« 2010年紅葉番外編 紅葉にカワセミ | トップページ | ゴーヨンでカワセミ撮影 忍耐の一日 »

2010年11月20日 (土)

2010年紅葉Ⅵ 洛東から洛北

 今年の紅葉撮影、今まで行ったことが無い場所へ行こうと八瀬の瑠璃光院に行った。先日、実相院から貴船に行った時に駅のポスターで見た場所で人が少なく穴場と聞いていたのであるが、実際は違った。ネットで調べたところ開門は10時、ならば毘沙門堂によってからということで7時半頃出発した。

毘沙門堂の拝観受付は8時半からで、まずは無料の場所からの撮影。

10112011

横手から周り一番の紅葉場所を裏から撮影する。

10112012

弁天堂前のモミジは少し早かったかもしれない。日陰で鮮やかな色が出ない。

10112013

真っ赤かに色づいたドウダンツツジ、これ以上の赤は無いと思うが、ホワイトバランスの加減か色が少し違う。日陰が影響しているのかな?

10112014

8時半になり中に入り弁天堂周辺の紅葉が撮影出来る場所に行くが日が当たらずで、見た感じと違い写真ではもうひとつ。 

10112015

しかし、綺麗に色づいていた。 

10112016

部屋の中をじっくり見る時間は無し、紅葉撮影だけが目的だったので足早に周る。 

10112017

勅使門前の坂の下のモミジ、日差しが丁度良く見事であった。 

10112018

見事に色付き鮮やか。 

10112019

しつこく広角、望遠で何枚も撮影する。 

10112020

この紅葉の鮮やかさを見て、”今年の紅葉撮影はもうええわ”とはや興冷めする。 

10112021

最後にもういっちょう 

10112022

10時過ぎに八瀬に到着。綺麗な紅葉は知っていたが、これまでは大原に行く途中に、車を運転しながら横目で見ていただけであった。しかし、ごじゃごじゃしていて撮影のポイントは見つからず。

瑠璃光院は穴場では無く人がかなり多かった。2階からの撮影  

10112023

期待していた庭のモミジも日が当たらず色が冴えなかった。  

10112024

人が少なければ、座ってゆっくりと庭を観賞し物思いにふけるには良い場所と思うが、そんな気持ちは全くなし。ただ、綺麗な写真を撮りたいだけ、心がけが悪いので何処へ行っても、本当の名所を良さを表現する写真は撮れない。それはそれで、今は良しとしている。  

10112025

中を一回りして直ぐに出る。駅から瑠璃光院まで歩いている時に、同じ方向に歩いている人に蓮花寺が綺麗、行って見たらと聞いたので行く。国道に出ると紅葉の中に何やらモダン建物が見えたので入ってみることに。八瀬離宮、会員制ホテルでYuuさんが忘年会をやろうと行ってた場所であった。中に入ってボーイ(?)さんに少し話を聞いたが昔遊園地があった場所、学生の頃にスケートをしに来て、ここから四条河原町まで歩いて帰ったのを思い出す。  

10112026

蓮花寺は国道沿いの少し奥まったところにあり、ここを目的に来なければ素通りしそうな雰囲気の場所であった。聞いたとおり見事に色づいたイチョウが2本あり、紅葉も綺麗であった。  

10112027

ただ、狭くて撮影しづらかった。大きな庭もあったが、縁側からしか撮影できず目的が写真撮影のため散策はしなかった。  

10112028

宝ヶ池から植物園に行くことにして歩く。目的はオシドリに紅葉カワセミ。

宝ヶ池は、いつもと違い周回道をジョギングしている人は少なかった。24mmで撮影すると雰囲気が少し違う。  

10112029

オシドリは、いつもの日陰で見えにくい場所にいたが何羽来ているのか分からなかった。丁度12時頃、2時頃になれば出てくるのであろうか、天気の良い日の日陰いい写真は撮れなかった。  

10112030

望遠で色づいた木を撮るが、2倍テレコンを装着したままだったのでもうひとつ。  

10112031

八瀬からの歩き、7kg弱の撮影機材を背負っていたので疲れはてて植物園に到着。紅葉は日の当たる場所では綺麗だった。  

10112032_2

運良く紅葉背景のカワセミを撮ることが出来た。  

10112033   

梅林で頭上かなり低いところを飛ぶ鷹を見かけハイタカかと思ったが、話を聞いたところオオタカがちょいちょい出ているとのことであった。

2時過ぎに自宅に向かったが、山科川のカワセミの状況が気になり重い機材を背負ったまま直行した。1時間ほどカワセミを待ち自宅に戻った。

移動:地下鉄、京阪、叡電、歩き  天気:晴れ時々曇り  D3:328枚、D7000:270枚

|

« 2010年紅葉番外編 紅葉にカワセミ | トップページ | ゴーヨンでカワセミ撮影 忍耐の一日 »

紅葉」カテゴリの記事