ピントは追い続ける。  

10102312

川では手持ちでも十分(?)撮れる・・・かな。  

101023013

受光素子の大きさの違いか、ISOはそれほ大きな値を示さず、結局チェックにはならずで、D3は非常に良いカメラの結果が残る試し撮りであった。何をしに行ったのか?

移動:歩き  天気:晴れ時々曇り  D3:274枚

|

« さらばD90 | トップページ | カワセミ静 高感度撮影 »

野鳥」カテゴリの記事